プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サハリン鉄道の夜

※この話は2012年8月の出来事です。 金額は当時のレート1R(ルーブル)=2.6円で計算しています。

市内観光が終わり念願のサハリン鉄道に乗る時間になりました。

サハリン鉄道といえば宮沢賢治。
昔、宮沢賢治が岩手から青森、北海道、そして樺太と旅をした時にサハリン鉄道、もとい樺太鉄道(?)に乗り、その体験が“銀河鉄道の夜”のモチーフになったと言われているそうです。

もし今でもここが日本だったら“からふと銀河鉄道線”っていう名称になって、ユジノサハリンスクには宮沢賢治文学館ができて、“飴ニモマケズ”とかいう土産物が作られてるんだろうなぁ。
なんてことを考えながら時間を潰した駅の隣にあるハンバーガー屋。(Wi-Fiあり)

見た目通り、味は微妙。

ユジノサハリンスク駅のホーム。ロシアは改札がないので駅舎を通らず道路から直でホームにいける造りになっていることが多いです。
1345194458946.jpg
列車の色、ロシア国旗の色!

車両の入口で切符とパスポートを見せて乗車。

豪華な切符。

ロシアの鉄道で気をつけなければいけないのが時間。時刻表、切符、掲示板等すべてモスクワ時間で書いてあります。日本時間が10:00の時、サハリンは12:00、モスクワは4:00なので、切符には12:30発と書いてあるけど、実際はサハリン時間の20:30発になります。
ということを窓口で説明してくれたけどロシア語が分からなくてポカーンとしてたら、ちゃんと枠外に書いてくれました。
上が行きの切符、開放寝台(3等)1377.4R(約3600円)。
下が帰りの切符、4人用コンパートメント(2等)3434.1R(約9000円)。

サハリン鉄道に乗れる機会なんてそうそうないので違う席種がいいなぁと奮発してしまいました。ホテル代の7500円は高いと感じるのに鉄道にはすんなりお金を出してしまうふしぎ。

さて今回のルートを説明しましょう。これ鉄道のカーテンね。便利だね。
P8176229.jpg 
赤丸がユジノサハリンスク。一番北の白丸がこれから行くノグリキ。そう、鉄道で行ける北限まで行ってしまおう作戦。なぜなら長く乗っていたいから。それだけ。
ちなみにユジノサハリンスクの右下がフェリーが到着したコルサコフ。ユジノサハリンスクの左隣が次回の記事に出てくるホルムスクです。

開放寝台。
1345194697271.jpg
はりきりすぎて一番乗り。

片側に向かい合わせで4つ寝台。
1345194804549.jpg
反対側には縦に2つの寝台があります。椅子の下に荷物も入れられるし広々~。

列車が出発するとチケット&パスポートの再チェックとシーツの配布がありました。
シーツの中にはタオルも入っていて至れり尽くせり。
快適だぞ、サハリン鉄道!

というわけでいそいそ布団を敷いて…
P8176248.jpg

P8176236.jpg
おやすみなさい。












え、銀河鉄道の夜!!

リアル体験談は!!






まぁ寝たよね。

起きたら快晴でした。
P8186254.jpg

P8186263.jpg
タイガの森。これぞサハリンの景色。清々しいくらいこれ以外出てきませんけど。好きですよ、そういう潔さ。

11時間後ノグリキ到着!
1345243019798.jpg
すでにノグリキの素朴さが伝わる画像。

夕方まで荷物を預かってもらおうとしたらまさかの土日は休みという週休二日制。
1345244018108.jpg

駅前はだだっ広い空地にいくつかお店があるだけ。
P8186277.jpg
その中の一軒にダメ元で荷物を預かってもらえないか聞いてみたらニコリともせずに「いいよ」との返事。
サハリンに来て三日目。だんだんロシア人の習性が分かってきました。


無愛想、でも優しい。


荷物から解放されたので、いざ町中へ。
P8186286.jpg
この道を通って。いや道じゃない、線路を歩いて。
もちろんBGMはスタンドバイミー。

P8186297.jpg
ずっと線路を歩いていれば町に着くと聞いていたのに、途中分離帯で間違った方向に歩いてしまい入っちゃいけないところに突入。
警備員が怖い顔で飛び出してきたと思ったら、丁寧に道を教えてくれました。


