プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南米縦断終了

キトでの思い出はバナナにつきますが、一応赤道にも行きました。
赤道といえば線をまたいで体の半分は北半球、半分は南半球でーす!なんてはしゃいじゃうところだと思うんですが、私が行った時は土砂降りでしてね。誰もはしゃいでいないんです。そっと一人で線またいでみたんですけど、やっぱり虚しいだけでした。それが赤道の思い出です。
P5150312.jpg 
でも素敵な出会いもありました。
農園見学が終わって部屋で放心状態になっていたところ新しいルームメートがやってきました。

一人は健太郎くん。(健太郎くんのブログ・7billions of people in the worldはコチラ)
実は健太郎くんに南米で会うのは5回目。しかし、いつも変な場所と変なタイミングで会っていたので4回目で初めて自己紹介して、今回やっとゆっくり一緒に過ごすことができました。共通点は山があっても登らないところ。

そしてもう一人はなっちゃん。(なっちゃんのブログ・大人の夏休みはコチラ)
会うのは初めてだったのですが、共通の友達から「なっちゃんはエエ女やー」と聞いていたので部屋に入ってきた瞬間分かりました。だってエエ女だったんですもの。共通点はひたすら寝てるところ。

そんなブログ村でもお馴染みのブロガー二人と数日過ごすことになりました。

エクアドル大統領の就任式を見に行ったり
P5240633.jpg 
オタバロの市場でブタの丸焼き食べたり

P5250707.jpg

焼きバナナ食べたり
P5250842.jpg
あ、これは私だけだ。

エクアドルからコロンビアの国境を越えたり
P5250850.jpg

世界一美しいと言われるイピアレスの教会を見に行ったり
P5260890.jpg
充実した時間を過ごしました。
その詳細は二人のブログに書かれています。




え?
人任せ?


手抜き大好きもんで。


二人は大人でしっかり者なので、一緒にいて本当に居心地良かったです。またどこかで会えたら、、、なんて思ってたら、この後なっちゃんとはメキシコとアメリカでバッタリ会うことになります。健太郎くんとはいつか6回目があるでしょう。楽しみにしています。


ということで、私は皆と別れてからのことを。
まずは首都ボゴタ。

最もコロンビア人らしい芸術家と言われるボテロの美術館へ。コロンビア人らしいってなんだ?
P5270963.jpg
ボテロは対象物をふくよかに描くことで有名。キリストもご覧の通り。


お次は黄金博物館。
P5291012.jpg
ちびまる子ちゃんに出てきそう。

P5291015.jpg
なんかイラッとする角度。

P5291016.jpg
楳図かずおの漫画に出てきそう。


それからボタから2時間程のところにあるシパキラの教会。洞窟の中にある世界一大きな十字架だそうです。
P5280985.jpg
中国の九郷風景区を思い出させるライトアップ。

それより教会に行く前に食べたステーキの方が印象的。
P5280968.jpg
肉!肉!


ボゴタの後は、美人の名産地と呼ばれるメデジンへ。
実際、美人が多いのかって?


めちゃくちゃ多いです!!!!

あ、あの子かわいいなってレベルじゃないんです。ハッとするくらいの美人が5分に1回くらい目の前に現れるんです。たまらん。
じゃあコロンビアの男性はイケメンが多いのかって?


…ノーコメントで。

気を取り直して…メデジン出身のボテロの作品が並べられているボテロ広場。
P5301085.jpg

P5301094.jpg
パンチョ伊東みたい。

 治安が悪いと言われるコロンビアですが、基本的には他の南米都市と同じ感じです。突出しているわけではない。ただ、このボテロ広場がある駅周辺だけはあまり雰囲気が好きになれませんでした。勘です。嫌な予感。
1本道を入ると強盗多発地域とかあるみたいなのでご注意を。

もう一つ、メデジンの名物といえばスラムの上を通るケーブルカー。
P5301065.jpg
地下鉄に直結していて同じ切符で乗れます。
スラムの中に駅をつくるのは危険→ケーブルカーを通そう!逆転の発想ですね。
P5301055.jpg
このケーブルカーがスラムに住んでいない人が安全に移動するためのものではなく、スラムに住んでいる人が街に出て行くための交通手段として使われているのが素晴らしいなと思いました。
街とつながる、孤立しないって大切。子どもたちは特に。自分の住む世界がすべてで終わってほしくない。
なんてことを土砂降りと落雷で運行が止まってしまい、途中で降ろされてしまったスラムの真ん中にある駅でぼんやり考えていました。


さてさて、コロンビアまで来たということは南米大陸縦断が終わったことを意味します。
ウシュアイアからちんたらちんたら陸路と航路で北上を続けていた南米の旅もコロンビアで一旦終了です。一旦ね。次は4ヶ月ぶりに飛行機に乗ってカリブの島に向かいます。

南米がどうだったのかと問われれば、誰かが言っていた
“アフリカの後の南米はボーナスステージ”
その言葉が今の私にはとてもしっくりきます。

バスは時間通りに来る。
行きたいところにどこにでも行ける。
どこに行っても日本人がいる。
情報は出会った人がすべて教えてくれる。
居心地のいい宿がたくさんある。
欲しいものが手に入る。
食べ物に困らない。

何もかもがボーナスステージでした。
それは“快適”と呼ばれるもので、しかし同時に“生ぬるさ”が心の奥でくすぶっていたのも事実です。きっと南米から旅を始めていたら全然違った気持ちだったかもしれません。

でもボーナスステージはここでおしまい。この後、カリブの島、中米、そして北米と旅は続きます。ちなみにブログが3ヶ月遅れになってしまっているのでリアルタイムはアラスカです。生ぬるさが欲しいくらい厳しい寒さと闘っております…。誰かアラスカにヒートテックをー!

ということで次はカリブ編!といきたいところなのですが…飽きちゃってません!?コロニアルとか教会とか…。私はね、飽きちゃってるんです(笑)てかコロニアルとか教会とか、ほとんど紹介してないですね。

だから次からロシア編始めます!
まったく突然で申し訳ないのですが、一年前に旅したロシアのことをまだ書いてないのがずっと気になっていて…。本当はロシアの観光シーズンが始まる夏前に書きたかったんですけど無理な話でした。でも去年のこの時期、ロシアにいたので季節を重ねて読んでいただけたら嬉しいです。
ロシアは私にとってまさに“旅”でした。

ということで次回から脳みそをグラシアスからスパシーバに切り替えて書いていきます。アディオース!


1年前の出来事、覚えてるかな…。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。