プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北極へ

※この話は2012年9月の出来事です。

アイスランド・レイキャビク空港。
小型飛行機に乗り込み、搭乗口のドアが閉められるとキャビンアテンダントが言った。



「私の名前はキャサリン。今からパーティーを始めるわよ!!」


P9202510.jpg

P9202507.jpg
乗客は3人だけ。

そんなアイスランドジョークがグリーンランドへ向かう第一歩だった。


グリーンランド。世界最大の島。これを島を呼ぶのか、地図で見る限りひとつの大陸にしか見えない。
アイスランド以上に情報がなく“グリーンランド”で検索すると熊本にある“三井グリーンランド”の情報ばかり出てくる。

それどこよ。
※この前、熊本在住の旅人に話したらバカうけでした。三井グリーンランドかなりすごいらしいです。黒字経営らしいです。

でも情報がないところほどおもしろい。
誰も行っていないからおもしろい。

というのは半分本心、半分強がり。本当はかなり緊張している。

だけどお腹は減る。
P9202515.jpg
機内食。
ちなみに航空券は片道約45000円。泣ける。

アイスランドを出た後、しばらく海と空の上を飛んでいたがその海の上にポツンポツンと氷の塊が見え始めた。
そしてどんどんその数が多くなり、凍った大地が見えたそれこそがグリーンランドだった。
P9202537.jpg

内陸に入ると、そこはもう雪しか見えなかった。雪か雲か見分けがつかないくらい真っ白い世界だった。
P9202554.jpg

今回、1つめの目的地はグリーンランドの西にあるイルリサットという町。北極圏にある。
アイスランドから行くのに一番安い(それでも45000円)という理由で決めた。


北極圏ではないアイスランドの北部でさえ、もう雪が積もっていたのでどれだけ寒いのかと覚悟をしていたが、イルリサットに着いてみると雪はおろか、気温もアイスランドより温かいと感じるくらいだった。

イルリサット空港
P9202619.jpg

そしてここから闘いが始まるのである。

そう物価高との闘い

ロシア→フィンランド→アイスランドと物価高の国を旅してきたけれど、さらにそれを上回る物価。
旅人泣かせ。

まずは町までタクシー。
他に交通手段はない。
確か15分くらいの距離で3000円位だった。

途中、町に1つだけあるATMに寄ってもらいお金をおろす。
P9212724.jpg
グリーンランドはデンマーク領(ただし独自の自治権が与えられている)なので通貨はデンマーク・クローネ。クレジットカード社会なのでお店ではカードで決済できるところも多い。

そして町に1つだけある安宿・ユースホステル。
P9202634.jpg
ドミトリーのお値段1泊約6000円。

全然、安宿じゃなーい。

お次はスーパー。
町の規模は小さいのに、大きめのスーパーが2軒あって、最新の家電製品も売られている。
グリーンランドって何もないイメージだったけど、実はなんでもある!キッコーマンのテリヤキソースもあるしSUSHIライスも売ってる!
P9212726.jpg

P9212725.jpg
寿司屋もある模様。

でも外食は高すぎるので自炊。自炊!
P9212821.jpg
自炊…です。
世界のNISSIN!

P9212822.jpg
高くてもこれは買う。

つまみはグリーンランド産のキャビア!
P9212835.jpg
300円。なぜか激安。そして旨い。

グリーンランドまでの航空券を買った時点でお金のことを気にしたら楽しめないからバカになろうと決めたのに、1つ1つの値段に「ひょえー」といちいち古いリアクションしていまうくらい高い。そして買えない。

だから町をとぼとぼ歩く。やることないから歩く。
イルリサットはとっても可愛い町並みなので、ちょっと気分が晴れる。
P9233778.jpg
氷河と深い山に囲まれて、こんなカラフルな町が北極にあったなんて。

