プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらウユニ

ウユニの町はとても小さくて、30分もあったらぐるりと回れてしまうほどです。
とても一大観光地とは思えない素朴さ。
P3261302.jpg
標高が高いので雲が近い。

公園でマイケル発見。
DSC_6393.jpg
ポーッ!

ウユニ駅
P3261286.jpg
鉄道乗りたかったけど出発時間が深夜で、まったく景色が見れないので今回は断念。

先住民のインディヘナもウユニに来た途端、あちこちで見かけるようになりました。シルクハットのような帽子に三つ編み、フワフワのフレアスカート。
DSC_6427.jpg
格好は非常に乙女。格好は…。
それ以上言えない。

アジア系の顔立ちなので、親しみがわきます。
P3271313.jpg

P3271311.jpg

さて、ウユニを楽しむ前にひとつ注意しなければならないことがあります。
それは…食事!

P3261308.jpg
ご飯の上に生野菜と炭火で焼いた鶏肉。
んー、ビールとの相性最高!

とか言っている場合ではなく
ウユニで生野菜を食べたら危険!!
なぜなら集団食中毒大発生だから。

サルモネラ菌にO-157…。
サルモネラ菌の場合、潜伏期間が1週間~10日間ほどあるようで、ウユニを出た後ラパスで次々発症。ラパスに長くいる人が多いのでどうして?と聞くと「入院していたから」とか「病院通っていたから」とか切ない理由ばかりでした。

だから生野菜は控えてね。
fc2_2013-06-23_19-26-47-572.jpg
食べてますが。

あと半熟卵も気をつけて。
P3271312.jpg
食べてますが。


あ、私ですか?




何事もなし。

相変わらず私の胃腸はアライバの2遊間くらい鉄壁なようです。感謝。

でも、本当に感染率高いので注意してくださいね。(あまりにも多発しているので日本大使館のHPにも生野菜を食べないよう注意喚起されてるみたいです)お腹痛くてウユニとか、本当に最悪ですから。


では、話は本題へ。この町からウユニ塩湖は車で1時間弱ほどのところにあります。塩湖を極めるなら、やはり朝日と夕日を見に行くのがいいようです。そのためには、それぞれの時間に合わせて車をチャーターする必要があります。1台10000円位。真っ盛りには町に日本人が溢れているので、手当たり次第声をかけて仲間を募集すればあっという間に定員の7~8人集まるようですが、なんせ私が行ったのは、シーズン終わりかけの3月下旬。
行く人いるのかなぁ…と不安になりながら日本人御用達の穂高ツアー(旅行会社)に行くと、仲間募集の張り紙が!
なんという要領の良さ。こういうの大事ね。時間は有効に使おうね。

朝日のツアーがあったのでまずはそれに参加することにしました。
集まったのは5人。やはり、この時期は定員にならない事もあるようです。(料金は割引してくれたので満席の時とほとんど変わりませんでした)

AM2:00 ホテルを出発しツアー会社へ。こんな丑三つ時に町を歩くなんて、いつぶりだろう。

車に乗って1時間後。塩湖に到着すると、そこには月がふたつありました。

そう、私がウユニに行ったのは満月の日。
ちなみにウユニに行くのに適してるのは新月の日。つまり月がない日。塩湖に映る星が綺麗に見えるから。

なにからなにまで時期はずれ。ちゃんと考えようよってさすがに思いました。

でも満月も悪くない。

肉眼で見るとオレンジ色の球体がふたつ、宙に浮かんいて、そこから月灯りの道がまっすぐ続いていて、そのまま月まで歩いていけそうな、そんな光景でした。
うん、満月も悪くない。

そして、ここからは、THE我慢大会

そうウユニの夜は激寒なのです。
私はこの日のために南極で着た防寒着一式を持参。でもウユニは下に水が張っているので、足から冷えるのです。ある意味南極よりも寒いかも…。

ひとり、またひとりと寒さに耐え切れず車に逃げ込みます。例外なく私も。車でお菓子食べてました。2時に集合した意味なし。

そしてやっと朝。月が沈み、太陽が昇るまでの間は新月と同じような真っ暗闇の状態になると聞き、その一瞬にかけていたのですが、月が沈むのと同時に太陽が昇ってきてあっという間に空が明るくなってしまいました。星見えず。ちーーーん。
今後は季節のことをきちんと考えようと思っていたのに、まさに今、季節はずれの中米です。学習しないね。

