プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
12 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報告あれこれ

ご無沙汰しております。


えっと…


それから…



あけましておめでとうございます。
もう2月ですね。ごきげんよう。

そして…

帰国時にはたくさんのコメントありがとうございました。

全部スクリーンショット取って、ネット使えない時でも読んでにやにやしたいくらい嬉しかったです。しかもあったかいコメントばかり。いつも記事をアップした後は当たりの強いコメント来るだろうなって胃が痛くなるんですが、みなさん大人。惚れるわー。コメント欄を承認制にしないでここまで来れたのもみなさまのおかげです。本当にありがとうございます。
※現在、1ヶ月以上更新してないので自動的にコメント承認制になっちゃっていますが、この記事がアップされれば元に戻るはずです。

あと、今でもブログ村のランキングバナーをクリックしてくださる方、心から感謝しています。背中を押してくれているのかお尻叩かれているのか判断つきませんが、ビシバシ伝わってます。や、やります。
そんなわけで特技は何事もなかったようにブログを再開すること。中米、アラスカ編を書ききってきちんと終わりたいと思います。(しれっと終了予告)それまで地味に続けていきますので、どうか今年もよろしくお願い申し上げます。


さて、旅日記に戻る前に今日は帰国後に起こったことをいろいろ報告しようと思います。


まず、新年1本目は加賀纏(石川)を飲みました。

紅白で中島みゆきを聞いて泣いた後、楽しみにしていたジャニーズのカウコン中継がないことに憤りを感じ、ゆく年くる年で心静かに年を越してから開けたお酒です。ピリッとした辛口で気が引き締まりました。と言いたいところですが、ポケポケした生活が続いていて、気付いたらクレジットカードスキミングされてるわ(日本で)、LINEとやらを始めてみたら知られたくない人にまで通知してしまうわ、朝の満員電車で中島みゆき聞いてたらイヤホン外れててみんなに聞かせてしまうわ、辱めの嵐です。

そうそう、帰国してすぐにパソコン買いに行ったんです。西アフリカで壊れてそのままだったので。3年前の出発の時にパソコンを買ったお店に行って、応対してくれた店員さんと3年ぶりに会ったんです。その店員さんの協力の下、あれやこれやパソコン探してやっとのことで決断してレジでお会計しようと思ったらお財布忘れていました。リアルサザエさんです。

その時ね、帰国3日後の私は「スリに遭ったかも…」ってポツリと呟いたんです。そしたら店員さんに「落としてないといいですね」って言われました。帰国して一番“ここは日本だ”を感じた瞬間でした。生活の中で“スリ”を心配する必要がないってすんごいなって。治安がいいってことだけじゃなくて、思想の中から人を疑うことが当たり前のように消えているってすんごいことだなって。これを平和ボケと呼ぶ人もいるけど、平和ボケ万歳じゃと思いました。でもお財布は忘れちゃいけない。

他に日本を感じたのは薄手のニット帽をちょこんとかぶってる人をたくさん見かけた時ですね。おととし一時帰国した時はセーターを肩からかけている人がそこら中にいました。実に流行りが分かりやすい国だ。
反対に“ここ日本?”感じたのは物価が上がっていたことと外国人が増えたことです。役所の届出なんかも外国籍の人に向けたチェック項目が増えてるし、裏面は全部英語だし、なんかもう共存が当たり前になってきてるんですね。ただ、駅の案内が日本語→英語→中国語→韓国語で流れるのはやりすぎ感が出ていました。日本語に戻るまでが長いです。

違和感感じられるのも今だけなので、わざと感じるようにしていたのもあるんですが、そろそろ現実に戻るために仕事も探さなければいけません。というか、年が明けたらすぐに就活始めようと帰国前から求人見て応募する会社とか決めてたんです。前にも書きましたが私はケアマネージャーという仕事をずっとやっていたので、また同じ仕事に戻ろうと考えています。それでね、やる気満々だった年明け、溜まっていた手紙を開けていたら重大な事に気付きました。


