プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優しさのリレー

※この話は2012年8月の出来事です。
金額は当時のレート1R=2.6円で計算しています。


【鉄道横断2日目】
朝6:50、終点のコムソモリスク・ナ・アムーレ駅に到着。
P8226543.jpg
ピンク駅舎。。。

あまりのピンクっぷりに面食らって立ち尽くしていると「ほら!行くわよ!」と田原総一朗似のおばちゃんがせかしてきました。眉間にシワを寄せてニコリともしないこのおばちゃんは、夜中に降りてしまったビエラから「コムソモリスクに着いたら、この子の面倒をみてあげて」と頼まれた、近くに座っていた人でした。

「あんたどこ行きたいの!!」と怒ったように聞いてくるので「荷物を預けたいです。それからシャワーも…」と伝えると「こっちよ!」とどかすか歩き始めるのですごすごと付いていくしかありませんでした。

駅の側面にあった荷物預かり所とホテルの入り口。
P8226536.jpg
乗り継ぎの列車は夕方発なので、それまで荷物は預けることに。(90R=230円)
そしてホテルまで田原のおばちゃんが付いてきてくれ、フロントの人に話を通してくれました。

怖かったけど実はいい人だった、おばちゃん。
最後までニコリともしなかったけど。
お礼を言ってシャワールームへ。(90R=230円、宿泊は480R~)

ホルムスク以来のシャワーを浴びて出ると、眉間にシワを寄せてソファに座っている田原のおばちゃんがいました。「え?まだいたの?」とびっくりする私を尻目に「ほら!行くわよ!」とどかすか歩き出し、下の待合室まで私を連れていき「ここで待つのよ!分かったわね!さようなら!」と怒ったように言い、ニコリともせずに去っていきました。
誰かと会う約束があるって言ってたのに、私が呑気にシャワー浴びている間も待っててくれたんだ…。

20分程するとさっきフロントにいたミニスカ金髪美女がやってきて「一緒に来て」と言います。わけ分からないまま付いていくと、またホテルに戻り「さっきのおばさんがあなたのことを頼むと言ってたの。いい?ここの共有スペースは自由に使っていいのよ。心配なことがあったら、いつでもここに来なさい」と話してくれました。

おばちゃん…。

一人で知らない土地を旅することには慣れてきたけど、それでもやっぱり不安で心細くて、すべてを一人で解決するのは難しくて、そんな時いつも助けてくれるのは見ず知らずの人達でした。
ビエラからおばちゃんへ、そして金髪美女へ。次から次へと差し出される手が、私を前に前に引っ張ってくれるのです。


金髪美女の名前はターニャと言って、ロシア人には珍しく片言の英語を話せました。彼女にこの街の見所を聞いて、夕方まで観光に出ることにしました。

コムソモリスクはミニ・サンクトペテルブルク(ロシアの西にある美しい街)と呼ばれている、シベリアの中では珍しく華やかな街。
P8226521.jpg
パステルカラー調の建物が並び、とてもかわいらしい。今まで、地味で暗い街並みが多かったので、久しぶりに明るい気分になりました。

教会
P8226507.jpg
今度の教会は何色だろうと楽しみになってきた今日この頃。

さて、この街で一番の見所といえばアムール川。バム鉄道の正式名称、バイカル・アムール鉄道のアムールです。

川沿いの広場にあった銅像
P8226513.jpg
躍動感あふれてますね。

そしてこれがアムール川。
P8226518.jpg
「多摩川みたい」これが第一印象です。以上。

もう一つ、行っておきたかった場所。
日本人慰霊碑。
P8226522.jpg
普通の団地の奥まったところにポツーンと建っていました。

P8226523.jpg
バム鉄道の旅、楽しませていただきますね。合掌。


この後、駅に戻り、夜行列車に備えてホテルで着替えたり、荷物を片付けたりして、ターニャにお礼を言って出ようとしたところ「ちょっとここで待ってて」と止められました。
しばらくすると赤帽のおじさんがやってきて、「行くよ!」と私の荷物をひょいと担いでホテルから出ていこうとします。「待って!自分で荷物運びます!」と言う私に「大丈夫、大丈夫」と荷物を離さないおじさん。「だって、それいくらなの?」と聞くと、ターニャとおじさんは声をあげて笑って「お金なんか取らないよ!」と言いました。

そして列車まで荷物を運んでくれたおじさんは車掌に「あの席に日本人がいるから頼むよ」と言い残して颯爽と立ち去り、車掌は私の隣の席の人に「この人、ロシア語が分からないから助けてやって」と伝えてくれて、そして私はその度にスパシーバしか言えなくて、でもそれは涙に紛れて言葉になりませんでした。

P8226553.jpg


しばらくネットのない世界にいってきます。ダスビダーニャ。
(あれから1年、さよならが言えるようになりました)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪

関連記事
スポンサーサイト

この線路の向こうに何があるの?

