プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広島カープ旅人


カリブの島巡りも最後の1つになりました。その1つがカリブに来た一番の目的地、日本を出る前から行こうと決めていた国です。ありがとうを言うために。

その国とは…



ドミニカ

ド ミ ニ カ 共 和 国

はーい、これでピンときた人、野球好き。野球興味ない人、ポカーン。


ドミニカ共和国と言えば、メジャーリーガーのゆりかごと呼ばれるほどのプロ野球選手大量輩出国井端が活躍がした2013年WBC優勝国でもあります。つまり野球大国なのです。
※大事なところに下線引っ張っておきましたからね。

もちろんメジャーリーグだけではなく日本プロ野球界でも多くの選手が活躍していて、例えばルナ、ブランコ、セサル、デラロサ、ネルソン、バルデス…あ、全部中日の選手だ。
中日だけじゃなくてもブリトー、フランコ、マルティネス、ゴンザレス、ガルベス、オビスポ…その他多数
うわーいたわー!!オビスポ!!

プロ野球を賑わせ、楽しませてくれたのはそうドミニカ共和国出身の選手たちのおかげ。中日が優勝出来たのも彼らと井端のおかげ!!!そんなドミニカ共和国の大地に頭こすりつけて拝み倒したい。ありがとうが言いたい。それが私の夢だったのです。

私は徳川家康のお膝元で生まれ、味噌汁は赤味噌(カクキュー派)しか信じない中日ファンですけれども、野球と名の付くものなら、高校野球、大学野球、社会人野球、はたまた近所で見かける草野球、水島新司の野球マンガ(一番好きなのは球道くん)、ファミスタ、なんでもかんでも好きです。でもメジャーリーグだけはよく分からない。

そんな野球漬けの人生を送ってきた中でも私が中学生の頃からひたすら憧れ、尊敬し、神様だと思っているのが前田智徳元選手(広島カープ)です。天才打者、求道者、孤高の人、現代のサムライ、そんな表現がぴったり当てはまる、武骨で最強にかっこいい選手でした。永遠に私のドラフト1位です。

昨年現役を引退した前田選手。
PA035189.jpg

PA035282.jpg
引退試合見に行ったんですよねー。
※このために一時帰国したのではありません。偶然という名の必然です。
いやー泣きましたね。泣けました。本当に終わりなんだなぁと思って。もう見れないんだなぁと思って。私の野球人生にもポッカリ穴が開いた気分です。

で、なんでこんな話しているのかと言うと行ってきたからです。例のところに。
ええ、ドミニカ共和国と言えばあそこです。


はい



P6213022.jpg

ドミニカカープアカデミー
ドミニカカープアカデミーとは広島カープが外国人選手の発掘、育成のために1990年ドミニカ共和国に作った日本球界史上初のアカデミーのことである。当時、日本のプロ野球は支配下選手登録された選手が1軍と2軍に分かれ在籍していただけだったので、海外に育成所を作ることは画期的であった。さらにカープアカデミーから日本球界に渡ったチェコ、ソリアーノ、ケサダなどの選手の活躍もあり、プロ野球ファンの間にカープアカデミーの名は広く知れ渡ることとなった。だがここ10年程はこれといった選手を輩出していないため存在価値が危ぶまれている。
いたな-!チェコ!!


分かっていただけたでしょうか?90年代のプロ野球を見ていた人間にとって、カープアカデミーは夢のような存在であったことが。
「私は一生外国に行きません」と一人鎖国宣言をしていた中学2年生がプロ野球ニュースを見て「ドミニカ?それアフリカ?」と興味を持つようになりいつか行ってみたいと思うようにまでなった、そんな私の人生を変えたのがカープアカデミーだったのです。

そうは言ってもロッテ浦和球場に行くようにふらっと行ける場所ではありません。まずは見学の予約が必要ということで広島カープの球団事務所に電話しました。まー緊張しますわな。球団事務所ですよ。聖地です。簡単にあしらわれるんではないかという懸念をよそに、広島カープ球団事務所の対応は素晴らしいの一言に尽きました。最初の電話では海外交渉担当の方が、その後の日程調整等は現地駐在員の方とメールでやり取りしたのですが、丁寧で細やかな対応はゆるさと適当さをうりにしている世界の国々では考えられない完璧なものでした。日本の社会人も無形世界遺産に登録されるべきだと思います。

