プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『プール』の舞台になったゲストハウス

突然ですが、みなさん『プール』という映画をご覧になったことがありますか?
小林聡美さん主演、小さなプールがついているチェンマイのゲストハウスが舞台になっています。
『かもめ食堂』や『メガネ』『トイレ』などの映画と同じ雰囲気を持つ、のんびり穏やかな気持ちになれる映画です。(映画の公式サイトはコチラ)

私はもちろん見ました。
というか舞台挨拶を見に行きました
人生初ですよ、映画の公開初日に舞台挨拶見に行ったの。
だって加瀬亮が見たかったから(はーと)
という至って純粋な動機です。ピュアです。

好きなタイプってどういう人?って聞かれると、いつも広島の前田(智)か中日の井端か谷繁って答えるんですけど、実は加瀬亮も好きです。
でも実際、生で見た加瀬亮の細さに唖然とし「とうてい敵わない」という訳の分からない敗北感を味わって帰路についたのを覚えています。

それはさておき、この映画に出てくるゲストハウスが素敵なんですよ。風が吹き抜けるオープンなキッチンとリビング、そこに集まる人たち、美味しい食事。
うっとりする反面、こんなゲストハウス実際ないわー!って思っていたら実在していました

エイズ孤児たちが暮らす施設を運営する団体『バーンロムサイ』がつくった『hoshihana village』。それが、あの映画が撮影されたゲストハウスでした。
*以前はゲストハウスもバーンロムサイという名称でしたが、昨年変更したそうです。

そんなわけでソンクラーンを終え、チェンマイ郊外へ。

入口を抜け、中に入るとそこには
P4166314P4166314.jpg
これこれ!!
映画で見たー!!

そして私が泊まるのは『土の家』というコテージ。
P4166269P4166269.jpg

P4166266P4166266.jpg

P4166351P4166351.jpg
なになに!この素敵ハウス!!
土の温もりと差し込む光、自然を存分に感じられる部屋。
私、普段部屋の写真とか撮らないんですけど、大興奮で連写です。
この部屋、ボランティアで来ていた大工の男の子が一人で1年かけて作ったんだって!素敵男子め!

P4166246P4166246.jpg
部屋の備品もこの通り。蚊取り線香からキンカンまで勢ぞろい。かゆいところにも手が届くサービスとはこのことですね。
携帯電話も1台渡されます。

外にはキッチン。
P4166287P4166287.jpg
土の家では火が使えないんですが、レンジや冷蔵庫はあるので簡単な調理なら出来ます。

ポーチ部分も全て土で作ってある。
P4166289P4166289.jpg
なんという居心地の良さ。

ここに到着して20分。すでに後悔しています。
なんで2泊だけにしてしまったんだーーー!!!

この部屋は1泊1部屋1300バーツ。(約3200円)*2連泊以上の値段です。1泊のみだと1950バーツ、6連泊以上は1040バーツです。
一番安い部屋なんだけど、それでもバックパッカーにとっては痛い値段です。だから2泊だけにしたんです。でもね、ここに来たら全く高いなんて感じなかった。むしろ安いわ!リゾート系ホテルに何万も払うなら、ここで1ヶ月暮らしたい。

他にも3つ違うタイプのコテージがあって、そっちも見せてもらったんですがこれまたびっくりするくらいセンスの良い部屋で(センスが良いというホメ言葉しか出てこない私がセンス悪いですが)、一生に一度でいいからこんな家住んでみたいと思えるような造りでした。
映画に出てきた部屋もそのまんま。いまにも加瀬亮が出てきそうです(はーと)

部屋でくつろぐのもいいけど、このプールも最高なんだな。
P4176397P4176397.jpg

P4166308P4166308.jpg
一人でプカーッと浮いていると、体の中から何もかもが流れ出ていく気分になる。

夜はプールのそばにあるダイニングで食事。
P4166363P4166363.jpg

豚肉のバジル炒め。
P4166360P4166360.jpg
タイで食べた食事の中で一番おいしかった。


翌日、子供達の暮らす施設と数日後にオープン予定のショップを見学させてもらいました。
すぐ隣の敷地に施設はあります。そこには元気にはしゃいで遊ぶ子供たち。開設して3年間はエイズを発症して亡くなる子供たちもいたそうですが、抗HIV療法のおかげでこの10年間一人も亡くなることなく生活しているそうです。医学の進歩とそれを支える人たち、そして毎日決まった時間に必ず薬を飲まなきゃいけない子供たち、みんなの力があってこその結果だと思います。
でも大人になって独り立ちした時、周りの目があって薬を飲み辛かったり、時間を守れなかったり、そういう問題があることも教えてもらいました。また耐性ができてしまって、別の薬・・・となっても高価なため購入が難しいということも。
ここは日本人が運営しているNPO法人なのですが、寄付金だけに頼らず、ゲストハウスの運営など収益を得られる方法をちゃんと考えていて、とてもしっかりしているなという印象を受けました。収益のためだけではなく、子供たちが将来働ける場所として考えられているのも素晴らしいところ。
今度はショップの前にカフェも作って、気軽に立ち寄れる場所もつくるみたいです。素敵カフェ誕生です。