※この話は2012年8月の出来事です。
金額は当時のレート1R=2.6円で計算しています。


【鉄道横断3日目】
間が開いてしまったのでおさらいしますと、初日ワニノを出発した列車は2日目にコムソモリスクに到着。進んだ距離は…


少なっ!

まだ札幌見えてるし。

ってところで3日目です。
今日はどんな景色なんでしょうね。


P8236587.jpg


P8236607.jpg


P8236603.jpg

鉄道
P8236610.jpg
ひらすらこのルーティーンです。

日本で、起きる→仕事行く→帰宅→野球見る→ビール飲む→寝るという生活を送っていた時のような規則正しさです。これ以外登場しません。シベリアおそるべし。

そこに救世主登場!
P8256767.jpg
夏休みにおじいちゃんの家に遊びに行き、自宅に帰る途中のニーニャ&マックス親子と
P8256765.jpg
グルジアにいる旦那さんに会いに行く途中のアーニャ。
暇人の相手をしてくれました。トランプゲームをしたり(ロシアのトランプってJ,Q,Kがない!理由は分からない!)、ロシア語を教えてもらったり、ご飯食べたり、わいわい楽しく過ごしました。わいわい。

それにしても5日かけて家に帰るって休み終わっちゃうんじゃないの?ってニーニャに聞いたら、夏休み3ヶ月あるから大丈夫よ!って。うん、そりゃ大丈夫だね。

P8236623.jpg
3日目終了。気付いたら1日が終わってました。


【鉄道横断4日目】
汽車
P8246644.jpg
おっと、また同じ1日か!と思いきや、朝6:24終着駅ティンダに到着。

走行距離は…

ちょっと延びた!でも北朝鮮見えてるし。まだまだアジア。

ティンダ駅
P8246651.jpg

この先のチケットを買っていなかったので、まずは切符売り場へ。
1345763132289.jpg
でも3等(開放寝台)は売り切れていて2等になってしまいました。夏休みシーズンに当日券買えただけでもありがたいと思わねばならないけどやっぱり高い…。
ティンダ→セーベロバイカリスク3773.9R(約9800円)
セーベロバイカリスク→ノヴォオシビルスク4831.5R((12800円)

ノヴォシビルスク以降はまた考える!(←だから売り切れるんだよ!)

そしてまた駅のシャワールーム借りて綺麗さっぱり。(115R=300円。20分のみ。20分経ったらおばちゃんがガンガンドア叩きに来た。こわこわ。)それからここは充電も有料で1時間46R(120円)。しがない駅だ。

と偉そうに書いてるけど、ここまでも全部ニーニャ達が付き添ってくれてあれこれ面倒みてくれました。もはやロシア人の虜。一生付いて行きたい。

シャワー後は駅のセルフサービス式の食堂で朝ごはん。シャシリク(串焼き)とボルシチとサラダで257R。(約670円)
1345761303933.jpg
朝ごはんって感じのメニューじゃないですけど。

そうこうしているうちに11:40列車の発車時刻。
P8246652.jpg
もはやお馴染みの外観。

P8246665.jpg
もはやお馴染みの景色。

違うのは2等車ということだけ。
P8256908.jpg
コンパートメントタイプの個室。しっかし、この個室において一番イヤなパターン発動。同室者はカップル。いっちゃいっちゃいっちゃいっちゃしているカップル。狭い部屋で。狭いベッドで。そんなところに一人放り込まれてどうしろうと。

廊下に退散。
P8246660.jpg
中国の鉄道だと廊下に椅子があるんですが、この鉄道にはそれすらなくただの苦行。

P8246680.jpg
遠い目をしながらひたすら変わらない景色を見て無になる苦行。

そこに救世主登場!
P8246672.jpg
同じ列車だったのですが、前もってチケットを買っていたニーニャ達は3等で離れ離れに。でも「大丈夫?」と様子を見に来てくれました。うん、全然大丈夫じゃない!というわけでニーニャたちの席でわいわい楽しく過ごしました。2等買った意味なし。