ライセンスの更新を忘れていました。



4月まで働けなくなりました。




あぁ…













どこ行こうかな♡
とすぐにスカイスキャナーでパプアニューギニア行きのチケットを探したのはここだけの話です。

現実的には研修受けなきゃいけないし、お金もないし、何より旅に出る意欲もだだ下がりなのでどこにも行きません、多分。今は家にいるのが一番幸せだがやー。というわけで絶賛無職中ですが働かないんじゃなくて働けないのです。ざんねんだなー。はたらきたかったのになー。


これがこの1ヶ月で起きたことです。

そんなにヒマだったらブログ書けやと言われそうですが、気付きましたか?私がこのブログにちょちょいと手直ししていたことを。実は右のバーにずっと放置されていたマップをこっそり置き換えました。フォトマップってやつに。
そうです、インスタグラム始めました。
いんすたぐらむ?って人はあれです、安藤美姫が子供の顔晒して炎上したり、きゃりーぱみゅぱみゅが中指立てた写真アップして炎上してたあれです。ツイッターの写真版って言えばいいでしょうか。写真アップしまくるSNSです。

ブログが追いつかないと判断し、書ききれないところはインスタグラムでアップしていこうと始めてみたのがこれです。帰国後どれだけ精力的に活動していたかが分かっていただけるかと思います。
↓    ↓    ↓

Instagram





た、旅の写真…


主旨が『日々の食べ物。あと旅の写真も』になっているのは想定内です。分かってました。
旅の写真は順番にアップしようと思ったのですが1ヵ国目のマレーシアで飽きてしまったので、これからは気が向いた順にやっていきます。日々の食べ物の合間に…。確実にブログよりインスタの更新が多くなると思うので、アカウント持ってる方、これから作ってもいいよという方はユーザー名sa_dobu6で探してみてください。ふぉろみー。


そして最後に、本のお知らせです。
すでに気付いてくださっている方もいたのですが、1/16に発売になった『みんなの旅ごはん日記』(翔泳社)に私がこのブログで紹介した世界のお料理が約30ページに渡り紹介されています。ひゅー。


こんな立派な本になって…。
お金と胃袋使っていっぱい食べた甲斐がありました。

内容はこのブログからの抜粋なのですが、まさかこんな機会に恵まれるなんて考えてもいなかったので、もっと綺麗な日本語を使っておけばよかったと心より悔いております。お恥ずかしい文章の数々、お詫び申し上げます。それからもっとブログの更新がんばっておけば、中央アジアのあんな料理とか西アフリカのこんな料理とか紹介できたのになーと悔いが残ります。だからそこらへんはインスタグラムで。

私だけでなく9名のブロガーによる共著なので他の方のごはんを見るのも楽しいです。私が一番気になったのがカタルーニャ地方のネギ料理です。食べ逃したーーー!!これだけ食べにバルセロナに行きたいです。あとパプアニューギニアのお酒も飲みたい。
ちなみに私のプロフィールページの素っ気なさに驚いているのは私です。え?あんなにいっぱい書くものなの?

全国の書店で発売中ですので、見かけたら是非お手にとってみてください。アマゾン等からも購入していただけます。どうぞよろしくお願いします。


次回はルートおさらい。次々回からは何事もなかったかのように中米編再スタート予定です。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪
スポンサーサイト

全ルート公開【完全版】


今日は今までのルートをすべて書き出したいと思います。
昨年の10月ガーナにいる時点で一度書いたのですが、今回が完全版でございます。
このルート表を誰よりも活用しているのは紛れもなく私でして、「あそこのあれなんだっけ。あれがあったとこだよ。あれあれ。」と言う時にとても役に立つのです。あれでは分からない。

あまり目新しいものはないので興味のない方は前回同様、高速スクロールの準備をしてご覧ください。

早速ですがいきます。どうぞー。


2012.1.15 出発
日本
(東京)

