プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鏡張りの北極

※この話は2012年9月の出来事です。

お金のかからない遊びをした後はお金のかかる遊びです。
イルリサットの北部にエキ氷河という場所があり、そこまで船で行くツアーがあるのですが、そのお値段

33000円

日帰りですよ。
た、高いいいいいい。

近場の氷山を見に行くツアーだったら5000円位だし、ただでさえ飛行機代や宿代でお金が飛んでいるのに33000円て。殺生な。
結局、悩んで悩んで“やめよう!”と決めたのですが…土壇場になって“いてまえ!”と往年の近鉄バッファローズのような勢いで参加することにしてしまいました。


また旅の寿命が縮んだ…。


そんな33000円もかけて行くエキ氷河とはこんな場所にあります。
P9245065.jpg
下がイルリサット。フィヨルドを抜けて右上のエキ氷河まで片道5時間の航路。


当日、思ったより小さい、定員15名程の船で出発。
P9234074.jpg
天気は良好!

海に漂う巨大氷山の横を通り抜けていく。
P9244975.jpg

そんな中で漁を行う海の男。
P9245025.jpg
かっこえー。

ブルーもしくはホワイト。
P9234244.jpg
素敵な色。

流氷が海面を覆い始め、その中をバリバリと突き進む砕氷船。
P9234178.jpg

その奥に見えたのは…。
P9234163.jpg
巨大な壁、エキ氷河!!

何十万年もかけてひとつの山となり、目の前に立ちはだかる氷河。
優美だけど、人間を寄せ付けない迫力。

船からひたすら氷河を眺める。
それしかやることはない。
P9244520.jpg
でも限りなく贅沢な時間。

そして、時々大砲が鳴ったようにドーンッと激しい音が響き、氷山が崩落する。
P9234334.jpg

P9234353.jpg
こんな一部しか崩れていないのに、地球が割れたんじゃないかと思うような轟音。
他には何の音もない、無音の世界。

そして氷河を見ながら食べる昼食。
P9234207.jpg

P9234385.jpg
グリーンランドで初めて食べるまともな食事…。パンがおいしかったー。

こうして三時間程、氷河の前で過ごし帰路へ。
それからの風景が圧巻だった。

風ひとつ、波ひとつなく、船の周りには360°鏡張りの世界が広がっていた。
P9244634.jpg

P9244659.jpg

P9244586.jpg

P9244670.jpg

P9244702.jpg

音楽ホールのように大きな氷山も、遠くに見えている島も、すべて宙に浮かんでいて、時間が止まっているようだった。
自分がどこにいるのか分からなくなった。


地球って美しい。


世界の果てでは、何十万年もこんな景色が 広がっていたんだ。
私が生まれた時も、私が死ぬ時も変わらない景色がこの世にあると知って、なぜかホッとした。
私が生きている時間はなんて僅かなんだろう。

なんだか、この景色を見ていたら、涙がポロポロ流れてきてしまって、そして心から「旅に出て良かった」と思ったんだ。
東京で、毎日満員電車に揺られて、携帯いじりながら見ている世界では感じることのできない胸の奮えだった。

もうここに二度と来れないかもしれないけど、二度来る必要はないのかもしれない。
東京に戻って、満員電車に揺られながらこの日の海を思い出せれば、それで充分だと思った。
P9244888.jpg


次回、北極編最終回!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪

関連記事

Comment

No title

しばらく見ないうちに、どんどん記事がアップされてる・・。

三井グリーンランド、僕が大好きだった「西部警察」のロケに使われてました。何年前になるかな?ちょうど今CSでやってるとこなんですよ。あの映像見る限り「もう倒産してるな」と思ったんですが・・三井グリーンランドさん、ごめんなさい。
そんなことはともかく、高いだけの価値はありましたね。間近で見る氷山は迫力あったでしょ?いい旅してますなぁ。犬好きとしても興味津々です。

そうそう、先日「カンタ!ティモール」見に行ってきました。いい映画でしたよ。知らなかった史実もあったし。ただ上映会を主催した団体が胡散臭かったけど。

(^O^☆♪

私もようやっとアルゼンチン、カラファテまでやってきました!しばらく移動ばっかしててみれなかったのでまとめてブログ読ませて頂きました\(^o^)/オーロラ、氷河!!んあー、行きたい!高いけど!!笑。なんだかすごい共感しちゃいました。世界には素晴らしいものがいっぱいいっぱいある。生きてる事を楽しみたい。また更新楽しみにお待ちしてます♡

まさに今、電車の中で携帯をいじって、このブログ読んでましたー!対極!!
写真でこんなに素敵なら、実物はすごいのでしょうね!
いいな、いいなー!!!

