プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三十路とゆく、中虎跳峡

テレビで時々、世界の僻地に住んでいる日本人を取り上げる番組やってますよね。見たことあります?
以前、中国の奥地に嫁いだ女性を取り上げていたんですよね。
それを見ていて「まーなんだってこんなところに住んでるんだろう。私、絶対行かないわー。」って思ってたんですよ。寝転んで、ポテトチップスばりばり食べながら。

それがですね、今やバックパックを背負って”なんだってこんなところに”って場所に向かっているわけです。
人生って分からないもんですね。

その”なんだってこんなところに”って場所は”虎跳峡”と言います。深く狭い峡谷になっていて、昔、虎が対岸まで跳んだという伝説があることから、この名前が付けられたそうです。

美しい渓谷とそこを流れる激流が、ここ虎跳峡の見所です。ポイントは上、中、下とあるんですが、は観光客用に道がしっかり整備されているので、一般向け。(ツアーはほとんどここへ行く)
でも本当はが一番激流度がすごいらしいのです。だけど、見に行くためには悪路を歩いて下まで降りなければいけず、それがキツいらしいと・・・。

に関しては知りません。あと、体力自慢はもっと手前の町からトレッキングするみたいなんですが、私の旅には一切トレッキングとか出てきませんので、そこらへんの情報は仕入れていません。あしからず。

に行くか、に行くか。

いや私の心はほぼで決まっていました。疲れることは大嫌い、即ちお金で楽を買おうと思いました。




でも、なぜか私は中虎跳峡行きのバスに乗っていました。




それはね、お友達が出来たからです。珍しいね。

麗江の宿で一緒だったトシさん。4年かけて世界一周をしているという完全に時間の軸がズレている旅人です。同じ日に虎跳峡に向かうことが分かり、それなら一緒に・・・と向かうことになりました。
考えてみたら、こうやって誰かと一緒に旅するの初めてです。珍しいんじゃない、初めてでした。
そして麗江から虎跳峡に向かうバスにもう一人日本人が乗っていました。タカさん。タカさんはまともな社会人です。休暇で中国に来たそうです。中国語ペラペラ。

そして全員三十路・・・。

こうして社会人一人と無職二人、全員独身という現代の日本社会の杞憂をそのまま反映しているかのようなミソジーズがここ中国で結成されたわけです。

いや、旅していると三十路に会うこと自体が奇跡に近いんです。20代ばっかり。
「30過ぎて体力回復するのが遅くなったよねー」とか「階段登ると息切れひどいよねー」とか語り合える仲間はそういません。ありがたき三十路仲間。

前置きが長くなりましたが、そんなミソジーズの目的地、中虎跳峡とはここだ!
P4297488P4297488.jpg
いやー山奥だなー。なんだってこんなところに来たんだろうか。
この奥に見える川が激流ポイント。この山を下って見に行くわけです。そして下るということは登らなきゃいけないわけだ。あー憂鬱。

右上が泊まったユースホステル。眺め抜群。寒いがね。
P4297476P4297476.jpg

荷物を置いた後、意を決してスタート。
P4297494P4297494.jpg
下にちっちゃく見えるのがタカ&トシです。

とにかく切り立った崖を下っていきます。地元の人が作った道(もちろん有料)なので、かなり危なっかしいのです。

上から見た激流。
P4297514P4297514.jpg
見ている場所が直角すぎるでしょ。落ちたら真っ逆さま。

P4297526P4297526.jpg
道はこんな感じです。
必死だったので、これしか写真残ってない。

しばらくすると激流がさらに大きく見えてきました。
P4297520P4297520.jpg
わ!これは結構すごいぞ!!

休み、休み、ゼーゼー言いながらなんとか降りきりました。
*ほんとに写真が残っていないので途中経過は省略。

間近で見た中虎跳峡は
P4297561P4297561.jpg

P4297559P4297559.jpg

P4297570P4297570.jpg
轟々と音を鳴らして溢れんばかりの水がすごい勢いで流れてくる。
ここまでの濁流を目の前で見れることってないので、やっぱり中国すごいなぁと感心。

よし見たぞ、濁流!
帰る!

でさ、ここまで降りてきちゃったので帰りはやっぱり登らなきゃいけないわけですよね。
あーいやだー。もう足ガクガクー。

そして現れるコイツ!
P4297575P4297575.jpg
ハシゴ!!

もちろん命綱なんてものはなく、直角にかけられたハシゴを自力で登るのみ。

もう1回見てみよう。
P4297574P4297574.jpg
ハシゴ!!

