プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九寨溝ブルーvs黄龍ブルー

雲南省から四川省は成都にやって参りました。
シャングリラから一度麗江に戻って、飛行機でひっと飛び~。セレブ移動。

というのもいろいろ急いでたからでして。

まずはビザが切れそうなこと。
*中国は2週間までビザ無しで滞在可能。その間に延長ビザの申請をして許可が下りれば、申請した日からさらに1ヶ月滞在が可能。
成都は許可が下りやすいと聞いていたので、ここでしようかと。(場所によっては受け付けてくれないところもあるので)

もう一つの理由はチベット行きのメンバー集めです。
チベット自治区へ行くには当時同じ国籍の人を4人以上集めらければいけず(2012年5月初旬の情報です。5月中旬より5人以上に変更になりました)、時間がかかると思ったので。

そうして到着した成都は都会でした。

うん、まぁ成都の話は置いておこう。

今日は成都から行った九寨溝と黄龍について話したいと思います。

成都の周りにはたくさん世界遺産があって、なかでも九寨溝は目玉中の目玉。
私も昔から憧れている場所の一つでした。
TVで見て「なんじゃこりゃー!!」と松田優作ばりに叫びたくなった驚異の湖があるところです。

成都からバスで九寨溝へ。約10時間の道のりです。
P5068055P5068055.jpg

実はこの区間、2008年に起きた四川大地震の震源地を通っていきます。
あちこちに震源地跡を示す看板が立てられ、崩れた山や落ちたままの橋、川に埋もれた村が見えました。4年経ってもこの現状。もちろん工事はあちこちでやっていたし、新しい橋も完成していました。

やっぱり時間がかかるものなんですね。

深い深い山合いの静かな場所で、たくさんの人が亡くなり、特に子供の犠牲が多かったことを思い出して涙が出ました。


さて、気を取り直して九寨溝です。
ここもチベット系の人が住む地区です。
P5068072P5068072.jpg
分かりにくいけど、家のてっぺんに中国国旗が掲げられています。
こうしてチベット系の家には全て中国国旗が掲げられています。
もちろん本人達の希望なわけがありません。
「制圧したぞ!」っていうアピールを見ているようで気分が悪い。


さ、気を取り直して九寨溝です。

九寨溝の神秘!!
何も言いません。ご覧ください。

P5078139P5078139.jpg

P5078293P5078293.jpg

P5078318P5078318.jpg

P5078436P5078436.jpg

P5078505P5078505.jpg

P5078432P5078432.jpg


P5078360 (1)P5078360 (1)

なんじゃこりゃー!!

自然界にこんなブルーが存在するんですか?

すごい!すごい!!
いくつも湖があって、それがどれも素晴らしい色をしていて、角度変えて見てもまた美しい。
とんでもなく綺麗!!

今まで中国の観光地の入場料が高いと文句を言い続けていましたが、九寨溝だけは認める!
220元(約2800円)払ってあげましょう!



でね、これでは終わりません。


翌日は黄龍というところに向かいました。
ここも昔、TVで見て「なんじゃこりゃー!!」って思った場所です。

九寨溝から黄龍に向かう道のりは、まさかの雪でした。あれ??
P5088514P5088514.jpg

P5088523P5088523.jpg
入場してからハイテクロープーウェイで上まで。登りたい人は自力でも可能ですが、もちろん登りません。
帰りのバスが1本しかなくて登ってる時間などないのです。言い訳ね。

P5088529P5088529.jpg
かなーり上まで登ります。黄龍は3500mの場所にあるのです。高山病注意。

そして着いたのは
P5088540P5088540.jpg
山!今まで散々見てきた景色と変わりありませんけどー。


がしかし、裏に回ると、そこには・・・。
何も言いません。ご覧下さい。

P5088577P5088577.jpg

P5088671P5088671.jpg

P5088653 (1)P5088653 (1)

P5088645P5088645.jpg

P5088589P5088589.jpg


なんじゃこりゃー!!

