プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッターホルンに抱かれて

ツェルマットに到着後、友人と別れて一人、ゴルナーグラード展望台に向かう登山鉄道に乗りました。



最終電車だったので、この通りガラガラ。
普段はすごく混んでるらしいのですが。

お馴染みの地図テーブル。

かなり上まで登ります。

登山鉄道出発後、見えたのは


マッターホルン!!

そう、ここツェルマットはマッターホルンが見える町。

氷河急行の中からもチラッと見えたんですが、こうしてどんどん近づいていくとさらに気持ちが高まります。
でもまだ雲の中。
お願い晴れて!


雲切れて!


30分後、展望台に到着。


そこで見えたマッターホルンは


雲一つなかった。
か、か、感動。


この形、めちゃくちゃ男前!高さだけなら他の山に負けてるんだけど、やっぱり見かけって大事なんだなー。身長じゃない、顔よ顔!

あ、山の話ですよ。山の。

動物も来てた。


こちらはモンテローザと氷河。

モンテローザといえば魚民だったけど、これが本物のモンテローザ。

そして宿にチェックイン。
そう今日はゴルナーグラード展望台にある山岳ホテルに泊まっちゃうのです。
友人達は高山病が心配なためツェルマットに残ったので、一人でね。

宿泊代一泊14000円(2食付き)。
はい、私は35歳無職です。

でもいいの!ヨーロッパではアホになるって決めたんです。やりたいことやるんだ!
お金なくなったらさようなら。

でもね、このホテル泊まって本当に良かった。悔いはございません。

部屋はログハウス調のかわいらしい作り。


そして、部屋の窓からは

マッターホルン!!
Great!!!!

良かった。良かったよ、14000円出して。

この後また誰もいなくなった展望台へ。

雲海に浮かぶマッターホルン。

そして夕食。

サラダバー


鴨のロースト


他にもスープとデザートあり。
こんなしっかりした食事が付いてこの値段ならかなり良くない!?(しつこい)

食事の後は部屋に戻ってコレ。

八海山withさんま!!

友人がお土産に持ってきてくれました。
他にもさきいかやワカサギの唐揚げや佃煮やらやら…。涙でマッターホルンが滲んでいます。

このロケーションで飲む八海山のおいしかったこと。

幸せやー。

翌朝はもちろん日の出鑑賞。


モンテローザの上にはまだ月が。

7:30明るくなった空が少しずつピンク色に染まり始める。


山の奥から昇ってきた太陽が山を照らし




マッターホルンの頂上にも火が点いた。


泊まったホテル。

360度、山に囲まれたこの眺め。
凍てつく寒さの中、一時間ずっと佇んでいた。何も姿は変わらないのに、ずっとずっと見つめていた。

最後にモンテローザの脇から日の出が昇る。


すべてのショーが終わった後の清々しいマッターホルン。

私、あなたが好きです。


がんばって二日連続で更新しちゃったりして。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪
関連記事

Comment

No title

マッターホルンいいですねー!
しかもこのホテル!!
景色最高じゃないですか☆
これで14,000円なら納得♪

No title

さーさんへ

ひとつ前の記事ですが、コモ湖へ行ってどうでしたか、僕は
近くのオルタ湖へ行った、湖の中に小さな島があるポスター
パネルをトリノのユースで見て、どうしても行きたくなり
無理して行きました、すごくよかったよ。

1泊 14000円ですか、豪華ですね、夢みたい。。。。
カオサンなら 2か月ぐらい滞在できますね。

スイスは物価が高いのでジュネーブとローザンヌのユースで
泊まって、観光もそこそこにして 素早く出国しましたよ。

では いい旅 続けて下さい

モンテローザは白木屋派でした。

マッターホルン!!!
何時でもどんなときでも気品があるね。
素敵☆
高いって言うのも山の魅力だけど、姿も大事だよね。

金は天下の回り物ですよ。
ジャンジャン使いましょう!
こちらも医療費ジャンジャン使って大台乗りそうです。

No title

箱根に一泊と同じ価格帯でスイス絶景の宿に泊まれるなんて安い!

スイスー

私も好きです、マッターホルン
三年前くらいに、私もマッターホルン拝みに行ったー。ツェルマットに泊まって、朝一の電車で展望台に行ったの。朝焼け見て大感動したのを思い出しました。

スイス、すごいよね。
自然ってすごいよね。
あそこのホテルに泊まったなんて、ほんと羨まし!
引き続き、旅を満喫してくださいー。

あ、私は最後に寄ったケルンでスリにあったので、
姉さんも気をつけてね。
でも、スリがいたってスイスは好きさー

>ワールドトラベラーズさん
マッターホルンめっちゃかっこよかったです!山男のワールドトラベラーズさんだったら、なお惹かれるかも。
あれを登る人がいるんだからすごいですよねー。

>てるさん
コモ湖はバスで通り過ぎただけなので観光はしてないんですが、湖畔沿いの小さな村一つ一つが美しかったです。
人も少ないし、今度行くならこういう場所に泊まりたいなぁと思いました。

スイスの物価の高さには本当に泣けますね。でも鉄道と山だけは!と思っていたので奮発してしまいました。大満足☆旅の寿命はかなり縮んだ気がしますが(^^;

>香織

今、とっても白木屋に行きたいです。

この姿は他の誰にも真似できなくて、孤高の山って感じがたまらないです。
まるで前田のようです。

そうですね、お金は使えばいつか自分に返ってくるって言いますものね。
高額医療費、確定申告後に戻ってくるといいですね…。

>くるんテープさん
日本の旅館じゃ14000円なんて当たり前ですもんね。なにより登山鉄道が終わってしまうと展望台にいられるのは宿泊客だけっていうのが最高なんですよ。絶景独占!

>とりこ
そう!私の中でスイスと言えばとりこ。そしてスリに合ったと言えばとりこです!笑

空飛んでたもんね。
あの山の中を飛べたらとんでもなく気持ちいいだろうなー。いつかやってみたい。
他の国とは格段の差で自然が素晴らしいね。大好きです、スイス。
あの時おみやげでもらったじゃがいもの千切りを焼いたものも食べれて嬉しかった☆

空港のスリ気を付けます!

No title

初めましてマルコメと申します。

オイラも昨年、このホテルに泊まりました。

良い所ですね。
昨年の夏は22,000円くらいしましたね。

オイラ、36歳にして、
現在、世界一人旅への憧れが非常に強くて、
さー様のblogを楽しく拝見させていただいてます。

これからの素晴らしい旅と素晴らしい記事をUPされる事を期待しております。

>マルコメさん

はじめまして。コメントありがとうございます(^^)

やっぱり夏だと高いんですねー。マッターホルン側とモンテローザ側でも値段違いましたよね。でも心から泊まって良かったと思えるホテルでした!

旅したいって一度考え始めると止まらないですよね。私も地図広げて妄想ルート考える日が何年続いたか。
いつかマルコメさんも旅に出る日が来ますように☆

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

>履歴書の封筒の書き方さん
懐かしい記事にコメントありがとうございます。私も履歴書の書き方参考にさせていただきます。来年あたり…w
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。