この旅で死を覚悟したのは2度目です。(1度目はマレーシアのジャングルで遭難しかかった時)
あたしゃねぇ、高所恐怖症なんだよ!!
って浅香光代のマネしている余裕もなく(三十路ギャグ)、ブルブル震えながら登りました。





日本のみなさん、私は今、生きています。



疲れきって宿に戻って山を見たら・・・
P4297581P4297581.jpg



がんばって良かったよ。



昨日はご飯とふりかけと焼き魚と三枚肉を食べました。し、し、幸せー。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
今日もよかったらポチッとお願いします♪


関連記事

Comment

No title

ものすごい急流ですね。
ほんと、落ちたら絶対助からないわー。
立ってるだけでヒザ笑って落ちちゃいそう(笑)

あのハシゴは怖いですねー。しかも長い!
わたしは登山やるんで、たまーにお目にかかりますけど
こんな絶壁では絶対使いたくない!!
でもあの距離はロープじゃ上がれないですね。

こういう場所にこそ
お得意のケーブルカーを登場させてくれたらいいのに。

ミソジーズ

同じくミソジーズです。仲間にはいれます。
息切れ激しいですね。地下鉄とかつらいですよ。
はじめてコメントします。
すっごく楽しんで見ています。
世界一周私の夢。すごい刺激もらってます。
10年前にオーストラリアにいたことを思い出します。
心折れたり、テンションめっちゃ上がったり、自分の気持ち一つなんですよね。
頑張ってください。
すごく楽しみにしてます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

さーさんへ

そのテレビ見ましたよ、1年ぐらい前だったかな?。
つい最近も内容が少し変わってたけど見ましたよ。

世界の秘境に嫁いだ日本人妻で、虎跳峡で宿とレストランを営んでるようです。

断崖絶壁が何十キロも続く狭い道を走っていると道端に
淀とレストランがあります。
凄く景色の美しい場所でした。
そこえ行ったのですか?、行ってたら情報をおしえてくださ
い。
その女性は30代後半で、息子さんがいましたね。

ほんと 行きたいよ  虎跳峡へ

では いい旅続けてね

>Miyuさん

すごい!登山されるんですね!私、本当に登りが苦手なので、山登りする人を尊敬しています。
でも、やっぱりあのハシゴは有り得ないですよね!?しかも素人が作った手作り感たっぷりのハシゴで、かなり信用出来ず・・・(苦笑)落なくて良かったです。

中国政府は期待通り、今、中虎跳峡を開発中みたいですよ。多分数年後には立派な道が出来てるんじゃないですかねぇ。。。もしハシゴ登りたければ今のうちです!

>まるさん

はじめまして!コメントありがとうございます。
ほんと階段登りきった後、息整うまでにしばらく時間かかりますよね。三十路の痛みが分かる人に読んでいただけて嬉しいです!!

やっぱり旅が好きだと、いつまで経っても行きたいところが増えていくばかりですよね。
かなりメンタル弱めなんで気分の浮き沈み激しいですが、温かい人たちと素晴らしい風景に支えられて今日も無事に旅が続けられています。まるさんもいつか世界一周!

>めがねさん

ごめんなさい。お礼を言える場所がないので、この場で返信させてください。
コメントありがとうございました。
旅をしていると、良い年してこんなことやってて良いのかな・・・って思うことが何度もあるんですが、同年代の方に応援していただけると本当に励みになります。
更新遅くて申し訳ないですが、また読んでいただけたら嬉しいです。

Re: No title

>てるさん

私もその宿に泊まってみたいと思い、虎跳峡へ行く前に調べたのですが今はご家族で天津に引っ越されているみたいですね。宿は中虎跳峡の入口のすぐそばにあって前を通りかかりましたがやはり閉まっているようでした。残念です。
中国の政府が開発を進めているみたいなので、それも関係しているのかな!?

上虎跳峡も通りがかりましたが、めちゃくちゃ大きな駐車場と整備されきった道が峡谷まで続いていて、周りの風景とミスマッチでした。中を選んで良かったです。
宿の屋上からの山の景色は素晴らしかったです。てるさんもいつか是非。

特に他の方に見られて都合の悪い事はないのに、気恥ずかしくて、秘密コメントにしてしまいました…
ご返事ありがとうございます!
人生は一度きりなので、めいっぱい楽しんでください!
私も何か楽しい計画を立てるぞ!

そうそう!若者多い!特にアジア(*_*)
ミソジーズ、超楽しそうです♪
私もそろそろ旅に出たいなあ♪

>めがねさん

すみません、またコメントいただいて^^
まさに最近の私のテーマは”この際とことん楽しむぞ!”なので、このまま突っ走りたいと思います。
財布見てはため息出ますけど・・・(-ω-`*)
お互い楽しい三十路ライフ送りましょう!

>うつぼんさん

学生の休み期間ときたらもうわんさかですよね。
まぁ今年の夏は学生はおろか日本人すら会わない場所にいたので無縁でしたが・・・。
ミソジーズ、落ち着いていて良いメンバーです。いつか三十路女子にも会いたいものです。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。