プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界最北の温泉はアイスランドにあった

※この話は2012年9月の出来事です。

アイスランドに行きたいと思ったのは、ある1枚の写真を見たのがきっかけででした。
その写真はアイスランドのゴーザフォスの滝で撮影されたと書かれていました。
緑の小島が浮かぶ滝つぼと、その島を取り囲むように流れ落ちる滝がとても神秘的で釘付けになってしまいました。ゴーザフォスとはアイスランド語で“神々の滝”という意味だそうです。
まさにそんな名がぴったりの滝でした。

旅に出る前から憧れていた場所に行くのは本当に心が踊ります。
あの景色を自分の目で見られるんだと思うと心が震えます。

ゴーザフォスの滝に行くには北部にあるアークレイリという街が基点になるので、レイキャビクから飛行機で移動。
8月末で島内を走るほとんどのバスが終わっているので飛行機で移動するしかないのです。
あぁシーズンオフ。
ただ、アイスランドはバス代も宿代も高いので、飛行機の方が安上がりだったりします。確かこの時は5000円でした。

P9140612.jpg
レイキャビクの国内線ターミナル。ちっちゃい。

P9150613.jpg
飛行機もちっちゃい。

そんな飛行機に乗って気づいたことがあります。

窓からの景色。
P9150625.jpg

雪 景 色
あの…今9月なんですけど…もしや冬ですか?

P9150642.jpg
アークレイリ空港に降り立つと雪こそないものの、極寒
冬だ冬だ!!

しかも空港から街まで公共機関がないので、1時間程歩かなければいけません。寒い。寒いよ-。
P9150656.jpg

アークレイリはレイキャビクをさらにこじんまりとさせた、山と海に囲まれた街。
P9150743.jpg

P9161367.jpg

やっぱり教会はおしゃれ。
P9161404.jpg

旧市街にあるこのソフトクリーム屋はアイスランド一おいしいアイス屋だと思います。
P9161356.jpg

ふわふわ~。
P9161359.jpg
寒いとか言ってたのだれ~

さて到着翌日、ツアーに参加して念願のゴーザフォスの滝を含む、北部の見どころをまわってきました。参加者は1名…。完全マンツーマンです。
ちなみにアイスランドではレンタカーがないと自由に観光するのは難しくて、特にバスがない9月以降はツアーを組むのが一番手っ取り早いです。

ツアーがスタートして間もなく、気づいたことがあります。
P9151022.jpg

雪 景 色
9月は完全に冬でした。実は紅葉が綺麗なんじゃないかと期待してたんですが、完全に冬でした。

雪景色も綺麗なんだけどね。
P9150937.jpg
私はどこに来てしまったんだろう。

アイスランドは地熱発電でも有名。
P9151090.jpg

P9151121.jpg
原子力には頼りません。

ここは溶岩が剥き出しになっているはずなんですが…
P9150995.jpg

P9150988.jpg
なんで雪道歩いているんだろう。

地球の割れ目。アメリカ大陸とユーラシア大陸の境目のプレートです。
P9150998.jpg
どちらかといえば雪の割れ目。

途中、ラムのあったかいスープで昼食。
P9151015.jpg
これだけで1000円。おなかいっぱいにならない。
ただ、この黒パン(地熱を使ってふかしている)がおいしくて、その後スーパーで買いだめすることになります。

そしてお待ちかねゴーザフォスの滝!
P9150854.jpg
んー。

確かに美しい滝なんだけど、なにせこの天気。私が釘付けになった、小島が青々としていて、神々しさを放っていた景色とは違いました…。
天気と季節は重要
これ教訓です。

他にも有名な湖とか見にいたはずなんですが、5ヶ月たった今、写真を見返してみるとどれがどこだかさっぱり分からない。全部雪景色で見分けがつきません…。

そんな雪景色ツアーでしたが、心から参加して良かったと思ったことがありました。
最後に訪れたココ。

ミーヴァトン温泉
P9151251.jpg
そう世界最北の温泉です。

青白色のにごり湯。
P9151239.jpg
入った直後からみるみるうちに肌がすべすべに。このお湯はすごい!!
アイスランドの温泉と言えばブルーラグーン(世界最大の露天風呂)が有名なんですが、あのお湯は火力発電の余熱で温めているので、実は天然温泉ではないんです。でもここは正真正銘の天然温泉。
温泉大国ニッポンから来た私でも感動の温泉でした。

この温泉、本当にオススメです!
そして8月までに来られることも強くオススメします!!