【鉄道横断5日目】

少しだけ景色が変わってきました。
P8246704.jpg
そう、紅葉が始まりました。今、8月。シベリアおそるべし。

それから駅に現れたこの人たち。
1345858666897.jpg
バイカル湖名物オームリの燻製の売り子。

1345859025745.jpg
買った。

この後、見えてきた景色はもちろん…
P8256725.jpg
バイカル湖!!世界一透明度の高い湖バイカル湖!!
うっひょーい。テンションあがる。

そんなバイカル湖の湖畔にあるセーベロバイカリスク駅に到着。
P8256757.jpg

バイカル湖の北にいます。
fc2_2013-12-17_23-35-44-368.png
北朝鮮が少し遠くなりました。

バイカル湖観光に出かける私はここで下車。3日間過ごしたニーニャ達ともお別れです。本当に本当に親切な人達でした。先走って書いてしまうけど、この鉄道の旅を通して一番楽しかったのは彼女達と過ごした時間でした。
P8256776.jpg
心からありがとう、ニーニャ、マックス、アーニャ!

マックスが右手に持っているのは1.5Lビールです。(アーニャ用)
日本でも発売しないかなぁ。ペットボトルビール。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪

関連記事

バイカル湖で一人ピクニック

※この話は2012年8月の出来事です。

さて鉄道横断5日目の朝、到着したのはセーベロバイカリスク駅。
P8256833.jpg

バイカル湖といえばシベリア鉄道に乗りイルクーツク駅で降りて観光するのが一般的ですが、我らがバム鉄道にも湖畔に建つ駅が存在しました。

毎度毎度、地図もない得体の知れない駅に到着するので不安極まりないのですが、着いてみると意外と開けている町が多くて驚きます。

駅前
P8256838.jpg
ここもロシア人の保養地になっているようで、それなりに開けていました。それなりに。

ここで途中下車したのは、もちろんバイカル湖観光をするためです。
バイカル湖は我らが摩周湖を抜いて、世界一透明度の高い湖に選ばれた美しい湖。

余談ですが、摩周湖は“霧の摩周湖”と呼ばれ滅多に晴れないことで有名ですよね。霧のない摩周湖を見たものは婚期が遅れるとう伝説すら残っています。やーねー。

で、わたくし摩周湖に二度行ってるんですが二度共見事に晴れてました。霧ひとつない、清々しいほどの晴天でした。

だから伝説じゃなくて事実です。


話を戻します。
駅に降り立ち、早速バイカル湖へ。

ホームの上にかかる歩道橋を渡り
P8256824.jpg

歩道橋から石炭の貨物列車を眺め
P8256826.jpg

P8256777.jpg

歩道橋を降りると、こんな入り口が待ってます。
P8256783.jpg

そこをずんずん奥に入って行くと

どん!
P8256785.jpg
バイカル湖!!


P8256793.jpg

湖じゃない、海だ!
P8256799.jpg
波打ち際ではしゃぐ35歳。(当時)
でも、何かが足りない。何かが。


ビールがない!!
一大事です。

ということで来た道を後戻り。
P8256782.jpg
ついでに街中の観光もします。

保養地らしく整備された歩道。
P8256842.jpg

途中、見かけた戦車。
P8256847.jpg

大雑把な像。
P8256848-001.jpg

教会
P8256856.jpg
珍しくシンプルな色使い。

街の中心地にある広場。
P8256858.jpg

ここで珍しい物を発見!
P8256859.jpg
え、これビール?生ビール??と軽やかな足取りで近づいたところビールではありませんでした。

クヴァスという飲み物。ロシアの夏の風物詩だそうです。
P8256862.jpg
なんでも黒パンを発酵させて作るんですって。

パンを発酵して飲み物にする?

ちょっと意味わかんないなと思った通りの、ちょっと意味わかんない味でした。
120%ビールの方がおいしいです。

街の見所はこんなものだったので、ビールを買って再びバイカル湖へ。
さっきとは違う道を通ることにしました。

こんな林の中をずんずん。
P8256866.jpg

ビール片手にずんずん。
P8256865.jpg

分かりにくいけど、結構な高台にある崖の脇を歩いてます。
P8256889.jpg
崖っぷち旅人。

こういう時に何をするかといったらやることはひとつ。
ピクニック系ソングメドレーの熱唱です。

で、ハイホーハイホーとか陽気に歌ってる時に限って不運にも誰かに出くわすんですよね。
ビール片手にハイホーハイホー歌ってる日本人に出会ったロシア人も不運ですけど。

P8256875.jpg
バイカル湖広いなー。
世界の淡水の20%ほどが、このバイカル湖にあるらしいですよ!