マレーシア
(クアラルンプール・タマンヌガラ国立公園・マラッカ・ジョホールバル)

インドネシア
(ビンタン島・ジャカルタ・ジョグジャカルタ・バリ島)

東ティモール
(ディリ・コム)

シンガポール
(シンガポール)

マレーシア
(ミリ・ムル国立公園)

ブルネイ
(バンダルスリブガワン)

マレーシア
(コタキナバル)

ミャンマー
(ヤンゴン・キンプン・バゴー・インレー・バカン・マンダレー・マンダレー鉄道・シーポー)

マレーシア
(クアラルンプール・マレー鉄道・ペナン島)

タイ
(バンコク・ナムトク)

ラオス
(パクセー・チャムパーサック・シーパードン・ビエンチャン)

タイ
(チェンマイ・水かけ祭り)

ラオス
(ルアンババーン)

中国
(昆明・麗江・中虎跳峡・シャングリラ・成都・九寨溝・黄龍・峨眉山・西寧)

チベット
(青蔵鉄道・ラサ・ナムツォ湖・シガツェ・エベレストキャンプ)

ネパール
(カトマンズ・ルンビニ・ポカラ)

インド
(ニューデリー・ダラムサラ・マナリ・レー・グワリオール・コルカタ)

バングラデシュ
(クルナ・モレルゴン・ダッカ・ジョエプルハット)

2012.7 一時帰国
日本
(東京・大分・熊本・佐賀・福岡・島根・北海道)

2012.8 再出発
サハリン
(ユジノサハリンスク・サハリン鉄道・ノグリキ・ホルムスク)

ロシア
(ヴァニノ・BAM鉄道・シベリア鉄道・モスクワ・サンクトペテルブルグ)

フィンランド
(ヘルシンキ・トゥルク)

アイスランド
(レイキャビク・アークレイリ)

グリーンランド
(イルリサット・カンゲルルススアーク)

デンマーク
(コペンハーゲン)

ドイツ
(ケルン・リューデスハイム・ヴュルツベルグ・ローテンブルク・フュッセン・ミュンヘン・オクトーバーフェスト)

イタリア
(ベネチア・ベローナ・ミラノ)

スイス
(ルガーノ・ベルニナ急行・サンモリッツ・氷河急行・ツェルマット・ヴェヴェイ・ローザンヌ)

フランス
(パリ・モンサンミッシェル)

ルクセンブルク
(ルクセンブルグ)

ベルギー
(ブリュッセル・シャルルロワ・ブルージュ・ゲント・アントワープ)

オランダ
(アムステルダム)

デンマーク
(コペンハーゲン)

チェコ
(プラハ・ピルゼン・チェスキークルムロフ)

オーストリア
(ウィーン・フェルトキルヒ)

リヒテンシュタイン
(ファドーツ)

スイス
(マイエンフェルト・チューリッヒ)

2012.11 アフリカ大陸突入
南アフリカ
(ケープタウン)

ナミビア
(ウィンドフック・エトーシャ国立公園・スンコップムント・ナミブ砂漠)

ボツワナ
(チョベ国立公園)

ジンバブエ
(ビクトリアフォールズ)

ザンビア
(カピリムポシ・タンザン鉄道)

タンザニア
(ダルエスサラーム・ムベヤ)

マラウィ
(ムズズ・ンカタベイ・リロングウェイ・ケープマクレア)

2013 元旦
モザンビーク
(テテ・シモイオ・ヴィランクール・マプト)

スワジランド
(エルズウィニ)

南アフリカ
(ダーバン)

マダガスカル
(アンタナナリボ・ムルンダヴァ・ノシベ)

南アフリカ
(ピーターマリッツバーグ・アンダーバーグ)

レソト
(モコトロン・マセル)

南アフリカ
(ブルームフォンテン・ケープタウン)

カタール
(ドーハ)

