プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうひとつの船-天と地と-

南極の話が一区切りついたところで、珍しくリアルタイムの話。
ブログではこれからウシュアイアを出発し、南米大陸を北へ北へと向かう旅が始まるところですが、あれから3ヶ月経った今、その旅も終わりが近づいています。

現在地、ガイアナ。

どこだそれ。

ギアナ三国のひとつです。

どこだそれ。

そんな南米大陸とも、もうすぐお別れ。次はカリブの島を少し回って、中米に入ろうと思います。

その後、カテイノジジョウってやつで日本に一度帰らなければいけません。夏頃に。
でも、用事が済んだらまた旅に出ます。うん、懲りないね。
地球一周通り越します。どこに向かうかは未定だけど、まだ行っていない場所、行きたい場所がたくさんあるので、そこに行って気が済んだら私の旅は終了。でも、そんなに期間は長くないはず。
なぜなら、もう予算が尽きているからです。

はは。

来年の桜は日本でみたいな…と思ってます。



って、あと1年近くあるやーーーん!!!

でも、1年なんてあっという間です。楽しすぎてあっという間。私の中ではもうカウントダウン入ってます。就職どうしようかな…とか。ネットで求人情報見ては“この職種、給料高っ!”とか“丸の内勤務って素敵な響き☆”とか考えてます。永久就職(古っ!)の望みが18%まで落ち込んだ今、一人で生きていく術を見つけなくてはなりませんもの。
大丈夫、一人は慣れてますから。一人でガイアナ来てるくらいですから。

でも、老後資金に手つけちゃったんだよな…ちっ。
あ、これ以上この話を続けると日本帰る希望を失ってしまいそうなので蓋しておきます。

まずはカリブで豪遊!老後資金で豪遊!!


さ、話を戻して南極後の旅です。随分リアルタイムとかけ離れてしまったので、よほど楽しかったこと、または脳みそに突き刺さるくらい印象深かったことだけ書き残していこうと思います。

3月7日。南極からウシュアイアの町に戻り、楽しい日々を送った仲間達とも解散。みんな、それぞれの旅に出ました。
私はバスを乗り継ぎ、プエルトナタレスへ。
ここら辺はパタゴニア地方と呼ばれ、山好き、トレッキング好きにはたまらない場所です。モレノ氷河、フィッツロイ、パイネ、アウストラル街道、魅力的な観光地がたくさんあります。

全部行かないけどね。

そう、私がパタゴニアでやりたかったこと。それはただひとつ。

“船に乗る”

散々南極で船乗ったのに、またですか!

でも、パタゴニアの地図見てたら、乗りたくなっちゃったんですよねー。
もし地図持ってたら見て欲しいんですけど、プエルトナタレスからプエルトモントという町まで、それはもう細かく、細かーく入江が入り組んでましてね。小さな島がぶわっと点在してるんです。
そのフィヨルドをくぐり抜け、奥の奥まで、船が入っていくんです。その奥には氷河もあるんですって!
これはロマンです。女のロマン!

ということで、この航路を運行しているNavimagという船会社に申し込み。(ネットでOK)
週1便のみの運行、そのお値段…

3泊4日 320ドル
※もちろん一番安い部屋

こんなことしてるから老後資金がなくなるんですね。

ま、いっか。

とりあえず、プエルトナタレスでアウストラルビールを飲んで準備万端!



出発は火曜のAM4時頃(多分)だったのですが、チェックイン&乗船は月曜の夜に行われました。
結構大きな船。南極船の3倍くらい。


バックパッカー系の乗客もたくさん。中国人はいない。(多分)


部屋に向かう…えっと私の部屋…
P3110501.jpg
ふんふん、ここね…ここ…

はい、まさかの廊下!!
P3110499.jpg
な、なんというオープンな環境。隣はトイレ。
つい、この間までワインクーラー付きの部屋で暮らしていたんですけど、私。

屋上には巨大チェス。
P3120543.jpg
遊んでいる人はもちろんいない。

さて、出港した船は細い細いフィヨルドをゆっくり進んでいく。
P3120516.jpg

景色はなにも変わらない。
確かこの写真は1日目の早朝に絶景を通るとオリエンテーションで言われ、早起きして撮ったものです。その後“今日は絶景が見れます!”と言われても一切信じることはありませんでした。

こんな感じで、延々と同じ風景が続きます。ノルウェーのフィヨルドは次々に美しい景色が現れて退屈しなかったんだけどな…。

だから廊下という名の部屋でひたすらアメトーークを見る日々を送る。多分30本くらい見ました。そのくらい暇。

その他、暇すぎてやったこと↓

水兵さんに教わる“海の男流ロープの縛り方講座”。

こんな結び方や


ほら、簡単に椅子も持ち上げられちゃう!