無事崖から落ちずに浜辺にたどりついたので、ここから本格的にピクニック開始。
P8256898.jpg

記念に別角度からもう一枚。
P8256896.jpg
缶がべこべこですけど気にしないでください。

ここで初めてオームリの燻製を食べて、脳天震えました。

な、な、なんじゃこりゃ!!!

今まで魚の食べ方は日本が一番知っていると信じて疑わずに35年間(当時)生きてきましたが、ちっこい世界しか見えてなかったみたいです。

半生の食感、独特の臭いと旨味、さすが酒飲みの国はつまみに何が合うか分かってらっしゃる!
ロシア様~!!

と、バイカル湖湖畔で一人わなわなと感動にうち震えていましたが、気付いたら感動で震えているのではなく、ただ寒くて震えていただけでした。
8月だというのにダウン羽織ってもガタガタ震える寒さです。後で聞いてら、ここら辺がロシアの中でも一番寒い地域らしいです。

そんなわけで、ある程度酔っぱらったところで退散。
P8256879.jpg
透明度とか一切触れてないけど、いいですよね。

そんなバイカル湖観光を終えて、夜は再び列車へ。まだまだ列車の旅は続きます。


またもやネットのない世界に行ってきます。中央アジア最後の国にして、最大の難関に挑んできます!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪

関連記事

ウズベキスタンより愛をこめて


メリークリスマス☆

それが言いたくて更新しました。
鉄道の話は出てきません。

本当のことを言うと、せっかく撮ったクリスマスの写真の行き場がないので更新しました。
ブログはリアルタイムと遠く離れたことを書いていますが、実際のところは現在中央アジアを旅しています。

いや、していました。

していたかもしれません。。。

このブログは予約投稿にしてあるので、これがアップされているということは、中央アジアから抜け出そうとして抜け出せていない可能性大です。
そこらへんは追々…。

さて、中央アジアはイスラム教の国が多いのですが、ウズベキスタンに来たところ街はクリスマスツリーとイルミネーションだらけでした。意外にも。



どうですか、この中央アジアらしい質素なイルミネーション。

それから、お店というお店のショーウィンドウにクリスマスとニューイヤーを祝う絵が描かれています。


歯医者さんのショーウィンドウ。


そして極めつけはこれ。イスラム建築とクリスマスツリーのコラボ!
PC146621-001.jpg 
こんなんいいんですか?
お坊さんが孫にクリスマスプレゼントあげるようなもんですよ。



あ、それウチのおじいちゃんだ!
※祖父は僧侶でした。


では皆さん素敵なクリスマスを!



明石家サンタ見たいなぁ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪


シベリア鉄道日記公開

※この話は2012年8月の出来事です。
金額は当時のレート1R=2.6円で計算しています。


こんにちは。今日も鉄道の話です。でも少し趣向を変えてみます。
そもそも昨日の晩御飯の記憶もあやしいのになぜ1年半前の旅話を覚えているのかというと、当時2行日記を書いていたからです。それを元にブログを書いています。
そんな2行日記をここに、そのまま公開しようと思います。

ではスタート。

【鉄道横断6日目】
起きると外は雨。家も多くなった。寒い。本を読んで過ごす。快適。
〈解説〉
2行日記と言いながら1行しか書いていないあたり、 いかに特筆すべきことがなかったが分かりますね。

前日、バイカル湖観光が終わって乗り込んだ列車。
fc2_2013-12-29_18-10-49-048.jpg
子供&35歳退屈中。

車内の過ごし方。
P8266919.jpg
ビール飲むしかやることがない。そして蟹味のレイズ(世界中にあるポテトチップス)を食べる。ちなみにロシア圏で売られているいくら味のレイズが激ウマです。
そんな6日目でした。


【鉄道横断7日目】
8時タイガ駅到着。気温14℃。ここから雑木林多くなる。家かわいい。
ノヴォシビルスク到着。KFC、サブウェイある。チケット売り場のおばちゃん怖かった。駅前広場のピロシキ揚げたてでおいしい。でもジャガイモ。

〈解説〉
カップラーメンとポテトチップスとビールばかりの日々が続いたためか、内容の半分以上が食べ物の話題ですね。ちなみにこの路線の途中にあるタイシェット駅でシベリア鉄道本線と合流しました。さらばバム鉄道。

