プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイルマネー

さて、次の目的地はブルネイです。
そう、石油大国ブルネイです。

周りをマレーシアに囲まれているので、陸路移動して行くとブルネイを通過するわけです。
ちなみにブルネイに関しての周りからのご意見。

ミリで泊まっていた宿のおばちゃん「え?ブルネイ?あんなつまんないところに行くならウチに泊まっていきなよ。」
ミリで泊まってた宿で同じ部屋だったデンマーク人のおっちゃん「え?ブルネイ?行ってきたけど見るところないよ。1泊で充分だね。」

確かに他の旅人のブログを読んでもかなり評価が低い。
でも、行くわさー。

ということで、バスに乗るためミリの長距離バスセンターに行きました。
そこにいたのは・・・オーストラリア人の親子3人組とマルタ出身の青年医師。
チーム洞窟!
他には人っ子一人外国人いないのに、なぜかこのメンバーだけ集合。もうみんなで「おかしいね」ってゲラゲラ笑いました。
でも、私以外は南方面に向かうので正真正銘のお別れです。
解散!私たち普通の旅人になります。


さて、ブルネイに行くバスはこれ。前はローカルバスの乗り継ぎやシェアタクシーで行くのが主流だったんだけど、今は国際バスが1日2本走ってます。
DSC_0964DSC_0964.jpg
いやーすでにお金持ちのニオイがプンプンするぞ!

もちろん乗り心地もすこぶる快適。マレーシアの出国審査も、ブルネイの入国審査もスムーズでした。
で、ここで気付いたこと。

陸路で国境越えるの初めてでした。

あーこういうことへの感動とドキドキ感が薄れてる。

国境を越えるとそこはブルネイ。
P2210868P2210868.jpg
もう見える景色が違うんですよ。家が豪邸なんです。そこにピカピカの日本車が何台もとまってるんです。
一家に3~4台は普通。なんだこのお金持ちの国は!

これだ、これがすべての源!
P2210876P2210876.jpg
石油
このタンク一つでいくらになるのかな。ドキドキ!

あ、まだドキドキ感残ってた。

そしてブルネイの首都バンダル・スリ・ブガワン(通称BSB)に到着したのが21時。
まず宿探し。でもこの街、安宿が非常に少ないのです。
一番安いのが一泊10ブルネイドル(約600円)のドミトリー。でも受付の人がいないとか満室が多いとか、そんな噂。
この夜更けにウロウロしたくなかったのでバス停のすぐ近くにある二番目に安い宿に行きました。
P2221023P2221023.jpg
全然安くない・・・。しかも前は一泊30B$だったのが33B$(約2000円)に値上げされていた。

でも長居しないしここに決定。
そしてチェックインの手続きをしていたら、久しぶりに日本人と遭遇。私、どうしたことか日本人とほとんど会わないんですよ。東ティモールとか、ここじゃ会わないだろってところでは会うんですけど。ブルネイ然り。
まぁ普段これと言って会いたいと思っているわけでもなく、宿も日本人が集まるところには行かないですし・・・。でもたまにわーーーっと喋りたくなります。わーーーーーっとね。

で、久々にわーーーーーっと喋りました。しかも彼も世界一周する予定とかで、この旅初めてですよ世界一周仲間に会ったの。貴重。

喋っていると旅人あるあるとか外国人あるあるみたいな話になるんですよね。
ドミトリーで一番うるさいのは日本人だとか。外国人は外ではめちゃくちゃうるさいのに部屋の中では驚くほど静かなんですよ。日本人は、外では静かなのに部屋でうるさい。

あと中国系の人達のお金の細かさ。特にムル国立公園で会った台湾人のリンに私、毎日怒られてたんですね。ペットボトルの水を買ってきたのを見て「なんでアナタは水を買うの!部屋に湯沸かし器があるんだから、それで水を沸かせばいいじゃない!」とか、公園内のレストランで食事をして帰ってきたらどうして公園の外のレストランに行かないの!外で食べれば1リンギット(25円)安いのよ!」とか、空港までタクシーで来たと言えば「どうしてバスを使わないの!あなたはすごくお金を損しているわ!」とか・・・。
まぁ完全に聞き流していましたけど。
でもリンはとっても良い人なんです。お母さんキャラなだけなんです。

で、その彼も出会った台湾人がすごくお金に細かくてびっくりしたと言ってました。それに比べてウチら日本人は「まぁいっか」で済ませることが多いよねと、やや反省。

その後、彼が撮った写真を見せてもらっていた時「あ、そうそう。これがさっき話した台湾人だよ」と言うので見たら

そこにはリンが写っていた 爆
結論:台湾人がお金に細かいのではなくリンが細かいのです。
面白い偶然があるものだ。


そうして夜は更け、翌日。
見るところがないと噂の街へ。
P2220958P2220958.jpg
インドネシア、東ティモールを回ってきたばかりだと、余計に感じるこの差。道路がキレイだ!