P9223468.jpg

P9233834.jpg

P9233848.jpg

P9245060.jpg
造りは簡素な木造住宅なんだけど、色が鮮やかだとそれだけで華やかに見える。
仮設住宅も色があったら、気分が違うのかななんて思った。

郵便局。
P9212840.jpg

氷河の見える教会。
P9212774.jpg

救急車は蛍光色。
P9212783.jpg

グリーンランドは町と町を結ぶ道路が存在しない。ヘリコプターか飛行機で移動するしかないからこそ、ひとつの町で完結できるように、すべてのものが揃っているのかもしれない。

そんな中、グリーンランドに来て一番驚いたこと。

それは“人”
飛行機に一緒に乗っていた夫婦を初めて見た時、アジアから旅しに来た人なのかな?と不思議だった。ここに来るまで、透けるような金髪と白い肌の人ばっかりだったから、私は完全に異人だった。でもイルリサットに着くと、そこは日本人顔ばっかり。

「は?日本人の団体客でも来てるの?」と思ったら、彼らこそ原住民のイヌイット(エスキモー)だった。イヌイットのルーツはモンゴリアンなので、本当に日本人とよく似ている。私が町を歩いていても違和感がない。今はデンマーク人の入植が進んで混血の人も増えているけど、ここは間違いなくグリーンランドでイヌイットの人達の町だった。

港で会った漁師さん。
P9212657 (1)
これ青森で撮りましたって言っても分からなくない?

彼はグリーンランド語で話すので話は通じない。
それでも似た顔を持つ者同士、なんだか通じ合えるものがある気がした。
この港で、一緒の飛行機だった夫婦にも偶然再会し抱き合って喜んだ。

これが北極の町、イルリサット。
ここで声が出ない程の美しい光景を見て、声が出ない程の恐怖体験をすることになる。
それはまた次回に。


また数日間、船旅に出ます。東北まで続くこの海に思いをのせて。合掌。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


関連記事

Comment

No title

お帰りなさーい(^O^)/
今はどちらですかぁ??
南極話、めっちゃ楽しみです♪
その前に北極ですよね♪♪♪
グリーンランド、ドミ高!そしてキャビア安!!
物価おかしいですね・・・笑

質問があります。
以前アフリカの記事で、1人でタクシーに乗るときはGPSで自分の位置を確認してると言ってましたが、宿などのwifiが飛んでないとこでもGPSで確認てできるんですか?
電子機器に疎くて・・・
あと、アフリカでの移動はどうしてましたか?
さーさんは、基本1人行動のような気がするんですが、タクシーやバスに1人で乗るの恐くなかったですか?(恐いですよね。もちろん。)
最近、いろんな人のブログを見ていたら最初の頃のただ行きたい!ていう気持ちから少し変わってきてしまって・・・
みなさんそういう恐怖を乗り越えて旅してるのは分かってるんですが(^_^;)
勇気がでたら、わたしも1年後くらいには旅立ちたいなーと思ってます。
・・・38歳目前だ(^_^;)
そのころ、さーさんは日本に戻ってきてますかね?(^-^)


No title

わぁ~日本ぽいお顔立ち!
人の好いおいさんオーラ(・∀・)

6000円のドミトリー、どんなお部屋か見てみたい!

北極も南極も制覇したから、世界一周というより地球一周な感じですね(^ー^)

船旅、満喫してきてくださいな♪

No title

さーさんへ

 グリーンランド(デンマーク領)ですか、緑の島?、どこが
みどり なの 雪と氷の 白い島でしょう。

4年ぐらい前だったかな 友人が P Bでアイスランドとグリ
ーンランドヘ行ってきた話をしてくれました。
印象に残ってることは、物価が高いのと町と町を結ぶ道路
がないことでした。

キャビアが安いですね、10年ぐらい前にスエーデンの
ストックホルムからフィンランドのヘルシンキへ豪華客船
移動したときにバイキング形式のディナー(約3000円)で
キャビアが食べ放題でした、ロシアとか東欧、北欧では
キャビアは安いのかな?。

では いい旅を続けてくださいね。

No title

ついに北極ですかー!
確かに人が・・・日本人っぽい。
モンゴロイドの血がこんなところまでつながってるって不思議。
言葉がわからなくても親近感わきますね。

物価高とはいってもこの頃は円高だったから
まだよかったですね。
今だったら大変だったかも。

北極&南極レポート続きを楽しみにしてます!

