プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マチュピチュです。

逃げも隠れもしません。マチュピチュです。
クスコまで来てマチュピチュに行かないという選択肢ができるほど思い切りよくないので、ここはマチュピチュに行っておきます。ちなみに12年前もペルーに来てますがマチュピチュには行ってません。若いって思い切りがいいものですね。

さて、私がマチュピチュに行く目的は

1・マチュピチュ列車に乗りたい
2・マチュピチュ村でフランス料理を食べたい
3・マチュピチュが見たい(当たり前)


の3本立てとなっております。

その1・マチュピチュ列車に乗りたい

マチュピチュに行くには大きく分けて二通りの方法があります。
一つは列車。もう一つはバス&徒歩。後者の方が列車より片道20$程安いのですが、10時間近くかかる上、山道がハードでバス酔いがひどいとの話。ま、その話聞く以前に私は列車一択です。迷いありません。
鉄道はペルーレールインカレールの2社が運行。(もう1社あるのかも!?)
両社共アルマス広場にオフィスがあるので、そこで申し込み可が能です。一番安いチケットが、ペルーレールは片道50$。インカレールは往復で買うと片道40$でした。(片道だけだと70$)※季節によって変動あり
もちろんインカレール往復で即決です。本当は行き帰りで1社づつ乗りたかったけど仕方ない。前日だといい時間帯は売り切れていたのですが2日前であれば希望のチケットが取れました。
ちなみにマチュピチュの入場券もクスコの町で買っておく必要があります。人気のワイナピチュ(マチュピチュの隣にある絶壁の山。そこからマチュピチュを眺めるのが絶景…らしい)の入場券は1週間後まで売り切れていたので早めに抑えておいた方が良いかと思います。もちろん私はマチュピチュ一択で。迷いありません。

さ、事前準備が出来たところで、いよいよマチュピチュに向かう時がやってきました。ぽわわわーんとしたまま、列車始発駅のオリャンタイタンボまでコレクティーボで向かいました。妄想してたら1時間半あっという間。

オリャンタイタンボ駅。
P5019609.jpg

駅のホーム。
P5019611.jpg
静岡の駅のホームじゃないですよ。

レトロ風な列車。
P5019620.jpg
マークがJRに見える人は日本人確定。

車内は4人掛けのBOX席。
P5019630.jpg
ブラジル人2人、アルゼンチン人1人と一緒でした。

そういえば、アルゼンチン人って周辺各国から嫌われてるんですよねー。南米に来て初めて知りました。
嫌われている理由は
“高慢ちきでうるさいから”

うん、納得。

ちょいちょいムカッとくる態度や言い方してくるんですよね。でも個人で付き合うと良い人が多い。中国人みたいに。同席のアルゼンチン人もナイスガイでした。

列車が発車し、しばらくすると車内後方から手拍子と共におじさま、おばさま達の歌声が聞こえてきました。
歌声っていうか大合唱ですね。みな失笑。雰囲気ぶち壊しの状況を見かねたブラジル人がアルゼンチン人に言いました。
「あれ、止めてこいよ。絶対アルゼンチン人だから」と。

見に行くアルゼンチン人。そして、顔を真っ赤にして戻ってきて一言。
「うん、アルゼンチン人だった…。」
みな爆笑。
そう、これがアルゼンチン人。旅していて、うるさいなと思う人がいたら中国人かイスラエル人かアルゼンチン人の確率80%です。

そんな車内でした。

あ、車窓ですか?
P5019641.jpg
こんな写真しか残ってませんでしたけど。
つまり、たいしたことなかったってことです。


その2.マチュピチュ村でフランス料理を食べたい。

ともすれば、これがマチュピチュに行く最大の目的だったかもしれません。
どこかの情報ノートで“マチュピチュ村にとてもおいしいフランス料理店がある”と目にしてから、私の頭の中では“マチュピチュ=フランス料理”になっていました。

