プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンサンミッシェルより大事なこと

フランスで行ってみたかったところ。
それはモンサンミッシェル。
海に浮かぶ修道院。
写真を見た日からずっと憧れていた場所。

友人と別れた翌日、一人でパリから向かうことにしました。
TGV に乗り2時間でレンヌ駅へ。そこからさらにバスに乗り継ぎ。
誰かと一緒にいた後は、一人で旅するのがちょっぴり淋しい。

バスからの景色。

北海道みたい。

そしてバスの中からチラリとモンサンミッシェルの姿が見え始めると、車内が沸き立つ。
ちなみにバスの中は7割日本人。うち6割カップル…。はいはい。

一時間ちょっとでモンサンミッシェルのふもとに到着。


いきなりモンサンミッシェル。
おぉおぉ写真で見たことあるぞ!

まずは細い参道を通って修道院まで行きます。

参道を通ってね。

修道院へ行きますよ。

修道院にね。





あれ、いつの間にかレストランに入ってました。おかしいな。

ここはモンサンミッシェル名物・巨大オムレツのお店。
参道入ってすぐのところにあるんだもの。
迷い混んじゃうよね。

そしてメニューを見て我に返る。

最低45ユーロのコースしかない。
ひゃー!

「あ、あれ表に出てた15ユーロのコースは?」

「あれはお子様用でございます」

「単品で25ユーロもありましたよね?」

「あれは15時から18時のメニューでございます」



ぎゃーん!



良いですとも、食べましょうとも。45ユーロのランチ!泣

前菜

鮭と鮭とムール貝。
左側の鮭は脂が乗ってて美味しかった。

メインは名物巨大オムレツ

ほんとに巨大!食べきれるか不安でしたが、フワフワのメレンゲを食べているような食感なので意外とあっさりいけます。
ただね、味が塩味だけなので非常に淡白です。んー食感を楽しむだけのオムレツか。

デザート

この地方の特産リンゴを使ったプレートを選択。まあまあ。

以上、45ユーロのランチでした。

今日の反省→ちゃんとメニューを見てから入店しよう。

これ15ユーロのコース。下に小さく12歳以下って書いてあるね。
気付くかこんなもん!

もしここのお店で食べたいという方は単品で頼める15時~18時に行くと良いと思います。サーモン入りやハム入りなんかもあったので味も変わると思うし…。

そんなモンサンミッシェルでした。








って、修道院!




気になります?修道院。

ではご報告いたします。

外観


そこからの景色(工事中)


内部(かくれんぼ中)


内部その2 日本人ツアーだらけ



終了。

出口を出て完全に盛り下がっている私の後ろで日本人カップルが
「やっべー!モンサンミッシェルやっべー!すごくない!?やっべーわ!」
と話していたので人の感性は様々だと思いました。

モンサンミッシェルの素晴らしさは海の中に佇む姿だと思うのですが

こんな状態でしてね。工事中のためどこから見てもクレーン車が写りこんでしまう始末。

でも私は発見しました。
夜のモンサンミッシェルが見たくて一泊したのですが、ホテルに向かう途中で見た景色。


モンサンミッシェルinとうもろこし畑。


モンサンミッシェルwithひつじ

今回は海より畑でした。

そのあとホテルの部屋でのんびりしていたら窓の外をぞろぞろと歩く影が。

さっきの羊たち。ほのぼの。

夜はホテルの前からモンサンミッシェルを眺めました。

携帯の限界につきボケボケですみません。

シンプルな明かりが、よりモンサンミッシェルの美しさを際立たせていました。
久しぶりに静かな夜を過ごしました。


おとといドイツ人と怒鳴り合いの喧嘩をしました。お陰様ですっかり毒気を取り戻したようです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪
関連記事

Comment

No title

キターo(≧∇≦)o モンサンミッシェル!!
登場しないから、行かずに次の国へ行っちゃったのかと思ってました。

羊やトウモロコシと一緒にたたずむモンサンミッシャルも悪くないですが
やっぱり海にそびえたつ姿が見たいですね。
フランス政府、どうか排砂作業を頑張ってください。

毒気を取り戻したさーさんに、私からも毒を一滴…
日本にもあのオムレツ屋さんの支店、ありますよ。
去年の夏に有楽町にオープンしたんです。
しかも日本では、ディナーコースでも4000円あればおつりが来ます。

本店はぼったくりが過ぎるのでは…。

No title

タイトルからして凄く深い内容なのかと思いきや・・・。
ランチなのに白ワインがチラチラ見えるのは気のせい?
まさか、昼間から飲んでないよね!?

