プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月のアイスランドでオーロラは見れるのか

※この話は2012年9月の出来事です。

雪まみれのアークレイリから再びレイキャビクに戻ってきました。

実は、アークレイリの後、さらにその北にあるグリムセイ島という北極圏の島に行く予定だったんですが、早朝、港に行くバスに乗ろうとしたらが日曜で運休。途方に暮れていたら、そもそも船もこの日は運休だったことが判明し八方塞がりで諦めました。下調べって重要。
完全に行くつもりだったのでグリムセイ島からの帰りの飛行機のチケット買ってたんですけどね…追加料金払って、アークレイリ発に変更しました。

レイキャビクに戻ると
P9161459.jpg
快晴!!

アイスランドに来て、初めて青空を見ました。

そして、この空を見て思うことはひとつ。



オーロラ見れるかも!!

そう、ここアイスランドはオーロラが見れる国。
今までオーロラを見たことはありません。
人生一度でいいから見たいですよね、オーロラ。

しかもレイキャビクは世界一暖かいオーロラ観測地らしいんです。
真冬でも0度くらいにしかならないので、フィンランドやカナダのマイナス30度の世界と比べたら常夏ですね。

アイスランドでオーロラが見れるのは9月中旬頃からと言われていて、まさに私がいたのが9月中旬。ちょうどオーロラツアーが始まったばかりでした。
でもホステルの人に聞くと「まだ早すぎるよ。昨日行った人も見れなかった」とのがっかり情報。
ツアー参加費5000円(見れなかったら翌日無料で参加できる)払って見れなかったら痛いなぁと迷っていました。

でもこの青空見てたら、なんかオーロラが出るような気がして旅行会社に申し込みに行きました。すると「今日は雲が多いから催行しないかも。18時頃決めるので、またその頃に来て」と言われてしまい、再びがっかり。
やっぱり、かなり難しい状況なのね…。

18時、また旅行会社に行くと「催行決定したわ!」との返答。やったー!

そして日が暮れ出発。
途中、休憩で寄ったガソリンスタンド。
P9171603.jpg
雲なくなってー!


光が強い時は街中からオーロラが見えることもあるらしいのですが、ツアーでは街を離れ、光の少ない場所まで連れて行ってくれます。

1時間程で観測地に到着。
我先にバスを降りてオーロラを探す人達。
でもオーロラはそんなに簡単に出てくれるものではない。


10分…


20分…


30分経過



オーロラ見えず…。
寒い。

すでに半分以上の人がバスの中に戻っています。
いくら世界一寒くないオーロラ観測地と言われていても、9月夜のアイスランドは寒い。
(東京の冬と同じくらいの格好がいいと思います)
観測時間は約2時間。最初は「見れるかも!」ってドキドキしていたのに、だんだん「見れないかも…」と諦めモードに変化。
ただ、星空はおそろしいほど美しくて、あっちもこっちも流れ星。
願いごと考えるのが追いつかないほど流れ星がヒュンヒュン落ちていきます。


今日は星空観測会で終わるかも…


弱気になっていたその時です。




「ほら、あれ」と指さしている人がいます。


「ん?あれ??」


その指の先には白い雲がモヤモヤと出ています。
でもそれはとても小さくて、すぐに消えてしまいそうな雲のように見えました。



「オーロラだ!」
誰かが叫びます。


再び我先にバスを降りてくる人々。
みんな「オーロラだ!」「オーロラだ!」と口走りながら、一点を見つめています。

ぼんやりうっすらと見えるオーロラ。
P9171616.jpg

オーロラって、肉眼で見ると白い雲のようなんですが、写真だとこんな風に緑色に見えるんですね。
だから写真を撮って、画面で見た時に初めて「うわ!オーロラだ!!」って実感しました。

小さくぼんやりしていたオーロラは、形を次々に変えながらどんどん広がっていきました。
P9171645.jpg

P9171638.jpg

P9171654.jpg

最後には虹をかけたように空一面に広がったオーロラ。

ただただ感動。
アイスランドに来て良かった。


写真はミラーレス、三脚なしで撮ったのでこれが限界でした。ブレブレですみません。
元々オーロラの写真なんて無理だろうと思ってたのですが、フィンランドで会った友人の旦那さんがカメラに詳しくて設定方法を教えてもらい、ここまで撮れるようになりました。感謝!

