プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒しの国マラウィ

前回の記事ではたくさんの方にご心配おかけしてしまいすみませんでした。
そして温かいコメントをくださった方々、本当にありがとうございました。
優しいコメントを読んでいてもう何度もホロリときてしまいました。

本当は今回の記事で「元気になったよー!」という報告をしたかったのですが、なかなかそうもいかず無理にテンションあげても苦しいので今の心境のまま書こうと思います。

事件後からあの時の再現VTRが24時間頭の中で流れ続けているような感覚で、何をしていても思い出してしまって、今さらどうすることも出来ないことをグチャグチャ考えていました。
夜になればちょっとした物音でもビクッと起きてしまうし、車に乗ると勝手に心臓がバクバクしてパニックになるし、頭では「大丈夫、冷静に」って思っているのに気持ちがコントロールできなくなってしまいました。
今までは一人でいるのが大好きだったのに、初めて一人でいるのが怖くなりました。
もうアフリカいるの無理かも…って思って別の場所に行く航空券も探しました。

でもまだアフリカにいます。
まだまだ見たいものがありすぎる。
ただの意地かもしれないです。
だけど久しぶりに「旅っておもしろいな」と思わせてくれたのがアフリカなんです。
だからもう少し、ここで旅を続けます。
慎重かつ慎重に行動します。


今はまた一人になってタンザニアの隣の国、マラウィでのんびり過ごしています。

The Worm Heart of Africa

アフリカの温かい心

そう呼ばれるマラウィはその名がぴったりの国でした。

マラウィ湖を見てぼんやりしたり


村を散歩したり




屋台でごはん食べたり




子供たちと遊んだり




完全に療養生活ですが、マラウィのおかげで少しづつ気持ちが落ち着いてきました。

そんなマラウィと言えど、バスで一緒だった地元の人に部屋の前で待ち伏せされたり、クリスマスで盛り上がる欧米人にハッパ入りのケーキ食べさせられそうになったりで、あんまりボヤボヤもしてられません。
採って食われる前に正気に戻りたいと思います。


ではみなさんよいお年を!


その前にメリークリスマス☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪

Comment

おかえりなさい

またブログ始まってうれしいです。
今回のブログ、平和な感じでこちらも癒されました。
アフリカの大地がさーさんの心の傷に染み込んで、嫌な思いでも大きく包み込んでくれますように。

でもなかなかショックは癒されないと思います。
一人だと癒えるのに時間がかかると思いますし。
無理せず安全のうちに旅を楽しまれますよう!
今後も楽しみにしてます。

No title

復活ですね。
完全ではないかもしれませんが。
でもまだまだアフリカを見たい!という根性、素敵です。
帰国したら、誰かに思いっ切り甘えて下さい。
それまで慎重に、かつ大胆に。
良い旅を。

No title

ブログを再開できるようになってよかったですね。
まだまだ完全復活は遠いかもしれませんが、焦らず・・・。

実は若かりし頃、カンボジアで強盗に遭って命の危険を感じたことがありました。
私も心に傷を負いましたが、それを解決してくれたのは「時間」と「いつかきっと乗り越えられるはず、と自分を信じる覚悟」だったように思います。

くれぐれもムリしないで、ゆっくりと自分を癒してあげてくださいね。

こんにちは。
早く心が落ち着くといいですね。

マラウィでかわいい子供達との出会いがあったようで、よかったです。

アフリカの年越しはどんななのでしょう?
更新楽しみにしています。
では、良いお年を!

姉さん(>_<)

あたしゃ心配だよ〜(´Д` )
満足したら、すぐに早めに帰ってきてね!

また美味しいもの、
いっぱい食べに行きましょ〜( ´ ▽ ` )ノ

>ちはさん
ただいまです!
マラウィに来ても初めはビクビクしていたんですが、この牧歌的な雰囲気に確実に癒されてる毎日です。
こういう国がタンザニアの隣にあって本当に救われました。
でも、まだやっぱり一人でいるのは怖いですね…。
誰か一緒に旅してくれる人いないかなーと思って待ちぶせしてるんですが(笑)、なかなか見つかりません。
焦らずにゆっくり旅していきたいと思います。

>リコさん
ありがとうございます。くよくよしていても何もならないので、立ち上がります!気合い入れ直します!
旅の間はかよわさ捨てて(元々持ってないかも^^;)、たくましく生きないとまた痛い目に遭っちゃいますものね。
弱音吐くのは日本帰ってからにします。

>梅さん
“乗り越えられると自分を信じる覚悟”今の私にとって、とても胸に響く言葉でした。
今は、また同じ目に遭うじゃないかって恐怖心が先に立って、いろんなことに躊躇してしまいます。
事件の時は冷静だったのに、終わってからのダメージの方が大きくて、それをどう整理していいのか分からなくて…。でもやっぱり時が経って、少しづつ気持ちが楽になっているので、自分のペースで焦らず旅していきたいと思います。

>めがねさん

ありがとうございます。マラウィの子どもたちは可愛いんですよ。アフリカの中で断トツ可愛いです。
大人もおおらかでおちゃめな人が多くて、この国に来て良かったなと心から思います。

アフリカの年越しどんなんでしょうね!?私もドキドキです笑
レポートしますね♪

>とりこ
心配かけてすまぬー。でも姉さんまだ帰らない。
おいしいもの食べたいけど…。
あぁ、3日間だけ帰れたらなー。お雑煮食べて、鍋して、日本酒飲んで、布団で寝たい。


No title

さーさんへ

タンザニアで遭った怖い出来事がとらうまになりますよね。

マラウイはタンザニアよりは治安はよさそうですか?、僕は
アフリカの内陸国は全く行ったことがないので、すごく行き
たいです、ウガンダ、ルワンダ、南スーダン、スーダンへと
縦断したいよ。
西アフリカの日本人宿もはしごしたい。

年越しは何処の国で迎えるのですか?、

では いい年をお迎えください。
来年もよろしくね。

No title

良いお年を。
今MISIAがナミビアで歌っています@紅白歌合戦。

>てるさん

マラウィはタンザニアに比べたら100倍治安良いですねー。(私的感覚による)
人も朗らかで親切だし、のんびりしていいところです。と言ってもアフリカなんで油断できませんが…。どこも日が暮れた途端、町の雰囲気が変わるのでバスの到着が遅れたりすると焦ります。
年越しはモザンビークで迎えました。
今年もボチボチ更新していくので、どうぞお付き合いよろしくお願いします!

>リコさん
見たかったー!!どうしてナミビアなんだろう。そしてNHKお金あるわー(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。