いやいや有り得ないでしょ!!
だってこのTHE中国の山の麓にこのブルー。
P5088637P5088637.jpg
配色おかしくないか!?

まだシーズンには早くて他の部分は全く水がなかったけど、これだけでも見れて満足。
200元(約2500円)払ってあげようじゃない!!

あぁ、ブルー堪能。しばらくどんな湖見ても感動できない気がします。


みなさんはどちらの青がお好み?私はドラゴンズブルーが一番好きですね。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
今日もよかったらポチッとお願いします♪


関連記事

Comment

No title

お久しぶりです☆
黄龍…いいですよねー!
僕も行きたい場所リストに入ってます♪
ANAのCMで見たときに心を射抜かれました。
黒木メイサのやつですw

それにしてもチベット自治区へは、
同じ国籍の人が5人も必要なのですか…
スムーズに集まるといいですね!

両方とも染めたようなブルーだね。
青じゃなくてブルー。
どっちが好きかなぁ・・・両方きれいだから選べない。
いらん開発とかしないで、いつまでもこの自然が守られていくといいよね。

この写真達、どっかで見たことあるような・・・(笑)

Re: No title

>ワールドトラベラーズさん

おひさしぶりですヾ(*´∀`*)ノ
そのCM見たことないです。 九寨溝ではなくて黄龍っていうのが渋くていいですね!
ただ時季を間違うと全然綺麗ではない&水がないらしいのでご注意を。

チベット行きのパーミットも条件がコロコロ変わるので困ったもんです。
自由に旅が出来るようになるまではまだまだ時間がかかりそうです。

>香織

あまりにも綺麗ものだから、中国政府によるバスクリン混入説を唱えた人もいたけどね(笑)さすがにそこまでやらんだろーと。観光地としてお金取れるうちはここも守られるんじゃないかと思います`∀´)Ψ

写真初めて載せたのにおかしいね。

感動しました

いやぁーすごいなぁ。
ここは本当に僕も行きたいところなんですよ。
ん~~すばらしいですね、この光景は。

No title

あー、黄龍ですね!!すごい、きれい(*^^*)
わたしも昔「イッテQ」で見ましたー。
あの段々畑ならぬ段々湖の、あの形が美しい♪
実際に見てみたいなー。

九寨溝は初耳だけど、これまたきれい。
北海道の神の子池とかオンネトーに似てる。
でも九寨溝の方が規模が大きいんだろうなー。
パンダといい、黄龍といい、四川省は自然の宝に恵まれてますよね。

オフシーズンで良かったかもしれないですね。
きっとオンシーズンには、またもや漢民族大移動してきて
ゆっくり堪能できなかったでしょうから(笑)

>旅は出会いの宝庫^^さん

この色、あり得ないですよね!?感動しすぎて、一日で撮った写真の枚数最高記録でした(^-^;)ここはもう一回行きたいなぁって思える場所です!

>Miyuさん
神の子池懐かしい!私、あそこでアブの大群に襲われたんですよ。自転車で行ったんですけど、走ってる周りが全部真っ黒で見えなくなるほどの数で、恐怖と漫画みたいな状況におもしろくなってしまって。そしてアブの思い出ですっかりあそこの池が綺麗だったのを忘れてましたo(>ω< )oうん確かに似てますね!

九寨溝は開門と同時に行って人民ツアーが来る前に見たいところしっかりおさえました´∀`*)b

ば、ば、ばすくりん?!

バスクリン入ってるみたい…。

人間の作るものって、自然に絶対かなわないっすね。
自然の中にないものってない。

いやー、このブログのおかげで中国に興味を持ちつつあります。ありがとうございます。(^v^)

>ちはさん
TVや写真で見たことがある場所って実際行くとあれ!?って思うことがあるんですが、ここはまさにこの色のまんまが広がっていました。自然の神秘ですよねー!!
中国いいもん持ってるんですよ。ちょっと悔しいけど(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。