今頃ドレーク海峡の揺れに耐えながらレストランにしがみついていると思います。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪
関連記事
スポンサーサイト

9月のアイスランドでオーロラは見れるのか

※この話は2012年9月の出来事です。

雪まみれのアークレイリから再びレイキャビクに戻ってきました。

実は、アークレイリの後、さらにその北にあるグリムセイ島という北極圏の島に行く予定だったんですが、早朝、港に行くバスに乗ろうとしたらが日曜で運休。途方に暮れていたら、そもそも船もこの日は運休だったことが判明し八方塞がりで諦めました。下調べって重要。
完全に行くつもりだったのでグリムセイ島からの帰りの飛行機のチケット買ってたんですけどね…追加料金払って、アークレイリ発に変更しました。

レイキャビクに戻ると
P9161459.jpg
快晴!!

アイスランドに来て、初めて青空を見ました。

そして、この空を見て思うことはひとつ。



オーロラ見れるかも!!

そう、ここアイスランドはオーロラが見れる国。
今までオーロラを見たことはありません。
人生一度でいいから見たいですよね、オーロラ。

しかもレイキャビクは世界一暖かいオーロラ観測地らしいんです。
真冬でも0度くらいにしかならないので、フィンランドやカナダのマイナス30度の世界と比べたら常夏ですね。

アイスランドでオーロラが見れるのは9月中旬頃からと言われていて、まさに私がいたのが9月中旬。ちょうどオーロラツアーが始まったばかりでした。
でもホステルの人に聞くと「まだ早すぎるよ。昨日行った人も見れなかった」とのがっかり情報。
ツアー参加費5000円(見れなかったら翌日無料で参加できる)払って見れなかったら痛いなぁと迷っていました。

でもこの青空見てたら、なんかオーロラが出るような気がして旅行会社に申し込みに行きました。すると「今日は雲が多いから催行しないかも。18時頃決めるので、またその頃に来て」と言われてしまい、再びがっかり。
やっぱり、かなり難しい状況なのね…。

18時、また旅行会社に行くと「催行決定したわ!」との返答。やったー!

そして日が暮れ出発。
途中、休憩で寄ったガソリンスタンド。
P9171603.jpg
雲なくなってー!


光が強い時は街中からオーロラが見えることもあるらしいのですが、ツアーでは街を離れ、光の少ない場所まで連れて行ってくれます。

1時間程で観測地に到着。
我先にバスを降りてオーロラを探す人達。
でもオーロラはそんなに簡単に出てくれるものではない。


10分…


20分…


30分経過



オーロラ見えず…。
寒い。

すでに半分以上の人がバスの中に戻っています。
いくら世界一寒くないオーロラ観測地と言われていても、9月夜のアイスランドは寒い。
(東京の冬と同じくらいの格好がいいと思います)
観測時間は約2時間。最初は「見れるかも!」ってドキドキしていたのに、だんだん「見れないかも…」と諦めモードに変化。
ただ、星空はおそろしいほど美しくて、あっちもこっちも流れ星。
願いごと考えるのが追いつかないほど流れ星がヒュンヒュン落ちていきます。


今日は星空観測会で終わるかも…


弱気になっていたその時です。




「ほら、あれ」と指さしている人がいます。


「ん?あれ??」


その指の先には白い雲がモヤモヤと出ています。
でもそれはとても小さくて、すぐに消えてしまいそうな雲のように見えました。



「オーロラだ!」
誰かが叫びます。


再び我先にバスを降りてくる人々。
みんな「オーロラだ!」「オーロラだ!」と口走りながら、一点を見つめています。

ぼんやりうっすらと見えるオーロラ。
P9171616.jpg

オーロラって、肉眼で見ると白い雲のようなんですが、写真だとこんな風に緑色に見えるんですね。
だから写真を撮って、画面で見た時に初めて「うわ!オーロラだ!!」って実感しました。

小さくぼんやりしていたオーロラは、形を次々に変えながらどんどん広がっていきました。
P9171645.jpg

P9171638.jpg

P9171654.jpg

最後には虹をかけたように空一面に広がったオーロラ。

ただただ感動。
アイスランドに来て良かった。


写真はミラーレス、三脚なしで撮ったのでこれが限界でした。ブレブレですみません。
元々オーロラの写真なんて無理だろうと思ってたのですが、フィンランドで会った友人の旦那さんがカメラに詳しくて設定方法を教えてもらい、ここまで撮れるようになりました。感謝!