こうして見学の日程が決まり、あとはゆるさと適当さがうりの私が寝坊しなければすべてがうまくいくはずです。

セントマーチンからドミニカ共和国の首都サント・ドミンゴに着き、翌日カープアカデミーのあるサンペドロ・デ・マコリスにバスで移動。バス停が分からなかったので近くにいた警察官に聞くと、バス停まで連れて行ってくれました。「私ねー、野球が好きでねー、だからドミニカに来たのー。今からカープアカデミーに行くのー。」とアホの子のように話してたらこんなものをくれました。
DSC_6778.jpg
台湾リーグで活躍していたラミレスが千葉ロッテに入るかも!?という新聞記事。こんな風にドミニカの新聞に取り上げられているなんて!!やっぱり野球の国です!私もおみやげにトーチュウ持って来ればよかった!

バスで30分だか1時間だったか忘れてしまったけどサンペドロ・デ・マコリスに到着。見学は翌朝なので今日はこの街に泊まります。
P6202963.jpg
安いホテルが見つからなかったので確か60ドルくらいしました。でもカープアカデミーのためならプライスレス!

このサンペドロ・デ・マコリスは野球の国ドミニカの中でもさらに野球の町として有名です。野球が強く、多くの選手をメジャーリーグに送り込んでいます。

その中でも一番有名な選手が“サミー・ソーサ”
あとオビスポもサンペドロ出身です。
球史に残るマグワイアとのホームラン争いを繰り広げたソーサ。彼はサンペドロの英雄であり、ドミニカの英雄なのです。だからこんな銅像が立っています。




P6202971.jpg
英雄です…。

ちなみにここはソーサが建てたショッピングセンターというかテナントビルです。
P6202979.jpg
でも全然テナント入っていませんでした。そんな英雄です。

もしここに行きたい方がいたら、この写真を見せればほとんどの人が知っていると思います。私はホテルの人に「私ねー、野球が好きでねー、だからー(以下略)」と話しかけたらバイクで連れて行ってくれました。ドミニカの人は野球好きに優しいです。

街の入り口にあるオブジェ。
P6202988.jpg
こっちの方が立派。

野球ものを見ると反応してしまいます。
P6202986.jpg

あと夕方に少年野球の子供たちがユニフォーム姿のまま自転車に乗って家に帰る姿を見かけて感動しました。
あれも無形世界遺産に登録されるべきだと思います。

サンペドロ・デ・マコリスの街。
P6203000.jpg
観光客など来ないのでかなり注目の的。意外と「ハポン!」と声かけてくれる人が多いのでカープアカデミー効果かなと想像していたら「日本で働いていた」とか「兄弟が住んでる」等の現実的な理由が主でした。

教会。
P6202994.jpg
ドミニカはカトリックの人が多いようです。よくホームラン打った選手が天に向かってキスしたり、ヒーロインタビューで「神のおかげで打てた」と言ったりしてますよね。

これといった見所もないし、ふらふらしている間に事故にでも遭って明日の見学に行けなくなったら悔やんでも悔やみきれないのでスーパーで買い物をしてホテルで静かに過ごすことにしました。
P6203006.jpg
コンク貝(カリブ海の名物)と書いてあったのですが、本当にコンク貝でしょうか?100円くらいだったのですが。

キッチンが付いていたのでバター醤油炒めにしました。
P6203016.jpg
あとドミニカビールも。前祝いです。


あれ、こんな余計なこと書いていたら時間がなくなってしまいました。
全部まとめて書くつもりだったのに…オビスポめ!
次回こそ“私が考える夢のスタメン”じゃなくて…“ドカベンでどのキャラクターが好きか”でもなくて…カープアカデミーの事書きます。多分。

アメトーーク“広島カープ芸人”はDVD第26巻です。いますぐTSUTAYAにGO!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪
スポンサーサイト

広島カープ旅人2

前回までのあらすじ
『野球好きが広島カープアカデミーを訪れるためドミニカ共和国にやってきました』
なぜ一行で済む話があんなに長くなってしまうんでしょうね。(まだ読んでいない方はコチラを先にどうぞ)