でも、空が白み始めるとウユニのショーが始まりました。


P3261259.jpg

朝日が昇る。


P3261270.jpg

360度鏡張りの世界に自分が立っている不思議な感覚、見たことのない色の世界、ここにしかない場所。
今まで何枚ものウユニの写真を見てきたけれど、自分の目で見たウユニはどの写真よりも美しくて、何度もため息がこぼれました。

透明人間になった日。
485373_441040929316085_139480855_n.jpg


そして次の日は夕日を見るために車をチャーター。今度は参加者7名。
この日は夕方から出発のため、まだまだ明るい状態の塩湖からスタート。

塩、採取中。手作業で掘り起こして、一つにまとめてトラックに乗せて運ぶ。こうして塩はできているんですね。
P3251068.jpg
ウユニの塩は辛みが強くて、いかにも塩!っていう味がする。(この日ビール持参でそこらへんの塩を舐めながら夕日鑑賞した感想)

塩湖の真ん中にある塩のホテルを見学。そこにある各国の国旗。
P3271335.jpg
ちなみに欧米人はこの場所で全裸で写真撮るのが流行りらしい。まったく理解できない。

参加者の中にウユニに来るのが何十回目!?という人がいたので、その人指導の下、トリック写真撮影。
644753_513462348691081_845421400_n.jpg
参加者は三十路前後ばかりだったので、全員のカメラで撮り終わった頃にはクタクタ。意外と大変なのね、これ。

鏡張りの場所に着き、スタンバイOK。

思い思いの時間を過ごしながら、夕日待ち。

上下に離れていた2つの太陽が、どんどん近づきひとつになっていく。

それから、みんなの顔がオレンジ色に照らされるくらい強烈な光とともに太陽が落ちていった。

そして始まるマジックアワータイム。


波紋ひとつ美しい。
P3271479.jpg

559472_513466138690702_1629687861_n.jpg
誰、跳べてないのw

風が止まり、自分の足音だけがピチャピチャ響くウユニ。静寂という言葉がぴったりな場所。

ひとりの男の人が言いました。
「ここで一人になりたい。そして泣きたい。」と。

同感。

なぜ泣いているのか分からないけど、きっと涙が出てしまう。美しすぎて。

ウユニ、またいつか。星を見に来るよ。


最後に…ウユニの鏡張りは3月中旬頃までと言われていますが、今年は例外的なのか、なんと10日程前に行った人も鏡張りが見れたそうです。6月中旬でも水あります。しかもシーズン過ぎると人も少ないし、ゆっくり、静かに見れるので、とても良かったと言っていました。どうか諦めないで是非ウユニへ。

来年は分からないけどね。


今、南京虫が目の前を横切りました…。いやぁぁぁぁぁぁ!!!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪

関連記事

Comment

No title

さーさん、
なんとも言えない感動をありがとうございます。
芸術品としか言いようがない写真ばかり。
自身の目で見る光景はこれ以上なんでしょうね。
透明人間になった日。。。あれってどうなっているんでしょう なんで???
こんな絶景をたくさん見ているさーさんがうらやましい!です。
私も絶景みにいきた~い!

No title

 もうそろそろ帰国が近いのではないでしょうか。
 35歳とうのは、結構高齢な方だと思うのですが、年を取っていて良かったこと、悪かったことの両方があると思います。旅のまとめとして、それを文章に反映させていただけないでしょうか。

No title

あぁ、素晴らしい。
写真でこんなに感動する。
いつか、自分の目で見たい。
星空も素敵でしょうね(*^^*)

ほんと、世界は広い!!
いつもありがとうございます。
旅してる気持ちになって、楽しい☆

さーさんのツッコミ

相変わらず面白くて、宿のロビー(?)で一人で笑っちゃいました。

さーさんと同じ誕生日です、と以前コメントさせていただいた者です、こんにちは!
実はあの後、ラオスに行けませんでした。せっかくカオソーイすすめて下さったのに、すみません!

でも今もそう遠くない場所にいるので、もし行けたら絶対食べます!
ちなみに私も胃腸が丈夫です。全然痩せない…。

中米のブログも楽しみにしてます。

ほんと、何度見てもウユニの景色には心奪われてしまいます。写真でこれだけ美しいんだがら自分の目で見たらどんなに綺麗か、、、
涙がでるほど美しい景色に出会える人がどれだけいるのか。やっぱり旅は最高ですね!!

No title

ほんとに綺麗ですねー。
写真でこれだけ美しいんだから実物を目の前にすると言葉も出ないんだろうな。

透明人間の写真、すごく不思議です。
トリックアートの写真はよく見るけど、あれは初めて。
どうやってるの?あれもウユニならでは?