自分がどんな方向に進みたいのか分からなくなってきました。

さて、お楽しみの食事はというと
食堂

ロープ講座と同じ場所。

とある日の昼食。

給食ですか?
ついこの間までフルコース食べてたんです、私。

たまたま南極船で一緒だったアメリカ人のおじさんもこの船に乗っていたんですが、毎回、二人でおぼん持って長い行列に並びながら苦笑していました。「僕達はずいぶん違う世界にきてしまったね」って。

「天と地と」で小室哲哉の声が流れたとたん「あんん!?」って肩透かしくらった気分になるのと同じです。壮大なテーマ曲と裏腹な小室哲哉の声。船もいろいろです。

でも、もちろん乗って良かったこともありました。
まずは氷河。
本当にフィヨルドの奥の奥にあるんです。何もなかった海に少しづつ浮かぶ氷河が増え、そこをさらに進んでいくと
P3120560.jpg
たちはだかる氷の壁。
そして
P3120588.jpg
完全なるシンメトリーの世界。
これには南極で氷河を見飽きるくらい見てきた私も圧倒されました。

しかし、あまりに綺麗な世界にうっとりしていたこの時、ひとつの事件が起きていたことに私は全く気づいていないのでした。

氷河を見終わって部屋(という名の廊下)に戻ると、ルームメート(という名のの廊下メート)が言いました。

「イルカすごかったねー!!」

はい?なんのことでしょう?

「え?イルカ見なかったの?」

はい、見ておりません。

そして動画を見せられる私。
そこには楽しそうにピョンピョン跳ねながら及ぶイルカの群れ…。

見てない…。


実はですね、船大好き、島大好きを公言している私ですが、なぜか一度も野生のイルカを見たことがないのです。
何度も見るチャンスはあったはずなんです。周りの人はイルカ見ていて「はぁ?なんで気付かなかったの?」って言われたこと、今回だけじゃないんです。シロナガスクジラは見れたというのにイルカは見れないんです。
なーぜー。


そして時は経ち、船に乗って3日目のこと。

ついにこの日が訪れました。

「右デッキ方面にイルカが出ています!!」

ビーチフラッグ大会で優勝できる勢いで部屋(扉がないからイルカダッシュにはもってこい)を飛び出す。
そして目の前に現れたのは



イ ル カ

人生初、野生のイルカ!!!
城みちるはあなたに乗ってやってきたのね。

苦節36年。あなたに会いたかった。


今までミンククジラを見ては「イルカにそっくりだなー。てかイルカじゃないの」って思ってたのですが、イルカを見たらあれがクジラだったって分かりました。疑っててごめんなさい。

何が違うってイルカのジャンプ力!



クルクル回転しながら、遊ぶように跳ねていて可愛いったらありゃしない。
そりゃ水族館で単独ショー開催されてエース扱いになりますわ。納得。


もうイルカ見れただけで、この船に乗って良かった。本当に。心から満足しました。

こうして4日目の朝、無事プエルトモントに到着。

静かな朝焼け。


朝日が昇る。


パタゴニアといえば内陸部ばかりクローズアップされますが、海から眺めるのもいいもんです!


カリブって何持っていけばいいんですか?1年洗ってないバックパック背負って行っていいんですか?
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪

関連記事

Comment

No title

すご!!こんなピョンピョン跳ねてるイルカ、水族館以外で見たことないです!!
海の色も真っ青でめちゃくちゃきれいですねー。
どうしてブレないんですかー??
わたし、動いてるもの撮るとブレブレになります。
カメラの設定?

老後資金のくだり、すごい分かります!!
わたしも長期旅に行くとしても絶対に手付けたくない資金があります。
でもきっと、実際旅にでてまだ終われない!!て思ったら手付けちゃうんだろうな。
だって、また仕事辞めて長期で海外なんてそれこそできないから。
せっかくだから悔いのないように!!て思ってしまう気持ち分かります(^-^)

ではでは、カリブで豪遊楽しんできてください♪

No title

ガイアナ知りませんでした!
そのうちブログに載るかな~(・∀・)

イルカ飛んでるぅぅっ
水平に飛んでいる瞬間の写真は珍しいかも!面白い♪

老後資金はまた貯めましょう^^
なかなか行かれない場所にいる、貴重な時間を存分に楽しんでください。

No title

大丈夫ですよ!
と、さーさんよりずっと老後が近いのに老後資金のない私が
まったく根拠なく言ってみます。

同世代の日本人からみたら恐ろしいほど先を考えていません。
少々稼いだくらいでスロバキアに行ってる場合じゃないのに。
仕事も含めて、一年先も真っ白け、ですよ。ふふ。
これは不本意ながらスペイン人化しているのかもしれません。
彼らにとって大事なのは、老後よりこの夏のバカシオネス。
今が楽しくなくちゃ!っていう人間に囲まれていると
東北出身の地味で堅実な人間も変わってしまうのですねえ。

老後よりイルカです!
私も見に行きたい!!

追伸:ばっちいザックを背負ってケイマン諸島とか行きました。
問題ありません。きっぱり。

貯金はまた貯められます。旅は今!

