プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
04 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏ですね

私の記憶が正しければ今は8月ですね。ごきげんよう。

放置に放置を重ねたこのブログを今でも見に来てくださる方がいるのは大変申し訳ない気持ちで自分のだらしなさを反省するばかりですごめんなさい。

あれから3か月。

無職を卒業した私の何が変わったかというと、毎日食べログを見ては明日は担々麺を食べようとかあさってはカツ丼を食べようとかしあさっては・・・とランチ情報を集めるのに忙しくしていました。旅行の時も観光情報は下調べしないのにレストラン情報は念入りにチェックしていた私です。そうそう人は変わりません。

そんなランチに重点を置いた社会人生活を送っているわけですが、消費するだけの生活から脱却し、生産性のある生活に戻れ大変気分がよいです。最終的に日本に帰ってきた理由は、行きたいところがなくなったこと、そして自分のためだけにお金をつかって生きることに飽きたのです。まぁ贅沢。

なので今は少なからず何かを生み出し、それを誰かに返せるといいなと思いながら、毎日残業で夜は週3吉野家、週2立ち食いそばですが、今まで散々遊んだのでそれすら楽しいです。働く日本人ごっこです。ただ、この生活が半年続くと旅に出たくなるので、やはりバランスは必要ですね。

散々時間があった時でもブログを書かなかった私が、夏休みも有給もないこの生活でブログを書けるわけもなく、夏の間にアラスカのことを書いてこのブログを終わらせるという目標が1ミリも達成できないのは目に見えて明らかです。ですので中米編を早送りすることにしました。3か月の遅れを取り戻すのです。そしてアラスカ!アラスカの夏を書くのです。と大見得切りましたが、次に更新した時には真冬の日本にアラスカの夏を届けますとか言っていそうですねごめんなさい。


では前回の続き、グアテマラで一番行きたかったところからその後の中米旅をどんどん紹介します。


グアテマラで一番行きたかったところ↓

DSCN9059.jpg

P7062144.jpg

ケツァール見れました。

ここはビオトポ・デル・ケツァールという村の小さな宿の庭で、コスタリカであんなに見れなかったケツァールがわんさか。
DSCN9060.jpg
一つの木に4羽も。結局、この日は計20羽以上のケツァールを見れました。幸せ大盤振る舞いです。

コスタリカの雪辱を果たしました。幸せになれるのです、私。
と書いておきながらケツァールを見てからすでに2年が経過しているわけで、その結果が今なわけで、なんかすみません。実証できなくて、すみません。

ただ、この時の私はとっても幸せだったのです。そんな気分のままケツァールを見た後はホンジュラスのコパン・ルイナスまでローカルバスで一気に移動。夕方に着いたので一泊し、翌日観光しました。コパンにはとても有名な遺跡があります。

その名もコパン遺跡。

もったいぶるほどの名前ではなかったですね。

ではそのコパン遺跡をどうぞ。





P7072223.jpg
キン肉マンやー。


以上です。

なんかね、すごい綺麗に整理されている遺跡だったのです。公園です。やっぱり遺跡って想像力掻き立てられるようなゾクゾクする感じを求めてしまうので清潔感とか必要ないのです。

DSC_7030.jpg
せっかくなのでホンジュラスのビールを載せておきます。

コパン遺跡観光後は再びグアテマラに戻りました。忙しい忙しい。フローレスという町を目指したのですが途中のチキムラという町で夕方になってしまったのでバスターミナルの近くの宿で一泊。この町ではフライドチキン食べました。2年経っても食べたものは忘れないものですね。翌日、無事にフローレスに到着。ここにも有名な遺跡があります。

ティカル遺跡

P7092332.jpg

ティカル遺跡をこの1枚で表現するのはさすがに失礼かと思いますが、あとはみなさんの想像力にお任せします。
ティカルは広大な密林の中にいくつも遺跡があってゾクゾクとする冒険気分を味わえました。なにより夜が楽しかったです。

そう、ティカルの夜。

ティカル遺跡はほとんどの人が日帰りツアーで行くのですが、私は1泊しましてね、遺跡の入口の脇にあるホテルでキャンプです。
P7092510.jpg
テント干してるのかなーと思ったらここがテントサイトでした。常設テントを貸してくれます。

しかも中は
P7092282.jpg
エアマット。めっちゃ快適。

ここ以外にもう1軒テントサイトがありそっちの方が安かったのですがテント持ち込みのみでレンタルなし。寝袋あるからそこらへんで寝かせてって頼んだのですがダメでした。

なのでおとなしく快適なエアマットで就寝です。みんな日帰りで帰るものだから他に宿泊客はおらず、レストランから従業員の話し声が漏れてくるだけ。それも聞こえなくなると、外は真っ暗で木が揺れる音と虫の声しか聞こえてこない。




遺跡に一人。





たまらん。この設定たまらん。


とゾクゾクしていたらお友達発見。
DSC_7053.jpg
仲良くしてね。

紀元4~9世紀にマヤ文明の中心都市として栄えたティカル。あれから1000年以上の時が流れいろんなことが変わったけれど、こうして夜の音を聞いているとそれは今も昔も変わっていないんではないかと思えてきて、その時代の人と同じ時間を過ごしているような気分でした。

ティカルで過ごす夜、オススメです。

というわけで一か月に一回更新するとして3か月分取り戻したので今日はここまで。あとはベリーズとメキシコですね。

てことはアラスカは冬か…。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。