宿に荷物を置いてすぐにお店に向かう食いしん坊。
お店は『INDIO ERLIZ』という名前で、フランス料理店というより賑やかなBARのような店構えでした。

早速、コースを注文。前菜、メイン、デザートで2700円位でした。あと、飲み物が高くてビールが500円位したような!?(うろ覚え)ま、飲むけどね。

前菜
fc2_2013-07-16_18-35-37-117.jpg
アンデスメロン半玉の中にベリーのジュースとスイカとグレープフルーツがぎっしり入ったトロピカルな一品。前菜と思えない。
まさか、こんな浮かれた前菜が出てくるとは思いもせず、1人で戸惑いながら食べていたところクスコの宿で一緒だったサラリーマン3人組がご入店。

見られた…。浮かれているところ見られた。

でも男3人でGWにペルーに来ている時点でこの人達もかなりとっ散らかっているので、仲良く一緒のテーブルを囲むことに。ここから完全に新橋のガード下状態。

気を取り直してメイン
fc2_2013-07-16_18-35-59-972.jpg
トゥルーチャのソテー、レモン風味。はずれのないおいしさ。それより、別皿で出てきたお芋や野菜を焼いたものがとても美味しかった。かなりボリューミーなので、この時点でおなかいっぱい。(パンもおいしくてバカバカ食べてた)

最後にデザート
fc2_2013-07-16_18-36-23-430.jpg
アップルパイwithアイスクリーム。普通においしい。

全体的に繊細さのある味付けではないれど、あまり食べる機会のない地元の食材を使っていたり、量もたっぷりなので満足!少なくともモンサンミッシェルで食べたオムレツの10倍良かった。


その3.マチュピチュが見たい。

そういえばマチュピチュ見に来たんですよね。

翌朝、マチュピチュ村からさらにバスに乗って遺跡のあるマチュピチュへ。
P5029648.jpg
山道を登っていくと深緑の楕円形の山がボコボコと現れ釘付け。

そしてついに遺跡に入場。
で、マチュピチュですが、散々、もう散々写真見たことあると思うんで、さらっといきますね。

P5029758.jpg
マチュピチュです。

これ、見たことあるよね。何回も見たことあるよねー。でも、ここが一番いい角度なので、やっぱり撮っちゃうよね。
それから、小さく「バルス!」って呟いてみたけど何も起こりませんでした。インカ帝国、もう滅亡してるからね。

こんなこと書いているとマチュピチュに感動していなさそうでしょ。

実は…



ものすごく感動しています!!

正直、フランス料理の方が期待値大きかったわけです。だからレストランの場所は念入りに調べていてもマチュピチュに関しては何の予習もしてなけりゃ期待もしてなかったので、見た時「うわ!すごいじゃん!」って素直に驚いちゃったわけです。

何がすごいって、石組みの巧妙さ。
P5029683.jpg

P5029780.jpg

P5029855.jpg
美しい。

よくマチュピチュって「なんでこんなところに!」とか「どうやって!」とか言われるけど、マチュピチュって400年程前の遺跡なんですよね。全く歴史を知らない私の勝手な感想なのですが、400年前だったら世界的には文化も発達していたし物を作る技術はあったと思うんですよ。だから、どちらかと言えば400年前に「まだこんなことやってたのか!」という驚きの方が大きいんですよね。船でスペイン人が侵攻して来るって時に、せっせと石積んでたんですよ。いや、本当に歴史知らないんで適当に聞き流していただけるとありがたいのですが。

あともう1つ見事だなと思ったのがインカ橋。
中心の遺跡から少し離れた場所にあって、こんな深い崖にへばりつくように橋がかかってるんです。
P5029812.jpg
下の方に見えるのが橋。

近くに寄るとこんな感じ。
P5029806.jpg
反対方向から敵が侵略して来た時、橋を叩き割って侵入を防ぐ役目があったという。いやぁ涙ぐましい努力。

後は、中心部に戻って石ひとつひとつ眺めては、ほぉ~ってなって、そんなことやってたらあっという間に時間なくなってしまいました。
P5029922.jpg

石切り場
P5029876.jpg

挟まれるおじさん
P5029953.jpg

帰りの列車の切符買ってなかったらもう1泊しても良かったなぁ。

最後にもう1枚、別角度から。
P5029965.jpg
マチュピチュでした。


今日、4ヶ月ぶりに銀行残高を見ました…。
フランス料理食べてる場合じゃなかった。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪

関連記事

Comment

No title

待ってました!マチュピチュ!!

