プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拝啓 十二の君へ

昔、小学校の卒業文集に”将来行きたい国”を書くコーナーがありました。
私はそこに『オーストリアのウィーンに行きたい』と書きました。
十二の春でした。

あの頃、私はピアノを習っていて、毎日毎日ピアノの練習ばかりをしていました。
将来は音楽の道に進むといいと親に言われ、先生に言われ、自分でもそう思っていました。

だからウィーンは私の憧れの街でした。
ピアノと光GENJIが大好きな十二歳はいろんな夢で溢れていました。

PB051026.jpg
今まで何度も同じような街を見てきたのに、ここだけは特別でした。
ウィーンの街を歩いているだけで胸がいっぱいでした。

お腹もいっぱいでした。
PB051032.jpg
いや、今日は真面目に書こう。


あんなに一生懸命練習していたピアノを中学に入ってあっさりやめてしまい、その後、夢や希望という言葉が嫌いになりました。ピアノを見ると酸っぱい思いが横切り、目の前にピアノがあっても触れることもありませんでした。”自分のやりたいこと”より”自分のやれること”を職業にし、現実的な日々を送る毎日でした。


あれから23年。


今、目の前にしているのはウィーンフィルハーモニーの演奏会。
PB061071.jpg
久しぶりに音楽に触れました。
やっぱり音楽っていいなと素直に思いました。


ランドセルを背負って牛乳ばっかり飲んでいた少女は、バックパックを背負ってビールばっかり飲んでいる大人になりました。

本当はこんなはずじゃなかったのかもしれない。

本当は・・・。

どこか胸の奥でくすぶっているものがあります。

でも、こうしてひとつ夢が叶って、十二の私に顔向けできるような気がします。



次回ヨーロッパ編、最終回です!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
今日もよかったらポチッとお願いします♪


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。