プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらソンクラーン

P4096136P4096136.jpg

いきなり不埒なベッド写真ですみません。

シーパンドンを出た後、ラオスの首都ビエンチャンまでバスで移動した時の写真です。
スリーピングバスと言って、座席の代わりに寝台が付いているバスだったので、さぞかし快適と思いきや、1m幅のベッドに初対面の人と一緒に寝なければいけないという不埒なバスでした。
私はカンボジアでボランティアコーディネーターとして働くドイツ人の女の子と相ベッドだったのでまだ良かったのですが、男同士とか悪夢ですよ・・・。

真っ直ぐ上を向くことも出来ず、寝返りも打てないまま13時間。

そんなバスに揺られてビエンチャンに着いたものの、ラオスの首都だけあってこれと言って見どころもなく、やはり期待を裏切らない街でした。

P4116154P4116154.jpg

P4116163P4116163.jpg
ブッダパークだけは行ってきました。
この公園を作った人の頭の中はこんなワールドが広がってたんだろうな。なかなか愉快な人だ。

1泊だけして次の日バスでタイに再入国しました。(今日はサクサク飛ばします)
国境を超え、バスを乗り換えた時、よく日に焼けた、サングラスをしているタイ人のおじさんが隣の席だったので、”サワディカー”と挨拶をして座っていたところ、10分後「あんた日本人!?」っていきなり日本語で話しかけられました。
おじさん、タイ人じゃなくて日本人でした。

でも「オレ、日本人と喋るの嫌なんだよ!!」って言われたので静かにしていたら、その後おじさん延々と話しかけられました。あまのじゃくめ。
昔、散々旅をして遊び歩いていたそうですが昭和40年代に環境系の会社を立ち上げ大成功。全国に支店出すまでなったけど50代で引退。全部子供達に財産渡して、タイに移住してきたそうです。
旅人の鏡ですね。

P4116185P4116185.jpg
ご飯ご馳走してくれた。タイ料理うまー。


そんなこんなでチェンマイ到着。(飛ばしますねー)

そう、チェンマイ

チェンマイといえば・・・あれですよね。


え・・・書いちゃう?あれについて書いちゃう??
賞味期限切れまくってるあの話題について書いちゃう??



P4126196 (1)P4126196 (1)

はい、ソンクラーン

祭りと時事ネタはリアルタイムじゃないと恥ずかしいね。
テンション下がりきった状態で書くのって恥ずかしいね。


説明させていただきますと、ソンクラーンはタイにおける旧正月に行われる水かけ祭です。容赦なく水をかけ合うというシンプルイズベストなお祭りなのです。
今年は4/13~4/15に行われました。このお祭り、タイを始めラオスやミャンマーなんかでも行われているのですが、中でも一番の激戦区がここチェンマイ。ということで乗り込んできたわけです。

普段はこんな穏やかな街並みなんです。
P4166225P4166225.jpg

P4126200P4126200.jpg


しかしこの街が修羅場と化すのです。
DSC_1139.jpg

DSC_1163.jpg

DSC_1136.jpg

宿から一歩、外に出ると隣の家のおばちゃんからバケツでバッシャーンと水をかけられ、大通りに出ようとすれば、はしゃぎ倒している欧米人(金に糸目をつけず超強力な水鉄砲を持っている一番厄介な人達)にブシューッと水をかけられ、大通りに出ればトラックの荷台からドバドバーッと氷水をかけられ(心臓をやられて死にそうになる)、人生で一番水浴びました。


が、これが楽しい!!!
3ヶ月半経って記憶が薄れつつあったのですが、今日久しぶりに写真を見たら思い出しました。

私、キャッキャキャッキャ言ってたわ!!

そして夜は屋台でキャッキャキャッキャ言ってたわ!!
DSC_1108DSC_1108.jpg
夜まで水かけ合ってると風邪ひくから注意ね。
夜は屋台でビールを飲みましょう。

DSC_1124.jpg
カオソーイ。チェンマイの名物麺。マイルド系のカレースープ味。
期間中、何杯も食べた。

DSC_1126.jpg
SUSHI

DSC_1129.jpg
チキンライスじゃなくてダッグライスだったかな!?

DSC_1133.jpg
一番美味しかった一品。(名前忘れた)
周りがカリッカリに揚げてあって、アブラーの私にとっては幸せ度120%。二日連続同じもの食べた。



あぁソンクラーン満喫!!

P4156222P4156222.jpg
祭りの写真より食べ物の写真の方が多いのは、水に濡れてしまうと嫌なので祭りの間カメラを持ち歩かなかったからです。誤解のないように。



次の祭りは・・・トマト投げ!!の予定でしたが、完全に間に合いません。
来年行こうかなー。(゜ロ゜)エ!来年!?
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
今日もよかったらポチッとお願いします♪


関連記事

Comment

No title

さーさんへ

ラオスの首都ビエンチャンは、ほんとこれと言って何も
ないですよね。
ラオスヘ行ったときは、バンコクから夜行バスに乗って
朝 ビエンチャンへ着いて、街の中心部から徒歩で行ける
黄金の寺院(タートルルアンだったかな?)行ったくらいで
他は日本食レストラン2店 昼食と夕食で行っただけで、
1泊してバンコクに戻りました。
ラオスの北部にある 世界遺産 (ルアンババーン)へ行きた
かったけど、日程に余裕無く 泣く なく残念でした。

ルアンババーンへ行きた~~いよーーん。

では、いい旅を続けてください。

>てるさん

そうですね、ビエンチャンってタイのビザのために寄る人が多いですよね。私も同じルートでタイに戻るのがもったいない気がして寄り道してみましたが、特に必要なかったかも・・・汗
何気にレストランとかも高かったですし。日本食は食べ逃しました。残念。
でもラオスは好きです。のんびりしていてて欲がないというか、こっちが心配してしまうほどです苦笑
てるさんも是非今度はルアンパバーンへ!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。