さーさんもお元気そうでよかったです(^ ^)
マチュピチュ列車複数会社があるんですね
私もはなから歩くは選択肢に入っていないので大変参考になります♪イスラエル人て物静かそうなイメージだったのでびっくり

マチュピチュの写真、ジオラマみたいに映す設定にされてるんでしょうか?
なんだかマチュピチュの可愛さ5割増しです♪

ベタだけれどやっぱり行く価値ありますね
ワイナピチュは自信ないけども、、、、

No title

ついにきましたかー、マチュピチュ。
期待薄だったさーさんさえも感動させるとは
やっぱりすごい遺跡なんですね。見たいなぁ。

インカ橋にはびっくりです。
あんなところ、高所恐怖症の私には行けません!!
なのに叩き割る役目の人がいるなんて。。。
インカ帝国の人たちは忠誠心が厚かったというけど
本当なんですねー。まさに命がけ。

ひさびさの電車エピソード、面白かったです(*^^*)

No title

さーさんへ

マチュピチュ行の鉄道会社が2社あることは 知りませんで
した、僕が乗ったのはどっちだったのかな?。

クスコには鉄道駅が2つあって、アルマス広場から遠い方の
駅にマチュピチュ行のチケットを買いに行きましたが、翌日
のチケットはなく4~5日後に空席ありましたが、諦めて
(高山病がきついのでクスコに長く滞在したくないから)アル
マス広場の日本人スタッフのいる旅行会社で翌日のチケッ
トを購入しました、(高かったと思います 12000円位)
個人でチケットを買えば 5000円弱だったかな?。

ワイナピチュは マチュピチュに行ってから知りました、
どうしても行きたかったけど時間に余裕がなく 泣く 泣く
諦めました。

クスコでは 花田で3泊、八幡で2泊し、食事は毎食 金太郎
に通ってました。

No title

初めまして!さーさんのブログ、夫婦で好きでよく見させて頂いてます(^人^)
文章が読みやすくておもしろくていつもすごいなぁって思ってます!
アルゼンチン人のくだり、ウケました☆
私達も、もしや昨日のドミでバカみたいにうるさかったのもそうなのかな。。(・∀・)と勝手に思っちゃいました♪

>うたこさん
お待たせしました!マチュピチュ!
ペルーレールは車内でファッションショーあったりするんですって。見たかったけど高すぎでした。
もし、うたこさん見たらどんなだったか教えてくださいね♪

石組みの写真はジオラマで撮りました(*^^)vマチュピチュの写真はありふれているので、ちょっと変えてみようかなと。
ちなみにフレンチを一緒に食べたサラリーマン3人組はワイナピチュ行ってましたが、1人行方不明になりかけてました…。どうぞお気をつけて。

イスラエル人、めっちゃうるさいですよ…w

>Miyuさん
12年ぶりのリベンジ果たしましたよー!きっと期待していなかったから感動できたのかもです(笑)
でも、写真には写らない景色が遺跡の周りに広がっていて、やっぱり自分の目で見て良かったなぁと思いました。

インカ橋すごいですよね!!これまた期待してなかっただけに驚きでした。
今は橋の手前までしか行けないんですが、渡れと言われても渡れないですよね。私も高所恐怖症です(>_<)
インカ帝国はたくさんの富を平民に分け与えていて、それで人気もあったみたいですね。
どこかの国にも見習ってほしい…。

南米は観光列車ばっかりでローカル線がほとんどないのが淋しいです↓↓

>てるさん

多分インカレールじゃないでしょうか!?前はインカレールしかなかったみたいなんで。今は歩き方によると3社あるようですが1つは見つけられませんでした。。。
しかも私が行った時はクスコから一番近い駅が使用不可能になっていました。あんな高い値段取るなら、なんとかしてほしいですよね。

ワイナピチュも今は事前チケット制になってしまって、どんどん規制が厳しくなってしまいましたね。入場料も高いし、完全に足元見られている感じ…。でも行っちゃうんですけどね^^;

金太郎…次回たっぷり登場してもらいます!