P9171650.jpg
一生に一度は見たいと思っていたオーロラを見れて本当に幸せ。


実は…一生に一度と言いながら、あまりに嬉しくて、翌日もう1回ツアーに参加してしまったんです。
その時の写真↓
P9191939.jpg
前日よりかなり光が弱かったんですが、今回は赤色が混じったオーロラでした。

2012年はオーロラの当たり年らしいんですが、こんなシーズンの初めに2回行って2回とも見れたのはアイスランドがすごいんだと思います。
よくフィンランドやイエローナイフで極寒の中、1週間観測しても見れなかったーって話を聞くので、そんな方はアイスランドへ是非!かなりの確率で見れると思いますよ!!


今頃、5㎏増し。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪

関連記事

ゴールデンサークル

ただいまー!
南極から帰還しましたっ!!

もう、すんばらしくて色々話したくてウズウズしているんですが、ひとまず北極が先ですね。
南極行ってる間に終わらそうと思ったんですが、案の定間に合いませんでしたー。
だからちゃっちゃといきます。
ちゃっちゃとアイスランドの観光名所について報告しまーす。

※この話は2012年9月の出来事です。


レイキャビクにはゴールデンサークルと呼ばれる観光スポットがあって、レンタカーかツアーで回るのがベターです。個人で行くと1日で回りきれないので、余計な宿泊費がかかって、かえって損します。
私はイギリス紳士が個人でやっている旅行会社でツアーを申し込みました。(名前忘れました…。口コミだけで大人気で予約がすぐに埋まってしまうところでした。街中の旅行会社だと大型バスでゾロゾロ回るんですが、ここはミニバンで少人数だったのでとても良かったです。でも名前忘れました…。)

そのゴールデンサークルには3つのスポットがあります。

観光スポットその1
グトルフォスの滝

の前に…
P9191992.jpg
綺麗な滝をひとつ見に行きました。

そして、こちらがグトルフォスの滝。
P9192111.jpg

P9192125.jpg

P9192072.jpg

写真だと伝わり切らないのですが、深い緑に囲まれた周りの景色を含め、段々になって落ちるこの滝は
宇宙一美しい滝に認定しました。アークレイリのゴーザフォスの滝ばかり気にしていたので盲点でした。半年経った今でも、私の中で滝No.1 です。

観光スポットその2
間欠泉

こんな何もないところから
P9192227.jpg

ドッカーン!!
P9192222.jpg

ザッバーン!
P9192224.jpg
と蒸気があがるのを見上げるのです。

P9192148.jpg
いつ来るんだろ、いつ来るんだろとドキドキしながら待ってるのが楽しい。


観光スポットその3
シンクヴェトリル国立公園(世界遺産)

名前が分からなくて調べたら世界遺産でした。

世界で初めて議会が開かれた場所。
P9192424.jpg
青空議会だったんだね。

紅葉してて綺麗だったけど
P9202484.jpg
世界遺産…?

それよりここにある地球の割れ目ギャオ(アメリカ大陸とユーラシア大陸のプレート。アークレイリでは雪に埋もれて見えなかった…)の方が目を奪われました。
P9192369.jpg

割れ目をのぞくとこの色。
P9192373.jpg
こっちの方が世界遺産だと思います。

以上、ゴールデンサークルでした!

はやっ。

フォローしておくと、何を隠そうここアイスランドはヨーロッパで1番好きな国なので思いはこもっています。
どこでも移住していいよって言われたら間違いなくアイスランド選びます。
かなり好きです。自然が凝縮されていて、人が少なくて、フィッシュ&チップスがおいしい。
完璧です。


あ、そうそう1番大事な観光スポット忘れていました。

ブルーラグーン

世界最大の露天風呂!
P9191774.jpg
もはやプールのよう。

前も書きましたが、ここは火力発電の余力を使ってお湯にしているので本物の温泉ではないのです。
ちょっとぬるい。
だからホットスポット探して歩きまわらないと結構寒い。
温泉の国から来た日本人は肌が肥えてしまって、温泉の評価は厳しくなりがちです。

でも娯楽施設だと割り切れば

お酒が飲めるバーがあったり
P9191778.jpg

泥パックしたり
P9191789.jpg

シンクロナイズドスイミングしたり
P9191782.jpg
かなり楽しめます。

というわけで大好きアイスランドでしたー!
次はグリーンランドにいってみよー!


