プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本から一番近い外国

※この話は2012年8月の出来事です。

稚内国際フェリーターミナル。
P8165997.jpg
さぁ、旅再開。日本最北端の街から出発です。

どえりゃあ緊張しています。

だって相手はロシア。冷酷な国ロシア。(個人的イメージによる)
さらにサハリンときた。ビザ取得時に提出したバウチャーには一言も書かれていません。「おみゃーさん、ルート間違っとるでよー」と入国審査で追い返される可能性76%と読んでいます。だから周りの人にも大きな声で「ロシア行ってきます!」とは言えず「ちょっと北国へ…」と小さな声で伝えて出てきました。勢いで行動に出たものの、心は雨に濡れた子犬のように震えています。

心を落ち着かせなければ…心を…。

P8165998.jpg

うぉー!!テンションMAX!!
船見たらテンションあがります。間違いなく。

アインス宗谷ですよ。写真見返すまでアイスン宗谷だと思ってましたけど。(北国イメージによる)

ハートランドフェリーという会社が毎年6~9月頃の期間限定で運行しています。
稚内からコルサコフ(旧大泊←樺太時代の都市名)まで約5時間半。日本から一番近い外国は、韓国でも台湾でもなくてロシアという事実。近くて遠い国だ。

ターミナル内はロシア人率高し。すでにアウェー。こ、心細い…。

いよいよ乗船時間になり出国審査へ。
日本の出入国管理って、無駄なくさっさとスタンプ押して「はい」ってパスポート返しておしまいのパターンが多いと思うんですが、ここは違いました。
パスポートを渡したら「お~色んな国行ってるね~!」って笑いながら受け取ってくれて、さらにスタンプ押してからも「気をつけていってらっしゃい」と。

仏ですか。

こういう一言って嬉しいですよね。
でも、ロシアの入国審査で追い返されて明日またお世話になる可能性84%ですが。

P8166015.jpg
出国はWAKKANAI。

船に乗り込む際、渡されたもの。
P8166012.jpg
鮭弁当とお茶と入国カード。

THE日本!!!

もちろんこの中で一番大事なのは鮭弁当ですね。
大好きです、ハートランドフェリー。ありがとう萩食。

船内はとても綺麗。
P8166011.jpg
2等はこの雑魚寝席。なんとなく行き場のない日本人が1つの場所に集まってきます。

外のベンチ。
P8166017.jpg
住める、ここ住める!

と、ここで出港の汽笛が鳴りました。
P8166043.jpg
ゆっくりゆっくり遠ざかる日本。カモメさん、どこまで付いてくるのかしら。
あぁ、船で出国するって浪漫。

と、ひとしきり感動に酔いしれて気が済んだので、再び船内を探索。

売店にあった土産。
P8166026.jpg
かたじけないチョコクランチ。
このお土産誰かにあげたい!!意味もなくあげたい!!
でも外国人に「カタジケナイッテドウイウイミデスカ?」って聞かれたらなんて答えればいいんでしょう。ニホンゴムズカシイ。

そして、さらにとっておきを見つけてしまった。
P8166024.jpg

ビ ー ル 1 0 0 円

一瞬、天国に来てしまったのかと思いましたが、紛れもなくオホーツク海上でした。船内は無税なので100円らしいです。住める、ここ住める!

いそいそとビールを買い込んで席に戻ったら、すでに行き場のない日本人同士仲良くなっていて完全に出遅れました。こういうのって後から入るの勇気いるよね!
でも、話しかけて欲しそうに1人でビールを飲んでいたら親切に声をかけてきてくださった方がいたので無事仲間入りができました。ライダー2名、休暇で旅行に来た方1名。私含めて計4名。日本人少なっ!
「みなさんも自分でバウチャー手配してビザ取られたんですか?」と聞くと「いいえ」との返答。
「ルートもホテルも全部決めてらっしゃるんですか?」と聞くと「はい」との返答。

まじかー!

ちなみにわたしくし、今日のホテルも決めてません。
だって入国拒否されると思ってるんだもん!!

話をしていたら完全に自信喪失、入国拒否される可能性93%まで上昇してきたので、もう鮭弁食べて、ビール飲む!!
P8166046.jpg


そして寝る!!爆睡。



起きたら枕元にこんなものが。
P8166064.jpg
日露国境通過証明書だって!

ということは…

P8166062.jpg
サハリンが見えてる!!
本当に近いんだなぁ。寝てたら着いちゃったよ。

ノスタルジック船も航海中。
P8166092.jpg

そしてコルサコフの街並みが見えてきた。
P8166067.jpg
子供の頃から何度も耳にしていた“サハリン”という地名。でもTVでも写真でもサハリンの街を見たことがなかった。近くて遠い場所だった。

港には大型クレーン車が何台も。
P8166110.jpg
客船ターミナルのような平和的な雰囲気は一切なく、重機に囲まれた殺風景な港。ロシアっぽい。

そして、到着。
P8166112.jpg
船を降り、入国審査に進む。いざ勝負!

