プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンちゃんという男

東南アジアに別れを告げ、向かう先は中国!隣の大国、中国。
北京、上海、内モンゴル、香港には行ったことあるんですが、バックパッカーとしては初です。

ルアンバパーンからバスで中国の昆明まで24時間!
P4236732P4236732.jpg
この旅、最長乗車時間。
バスは例の寝台バス。
DSC_1240.jpg
でも今回は相ベッドではなく一人ずつでした。24時間相ベッドは辛すぎる。(相ベッドのバスもあるのであたりかはずれかは乗ってみなければ分かりません・・・)
バスは私以外、全員中国人。すでにバスの中から中国そのもの。ベッド下段の王くん(通称・ワンちゃん。24歳。政府関係の仕事を辞めてタイとラオスを旅して帰国するところ。劇団ひとり似)と仲良くなって、いろいろ中国語を通訳してもらいました。

ラオスの国境。
DSC_1243.jpg

中国の国境。
DSC_1246.jpg

国の力の差が分かりやすい。

入国する時、中国人は荷物チェックスルーなのに、私だけはバックパックの中身全部出されてチェックされました。
今までは日本人だから信頼され、日本人だから好かれ、日本人だから許されてきたことが多かったけどここは違う。
日本人だから疑う、日本人だから嫌う、日本人だから許さない。
国境ですでにそんな雰囲気が漂っていました。

出した荷物も全部そのままで「行け!」って言われて、この先こんなことが続くのかと思ってちょっと嫌になった・・・。

でも無事通過し、中国入国。
国境から走って数十分の街で休憩。(中国のバスって休憩が多い!)
ワンちゃんが昔、彼女とデートしたことがあるという、その街を張り切って案内してくれました。
P4236728P4236728.jpg

P4236724P4236724.jpg
まぎれもなく中国に来たことを実感。
人多い、建物大きい、うるさい、賑やか。

でも食堂で食べた白米のおいしさはさすが中国。東南アジアでは味わえないお米の味だった。
DSC_1249DSC_1249.jpg
あまりおいしそうに見えないけど絶品。

そしてまたバスは走りだし、深夜2:00。突然ストップ

休憩かと思いきや、ドシドシ乗り込んでくる警察官。そしてバスの周りでワンワン吠えている犬。ま、麻薬犬!
ワンちゃんが小声で教えてくれる。
「誰かが麻薬を持ち込んだみたいだ」と。
すでに別のバスが1台止められ屋根には警察官。ありとあらゆる隙間をチェックしている。

私たちのバスからも抜き打ちで5人程、外に連れ出される。
身体検査や荷物検査をやってたみたいだけど、結局1時間後みな無罪放免。
すっかり目が覚めたわ!

そんなこんなで結局25時間後、昆明に到着。
DSC_1250DSC_1250.jpg
朝日が眩しい。さすがに疲れたなー。

一緒のバスだった香港人カップル、アンガスとシンちゃんも加わり、私が予約していたユースホステル(YH)まで移動。

ここから劇団ひとりワンちゃんの暴走が始まるのです。

ワンちゃんは大学時代を昆明で過ごしたらしく、この街に詳しい。
まずは名物料理を食べさせたいと近くのレストランに連れていかれる3人。
P4246742P4246742.jpg

P4246744P4246744.jpg
生の鴨肉(?どうみても鴨肉の色じゃないが)と野菜、そして熱々のスープと麺が運ばれてくる。
それを全てスープに投入。
P4246745P4246745.jpg
雲南名物過橋米線
あっさり風味でおいしかった。
でも今は朝8時だよ。知ってる?

レストランを出るとユースと全然違う方向に歩いていくワンちゃん。
あら?という雰囲気の3人。

ど、どこに行くの?と恐る恐る聞いてみると「西山森林公園だよ!」と満面の笑み。

ちょーーーー寝たいーーーーーー。

そんな願い虚しく連れて行かれる3人。バスを乗り継いで着いた西山森林公園。
P4246751P4246751.jpg
ガイドブックには階段で登るとか書かれていますが・・・。

「何言ってんだよ。この岩場を登るんだよ!それが最高なんだよーー!!」

はぁぁぁぁぁ????