>U子さん
はじめまして!夫婦で見てくださっている方からコメントいただいたの初めてなので、とっても嬉しいです!!!ありがとうございます。

ドミでうるさかった人、アルゼンチン人の可能性60%、イスラエル人の可能性90%ですね(笑)
いやー睡眠妨害ってほんと罪!旅人同士で腹立つことってあまりないけど、睡眠妨害だけは許せない自分がいますw

No title

カンボジアのシェムリアップに1週間滞在して、
とうとうアンコール遺跡に行かなかった旅仲間がいます。笑

南米の鉄道は、便利なバスに押されてひどく衰退しましたね。
ペルーのアヤクチョとか、列車に乗りたくて駅まで行きましたが
ほぼ廃線状態でした。無念。

カメラマン氏とのドラマのような(嘘)エピソードについては
巳年女会inBCNで嫌だといってもたっぷりお聞かせしますよ。
人の縁というやつは実に異なもの味なもの、ですな。



>BCN巳年女さん
シュムリアップに行きながらアンコールワットに行かない…もはや、なぜシュムリアップに行ったのか2時間くらい説教したいですね笑

そうなんですよ、南米は列車がないんで旅の楽しみがひとつ減りますよね。あっても観光列車ばかりで…。

女子トークinBCN、めっちゃ楽しみですよー!!!人の恋愛話ってなんであんなにワクワクしちゃうんでしょうね。
私もここに書けないあんなことやこんなこと…あ、見栄はりましたが(笑)、爆裂トークしたいです。

No title

さーさんへ

マチュピチュでフランス料理が食べられるなんて\(◎o◎)/!とっても美味しそうですね♪というかマチュピチュ見るよりこっちがメイン(笑)?

マチュピチュの写真や、ブログの上の風景写真ですが、ミニチュアみたいでとっても可愛いですね♪ カメラはどこのをお使いなのですか?よければ教えてくださーい(^^)/

>ナナさん
そうです、マチュピチュよりフレンチです(笑)おいしいものがあると、やる気20倍増しなのです\(^o^)/

カメラはオリンパスのミラーレスで、今はE-PL5を使っています。ミニチュア写真などボタン一つで簡単に撮れますよ♪

No title

さーさんへ

カメラの型教えてくださり、ありがとうございました!

私は9月にアイスランドに行こうと企画中で(しかもひとりで…)、もしかしたら同じやつ買っちゃうかもです☆

アイスランド編のブログも参考にさせていただきますね(^^)/ オーロラが見えるといいなー

>ナナさん
アイスランド!!本当に大好きな国です。
ひとりでも大丈夫!と、ひとりで行った私が太鼓判押しておきます(^^)レイキャビクの町だけではなく、一歩郊外に出ると素晴らしい景色が広がっているので、新しいカメラで素敵な写真を撮っちゃってください♪
ちなみにレイキャビクの教会の上から町が一望できるのですが、とにかく可愛い家だらけでミニチュア写真撮りまくりでした。
オーロラ見えるといいですね~!!

\(^o^)/

わ!ついにペルーまでいらしてたんですね!あぅ。すれ違いました。多分。いや、きっと!私はもう帰国なので旅人気分をまだまだ味わいたいです!笑。ブログの更新楽しみにしております\(^o^)/

>makiさん
ありゃスレ違っちゃいましたか!?
でもこのブログ遅れまくってて…(^^;
今、自分の旅の計画でいっぱいいっぱいで全然更新できなくてすみません。
もう帰国なんですねー。終わるとなったら絶対淋しいですよね。でも日本食が待ってますから☆最後まで目一杯楽しんでくださいね!!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。