実は東日本大震災の後、寄付金が激減して他の収益がなかったらつぶれていたかもしれないという話を聞きました。三宅島に行った時にも似た話を聞いたことがあって、火山で死んでしまった森(本当に灰色の森になって、木が全部枯れてるんです)への植林活動を支援してもらってたんだけど、打ち切られちゃうかもしれないって。多分寄付活動が全部東日本の被災地にいってしまうだろうって。
やっぱり自分たちで生み出していく力って必要だなって改めて思いました。

ちなみにボランティアできないか聞いたところ(←本気で考えた)、現在、タイの福祉法人として運営しているので例え短期間だとしても観光ビザではボランティアできないそうです。

よし、また宿泊客として来よう。


その後は自転車を借りて近くの市場まで。
P4176430P4176430.jpg
途中の景色。山や畑が広がっていて、日本の田舎みたい。

小林聡美も買い物していた市場。
P4176434P4176434.jpg
おいしそうなものがいっぱいあって迷う迷う。

そして買ってきたお惣菜で夕ご飯。
P4176435P4176435.jpg
一人パーリータイム。

やっぱり休息って必要だね。

毎日が休日なんだけどさ、贅沢なんだけどさ、旅を続けることに時々息苦しくなる時もあったりするわけで・・・ってなことも素直に言えてしまうくらい、心がまっさらになりました。ピュアです。

私にとって、とても大事にしたい場所になりました。

と、同時に施設で暮らす子供達にとっても、ここはとっても大切な場所なんだろうな。
あの子たちにとっては、ここが実家なんだものね。
ずっとずっとここに残っていなきゃいけない家なんだと思います。

バーンロムサイについてはコチラ
hoshihana villageについてはコチラ
をどうぞ。


小原さんに泣いた!三十路がんばれ!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
今日もよかったらポチッとお願いします♪


関連記事

Comment

No title

『プール』僕も観ました!
「初海外旅行にしては随分旅慣れた感のあるスーツケースだな!」とか、
「客が一人も居ないけど、どうやって暮らしてるんだよ大丈夫かよ」とか、
「こんな豪華でキレイなゲストハウスないだろ?!」
なんてツッコミながら観てたけど、ホントにあったんすね素敵!

あの監督の作品全般に言えることだけど、食べ物がとにかく美味そうなんですよねぇ。揚げバナナ超食いたかった。

それにしても見た目だけじゃなく心意気も素敵な宿ですねぇ。
僕もチェンマイ行ったら泊まりたいっす。

No title

こんにちはさーさん、2回目のコメントです。
というのも私も加瀬亮好きなんです。
「プール」も「めがね」も好きなんです。
富裕層のお家かと思ってましたが泊まれるんですね!
早速「いつか行ってみたい場所リスト」に追加ですxD

>くるんテープさん

そうそう、あれ旅好きの人が見ると結構突っ込みどころ満載ですよね。
でも行ってみると、あんな感じの映画が出来上がったのが納得。映画以上に素敵な空間でした。
スタッフの人たちの気遣いも絶妙なんですよね。

かもめ食堂のおにぎりを始め、あのシリーズは確実にお腹すきます笑
揚げバナナはメニューになかったけど、バナナジュースは美味でした~♪
くるんテープさんもいつかふらっと旅したくなった時、是非寄ってみてください^^

>ナガハさん

再びコメントありがとうございます!
そして加瀬亮好き仲間嬉しいですヽ(*´∀`*)ノ
あの癖のある女性陣の中に違和感なく溶け込める男の人って案外いないものですよね。
私も「もう一度行きたい場所リスト」にしっかり追加しています。
今度は1週間以上泊まります!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>chihironさん
はじめまして。コメントありがとうございます!
くー、最高のGWじゃないですか!!!私もこの前、GWどこ行こうかチケットをなんとなく見ていた時にまず思いついたのがあそこでした。思い出すだけで気持ちもっていかれる最強の癒し宿です♡いいな、いいなー。
久しぶりに自分の書いたブログを読んだらあれですね、めっちゃテンション高いですね笑
やっぱり4年の歳月を感じずにはいられませんでしたw

ドキドキと楽しみで行く前に疲れませんように笑、身を任せてどーーんっと飛び込んできてください(´▽`*)
報告待ってますね♪
私はどこに行こうかなー。行ったことないところがいいかなと思いつつ、調べるの面倒だなーと思ったり。。。こんなんでよく旅行してたな笑

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。