この日到着したノヴォシビルスク駅。さわやかエメラルドグリーン。
P8276937.jpg
ノヴォシビルスクはロシアのほぼ真ん中に位置する大都市。シベリアではお目にかかれなかったファーストフード店に驚いた様子が日記にかかれていますね。
そしてこの先の切符を買いに売り場に行ったところ「何言ってるから分かんないからどっかいけ!」という態度をされ、怖い思いをしたことも綴られています。
そんな思いをして購入した切符は…
ノヴォシビルスク→モスクワ(3等・開放寝台) 5986.7R(約15500円)
ついについにモスクワ登場です!なんだか1日も早くモスクワに行きたくなってしまって直行にしてしまいました。ここからさらに2泊3日の旅です。

先が見えてきたことを祝って駅のカフェテリアで昼食。
1346052940325.jpg
右ポテトグラタン、左マッシュポテト。ポテト&ポテト、選択間違えた。

ピロシキを食べた駅前広場。
P8276936.jpg

日本で食べるピロシキって春雨とか入っちゃっているけど、そんなのこっちではありえません。タイで見かけたマンゴー寿司くらいありえません。ロシアのピロシキは、チーズ味、ポテト味、キャベツ味などがあります。玉ねぎといいっしょに炒めたキャベツ味がうまー。
fc2_2013-12-29_18-09-18-153.jpg
なのにポテト味だった。どんだけポテト食べるんだ。
言葉が分からないってこわい。

ポテトでお腹が膨れたところで再度列車に乗車。
fc2_2013-12-18_10-17-36-461.jpg
トムスクーモスクワの文字に心踊る。これに乗ってればモスクワに着くんだー!
そんな7日目でした。


【鉄道横断8日目】
日本史読む。人の手が入った景色が多くなる。でも家がかわいらしい。こんな屋根(絵入り)。列車の中はみなマナー良い。子供たち騒がない。親がちゃんと注意する。大型犬もいた。ちょっと腰痛い。そして太った。
〈解説〉
やることなくて電子辞書で日本史読み始めました。あらためて弥生時代とか振り返ってみるとおもしろいもんですね。それから怪盗ルパンの奇岩城も読みました。小学生の頃、図書室に通いルパンシリーズを全巻読み「フランスにはこんな素敵な紳士が住んでいるんだわ」と夢見ていた少女が35歳になって読んだ奇岩城の感想は「ちょwww自分勝手なオトコwww」でした。夢見る少女じゃいられない。

読書にふけった車内。
1346064075918.jpg

1346064086669.jpg
ロシア人のマナーの良さは以前も書いたと思いますが、もうひとつロシア人あるあるを追加すると“ベッドメイキングが異常にきれい”です。乗車後、車掌さんがシーツを配ってくれるので自分でシーツを敷くのですが老若男女問わずビシッとベッドメイキングをします。そして立ち去る時はきちんとシーツをたたんで返します。これホステルでも同様。朝起きたらきちんとシーツ直して出かけていくんですよね。部屋は汚くても。きっと私達が万年床はみっともないと教えられるように、小さいころからきちっと教育されているんだろうな。見習え中国!

それから2日連続“家がかわいい”と能なしな文章を書いていますが、そこまでして伝えたかったかわいい家はこちら。
P8296946.jpg

P8296950-001.jpg
えっと微妙な写真ですみませんが、屋根の形が特徴的なんです。雪国らしいですよね。きっと家の中には古い暖炉があって子犬を飼ってるんだろうなとか。そして子犬の横にはあなた、あなたがいてほしいとか。そんなことを妄想させてくるかわいい家です。
そんな8日目でした。


【鉄道横断9日目】
朝から雨。ついにモスクワタイム。さらばシベリア鉄道聴く。モスクワ着!薄暗い。寒い。雨。でもまったく近代化されていなくて良い!ボルシチ甘くてあまり好みでない。
〈解説〉
結局言いたかったことはボルシチ。

モスクワ到着の日の朝。
P8286942.jpg

モスクワに近づくにつれ、どんどん景色が都会になっていき、森より建物が目につくようになりました。
P8286945.jpg
都会の…写真…。室町時代のこととか考えていたので脳みそがおかしくなってみたいです。

16;30モスクワ到着。
fc2_2013-12-18_10-20-50-306.jpg
着いた、着いた!モスクワに着いたぞー!
雨だろうが、寒かろうが、暗かろうが、それでもいい!モスクワー!!

こうして9日連続乗り続けた列車としばしの別れ。さらばシベリア鉄道!!

でもまだ横断は続くよ。どこまでも。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。