館内には大きな麻薬犬が1匹放し飼いにされていてウロウロと動き回っている。
放し飼いて。

入国審査は1人1人に時間がかかっていて、なかなか列が進まない。後ろの方に並んしまったので手持ちぶたさでいたら、流暢な日本語を喋るロシア人に話しかけられました。どデカい荷物背負ってる女1人旅が珍しかったらしい。その方はサンクトペテルブルク出身、札幌在住で、通訳やガイドの仕事のため何十回とサハリンに来ているというサハリンマスターでした。今回は宮崎から来た陶芸家の方達の通訳のお仕事とのこと。みなさん一等席にいたから会わなかったんですね。
「今日はどこ泊まるの」と聞かれたので「決めてないんです」と言うと「はぁ???ここロシアだよ!他の国と一緒にしちゃダメだよ!!」と一喝。す、すみません。なんなら日本帰るんで許してください。

勝負に出る前に心が折れたところで、入国審査の番がやってきました。
無表情、無言の管理官に「どーもー」と小さな声で言いながらパスポートを差し出す小心者。無表情、無言で受け取り、パソコンをいじる管理官。数分経過。な、長い!どこに視線を置いていいか分からず、麻薬犬を「あーら、かわいいワンちゃんね」風に優しい眼差しで見つめるのにも限度がある。早くして-!
それからさらに書類書いたり、パスポートを隈なくチェックした挙句…

スタンプポンッ!!



入国できた\(^o^)/


こんなに緊張した入国審査は初めてかもしれません。
いやー、ロシア入れた!サハリン入れた!!


で、これからどうしよ?


我に返ったところで、先ほどのロシア人通訳と陶芸家の方達が「ユジノサハリンスク(サハリンの首府・旧豊原)まで行くから一緒に車に乗っていきなさい。ホテルも一緒に探そう。」と声をかけてくださいました。

神ですか。

そしてユジノサハリンスクまで約1時間、女性陶芸家、岡井先生とお弟子さんの車に同乗させていただきました。そこで伺ったお話が、1983年に起きた大韓航空機襲撃事件。(航路を逸脱しソビエト領空(サハリン上空)を誤って飛行してしまった民間機である大韓航空機がソ連の戦闘機に撃墜され、乗員乗客269人全員が死亡した事件)この飛行機に岡井先生の息子さん夫婦が乗っていたそうです。突然消息を絶ち、何か手がかりはないかとサハリンに通う母。事実を隠すソ連。結局、息子さん夫婦の遺体も遺品も何も戻ってこなかったそうです。
旧ソ連という国、サハリンという土地に複雑な思いを馳せながら、現在は毎年夏にサハリンで野やきを行い、現地の人と交流し、祈りを捧げているとのこと。母としての強さ、愛を感じました。
岡井先生のHPはこちらです。
初日から良い方達に出会えて本当に感謝です。


さて、ユジノサハリンスクに到着し、先生方の泊まるホテルに空きを聞いてみると1部屋だけ空いているとのこと。お値段1泊2600ルーブル。(約7500円)
高いと思うでしょ?いやいや、これサハリンではかなり安い!というのもサハリンには安宿というものが存在しなくて、さらに日本から予約する場合、必ず旅行代理店を通さないといけないので相場が13000円~20000円という驚きの値段。サハリンはオイルマネーの影響で物価が高い。そして企業がホテルを押さえているので、ホテル側も営業努力する必要がないという観光客にとっては最悪のパターン。その観光客が全然いないので困る人も少ないんですが。なので7500円でも、空いていただけラッキーと思わなければなりません。無になりましょう。

P8166122.jpg
泊まったホテル:ツーリストホテル。滞在登録無料。Wi-Fiあり。朝食なし。フロントは全く英語通じません。
        
チェックインした頃にはもう日が暮れ始めていたのでホテル周辺だけ散歩。
P8166124.jpg

だだっ広い街だなぁというのが第一印象。
P8166140.jpg

ホテルの目の前にあるスーパーで夕食を調達。
P8166142.jpg
ロシアのスーパーはお惣菜が充実してるからありがたい。

ムーミン見ながら一杯。
P8166145.jpg
そっかぁ、フィンランド、お隣の国だもんね。
でもすんごい遠いよね、サハリンから。

ふう~色々緊張した1日で疲れました。でも、入国できて良かった!

で、明日からどうする?


くしゃみと鼻水が止まりません。ここは中国…。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪


関連記事

Comment

No title

こんばんは。くしゃみは‥風邪ですかね。
気軽な(?)風邪だと信じたいです。

ビールの安さに本当にびっくりしました。
ソフトドリンクより安いですよ!