24歳と35歳の差をナメてくれるなよ。こちとら中年に差し掛かってるんだ!!体ガタガタなんだよ!!!
香港人カップルも唖然。「私たちそんなつもりじゃ・・・」とか言ってる。ねぇ聞こえてるワンちゃん!!!

P4246767P4246767.jpg
聞こえてないらしい。
こいつが犯人です。

で、ここ別にハイキングコースになっているわけでもなく、ただこの岩場を登っていくのです。
P4246773P4246773.jpg
簡単そうに見えるけど、いちいち岩を登ったり降りたりしなくちゃいけなくて面倒くささ極まりない。
シンちゃんはまさかこんなところに連れて来られると思っていなかったからサンダルで来ちゃってるし、もっと辛そう。
P4246771P4246771.jpg
初めはこんなに元気だったのに、、、数十分後には笑顔なくなってた。

「もうここらへんでいいんじゃないかな」ってワンちゃんに言ってみた。

でも「ビューティフォー!!!」って岩に登って叫んでいるワンちゃんには届かない。
あぁ無情。

P4246787P4246787.jpg

P4246823P4246823.jpg
確かに昆明の街が一望できて眺めはいいんだけどさ、もう頭クラクラだよ。
忘れないで、私たち25時間バスに乗った直後なの。夜中に警察来てロクに寝てないの。

「楽しいね!」
「ボクはここが大好きなんだよ!」
「ワンダフォー!!!」


何言っても無駄とはこのことである。

こうして頂上までやってきてしまいました。
P4246813P4246813.jpg
上も下もチェックってどうよ!!

あぁ寝たい。今すぐ寝たい。

そしてさっさと下山。

しかしYHに帰ってきた後もワンちゃんはどこからかもらった人民ツアー(旅行会社主催のツアーの通称。人民の方々がこぞって参加している。そして激安)のパンフレットを見て、昆明の世界遺産・石林に行くにはこれに参加した方がいいと話をどんどん進める。そして電話で予約を取ってくれた。
うんうん、もう君の好きにしたらいいさ。
そんなわけで故郷・青島に帰るワンちゃんをのぞいて、翌日シンちゃんたちと3人でツアーに参加することに。

それがまた事件を巻き起こすとはこの時誰も知らなかったのでした・・・。

そんなワンちゃん、別れ際にメモをくれました。
困ったことがあったらこれを出すようにと。
そこには「この人はボクの友達なので何かあったらここに電話してください。よろしくお願いします。」ってワンちゃんの電話番号と共に書かれていました。

まったくいい奴だな。


北国にやってきました。何を勘違いしたのかバックパックの中は夏服と日焼け止めと虫除けスプレーが大量に入っています。いらんわ!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
今日もよかったらポチッとお願いします♪


関連記事

Comment

ワンちゃん最高!

最高ですね、ワンちゃん。
旅のお供にはぴったりと言うか。。。(笑)
チェックオンチェックもビックリですが
24歳にしてそのビール腹もどうなの??と思いました。

超マイペースなイケイケドンドンな人と一緒に過ごすのは、楽しくも、疲れる経験ですね。
次の日のトラブル続きの?観光ブログも楽しみにしています。

No title

強烈キャラ、登場しましたね(笑)
これからどんな風に引っ掻き回してくれるか、楽しみー☆

さーさんは一人旅だからいいけど(?)
香港のカップルはなんかお気の毒ですね。
ラブラブ旅行をするはずだったんじゃないのかな?

まさに旅は道連れ・・・?

No title

さーさんへ

中国へ突入しましたね、ルアンババーンから昆明まで直通
バスがあるのは知らなかったです、マイクロで何回か乗り
継いで行くものだと思ってました。
ちょっと新しそうで寝台ですか、寝台バスまだ乗ったことは
ありません。
25時間のバスはかなり疲れたでしょう。

僕はアメリカの中部の大都市ダラスからフェニックス経由
で西海岸のサンディエゴまでと南米パラグアイのアスンシ
オンからアルゼンチンのブエノスアイレスまでが約30時間
ぐらいでした。
列車では、ロスからダラスまで大陸横断鉄道の途中下車で
52時間かかりました。
中南米の移動は殆どバスでした。