P2220972P2220972.jpg
街のあちこちに金ピカが。さすがお金持ちの国。

P2220997P2220997.jpg
デパート。ブルネイの高島屋だわ、ここ。ウン百万する金ピカの装飾品とか、お金持ちの家にしか置けない噴水の置物とか普通に売ってるわけです。

P2221006 (1)P2221006 (1)
国民の99%がイスラム教の国です。

市場は庶民的!ホッとする。
P2220920P2220920.jpg

P2220919P2220919.jpg

P2220931P2220931.jpg
ザル一杯で1ブルネイドル(約60円)でした。
うん、庶民的。
※ちなみにブルネイドルはシンガポールドルとレートが一緒なので、ブルネイではシンガポールドルが使えます。でもシンガポールではブルネイドルは使えません。

いやぁ意外と良いとこじゃないか、ブルネイ?
確かに観光するようなところは少ないけど。

街を歩いてるとすれ違う人が「Hi ! Welcome to Brunei !!」って何度も声を掛けてくれた。
それだけ言ってニッコリ笑って去っていくの。

客引き、ほとんどいない。
ボッタクリ、全くいない。
観光客がいないだけどいう話もある。

なかなか良い国だぞ!ブルネイ!



と、この日の夕方のことも書こうと思ったけど、長くなってしまったので言ったん区切るんだぞ!
では、またー。


しばらくブルネイ編にお付き合いくださーい♪
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
今日もよかったらポチッとお願いします♪
スポンサーサイト

夕焼け小焼けのブルネイで


ブルネイの街を歩いていて目に留まったものがあります。

P2220964P2220964.jpg

P2221010P2221010.jpg

この敬礼している人はブルネイの国王。
そう、超~~~~大金持ちの王様。
自分の誕生日に自費でマイケル・ジャクソンとマドンナと引田天功呼んじゃったと噂の王様。
私も呼びたいよマイケル!ぽぅ!

こんな垂れ幕が街のあちこちにあるので、初めは「国王の力が強い国なんだな」くらいに思ってたんです。
でも、ふと気付いた。
「これ、建国記念日のお祝いの垂れ幕なような気がする・・・」
*このブログはすでにリアルタイムと相当かけ離れていて、ここブルネイにいたのは2月22日です。
2月23日が建国記念日なのは知ってたんですが何の期待もしておらず、交通機関が止まったらやだなーくらいに考えていたんです。でも、こんな垂れ幕を各企業が作って一つ一つのビルに飾ってあるということは、こりゃ何かあるなと。

で、帰って宿のおばちゃんに聞いたら
「明日、朝7時からスタジアムでセレモニーがあるのよ。誰でも行けるから行ってみたら?すごい人よ。王様?もちろん来るわよ!」

えー会いたい!会いたい!
王様に会いたい!


完全にミーハー心が騒いで、もう1泊することにしました。
1泊で十分と言われたブルネイにまさかの3泊です。
王様に会えるかな?

さて、夕方には水上ビレッジに行ってみました。
中心部からボート(片道1B$)に乗って向こう岸に渡ります。
P2221027P2221027.jpg

水上ビレッジってどちらかと言えば貧困層の人達が住んでいるイメージがあったのですが、ブルネイではそんな雰囲気なし。
P2221043P2221043.jpg

もちろん老朽化している家も多いのでそれが問題になっているそう。何年前かには火事があってかなりの被害が出たので国としては立ち退いてほしくて安い住宅(しかも10年住めば自分の家になるだって!なんてすごい国だ)を用意したけど、みんな引越したがらないとか。
確かにこの水上ビレッジは居心地が良さそうだ。

陸地に引っ越したがらない人達のためにか、町の外れに新しい家を建てていた。めっちゃキレイでしょ。普通に戸建だよ。
P2221051P2221051.jpg

川で採れた貝を剥く人々。
P2221143P2221143.jpg

P2221094 (1)P2221094 (1)

P2221136 (2)P2221136 (2)
みんな美人だねー!

パッチワークみたい。
P2221146P2221146.jpg

そして日が暮れて、ここで見た夕焼け。
何も言わない。見て欲しい。
P2221160P2221160.jpg

P2221164P2221164.jpg

P2221178P2221178.jpg

P2221172P2221172.jpg

P2221185P2221185.jpg

やっぱり素敵な国だよね、ブルネイ。


さて、私は王様に会えるのでしょうか✩
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
今日もよかったらポチッとお願いします♪


ナショナルデイだョ!全員集合

やってきました建国記念日!2月23日はブルネイのナショナルデイです。

がんばって早起きしましたよ。7時からセレモニーってブルネイの皆さん張り切りすぎよー。
泊まっていたホテルのすぐ近くが会場だったんですけどね、ホテル出たらもう人!人!人!