No title

南極のクルーズはどんだけ豪華だったかが
よーく分かる記事ですね(笑)
カリブ海で豪遊&食べログ、楽しみにしてますねー☆

老後資金の話は私も耳がイタイですね(笑)
でも貯金って、大人も子供もできる人はできるし
できない人はできないもんですよ。

さーさんは世界一周貯金ができたんだから
帰国してからまた貯められますって。
私も負けじと老後資金、貯めないと―!!

No title

イルカ凄いね~。
水族館のとは輝きが違うね。

永久就職の可能性、18%もあるの???(笑)
鯖読みすぎ。

カテイノジジョウ、いつ頃?
会えるもんなら会いたいっす!!

野生イルカおめでとうー。やっとだね。
巨大チェス面白い!
部屋という名の廊下もすごいね!
船旅いいねー

讃岐うどんランキング見たら食べたくなった。

No title

イルカ見れたんですね!
ジャンプしているのがバッチリ写真で見れます♪いいなあ〜
ダッシュしやすい廊下部屋バンザイ!
ロープ講座も今後何かに役立つかも、、、

ガイアナ、、全く知識がないのでまたブログ楽しみにしています。
この後もお気をつけてー!

>sunさん
いやー、私もイルカがこんなに自由自在に跳べる生き物だったとは知らず、びっくり仰天でした。調教されてるイルカが跳べて当然ですわ。
写真がブレない理由…すべてカメラ任せのオート設定です^^;あと手ぶれ補正機能のおかげ??興奮してて、手ブルブル震えてたと思うんですけど笑

今までは老後資金に手をつけることなく旅出来てたんですけどねー。今回だけはもう後がないというか、長生きできても長旅できる機会はもうないんじゃないかなという気持ちで手出しちゃいました…。これが吉と出るか凶と出るかは自分次第ですね(>_<)
うん、難しいこと考える前にカリブで遊びます!!

>na-さん
ガイアナは是非紹介した場所があるので、そのうち載せますよ~!こういう訳のわかんない場所の方が、書く意欲をそそられるのです(*^_^*)

そっか、イルカは弧を描いて飛ぶイメージですもんね。でも回転ひねり技も見事でした!

また日本帰ったら地道に生きていきましょう。そうしましょう。

>BCN巳年女さん

心強い言葉とアドバイス、ありがとうございます!!
先輩、どこまでも付いていきますっ!!

老後より夏のバカシオネス。これ人生の標語にしましょう。

私はケチでお馴染みの三河人なんですが、宵越しの銭は持たない主義にいつの間にか変わってしまったようです。怖い、怖い。

よし、次は何見ようかな。シロクマ?
また南極貯金しようかな。(全然、老後資金貯める気なし)

追伸:ばっちいバックパック背負ってカリブの島、入国しました!完全に浮いてますwでも、めげません!


Re: No title

>Miyuさん
きっと、これが普通の船なんでしょうけど差ありすぎて落胆の色を隠せませんでした(苦笑)一度覚えた贅沢は忘れられないですね。

そうそう、貯金ってできない人はできないですよねー。30万貯まった!って喜んでる人見ると、ちょっと救われます。私、大丈夫かもって(笑)
早死したいとか言いながら、しぶとく長生きしそうなタイプなんで、帰ったらまたがんばらなきゃ。
でも、その前にカリブのたべろぐ書けるように、海の幸をいただいてきまーす!

>香織
え…18%ないの???かなり控え目に言ったのに…(/∀\*)
てか、出雲大社のご利益は?2度も行ったんですが。

次は奈良の大仏に仏頼みか…。帰国決まったら連絡しまーす!

Re:

>jasmine08さん

やっとだよー!鹿児島でも「イルカ出ています」ってアナウンスあったのに見れなかったからね。

私は今、天ぷら蕎麦と鴨南蛮と素麺が食べたいです。1ヶ月、麺だけでも構わない。求む、麺!あと鰻!

>うたこさん
ロープ講座、何かに役立ちますかね?(笑)
そんな日が来ることを夢見て、縛り方忘れないようにします(*ノ∀ノ)

イルカ、簡単に見れると思ってたのに36年かかっちゃいました。待ち望んでただけに愛しさ倍増です。

ガイアナ、もう少しメジャーになってもらえるよう良い所紹介しますね☆

ハラジロカマイルカ

さーさんの写真のイルカ、見慣れないイルカだなぁと思って調べたら、ハラジロカマイルカでした。南半球の沿岸で見られるそうです。
イルカの中でも、最もアクロバティックにジャンプするイルカですって。
http://whales.dolphins-world.net/archives/iruka-kujira/odontoceti/dusky-dolphin.html

>Dusky dolphinさん
な、なんとー!貴重な情報ありがとうございます。初めて見た野生のイルカだったので、すべてのイルカがあんな動きするもんだと思っていたのですが、特別だったんですね。くるくる回りながらのジャンプ、それは見事でした。
これからはチリでハラジロカマイルカを見たって得意気に言いたいと思います\(`∀´)ノ
自分ではたどり着けない情報を教えていただきとても嬉しかったです!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。