2013.1 南米大陸突入
アルゼンチン
(ブエノスアイレス)

ウルグアイ
(サクラメント)

アルゼンチン
(ブエノスアイレス)

パラグアイ
(イグアス)

アルゼンチン
(プエルトイグアス)

ブラジル
(サンパウロ・リオデジャネイロ・リオのカーニバル)

アルゼンチン
(ウシュアイア)

南極

アルゼンチン
(ウシュアイア・プエルトナタレス)

チリ
(プエルトモン・チロエ島・ビーニャデルマル・アタカマ)

ボリビア
(ウユニ・ラパス・コパカバーナ)

ペルー
(クスコ・マチュピチュ・リマ)

エクアドル
(キト・田辺農園・オタバロ)

コロンビア
(イピアレス・ボゴタ・メデジン)
2013.5 南米大陸陸路縦断終了


キュラソー
(ウィレムスタット)

スリナム
(パラマリボ)

ガイアナ
(ジョージタウン・カイエトゥールの滝)

バルバトス
(ブリッジタウン)

セントビンセント
(キングスタウン)

セントマーチン
(フィリップスバーグ・マリゴ)

ドミニカ共和国
(サントドミンゴ・サンペドロマコリス・カープアカデミー)

コスタリカ
(サンホセ)

ニカラグア
(グラナダ・レオン)
ブログここまで

エルサルバドル
(サンミゲル・サンサルバドル)

グアテマラ
(アンティグア・チチカステナンゴ・チキムラ)

ホンジュラス
(コパンルイス)

グアテマラ
(ビオトポ・フローレス・ティカル)

ベリーズ
(ダングリガ)

2013.7 北米大陸突入
メキシコ
(チュトゥマル・カンクン・コスメル・プラヤデルカルメン・トゥルム・オアハカ・メキシコシティ)

アメリカ
(シアトル・ベリングハム・ケチカン・シトカ・ジュノー・アンカレッジ・アラスカ鉄道・デナリ国立公園・フェアバンクス・ロサンゼルス)

2013.9 一時帰国、世界一周達成
日本
(東京・広島・奈良・愛知・鳥取)

2013.10 再出発
ロシア
(ウラジオストク・シベリア鉄道・イルクーツク・ウランウデ・セメイスキー)

モンゴル
(ウランバートル)

中国
(北京・西安・敦皇・ウルムチ)

カザフスタン
(アルマティ)

キルギス
(ビシュケク・チョルポンアタ・オシュ)

ウズベキスタン
(コーカンド)

タジキスタン
(イスタラウシャン・ドゥシャンベ・ホーログ・ランガール・イシュコシム)

ウズベキスタン
(デナウ・サマルカンド・ヒヴァ)

トルクメニスタン
(地獄の門・アシガバット・トルクメンバシュ)

アゼルバイジャン
(バクー)

2014 元旦
グルジア
(トビリシ・クタイシ)

トルコ
(トラブゾン)

グルジア
(トビリシ)

アルメニア
(エレバン・ナゴルノカラバフ)

イラン
(テヘラン・マシュハド・ヤズド・シーラーズ・エスファハーン)

トルコ
(アンカラ・カッパドキア・メルシン・タシュジュ)

キプロス
(ギルネ・ニコシア・ファマグスタ)

トルコ
(コンヤ・イスタンブール)

ブルガリア
(ソフィア・リラ)

マケドニア
(スコピエ)

コソボ
(プリシュティナ・ミトロヴィッツァ・プリズレン)

マケドニア
(オフリド・スコピエ)

ギリシャ
(テッサロニキ・トリカラ・メテオラ)

アルバニア
(ギロカスタル・ベラット)

モンテネグロ
(ウルツィニ・コトル)

クロアチア
(ドブロブニク)

ボスニア・ヘルツェゴビナ
(モスタル・サラエボ)

モンテネグロ
(ポドゴリッツァ・バール鉄道)