さて、見学当日。無事寝坊もせず、むしろ緊張でまともに寝れず、でもドーパミン出まくりの朝です。ホテルからカープアカデミーまではタクシーで向かいます。(行き方は見学を申し込むと詳しく教えてもらえます)

街を少しはずれたところで「ここだよ」と運転手さん。目の前には赤いゲート。
P6213023.jpg
カープアカデミーの門は赤かった。
それだけで感動。東大の赤門<カープアカデミーの赤門。

守衛さんに見学に来たことを伝えるとすぐに門を開けてくれたので、一人で入っていきます。右手と右足を同時に出しながら。ちなみに体からは『カチ』『コチ』という擬音が飛び出しています。

門をくぐるとのどかな風景。
P6213027.jpg

P6213032.jpg
ずいぶん広い敷地です。

どこまで入っていっていいのかなぁと不安に思いつつ突き進んで行くと…
P6213108.jpg
オフィス発見。あかーーーーい!!!
この一貫した主張に再び深い感動。中日ビルも青くするべきだと思います。

事務所の中に入るとそこは夢の国。
P6213091.jpg

P6213098.jpg

P6213097.jpg

P6213092.jpg
日本野球博物館ドミニカ支部と呼びたい。

この写真はもちろん後から許可をいただいて撮ったもので、最初はロビーでガッチガチになりながら担当の方が来るのを待っていました。時々ユニフォーム姿の選手が横切る度にピクッと反応してしまうのですが。就職面接より緊張します。
数分後メールで素晴らしい対応をしてくださった担当の方が現れて、やはり素晴らしい対応と共に見学が始まりました。

そもそもカープアカデミーとはプロを目指す選手の育成所で、おめがねにかなうと日本で行われるキャンプに参加しテストを受けることになります。そして合格したら晴れて広島カープに入団となり支配下選手登録されるのですが、いくら野球王国ドミニカと言えど、そんなに簡単に合格まではたどりつけないのが現実。またドミニカにはメジャーリーグのアカデミーが20球団以上あり、優秀な選手はメジャーを目指すのでなかなか選手が集まりにくい状況。カープアカデミーも最近までは数人の選手しかいなかったそうですが、私が行った時には15名程の選手がいました。

まだ練習が始まっていないのでまずは宿舎から見学。
P6213101.jpg

P6213035.jpg

P6213039.jpg
モスクワの赤の広場に匹敵する赤を基調としたデザイン。素敵です。
選手はここで暮らしているのですが、練習は基本的に午前中のみ、土日休みです。週末は実家に帰るそうです。日本だったら「休日?そんなもん金稼げるようになってから言えやこらーーー!!」って言われそうですが、ここはドミニカです。

庭に植えてあるアオギリの木。
P6213106.jpg

P6213105.jpg

P6213103.jpg
広島の原爆を忘れない、そして何が起こったのかドミニカの人達にも伝えていくために植樹されたそうです。

見学している間にも選手が目の前を通り過ぎるので、いちいち「はっ」とか「うっ」とか反応してしまいます。
P6213046.jpg
2m近くありそうな選手。

この選手は今度の秋季キャンプに連れて行く予定等々教えてくださって、なんか極秘情報を手入れたような気分です。極秘でもなんでもありませんが。第二のチェコになるかもね!

練習開始の時間になったのでメイン球場に移動。
P6213059.jpg
久しぶりに目にした野球グラウンド。「オマエの帰る場所はココだけだから」と両腕広げて迎えてくれている感じです。私、もうここから離れたくない。

P6213063.jpg
ドミニカの中の広島カープ。ユニフォームが懐かしい!「宮島様の神主が~おみくじ引いて申すには~」って心の中でエンドレスリピートです。

まずはランニングから。
P6213070.jpg

P6213075.jpg
もちろん見学しているのは私だけ。なので見に来たのに見られてます、逆に。恥ずかしいです。

続いてアップ。
P6213080.jpg

P6213087.jpg

P6213085.jpg
うわー日本式ー!これ試合開始前に必ずやってますよね。

P6213208.jpg
他のアカデミーから来たばかりなのか、違うユニフォーム着ている選手もいます。体柔らかいな!