No title

Hola!ブログが更新されるのをいつも楽しみに待っています。

グリーンランド、いいところですよねえ。
私はレイキャビクから東岸のクルスクとアンマサリクに行きました。
同じくカラフルな木造住宅がかわいらしい町でした。住む人がみんなアジア顔ってだけですごく和んだのを覚えています。あとはあちこちで生まれたばかりのエスキモー犬の子犬がころころしてて、かわいかった!

アイスランドは、わたしもヨーロッパの最も好きな国のひとつです。
あそこなら住めます。

南極のお話も楽しみ。
南米は楽しすぎて、さーさんが当分戻ってこないんじゃないかと心配です。 Buen viaje!

>SUNさん
ただいまです!
今は南極の思い出を引きずりつつ、チリを北上中です~。

GPSですがオフラインでも使えますよー。Googleマップも事前に行く場所を読み込んでおけば使えます。(よくiphoneの人になんで使えるのってびっくりされるのでアンドロイド系だけなのかも!?でもiphoneでマップ&GPS使ってる人に会ったことあるので何かアプリがあるのかもしれません)
ただ前も書いたように、全くGPSが反応してくれない時もあるので、直前にWI-FI繋がるところでGPS拾ってから移動したり(一回拾えばしばらく感知してくれるので)、タンザニアで強盗に遭った後は国境越えたらすぐにSIMカードを買って常にネットが使えるようにしていました。
元々海外でタクシー乗るのはなるべく避けたいと思っていて、他に交通手段がない時くらいしか利用していないんです。一対一の空間より、周りに誰かいてくれた方が私としては安心なのですが、ブラジルで会った一人旅の女の子はバスに乗るのが怖いと市内は全てタクシー移動していたので、考え方は人それぞれですね。
でも“恐怖心を持つこと”ってすごく大切だと思います。だからこそ慎重になって、身を守れるんじゃないかと。
だから怖いと思ったら、その場所は避ければいいし、トレッキングはしなければいいんです。←私の言い訳(笑)

もし38歳まで旅していたら宝くじが当たったと思ってください(*>ω<*)

>na-さん
グリーンランド人ってシャイな人が多いんですが、このおいさんは「俺の写真撮れ!」ってノリノリで、でも撮り始めたら恥ずかしがってカメラ見てくれないっていう、かわいい人でした。
どこの国でも海の男はいいですねー(*´З`)

部屋の写真、今度載せますね!

>てるさん
本当に、全くグリーンランドじゃないですよね。
私もお友達と同じ印象です。
物価高っ!って、しばらくスーパーで呆然としてしまいました笑
そんな中、くまなくチェックして見つけたのが、あのキャビアなんです。
キャビアもピンきりなんでしょうけど、今まで食べた中で一番おいしかったです☆ロシアは同じサイズで一万円近くしますから、手が出なかったです。
スウェーデン→フィンランドの船、私も乗ったことありますが、キャビアの食べ放題なんてあったかな!?見逃したかも…涙

>Miyuさん
北行ったり南行ったり、落ち着きないですよね(*/ェ\*)元々は全然ルートに入ってなかったんですけど、行きたくなっちゃったんですよね。。。でも、想像していなかった町と人の雰囲気を見て、行って良かったと思いました。
確かに円高のうちにヨーロッパ行っておいて助かりました。100円と125円じゃ違い過ぎますよね。旅人には優しくない円安…。

>バルセロナ巳年女さん
いつも読んでいただいてありがとうございます!
グリーンランドの東側もあんな可愛い町並みが広がっているんですね(*´∇`*)北欧ともまた違った雰囲気で、こんな北国にどうしてこのカラフルな文化が生まれたのか不思議になります。
子犬が走り回ってる景色も似合いそう!

アイスランド好き、分かっていただけて嬉しいです♪落ち着いた雰囲気で、居心地いいですよね。

南米はアフリカがハードだった分、気が抜けちゃって笑
毎日が休養です(^-^;)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。