私も少し長めの旅をしたいなーと考える今日この頃です。
日本だと、仕事やめないと行けませんけどね…ふふふ

No title

わー!素晴らしいですねえ。
さーさんの写真で泣けちゃいましたよ。
私は近場の氷山巡りツアーに行きましたが、ここまですごい眺めではありませんでした。

ここにいる間にもう一度グリーンランドに行かねば。
そして今度は西側を攻めようと思います。

No title

うわあああ!素敵!!
実物の迫力はハンパないんでしょうねぇぇ!

最近僕も死ぬまでには絶対に南極に行きたい!って思ってるんですが(温泉もあるらしいし!)、寒いのが本当に苦手。

北極や南極って超厚着して行ってると思うんですけど、
その装備で北極南極にいるのと、真冬のビル風が吹く東京で
コートを忘れてトレーナー一枚でコンビニに行くのとではどちらが寒いですか??

No title

素敵ですね!
特に後半の鏡張りの写真にほれぼれします♪
空の青と海の青は同じものなんだなーって
写真を見ていて、そう思っちゃいました(笑)

いいなー、北極いいなー。
いつか私も行ってみたいなー。
33000円て・・・ふつーに働いてても痛い値段ですね。
悩んだもの分かります。

あ、ちなみに東京は今週末桜が満開ですよ(*^-^*)

No title

旅先で景色を見て涙するほど感動できるというのは、お金には代えられない貴重なものですよね。
他の旅人ブロガーさんたちとは少し違うさーさんの旅、大好きです!
続きも楽しみにしています❤

>リコさん
まさかの三井グリーンランドネタ!
しかも西部警察!笑
熊本でロケなんてお金かかってる~。
三井グリーンランドがナニモノなのか、いまいち分かってないんですが、いつか機会があれば行ってみようと思います。本物のグリーンランドにはもう行けなそうなので(○´∀`)

本物の氷山はそりゃもうすごい迫力でした。それ以上に海中の氷山の大きさときたら、これまたびっくりです。氷山の一角と言われる意味がよく分かりました。

カンタ!ティモール、DVD化してほしいなぁ。

>makiさん
実はどこかでお会いできるんじゃないかと楽しみしているんですが、ちょっと私の方が先に行ってるみたいですね。でもかなりのんびり移動しているので、いつか先越されるかも(^-^;
パタゴニアの景色もいいですよねー。
そしてこれから美味しい海鮮が待ち受けていますね!

>めがねさん
ふふふ。そうですねー。満員電車から解放されるのも悪くないですよ(●´艸`)
私の前の職場は羽田空港のすぐ近くだったので、車内はスーツケースやバックパックを持った人がたくさんいて、くー!うらやましー!って思いながら見ていました。
でも今度日本に帰った時は暖かい目で見てあげられそうです笑

>バルセロナ巳年女さん
私もこの日のこと思い出すと未だに泣けるんですよね。自分が想像していた以上の地球の美しさを見たというか、こんな場所が存在してて本当に嬉しかったんです。
ヨーロッパからなら、またチャンスありますね!夏は氷河の近くで泊まれる(ただしバカ高い)らしいので、それも是非!

>くるんテープさん
私が思うに、真冬の早朝の東京でランニングと短パンでコンビニ出掛ける方が寒いです笑
ただ南極で雨風ひどい中でクルーズした時はあまりの寒さに心がポッキリ折れました。目の前に南極大陸があっても「早く帰りたい、早く帰りたい」ってうわ言のように言ってましたから。
あと残念なお知らせですが、今は南極に温泉ないんですよ。2年前?から南極を掘るのが禁止になったそうで、現在はどのクルーズも行っていないはずです。
その代わりに南極で泳げます!いかがです?Ψ( ̄w ̄)Ψ

>Miyuさん
桜!これぞニッポンですね。
お花見したいなぁ。日本酒飲みたいなぁ。←目的はこっち。

1日ツアーで33000円なんて過去最高額です。今後も更新しないんじゃないかな。
お天気が良くて本当によかったです。これが曇りで風吹いてたら「金返せー!」って暴れていたかと(。-∀-)

>ハナさん
長く旅をしていると感動する感覚が薄れると言うけれど、それを飛び越える景色はまたまだ地球上にあるんですね。世界は広いなとつくづく感じます。
グリーンランドだけでアジア2ヶ月分の旅費使いましたが、今となっては悔いなしです!