入出国、ほのぼので良かったですね。
そんな風に対応してくれるなら、お互い気持ち良くいられますよね。

お弁当の写真、素敵です。
ごはんの上の小梅をどかした後(ごはんに赤い後が!)がステキにおいしいと私は思います。
和風弁当~!すてきおいしい!(そして小梅は別の場所に移植)

No title

WAKKANAI出国スタンプは、なかなか貴重ですね!
フェリーでサハリンに行けるなんて素敵(^^♪

さーさんて人の巡り合わせが良いですね!
通訳の方に運よく出会えて、ホテルまで一緒に探してもらえるなんて\(^o^)/


そうそう、さーさんのブログを参考に、アイスランド行ってきました☆ fish&chips屋もホットドッグ屋も見つけられましたし、おかげ様でオーロラも見れましたー☆ありがとうございました(^^)/
これからも、素敵な情報楽しみにしてます♪

No title

さーさんへ

13年前に行った 稚内国際フェリーターミナルが懐かしい
です。
またロシアに行って 今中国ですか、黒龍江省のロシアとの
国境あたりかな、そのあたりで オーロラが見えるエリアが
あるそうですよ。
ロシアへは新潟とか富山(伏木)からフェリーが出てました
けど今はどうかな?。
これからのルートは前回と同じですか、そんな訳ないですよ
ね、シベリア鉄道かローカル鉄道かバス移動かな?:::。

では いい旅続けて下さい。

No title

サハリンって確かに行ったことないし
特に興味がない限り、行こうとも思わないかも・・・
近くて遠い場所ですねー。
ていうか、石油出るんだ・・・それすら知らなかった。

これからどんなことが起こるのか、楽しみにしてますね!

>na-さん
アレルギーっぽいんですよね。中国の大気汚染にやられたのか、大気汚染という言葉に気持ちが負けたのか分かりませんが、エンドレス鼻水です。バックパックの隙間という隙間に詰め込んできたローションテッシュが大活躍しています。

今まで、どれだけ酒税払ってきたんでしょうね。見えない貢献。いつか表彰していただきたいものです。

入出国のイメージってほんと大事!つい最近、とんでもない目に遭ったので余計感じます。 (その件はまたいつつか…)

梅をどかした後派!!同じく!!あそこのご飯をおかずに、もう一口ご飯食べると幸せになります。それから小梅の上にご飯を乗せて埋める派です。

>ナナさん
フィッシュ&チップス食べたんですかー!!!あぁ、蘇ります、あのサクッとした衣、、、。いつか小金持ちになったらあの店の料理人を引き抜いて日本支店作るのが私の夢です。ついでにオニオンチップ入りのホットドッグも店頭販売します。その時は是非いらしてください。オーロラは再現できませんが…('∀`)

本当に出会いには感謝しています。タイミングっておもしろいものだなぁとつくづく感じます。助けてもらえるのは、私が頼りなさそうだからかもしれませんけど(笑)

WAKKANAIスタンプ、今でも時々見てはニヤけちゃいます(*´艸`*)

>てるさん
ロシアに行くフェリーは新潟も富山も廃止になちゃったんですよー。残念。
船で外国に行けるのは島国の特権なのにもったいないですよね。

ロシアと中国の国境付近でオーロラが見れるなんて初めて聞きました!もっと北の方じゃないと見れないのかと。しかも大気汚染ひどくて太陽すら見えないのに。

今は前回とはかぶらないルートで旅してますよ~。ロシア広すぎて回りきれません。中国は…もうお腹いっぱいです(笑)

>Miyuさん
そうなんですよね。これっていう観光資源もないし、家族旅行で行くような場所でもなし。ついでにロシアのビザを取るのも面倒ときたら、なかなか選択肢に入らないですよね。
北海道をツーリンクしたついでにサハリンに行くライダーの方がちらほらいるくらいですかねぇ。

石油、出るんですよ。出るからロシアが手放さないというのも多いにあるかと。

サハリンの魅力、お伝えできるといいんですが…(^^ゞ

縺ッ縺倥a縺セ縺励※?⊂

蛻昴a縺ヲ繧ウ繝。繝ウ繝医&縺帙※縺?◆縺?縺阪∪縺吶?Ueru縺ィ繧ゅ≧縺洋縺」縺?6豁ウ縺ョ繝九?繝医〒縺吶?らャ代??2014蟷エ2譛域忰縺上i縺?↓荳也阜荳?蜻ィ繧ケ繧ソ繝シ繝井コ亥ョ壹〒縺吶?ょヵ繧ゅヶ繝ュ繧ー繧貞ァ九a縺セ縺励◆縺後?√∪縺?4蝗槭@縺丘p蜃コ譚・縺ヲ縺セ縺帙s縲よコ懊a霎シ繧薙□譌??諤昴>蜃コ繧貞ー代@縺壹▽縺ァ縺吶′youtube, facebook titter, line遲峨〒UP縺励※縺?″縺溘>縺ィ諤昴▲縺ヲ縺?∪縺吶?ゅΚ繝ュ繧キ繧ッ縺企。倥>縺励∪縺冦(._.)m

?

蜒輔?繧ウ繝。繝ウ繝医′螟峨↑譁?ュ励↓縺ェ縺」縺ィ縺」繧翫d縺吶?ゅ↑繧薙〒?滂シ溘??

>teruさん
文字化けして読めないので、よかったらまたコメントくださいね。
ブログ読んでいただいてありがとうございます。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。