5キロ増しどころじゃないです…。お腹が…。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪

関連記事

北極へ

※この話は2012年9月の出来事です。

アイスランド・レイキャビク空港。
小型飛行機に乗り込み、搭乗口のドアが閉められるとキャビンアテンダントが言った。



「私の名前はキャサリン。今からパーティーを始めるわよ!!」


P9202510.jpg

P9202507.jpg
乗客は3人だけ。

そんなアイスランドジョークがグリーンランドへ向かう第一歩だった。


グリーンランド。世界最大の島。これを島を呼ぶのか、地図で見る限りひとつの大陸にしか見えない。
アイスランド以上に情報がなく“グリーンランド”で検索すると熊本にある“三井グリーンランド”の情報ばかり出てくる。

それどこよ。
※この前、熊本在住の旅人に話したらバカうけでした。三井グリーンランドかなりすごいらしいです。黒字経営らしいです。

でも情報がないところほどおもしろい。
誰も行っていないからおもしろい。

というのは半分本心、半分強がり。本当はかなり緊張している。

だけどお腹は減る。
P9202515.jpg
機内食。
ちなみに航空券は片道約45000円。泣ける。

アイスランドを出た後、しばらく海と空の上を飛んでいたがその海の上にポツンポツンと氷の塊が見え始めた。
そしてどんどんその数が多くなり、凍った大地が見えたそれこそがグリーンランドだった。
P9202537.jpg

内陸に入ると、そこはもう雪しか見えなかった。雪か雲か見分けがつかないくらい真っ白い世界だった。
P9202554.jpg

今回、1つめの目的地はグリーンランドの西にあるイルリサットという町。北極圏にある。
アイスランドから行くのに一番安い(それでも45000円)という理由で決めた。


北極圏ではないアイスランドの北部でさえ、もう雪が積もっていたのでどれだけ寒いのかと覚悟をしていたが、イルリサットに着いてみると雪はおろか、気温もアイスランドより温かいと感じるくらいだった。

イルリサット空港
P9202619.jpg

そしてここから闘いが始まるのである。

そう物価高との闘い

ロシア→フィンランド→アイスランドと物価高の国を旅してきたけれど、さらにそれを上回る物価。
旅人泣かせ。

まずは町までタクシー。
他に交通手段はない。
確か15分くらいの距離で3000円位だった。

途中、町に1つだけあるATMに寄ってもらいお金をおろす。
P9212724.jpg
グリーンランドはデンマーク領(ただし独自の自治権が与えられている)なので通貨はデンマーク・クローネ。クレジットカード社会なのでお店ではカードで決済できるところも多い。

そして町に1つだけある安宿・ユースホステル。
P9202634.jpg
ドミトリーのお値段1泊約6000円。

全然、安宿じゃなーい。

お次はスーパー。
町の規模は小さいのに、大きめのスーパーが2軒あって、最新の家電製品も売られている。
グリーンランドって何もないイメージだったけど、実はなんでもある!キッコーマンのテリヤキソースもあるしSUSHIライスも売ってる!
P9212726.jpg

P9212725.jpg
寿司屋もある模様。

でも外食は高すぎるので自炊。自炊!
P9212821.jpg
自炊…です。
世界のNISSIN!

P9212822.jpg
高くてもこれは買う。

つまみはグリーンランド産のキャビア!
P9212835.jpg
300円。なぜか激安。そして旨い。

グリーンランドまでの航空券を買った時点でお金のことを気にしたら楽しめないからバカになろうと決めたのに、1つ1つの値段に「ひょえー」といちいち古いリアクションしていまうくらい高い。そして買えない。

だから町をとぼとぼ歩く。やることないから歩く。
イルリサットはとっても可愛い町並みなので、ちょっと気分が晴れる。
P9233778.jpg
氷河と深い山に囲まれて、こんなカラフルな町が北極にあったなんて。

P9223468.jpg

P9233834.jpg

P9233848.jpg

P9245060.jpg
造りは簡素な木造住宅なんだけど、色が鮮やかだとそれだけで華やかに見える。
仮設住宅も色があったら、気分が違うのかななんて思った。

郵便局。
P9212840.jpg

氷河の見える教会。
P9212774.jpg

救急車は蛍光色。
P9212783.jpg

グリーンランドは町と町を結ぶ道路が存在しない。ヘリコプターか飛行機で移動するしかないからこそ、ひとつの町で完結できるように、すべてのものが揃っているのかもしれない。

そんな中、グリーンランドに来て一番驚いたこと。

それは“人”
飛行機に一緒に乗っていた夫婦を初めて見た時、アジアから旅しに来た人なのかな?と不思議だった。ここに来るまで、透けるような金髪と白い肌の人ばっかりだったから、私は完全に異人だった。でもイルリサットに着くと、そこは日本人顔ばっかり。

「は?日本人の団体客でも来てるの?」と思ったら、彼らこそ原住民のイヌイット(エスキモー)だった。イヌイットのルーツはモンゴリアンなので、本当に日本人とよく似ている。私が町を歩いていても違和感がない。今はデンマーク人の入植が進んで混血の人も増えているけど、ここは間違いなくグリーンランドでイヌイットの人達の町だった。

港で会った漁師さん。
P9212657 (1)
これ青森で撮りましたって言っても分からなくない?