>yuzukkoさん
こちらこそいつも読んでいただいてありがとうございます。
今回ブログに載せる写真選んでて気付いたんですけど、ウユニであんまり写真撮ってないんですよね…。カメラ出すのすら忘れるくらい見惚れていたのかもしれません。

透明人間、あれはシャッタースピードを30秒くらいあけて写真を撮り、10秒経ったところで全員カメラの前からハケるんです。すると残像だけがあんな風に写るっていう、教えてもらった技です(笑)
バシャシャ水の中を歩いてもそれは写らないですよねぇ。不思議!

>一読者さん
高齢…(笑)そうですよね。バックパッカーの中では超高齢だと思います。
旅の間、年齢のことで感じることも多いです。帰国する頃、この年で旅に出たことについて考えがまとまれば報告しますね。でも、帰国はまだ先なのです。それまで待っていただけたら嬉しいです。

>nobuさん
旅してる気持ちになる…そんな風に言っていただけるのが本当に嬉しいです。
星空のウユニ…今後はnobuさんが行って是非写真を(´∀`)/
世界広すぎて、全然旅が終わりませーん!

>むーさん
一人ロビーで笑う女…周りから心配されてないといいのですが(笑)

旅人で胃腸が丈夫なのは素晴らしい特技です☆今までどんな食生活してきたんだって言われるくらい、お腹壊さないので逆に恥ずかしい気もしますが…。私は今スプライト禁止令を出してにわかダイエット中。効果は全くありません。

ラオス周辺ならいくらでも美味しいものありますもんねー。アジアご飯羨ましい!

>sunさん
時々、憧れていた場所に行ってみると想像と違っていてガッカリ…なんてことがありますが、ウユニは裏切りませんでした。
他にウユニに代わる場所もないし、しばらくウユニバブルは続くんでしょうねー。旅行代理店でも作ろうかな(○´艸`)

>Miyuさん
透明人間、ひとつめのコメントの返信で撮り方書いたんですが、ウユニじゃなくても撮れますよー!
“暗いところ”(シャッタースピードかなり開けているので明るく見えますが実際はまだ暗い時間です)、“背景が透けて見えると綺麗な場所”ならどこでも大丈夫なんじゃないかと。
と、いうことで日本でも是非(○´∀`)bお寺とか面白そうじゃないですか!?

No title

すごく素敵な写真をありがとうございます。

きれい、すごい、素晴らしい どの言葉をとっても言い尽くせないんだろうなぁ

いつか行けた時にはどんな言葉が出てくるか楽しみです。

透明人間写真もびっくり!
やっぱり外せない、ウユニ!!!

>うたこさん
ですです、ウユニは外せない!!
あまりに多くの人が行くので、行く気失せてた私ですが、あっさり「ウユニすごーい!!」ってなってましたから(笑)

うたこさんがいつかウユニに行って、この美しさを表現できる言葉が見つかったら教えてくださいね。

Facebookからきました。

私も次のシーズンにウユニに行こうと計画してるとこにブログを拝見させて頂きました。

ほんとに幻想的な世界ですね。

ウユニの写真はたくさん見たけれど~の部分に実際に行った人の思いが溢れてくるように感じました!

行く時は、トリック写真の透明人間やってみたいと思います♪

>ぴよさん
はじめまして!Facebookからもこのブログにたどり着くんですね。初めて知りました^^;

私も行く前からたくさんの写真を見ていて行った気分にすらなっていたんですが、やはり自分の目の前に広がる世界というのは一味も二味も違うんだなと感じました。
きっと、ぴよさんもウユニの魅力に引き込まれるかと♪
そして是非、透明人間デビューしてください(^o^)丿

No title

こんばんは(^^)
今年の春に世界一周に出発する予定で、一番の目的がウユニです。ブログ参考にさせていただきました!
とてもきれいでみてるだけで涙がでそうになりました。
実際みたらもっと感激するんだろうなーと思い、早くウユニに行きたいと思いました。
すごく素敵な写真です★

>みーさん
こんにちは!写真褒めていただいてとても嬉しいです♪春に出発ということは準備でウキウキな頃ですかねぇ('∀`)
ウユニは本当に美しかったです。実際見ていた時間はほんの数時間なんですけど、一生忘れない景色になりました。今や一大観光地になってしまってオンシーズンだとどれだけ人で溢れているのか想像もつきませんが、どうか静寂のウユニを心ゆくまで楽しめますように。いい旅になるよう祈ってます!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。