本当に人の感性は様々だよね。
しゃぶしゃぶ食べに行ってさー、まだお湯が沸騰してないのにお肉全部ぶっこんで、灰汁だらけの鍋にする男とか車の運転席と助手席にTシャツ着せちゃう男とか。
感性っていろいろよね~。
まぁ何がいいたかっていうと、変な男が多いから気をつけてねってことですよ。
あれ?感性って何だ???

No title

さーさんへ

写真を見た日からモンサンミッシェルをずっと憧れていた
のですか、僕と似てますね 大阪駅構内の旅行会社のウインドに
モンサンミッシェルの電装パネル飾られていて、それを見たとき
からすごく憧れていました。

パリから日帰りツアーで行ってきました、ツアー費はたしか
12000円ぐらいだったと思います。
日本語のガイドと簡単なランチ(フランス料理)が付いてた
ような気がします。
とても懐かしいです、フランス語ガイドなら8000円
ぐらいでした、その当時はまだフランでした。

TGV 乗りてえ~よ 弟分のタリン(パリ〜ブリュセル間)
は乗りました。

フランスの地中海方面は行かれるのですか?、夏の時期は
お勧めですがもう秋でですからね。

では お元気でね。

45ユーロのおランチだなんて、シロガネーゼでもなかなかお食べにならないんじゃないでしょうか。しかもおフランスで。

バックパッカーがシロガネーゼに勝った瞬間を目撃しました。
ドイツ人には勝ったんでしょうか。
これからも頑張ってください!

>Miyuさん
ぎゃーん!毒刃がみぞおちに突き刺さってます。
知らなかったー!日本にお店が出来てたなんて(TОT)しかも本店より安い!?どうなんってるんだモンサンミッシェル(怒)

いや、でもおフランスの空気がたっぷり含まれたオムレツだと思えば、納得い…かないですね(`^´o)=3
モンサンミッシェルしかり有楽町しかり、もう行くことはないでしょう。。。

>香織
このグラスワインさ~、一番安いのなんだけど9ユーロもするの!9ユーロ!
だから合わせて54ユーロのお支払ですよ。
どうなってんの?昼から飲まなきゃやってられないよ(*´□`)

そんな灰汁だらけにされた鍋を丁寧に灰汁とりするあなたの姿が目に浮かびます。私はゴマだれがあれば何でもいいや。
ほんと人の感性っていろいろよね。
少なくともGジャンとGパンを揃えて着ている人(今日出会ったロシア人)はやめておきます。

>てるさん
TGVは高いので個人で行ってもツアーとあまり変わらない値段ですよね。
私は一泊したかったので個人で行きましたが、日本人ツアー客の多さにはびっくりしました。今まで行った観光地の中で一番多かったんじゃないかな!?
それだけ日本人の心を揺さぶる何かがあるんでしょうね~。写真だけでも、おぉ!ってなりますもんね。

フランスはこれで終了です。
元々あまり興味がなかったのですが車窓の風景を見ていたら南仏も行きたくなりました。いつかきっと。
この頃は秋だったのですが、数日前からヨーロッパは一気に冬になりました。もう観光どころじゃないですねー。

>くるんテープさん
これからはバックパックを背負ったセレブと呼んでいただけたら嬉しいです。
ただの無職ですが。

残念ながらドイツ人には完敗です。4ユーロを争う戦いに負けました。あの人達の頑固っぷりは半端なかったです。私もまだまだ青かった。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。