プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は中米にいる、私は中米にいる、私は…(2回目)

はい、中米編再開しますよー。

ニカラグアのレオンという町で美味しいバナナチップスに出会ったところまで書いたので、その続きです。

誰がなんと言おうと




続きです!!!



と強気で始めたものの、ごめんなさい。それだけは言っておかなければいけません。書く書く詐欺してごめんなさい。
どうにもこうにもブログと向き合うことが出来ず、とんかつとばかり向き合っていました。でもついにとんかつ終着駅を見つたので、これからはブログと向き…あ、プロ野球開幕しましたね。


忙しいな…。


そんなこんなで今までの流れが記憶の彼方かと思いますので、もう1度中米の地図を貼っておきます。
fc2_2014-11-28_21-46-25-440.png
ドミニカ共和国からコスタリカに飛び、高級バスでニカラグアに入ったもののなんだか楽しくなかったのでローカルバスで北上することにしてたどり着いたのがバナナチップスがおいしいことで有名なレオンでした。というのが3か月前までのブログの流れです。そして、今日はレオンからホンジュラスを通ってエルサルバドルまでのざっくりとしたお話です。

まずはレオンからバスに乗ってホンジュラスとの国境の町まで行き、そこに待機しているリキシャーでイミグレに向かいます。
P6291702.jpg
乗らなくてもいいです。乗ったら100円です。

リキシャーのおじさんは出国手続きの間も待っていてくれて、審査が終わるとホンジュラス側まで連れて行ってくれます。
P6291696.jpg
日本の協力で架けられた橋を渡って。

国境を流れる川。
P6291697.jpg

外は炎天下。そんな中をおじさんは汗だくになりながら自転車を漕いでくれます。
P6291692.jpg
のうのうと座っているのがいたたまれなくなる頃、ホンジュラス側のイミグレに到着。100円以上の仕事でした。ありがとうございます。

ホンジュラスへの入国審査が終わると今度はホンジュラスを出国するためのバスに乗ります。


ん?


すでに訳が分からなくなっていますね。


ホンジュラスに入国して出国するのです。今日1日でニカラグア出国→ホンジュラス入国→ホンジュラス出国→エルサルバドル入国をやり遂げるのです。こんな感じ↓
20150328023702548.jpg
行けるとこまで行こう作戦。
なぜあっさりホンジュラスを素通りするのかと言うと、このまま内陸部に入ってしまうとテグシガルパ(首都)という治安が悪いことで有名な街を通らなければいけないので今回は静かに通り過ぎ、後々グアテマラから再入国することにしました。

エルサルバドルとの国境へ向かうバス。
P6291704.jpg

車内
P6291710.jpg

兄弟
DSC_6975.jpg

この兄弟が見慣れぬ東洋人に興味津々なんですよ。


P6291727.jpg


P6291720.jpg

かわいいよね。お兄ちゃんはしっかり者だし、弟は甘えん坊だし、兄弟の特性丸出しでかわいかったです。お父さんとお母さんも優しさが滲み出ているような人たちでした。いい家族だ、モンタノ一家。

ふと窓の外を見れば緑あふれるいきいきとした景色。
P6291717.jpg

あぁ、ローカルバスに切り替えてよかったなと心から思ったひと時でした。

本日2度目の出国審査。
P6291730.jpg

本日2度目の国境越え(今度は歩き)。
P6291735.jpg

本日2度目の国境を流れる川(さっきとは微妙に違う)。
P6291745.jpg

優しいモンタノ一家の手助けもあってエルサルバドル入国を無事に果たし、またバスに乗ります。今日の最終目的地、首都のサンサルバトル行きのバスだったのですが急遽、途中にあった大きめの町サンミゲルで降りることにしました。情報も何もない街に寄りたくなったのはモンタノ一家がこの街の出身で、私がすでにエルサルバドルに、エルサルバドル人に好印象を抱いていたからに他なりません。もう少しエルサルバドルを知りたいと思ったのです。一人の人間が与える影響って結構大きいと、そう思います。

一家とはここでお別れ。バイバイ。
P6291757.jpg
私が今、日本で困っていそうな外国人を見ると話しかけるようになったのは彼らのような人に出会えたからです。

さて、突然泊まることにしたサンミゲルでしたが無事、駅裏に安宿を見つけたのでチェックイン。

かけつけ3杯。
P6301808.jpg
ひたすら移動して体は疲れたけど気持ちはなにも疲れなかった1日でした。

スカパー入るの忘れてた…
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。