プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たべろぐinパリ


パリざんす!

ローザンヌからTGV(おフランスの新幹線)に乗ってやって来ました。



私達のことが気になって気になって仕方なかった女の子。かわゆし。

一生涯来ることがないと思っていたフランスです。

まずは凱旋門見て


ノートルダム寺院見て


セーヌ川のほとりを歩いて


エッフェル塔見て


シャンゼリゼ通りを歩いて


ベルサイユ宮殿にも行きました。


どうだ!このおのぼりさんコース。
ことりっぷ片手に東西南北奔走していました。

さて観光情報はことりっぷを読んでいただくとして、パリときたら食!本場フレンチの実力を見せていただこうじゃないの!

スイスでチーズ攻めにあい若干食傷気味になっていた私達がパリで最初に食べたのはリヨン駅前のこのお店。


魚介の宝石箱や~!

島国ニッポン育ちには、海の幸が必要なんです。
無言でむさぼり食べる女三人。
生き返りました。
チーズ地獄から生還致しました!

中でもハマグリに似た貝(アマンドと言うらしい)がコリコリしててダイヤモンド級のおいしさでした。
貝の王子様や~!

夜は、やはりリヨン駅の近くのビストロで

フォアグラのパテ(ちょっと臭かった)や


牛肉のタルタルを食べました。
地元の人で賑わうビストロでワイン飲みながらワイワイしてるだけで楽しかった。しかもサービスのお兄さんはチベット人でした。親近感。

翌日は友人とお別れの日。食いしん坊仲間との最後の晩餐は

田舎風パテ。
このガサツに盛られたパテが実は絶品!昨日のパテの雪辱を果たしました。

そして

憧れのバケツムール貝!
お店の人のオススメでカレークリーム味にしたら大当たり!!
ムールというよりカレークリームソースの絶妙な味にゾッコンLOVEです。

パリ、やりますな。

最後に紹介するのが私がパリで食べた中で一番美味しかったものです。

それは











サンマルタン運河の近くにある「ブーランジュリー・デュ・パン・エジデジ」のパン!
友人からオススメされていたこのパン屋にどうしても行きたくて、ベルサイユ宮殿とエッフェル塔に行った後、預けていた荷物を受け取ってダッシュ。最後はこのまま電車に乗ってたら間に合わない!と途中で降りて荷物背負ったまま走る走る。
閉店5分前に駆け込んだところ、このパンだけが残っていました。

セーフ。


で、このパンのおいしさときたら神ががってるんです。
一口食べただけで全身の力が抜けて「おいひい…」としか言えなくなるレベル。あとは夢中で食べるだけ。
外側は分厚くてカリッカリに香ばしく焼けているんだけど、中は甘くてモッチモチなんです。
近くに住んでる人が心底うらやましい。

今度は絶対早い時間に行くことにします。
ベルサイユよりエジデジ!

久々に観光も食も全力を出しきりパリを出る頃にはグッタリでしたが、おフランス楽しかったざんす!


ラーメンも食べたかった。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪
関連記事

Comment

No title

さーさんへ

おフランスですか ワオ…から パリでの観光は、エッフェ
ル塔、セーヌ川、凱旋門からシャンゼリゼ通りを歩いて
コンコルド広場へ行き その先のルーブル美術館、ノートル
ダム寺院が定番ですね、僕はノートルダム寺院へは行きかけ
て途中で観光するのに時間がかかるので止めました、その代
わりにジャンヌダルクの黄金像を見に行きました、オペラ座
も行ったよ。
ベルサユウ宮殿は行かずに日帰りでモンサンミッシェルへ
行ってきました。

長期間の旅の行程中にフランス料理は高価で出費が重さむ
でしょう。
僕も海外では食事に関しては けっこう贅沢しています、
出来る限り和食レストランを探して食べてました。
その町にないときは中華を食べてました。

では いい旅を続けてくださいね。

初めてコメントさせていただきます

初めまして。
実は来月仕事で東ティモールに行くことになり情報を拾おうとしてたところ、このブログに行き当たりました。
東ティモールって、ガイドブック(地球の歩き方等)もないんですよね。
そんな中、色々参考になりました。
ただ7月に議会選挙があり、さーさんの滞在されてた時期と多少事情が違ってきてるかもしれませんが(ちょっと心配)。
でも一番最新の情報に触れられて、大変助かりました。
ありがとうございます。

一人旅、羨ましいです。僕には絶対できないことなので・・。
道中お気を付けて。
いい旅を続けて下さい。

No title

ずっと思っていましたが、フランスに"お"を付けるあたりがあなたらしいです。

ヨーロッパで食い倒れてください(^0^)

>てるさん
オペラ座見れなかったのがパリの唯一の心残りです。二日間じゃ全然時間が足りなかったです(>_<)でもパリならまた行く機会あるかな。エジデジもまた行きたいし!

てるさん和食派なんですね。ちょっと意外でした!私は海外の和食を信用していなくて(笑)ヨーロッパの食事代は本当にバカにならないんですが、美味しいとまいっか!と思ってしまうのが悪い癖です(^^;
いい加減財布の紐閉めないと…。

>リコさん
はじめまして!コメントありがとうございます。東ティモールで私のblogに行き当たるなんてお恥ずかしいやら(^-^;

東ティモールの情報って本当に少ないですよね。私も行くまでとても不安でした。
行ったら恐ろしく呑気な国でしたが笑
コロコロ情勢が変わりやすいので、どうぞ気を付けて行ってきて下さいね。
お仕事とのことですが、あの青い海を見たら少しは気分も変わるかもしれません。
よくアジアでどこが良かったって聞かれるのですが私はいつも「東ティモール」と答えています。それだけ大好きになった国です。
お仕事頑張って下さい☆

>香織
お誉めの言葉ありがとうございます。

先日、リアルに食い倒れそうになりました。お腹いっぱいで動けずサクロンに登場していただきました。でもめげません。まだまだ食べます。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。