彼はグリーンランド語で話すので話は通じない。
それでも似た顔を持つ者同士、なんだか通じ合えるものがある気がした。
この港で、一緒の飛行機だった夫婦にも偶然再会し抱き合って喜んだ。

これが北極の町、イルリサット。
ここで声が出ない程の美しい光景を見て、声が出ない程の恐怖体験をすることになる。
それはまた次回に。


また数日間、船旅に出ます。東北まで続くこの海に思いをのせて。合掌。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


関連記事

今日のわんこ☆グリーンランド編

※この話は2012年9月の出来事です

さて、イルリサットに来たもののこれといってやることがない。
普段だったら宿でのんびりといきたいが、ここまできて宿に籠もるのももったいない。
ということでお金のかからない遊びをすることにした。

トレッキング

はい、今まで出て来なかったワードですね。
北極は私の何かを変えてくれたようです。

イルリサットの氷河は世界遺産になっていて、その一部を見るためのトレッキング道ができています。
赤青黄コースに別れていて、初日に選んだのは一番長い青コース。次の日は2番目に長い黄コースに挑戦。
ほんと暇だったんだね。

町はずれのスタート地点に向かうとそこは
P9212872.jpg
見渡す限り犬と犬小屋だらけ。
ちょ、怖い。

P9212882.jpg

P9223334.jpg
そう彼らは犬ぞり犬。
冬のシーズンが来るまで食っちゃ寝お休み中。

でも正直、こわいっす。
一斉に始まる遠吠えと、鎖引きちぎるんじゃないかという勢いで立ち向かってくるワンコたち。
狼のよう。
人の声も町の音も一切聞こえず、犬の雄叫びだけが響き渡る。

実はグリーンランドに来て、この壮大な自然を感じるにはやっぱり犬ぞりが一番だ!
私は植村直己になる!
と思っていたのですが、犬が怖いという致命的な欠点があるのを忘れていました。

植村直己になれない!

かわいいところもあるんだけどね。
P9212895.jpg

P9223365.jpg

町にもたくさん犬がいて
P9212794.jpg
わんこwith犬ぞり

P9233812.jpg
わんこwith氷河

P9223428.jpg
私と同じくらい暇そうにしています。

P9223410.jpg
これなんの肉?
ちなみにグリーンランドではアザラシ猟なんかも行われるらしいのですが…。

P9233822.jpg
かわゆすなぁ…
植村直己になれるかも。

あ、トレッキングの話でしたね。
私の珍しいアクティビティ話を聞かせないと。

初日に歩いた青コースは約7㎞。
P9233526.jpg
氷河を見ながら下に写っている木道を歩きます。
「んー尾瀬みたい」と行ったこともない尾瀬を思いながら歩くと、ものの数十分でこの木道は終わります。

P9212971.jpg
木道の終わりにある不安定なベンチ。そして風が吹きっ晒しなので寒くていられない。

後は岩場を歩くのみ…。雨なので滑る滑る。
P9212959.jpg
道には分かりやすく印が付けられているので迷うことはありません。

寒いけど、氷河を見ながら歩くのはとても気持がよい。
P9223167.jpg

P9223130.jpg

P9223113.jpg
氷河の向こうにポツンと写っているのが船です。

再び町が見えたらあとはくだり。
P9223245.jpg
くだるというか滑ってる。

これが青コース。約5時間程。

そして黄コースのスタート地点はここ。
P9233498.jpg
ちょ、怖い。

見える景色は青コースとあまり変わりないので、こっちの方がオススメ。お散歩感覚で歩けます。

P9233703.jpg
氷河の崩落も見ました。

そしてこの日はトレッキングにはかかせないおにぎりを持参。
P9233560.jpg
心の友です。

そんな時でした。
P9233561.jpg
すっかり冷たくなったおにぎりを頬張っていると、背面からものすごい勢いでアタックしてくる物体が!!
そしてハァハァ聞こえてくる息遣い。



「ぐわぁ~北極グマ~に襲わ※○■∽△」
パニックになる私。



振り返るとそこには


P9233579.jpg
この子が犯人でした。

大人げない焦りっぷりを見せっちゃったじゃないか!

そんな黄コースでした。
赤コースは1時間くらいで歩けるけど、一瞬海に出てすぐ引き返すだけなので、あまりおもしろくなさそうです。と、トレッキング初心者がデカい口叩いています。

今度は冬に来て、犬ぞりで犬との距離を縮めたいとちょっとだけ思った次第です。
P9223325.jpg


またもやビュッフェ三昧の日々です。お腹が…。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。