これから先 僕がまだ行ってない場所が多いので、中国編
からインド編を楽しみにしています。

中国編が始まりましたね。

ワンチャン、恐ろしく苦手なタイプ・・・。
NO!と言わせないKYっぷりは、ある意味才能だね。

「人民ツアー」って名前からして、トラブル臭がプンプンするんだけど(笑)
更新楽しみにしてます。

>ちはさん

そう、あの年であのお腹はないですよね~笑

かねがね中国人の服装のセンスには疑問を持っていましたが、もう美的感覚が分からなくなりました。
全身チェック男が街中を歩いていても誰も後ろ指、指しませんからねー。日本だったら大騒ぎですよ。

旅には時々刺激も必要ですもんね。
同じベッドの上下になったのも何かの運命…のはず。
でも山登りは本当にキツかった!

>Miyuさん

ワンちゃんはこの日でお別れだったのでもう登場しないんですよー。
たった一日で濃厚な思い出を作ってくれた記憶に残る男。それがワンちゃんでした。

香港人カップルはめちゃくちゃラブラブで、ずーーっと手つないでました。彼女が岩場登る時も手貸してあげて、そりゃぁ仲良さそうでしたよ。私は頑張って一人で登りましたけれども!笑

>てるさん

お待たせしました。やっと中国編に突入しました。
私の中で、てるさんは中国の達人イメージなんですが(笑)、 北南米もたくさん行かれてるんですねー。すごい!
やっぱり長時間の移動は横になれないとキツイですね。足むくんじゃって。もう年です(汗)
その点このバスは快適でした。まぁ中国のバスなんであまり清潔感はありませんが…。
あとトイレ休憩が道端なのもさすが中国ですね。
ニーハオトイレどころじゃありませんでした。
この先、てるさんが行きたいと言っていた場所に向かっていきますので乞うご期待!?

>香織

私が思うに多分、彼も一人っ子政策の犠牲者だな。中国の若者の自分大好きっぷりはすごいものがある。ちやほやされすぎだわ。でもワンちゃんは明るいマイペースなので憎めないんだな。25時間バスの後じゃなきゃ私ももう少し優しくなれたはず。もう少しだけ。

人民ツアーやってくれたよ。やらかしてくれた。

中国サイコーでしょ?&尖閣について

さーさん。
久々にブログ拝見しました。頑張ってますね~。
ついに中国入りですか。
中国の方って初対面でも親切心がチョー熱いですよね??私はそんなところ大好きですね。
日本で報道される中国人は悪いイメージのものばかりですが、さーさんもワンちゃんとの出会いで中国の方に対する見方が少し変わったのではないでしょうか?
どこに行っても善人悪人はいますし、1つの情報だけで中国人はこうだ、日本人はこうだと判断してしまってはいけないですよね。
話変わりますが、尖閣の問題ですけど、そもそも何で島がどちらの領土であるかの認識だけで反日、親日と分けたがるのでしょうかねぇ? 私は尖閣は日本の領土だと思ってますけど、中国・中国人は好きですし、別に特別愛国主義者でもありません。無意味に分けたがる社会の風潮というか何というか、分けてどうしたい?って言いたいです。
すいません、さーさんの旅ブログに政治問題を出してしまいました。暇なときでいいので、さーさんの考え方も聞きたいですね。ではでは。

>旅は出会いの宝庫さん^^
そう中国の人って熱いですよね!一気に距離感つめてくる感じで。

先日の大使襲撃事件でも中国人の80%が賛成しているとか…。多分、賛成か反対かって聞かれたら賛成って言う人の方が多いかもしれませんが、実際声あげてる人達なんてほんとの一部ですからね。
報道って怖いなと思います。
私も尖閣も竹島も日本の領土だと思っていますが、それが争いの元になって、隣国といがみ合うなんて何も歴史は変わらないんだなとガッカリもしています。。以前同じ宿に泊まっていた韓国人の女の子と話したことがあります。彼女は小学校の先生で子供たちに独島は韓国の領土だって教えているし、自分もそう思っているけど、実際は悩むって。きっと一市民の考えってそういうんだと思います。一対一で顔付き合わせて話すといがみ合いなんて滅多に起こらないですけどね。
ちょうどそんな記事を次で書こうと思っていたところでした。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。