アップ後は内野守備練習。
P6213119.jpg

P6213141.jpg
未来のデラロサ。

P6213115.jpg
ドミニカの前田!

えっと、野球に興味のない人は置いてけぼりな内容ですみませんが、私ここまでで大興奮していますからね。「スローイングいいじゃん!」とか「もっと腰を低く!」とか似非コーチですよ。心の中で。野球場行くと「あーだめだよー!」とか「あちゃー!」とか普通に口に出してる人いますけどね。一人で。だいたい痩身でちょっと髪長めで意外と若者。それでちょっと甲高い声で「今のは森野だろー、森野!うわー次、梵かよー。当てられたらおしまいじゃないかー!うぁー!」って早口でまくし立てて頭抱えるんですよね。一人で。
あそこまで振りきれるたら怖いものなんてないんだろうなっていつもチラッと横目で見ています。ドミニカで一人、野球練習見ている女も怖いものなさそうに見えるかもしれませんが、まだいろいろなものが振りきれないのです。早くあの域まで到達したいです。

さて、最初は3塁側の誰もいないベンチで練習を見ていたのですが、選手が集まっている1塁側に行きましょうとのことで移動。

目の前を選手が行ったり来たりするのでもうどうしていいのやら。完全に挙動不審な私に話し掛けてきてくれたのは…



P6213173.jpg
フェリシアーノ!!!!
手前の方です。2004年カープアカデミーから広島カープに入団し3年間在籍していた元ピッチャー。現在はカープアカデミーでコーチをしています。日本語も上手でドミニカのことから日本のことまで色々話してくださって感激です。あと元投手の田中敬人コーチが日本から派遣されていて、やはり声をかけてくださって本当に嬉しかったです。(緊張して写真お願いできなかった…)もう頭ポーッッとしてておかしなこと口走らなかったかいまさら心配しています。

メイン球場の次はブルペンで投球練習見学。
P6213148.jpg
ドミニカのマエケンです。いやドミニカの佐々岡か…。佐々岡が入団した89年のドラフトは史上最強だったなー。この話始めたら一升飲める。

P6213150.jpg
面白かったのが受けるキャッチャーの掛け声。日本語なんですよ。「いいよいいよー!」とか「もういっちょー!!」とか。日本でプレーすることを想定してるのかな。

P6213172.jpg
こうやってバッテリーでベンチに帰る姿好きです。谷繁が話し掛けているのに全く聞いていなそうな憲伸とか。

メイン球場の前にはこんな特等席も。
P6213237.jpg
上に登るとグラウンドが全て見渡せます。
そういえば担当者の方に「どこのチームのファンですか?」と聞かれたので正直に「中日ファンですが神様は前田選手です」と答えました。そんな私に嫌な顔ひとつせず、前田選手のエピソードなどを話してくださって、本当に申し訳ないくらいでした。あと2回生まれ変わったら私はカープファンになっていると思います。その時のために足腰鍛えておきます。立ったり座ったり大変なんでね、カープの応援。ちなみにカープアカデミーが出来た頃は前田選手もここでトレーニングを行っていたそうです。
今、私は、前田と、同じ場所に、立っている。
ありがとう、ドミニカ。ありがとう、カープ。大地に頭こすりつけて拝み倒したいけどつまみだされて練習見れなくなるのは嫌なので踏みとどまりました。やっぱりまだ振り切れてないです。

最後に訪れたのはサブ球場。ここでは打撃練習が行われていました。
P6213234.jpg

P6213228.jpg
すでにカープにいそうな選手。

すべての練習を見学させてもらいお腹いっぱい胸いっぱい。
旅に出てからすっかり野球と縁遠くなってしまっていましたが、ボールがミットにおさまる音や土で汚れたユニフォームを見て、やっぱり野球っていいなぁとしみじみ思いました。帰ったらまた神宮球場でビール飲みながらカレー食べよう。

フィールド・オブ・ドリームスinドミニカ
P6213201.jpg
ここからたくさんの選手がカープで活躍し、私達に夢を見させてくれることを心から願っています。

一番好きなドカベンのキャラクターは不知火守です。
ハエも止まる超スロ~ボ~~~ル!!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。