No title

わー。生で見たい。
写真だけでも、泣ける。
地球ってほんと、美しい。
ほんとに美しい。
素敵な旅ですね(#^.^#)

はー。お金ためよう!!(笑)

No title

すてき~ 自分の人生でこんな美しいもの、静寂の中の轟音を体験できる人なんて何パーセントでしょう。
これは3万円かけて買う価値があったですね!
どんな音がするんだろう。っきゅきゅきゅ~??
あぁ、うらやましいなぁ~
今後このときのことを思い出せばそれで十分だ。   の言葉にじーんと来ました。

33000円、、、
た、たかい~(/_;)/~~
日本で働いていても悩む金額(+_+)
でも、値段以上に価値のある景色ですね(^-^)
写真の美しさとさーさんの言葉に、日本にいながらもなんともいえない気持ちになってしまいました(^-^)
写真ではなく、無音の世界で実際にこんな景色を見たらどんな気持ちになるんだろぅー。
お金には変えられない経験、羨ましいです(^-^)
北極の氷河も素晴らしすぎますが、南極との対比、とっても気になります♪
ところで、携帯からのポチもちゃんとカウントされるのかな?

No title

いいな、いいな。

私も涙溢れるような景色に出会いたい。

この思い出は一生の宝物ですね!

参考にさせていただきます

北極行かれるかたっていないので
参考にさせていただきます

お値段お高いですけど行く価値ありですね~
更新楽しみにしています^^

初めまして!

さーさん

初めまして。
素敵な旅の記憶ですね。
なんだか星野道夫の言葉を想い出しました。
「ぼくたちが毎日を生きている同じ瞬間、もうひとつの時間が、確実に、ゆったりと流れている。日々の暮らしの中で、心の片隅にそのことを意識できるかどうか、それは、天と地の差ほど大きい。」


実は、あなたのブログに惹かれて、テンプレートも参考にしてブログを始めた者です。
僕も今年、旅に出ます。
あなたのような、感性溢れる、それでいて、笑いの溢れる旅にしたい。
これからも、ずっと応援しています。

>nobuさん
この時の景色は本気で“地球”を見たという感じがしました。
これが私達の住む星で、何億年もかけて変わってきたんだって。目の前に広がっている世界を見たら、それがすっと心に入ってきて、良い意味で私の人生なんてちっぽけだなって思いました。
やっぱり旅っていいですね。やめられない笑

>yuzukkoさん
氷山が崩れ落ちる時の音は『ゴゴゴゴグワゴゴドグワシャーン』って感じです笑
地鳴りのような低音から始まって、時々バキバキと氷が割れる音も響いてすごい迫力でした。
豪華ホテルに3万円は払えないけど、氷河になら払えてしまうところが悲しい性でして(>_<)
でも、死ぬまでこの日のことは忘れないと思います。

>sunさん
高いでしょ。ほんと、高かったんです泣 グリーンランドやってくれますわ。
だけど、地球にはまだハッとするような景色がたくさん残っているんですね。世界のあちこちがメディアで紹介されて、なんかどこもかしかも出尽くしたような気分になってしまう時もあるんですが、やっぱりその場に立って空気や音や匂いを感じると世界の広さを感じます。南極も然り…更新遅れててすみません(-_-;)
携帯からのポチッもカウントされているといいんですけど、どうなんだろう?でも押していただいているだけで嬉しいです。本当に励みになります!

>ナナさん
はい、一生忘れない景色になりました。
今、思い出しても涙でてきちゃうんですよね。泣きながらこのブログ書いたのはここだけの話しです(*´艸`*)

>トムさん
ありがとうございます!
確かに南極は結構行く人いるんですが、グリーンランドは未だ行ったことある人に会ったことないんですよねぇ。
北極圏の街はフィンランドやアラスカなど他にもあるから散らばっちゃうのかな。
トムさんも時期が合えば是非に!真冬のグリーンランドとか見てみたいです(^^)

>つじおさん
はじめまして!
私も星野道夫さんの言葉には感銘を受けました。都会で日々の暮らしに追われている中で、どこか遠くではヒグマが歩いている、海には鯨が泳いでる。それを感じられるのってとても素敵なことですよね。
うろ覚えですが「この世には2種類の大切な自然があって1つは毎日の暮らしの中で見る身近な自然。もう1つはどこか遠くに存在して、そこにあるだけで豊かな気持ちなれる悠久の自然。」と書かれていたのも印象的でした。
今回の北極の海は、まさにその遠くにある大自然そのものでした。

こんな95%ふざけたブログですが、少しでも何かが届いているならとても嬉しいです。つじおさんの言葉に照れつつ、ここのところぐうたらしっぱなしだったので背筋シャキッとしました。
つじおさんの伝えたいこと、楽しみに待っていますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>あつし the 海さん
コメントありがとうございます!
こんなこと言うのはあれですが、私もあつしさんの気持ちよく分かります( ̄ー ̄)
あまり南国も海も出てこないブログなのに喜んでいただけて嬉しいです。
しばらく寒ーい南極の記事が続くんで、流し見してくださいね笑
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。