セルビア
(ベオグラード)

スロヴェニア
(リュブリャナ・ブレッド湖・ポストイナ洞窟・シェコツィアン洞窟)

クロアチア
(ザグレブ・プリトヴィツェ国立公園・ザダル・スプリット)

イタリア
(アンコーナ・リミニ)

サンマリノ
(サンマリノ)

イタリア
(ローマ)

バチカン
(バチカン)

イタリア
(ピサ・ラスプレツィア・チンクエテッレ・ジェノバ・サンレモ)

モナコ
(モナコ)

フランス
(ニース)

スペイン
(バルセロナ)

アンドラ
(アンドララベリャ)

フランス
(トゥールーズ・サンジャンピエドポー)

スペイン
(サンティアゴ巡礼)

ポルトガル
(ポルト・リスボン・サグレス)
2014.6 ユーラシア大陸陸路横断終了

スペイン
(セビージャ)

モロッコ
(タンジェ・シャウエン・フェズ・メルズーガ・トドラ・カサブランカ・エッサウィラ)

西サハラ
(ダフラ)

モーリタニア
(ヌアディブ・アイアントレイン・ヌアクショット)

セネガル
(サンルイ・ダカール)

ガンビア
(バカウ)

セネガル
(ジガンジョール)

ギニアビサウ
(ビサウ)

セネガル
(ジカンジョール・タンバクンダ)

マリ
(バマコ・モプティ・ジェンネ・バンデァアガラ・コロ)

ブルキナファソ
(ワガドゥグ・バニ)

ニジェール
(ニアメ)

ベナン
(コトヌー・ウィダー・ガンビエ)

トーゴ
(アベポゾ・ロメ)

ガーナ
(アクラ・ケープコースト・モレ国立公園)

コートジボワール
(アビジャン)
2014.11 西アフリカ旅終了

ポーランド
(クラクフ)

スロバキア
(ポプラト)

ハンガリー
(エゲル・ブダペスト)

ルーマニア
(ブラショフ)

モルドバ
(キシナウ・沿ドニエストル共和国)

ウクライナ
(キエフ・リヴィウ)

ベラルーシ
(ミンスク)

リトアニア
(ビルニュス・カウナス・シャウレイ)

ポーランド
(ワルシャワ)

ラドビア
(リガ)

ロシア
(カリーニングラード・モスクワ)

トルコ
(イスタンブール)

2014.12.23帰国
日本


いかがでしたか?
昨年の10月のルート表との違い感じていただけましたか。

何が違うって“ブログここまで”の文字が進んでいましたよね。


2か国だけ…。


ではブログ書きもせず何をしていたんだと問われれば、地図を作っていたと答えましょう。

視覚的ルート表です。↓
地図

ピンク→2012.1~2012.7 アジア周遊
→2012.8~2013.9 世界一周
→2014.10~2014.12 ユーラシア大陸横断&西アフリカ周遊

分かりやすく3部作で分けてみました。分かりにくいですが。
お絵かき苦手でね…。それからかなり大雑把にまとめてあるので「シベリア鉄道ってまっすぐなんですか?」等の指摘は受け付ていないのでよろしくお願いします。

こうやって地図で見ると、あっさりしているように見えるのですが、特徴としては南北の振り幅が大きいことでしょうか。端っこ極めたい病です。

今回の旅で行った国は計110ヵ国。人生通算では124ヵ国です。
それを色づけするとこうなりました。

worldmap.gif


アフリカ…。

手強すぎる…。


あとはカナダとオーストラリア、中東ってところでしょうか。
まぁ制覇なんぞまったく考えていないので、今後はできる限りロシアに行きたいです。

ということで今後も突然どこかの国の話をし始めるかもしれないので、その時はここにそっと戻ってきてください。
いつでもお待ちしています。

最後の国がトルコになっているのはわざと乗継17時間の飛行機を選んだからです。
トルコ料理のために。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。