昨日までの、あの静かな街並みはどこにいってしまったの!

P2231313P2231313.jpg

そもそもセレモニーをやるとしか知らないので、何が起こるか全く予測不可能。




と、そこにやって来た!
P2231224P2231224.jpg

P2231232P2231232.jpg

P2231237P2231237.jpg
え?え?なにこれ。何が起こってるの?
今、朝の7時ですよ。

はい、じゃぁ角を曲がってみましょう。
P2231331P2231331.jpg


P2231327P2231327.jpg

P2231247P2231247.jpg

制服マニア大興奮!鼻血出そう!!


いろんな制服を着た軍団が東西南北あらゆる道路から行進しながら現れるんですよ。
もうどこを見ていいか分からない!
なんだこのイベント!

P2231319P2231319.jpg

P2231296P2231296.jpg

P2231360P2231360.jpg

P2231363P2231363.jpg

もうブルネイが分からない。
この国の方針が分からない。

昨日までブルネイは大人の国だなと思っていました。
やっぱりお金に困っていない国特有の余裕があるんですよね。
観光客に興味がないというか、対応が冷静でスマートなんです。

でもその印象が崩れましたよ。
熱い!熱いよ、この国!

P2231338P2231338.jpg
その装備も持ってきちゃうわけね。

国民のほとんどが参加しているんではないかと思える人出。
道路という道路が全て、コスプレ制服軍団で埋め尽くされています。
ナショナルデイってこういうもの!?


高校生達も大勢参加。
P2231382 (1)P2231382 (1)
女子高生から「写真撮ってー!」ってせがまれちゃった。かわいいのお。

はい、ここが会場。
P2231388P2231388.jpg

P2231392P2231392.jpg
まだガラガラですね。多分ここにさっきの制服軍団が入場してくるんだろうと予想して入口付近で待っていたら・・・

P2231399P2231399.jpg


こ、これはもしかして!!


P2231401P2231401.jpg



もしかして!!!


王様だー!!!!!



P2231402P2231402.jpg
はい、この後ろで手を振っているのが王様ですね。肝心なところが写ってないですね。

でもね最前列にいた私はしっかり見たのですよ。
ニッコリ微笑んで手を振っている王様の姿を!!!
ほ、ほ、惚れたわー。

横断幕見ていた時は「正直タイプじゃないなー」とかどうしようもないこと考えてたんですよ。
でも、目の前で見たら、なんていうのかな。気品溢れるお姿に脳みそとろけてしまったんですね。
軽いですね。


あぁ・・・会えた。王様に会えた・・・。


呆然としつつ、そこはおばちゃん最前列死守ですよ。
そして始まる制服軍団の入場行進。
P2231443P2231443.jpg

で、さっきと違って完全装備なんですね。
P2231425P2231425.jpg

P2231433P2231433.jpg
ヘルメットとサングラス着用。しっかり銃も構えてね。

ロープも巻こうね。
P2231475 (1)P2231475 (1)


え!それもかぶちゃうの!?
P2231477 (1)P2231477 (1)

こ、これは・・・ま、まさかの・・・
P2231470 (1)P2231470 (1)



酸素ボンベ着用!!
P2231473P2231473.jpg
ここ空気ありますよ!

あぁブルネイが分からない。





そして今日の仮装大賞登場。
















P2231476 (1)P2231476 (1)

今日、必要?この格好必要??
ここ南国!炎天下!!




参りました。ブルネイの力、見せてもらいました。

この後も市民団体や障害者団体、高校生等、合計100チーム程の入場が続きました。
P2231508P2231508.jpg


入場が始まってから2時間以上経過。
どうして、こんなに朝早くから始めたのか分かりました。
炎天下の中、ずっと屋外にいなければいけなので倒れる人続出なんです。特に女子高校生。少しでも気温の低い時間から始めないと、もっと大変なことになっちゃうんでしょうね。

王様もずっと直立不動で2時間以上、行進を見守り続けています。さすがだね。
P2231541P2231541.jpg


私も会場に移動。
P2231521P2231521.jpg

コーラスグループのキレイなお姉さんたちが盛り上げます。
P2231531 (1)P2231531 (1)

観客席。
P2231546 (1)P2231546 (1)

やっと全員入場。すでに11時になっています。

そして、アラーへの誓い。
P2231548P2231548.jpg

が、終わったらいきなり始まった!
ノリノリの音楽と共に、高校生たちによるパフォーマンス。
P2231552P2231552.jpg
意外な展開。

カラーボードを使って、みんなで踊る踊る。
P2231568P2231568.jpg

がんばれ高校生!
P2231571P2231571.jpg

踊り終わって、セレモニー終了。
セレモニー自体はあっさりしてるのね。

王様退場。
P2231582P2231582.jpg



ブルネイのナショナルデイすごいわ!!