P9171650.jpg
一生に一度は見たいと思っていたオーロラを見れて本当に幸せ。


実は…一生に一度と言いながら、あまりに嬉しくて、翌日もう1回ツアーに参加してしまったんです。
その時の写真↓
P9191939.jpg
前日よりかなり光が弱かったんですが、今回は赤色が混じったオーロラでした。

2012年はオーロラの当たり年らしいんですが、こんなシーズンの初めに2回行って2回とも見れたのはアイスランドがすごいんだと思います。
よくフィンランドやイエローナイフで極寒の中、1週間観測しても見れなかったーって話を聞くので、そんな方はアイスランドへ是非!かなりの確率で見れると思いますよ!!


今頃、5㎏増し。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪

関連記事

Comment

No title

すごー!!オーロラ見れたんですね!
しかも写真もばっちり撮れてるなんてすごいな。

友人が去年(2012年)アラスカまで見に行ってましたけど
見れなかったって言ってましたから
当たり年とはいっても、最終的には運だと思います。

流れ星もたくさん見れたみたいだし
天体ショー満喫できてよかったですね!

No title

2回行って2回とも見れちゃうなんてめちゃくちゃ運いいですね!
オーロラ、いつか絶対に見てみたいです!
でも、「いつか」て自分で踏み出さない限りやってこないんですよね・・・

それにしても、アイスランドてすごーく寒そうなイメージですが(名前的にも)
真冬でも0度程度にしかならないなんてビックリ!
しかもそんなところでオーローラが見れちゃうなんて、素敵♪

No title

すごーい!僕も一生に一度は見たーい!
でも寒いの嫌ーい!羨ましいです!

はじめまして

北欧でオーロラを見ようと計画中です
ご参考にさせてください

更新楽しみにしています

No title

すごいですね!
二日連続で見るなんてスゴイ!
オーロラだぁ♪

カメラの設定をオーロラ仕様?にしてあったのも
見ることが決まっていたから、ですな。

一度でいいから、見てみたいな~。
一度ならず二度も見ちゃって、やっぱりスゴイ。

この強運よ、いつまでも!




>Miyuさん
はいー、あんまり運ないので無理かと思ったんですがしっかり見れちゃいました!ラッキー☆
真冬だと天候悪くなりやすいので、逆に良かったのかもしれません。
でもいつかもっと空全体に揺らめくオーロラを見てみたいなぁ。
その時はちゃんと三脚持っていきます!

>SUNさん
私もずっと見たい見たい言ってるだけでしたからねー。行きたくても極地でしか見れないから難しいですよね。
でも アイスランドは穴場かもしれません。
よくアイスランドとグリーンランドは名前を逆にした方がいいって言われるんですが、本当にその通りかも。あんまりアイスじゃないです。一番似合う名前はボルケーノランドかな(´∀`*)

>くるんテープさん
オーロラって憧れますよねー。
私は寒いの大好きなのでずっと外で耐えてました!やる気満々!笑

>TOMさん
はじめまして!
北欧でオーロラ、冬の醍醐味ですね!
寒い中見ると感激もひとしおですよね。
よい旅になりますように(-´∀`-)

>LUCYさん
へへへ。見ちゃいました~。
アークレイリで不運使い果たしたのかな。
チベット行った時、周りが星空の写真撮ってるのを横目で「いいなぁ…」と見てたんですが、ちゃんと設定すればいけるもんですね。無知って怖い。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。