建国記念日のお祝いがこんな風に行われているとは本当にびっくりでした。
実はイベントの最中、記者の人にインタビューされたんですよ。
「すごい!楽しい!また来たい!」っておバカ回答しかできなかったんですけどね。
その記者の人が「あなたは本当にラッキーだ。ブルネイでは1年2回ビッグイベントがあって、一つはこのナショナルデイ。もう一つは王様の誕生日なんだよ」と話していました。
王様の誕生日も相当すごいらしいです。いや確実にすごいでしょ。建国記念日でこれだもの。

もしブルネイに行く予定の人がいたら、この2つのイベントに合わせるとブルネイの印象が変わるはず。オススメ!



そして最後に私が言いたいのは

P2231375P2231375.jpg

消防士さん最高!!
正直、王様より50倍タイプです。危うく恋に落ちるところでした。


さて、リアルタイムではラオスにやってきました。なんでしょう。のんびりしたところですね。嫌いじゃないです。むしろ大好きです。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
今日もよかったらポチッとお願いします♪




姉さん、事件です。

衝撃のナショナルデイが終了した後、途中で出会ったブルネイ人のおじいさんと一緒にお茶して、お昼ご飯を食べに行きました。そのおじいさんは片言の日本語を喋ります。どうして日本語が喋れるのかと言うと、おじいさんが小学生の頃、日本軍がボルネオ島を占拠していたので日本語の授業を受けていたから。東南アジアを旅していると度々その現実を目の当たりにします。
「海軍が先生だったので厳しかったよ。でも厳しい方が覚えるからいいけどね。」と笑いながら話してくれました。今でも朝日小学生新聞を送ってもらって日本語を勉強してるんだって。じっちゃん、すごいわ!
ブルネイの年金事情や王様情報、イスラム教の話など聞けてとても良い時間でした。

そして、宿に帰って昼寝。朝早かったからね。

夕方、お茶に行こうかなと部屋を出ました。
ここの宿は3階にあるんでトコトコ階段を降りました。
小さな出口を出ました。


いや、出ようとしました。


が!!!!
出れませんでした。



扉の前で見たものは・・・。



口から血を吐いて倒れている人。
息は・・・していない。



もう何から何まで衝撃すぎるよ、ブルネイ。

すでに大騒ぎになっていて、警察が周辺を立入り禁止区域にしてるわ、その周りにセレモニーの時と同じくらいの野次馬が群がっているわ、なに呑気に昼寝してたんだろう。

しかも焦って隠れちゃったりして、もう挙動不審者ですよ。

そこにニコリとも笑わない、いかつい警察官(通称ゴリ警部)登場。
扉の影に隠れる私に、ゴリ警部の尋問が始まる。

「このビルで何してた?」「仕事で来ているのか?」「ブルネイにはいつまで滞在するんだ?」「今日のセレモニーは見たか?」「一人で見てたのか?」「なんで結婚しないんだ?」

どんどん話が逸れていってるね。
挙句の果てには「なんで33B$もする宿に泊まってるんだ。10B$の宿があるんだから明日からそっちに移りなさい。長く旅をするならちゃんとお金をセーブしなきゃダメだよ。」と説教くらう始末。
最後までニコリともしなかったけど、夕日がキレイに見える場所も教えてくれた優しいゴリ警部でした。

倒れてた人は「お酒でも飲んだだろう」というのがゴリ警部の見解でした。
イスラム教はお酒を飲んではいけないのですが、多分セレモニーで盛り上がった結果、どこかで飲んでしまったのかもしれないですね。
*イスラム系の国ではお酒を販売していないところが多く、特にここブルネイでは厳しかったです。マレーシアではチャイナタウン系に行けばあるし、インドネシアはかなりゆるいのですが。

気を取り直して、この日も夕日を見に行ったのでその写真でも。

P2231590P2231590.jpg

P2231624P2231624.jpg

P2231625P2231625.jpg

P2231629P2231629.jpg

3泊の滞在とは思えない程、濃いブルネイの旅でした。
P2231586P2231586.jpg
いつか王様の誕生日にまた来たい!!


ハンモックとビールと夕日って最強ですね。脳みそトロけそうです。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
今日もよかったらポチッとお願いします♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。