無愛想、でも親切。


約一時間歩き疲れ果てて途中からバスに乗り、やっと町に到着。歩いた意味がないのはそっとしといてやってください。
P8186311.jpg
町一番の中心地…。

P8186321.jpg
町一番の大通り…。

ノグリキは現在石油、天然ガス事業の中心地となっている場所。さぞかしバブリーかと思いきや、めちゃくちゃ素朴な町。謙虚な町、好きですよ。

味のある木造の家が両脇に並んでいます。
P8186327.jpg 

P8186328.jpg

町外れにあるノグリキ市郷土博物館。
P8186329.jpg
この地に住んでいたニヴフ族が使っていた道具などが飾られている資料館。ずっと説明付で見て回らなければならず、でもロシア語が全く分からないのでお互いヘラヘラ笑ってるだけでした。

新築物件。
P8186330.jpg
日本にはない色使い。

教会はやっぱり可愛い。
P8186314.jpg
写真だと分かりにくいけど、青の銀紙を貼り付けたような屋根。花壇の手入れも行き届いていて、大事にされている教会なのが伝わってきました。

適当に見つけたカフェ(ロシアではカフェと書いて食堂と読む)で昼食。
P8186337.jpg
地球の歩き方の“ロシア料理図鑑”を食べたいものから片っ端から指差したらことごとくなくて、最終的に落ち着いたのがこれ。
ポテトグラタンwith豚肉重ね。
ロシア料理です。うまし。

デザートは定番のブリヌイ。
P8186339.jpg
クレープです。練乳がけ。あまし。

以上ノグリキ観光でした。

夕方、駅に戻って荷物を預かってくれたお店で一杯。
1345264567363.jpg
ロシアで一番人気のビール。

そして帰りは優雅に2等車。
1345271381566.jpg

1345271459093.jpg
と思いきや同じ部屋のおっちゃんのイビキが異常にうるさかったむねん。

知らないおっちゃんと二人きりで同じコンパートメントになるより、開放寝台のほうが居心地がよいことに気付きました。これからは3等にする。

こうしてひたすらタイガの森を抜けて
P8186354.jpg

11時間後、再びユジノサハリンスクに戻ってきました。
1345320200711.jpg


え、銀河鉄道の夜は!?


宮沢賢治が乗ったのは違う路線らしいよ。だから寝るよね。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪

関連記事

Comment

No title

さーさんへ

海外を旅行中 たまにはノグリキみたいな 簡素な田舎かな?
でのんびりとしたいですね。

もう中央アジアですか 早いですね、僕が今 一番行きたい
ルートです、(ウルムチ、カシュガル~カザフ、キルギス)
ああぁ~あ 行きたいよ暖かい季節にね、十分予定を立てた
たのに まだ行ってない。

ブログに載るのは、かなり先ですね。

さーさん、こんにちは(^ー^)
お久しぶりのコメントなのでなんだか照れます(^-^;

ロシア編、ちゃくちゃくと進んでますね。
まさか北方領土問題まででてくるとは思いませんでした。
わたしは歴史に疎いので、北方領土問題、勉強になりました(^ー^)
サハリンはわたしのイメージしてたロシアとは違く、少し日本の面影が見えます。でも教会の色使いは完全に日本ではないですね。

わたしも鉄道の旅好きです。
まぁ、寝ますけどw

ロシア鉄子編開幕!とおもったら快眠!
よい列車だということが伝わって参りました\(^o^)/
賢治さんも寝てたでしょう、たぶん

ロシア料理、意外とおいしそう
街一番の各所の素朴感がすてきです

>てるさん
ホテル代さえ安かったらもっとのんびりしたかったし、さらにバスでサハリン最北の町にも行ってみたかったです。

中央アジア、憧れますよね。でも、あまりにも季節外れで全然人がいません(笑)
ここは夏に来るところでした。
でもめげずに雪山行ってきます。
この話をブログに書くのは…半年後くらいですかねぇ…。

>sunさん
淋しかったですよー。sunさんは私の背中を押してくれる第一人者ですから!笑
ペース早めに更新していますが(毎日更新している人に怒られますね)、ロシア編今年いっぱいかかりそうです…爆
北方領土問題はお恥ずかしながら私もちんぷんかんぷんで。ブログやっていなければ、きちんと調べることもしなかったと思います。ちなみに宮沢賢治がサハリン旅してたのも地球の歩き方読んで知りました。
超知ったかブログですd(*・∀・)b

鉄道の揺れって心地よい眠りにつけますよね~。

>うたこさん
華々しいオープニングとはいかず、地味な幕開けでしたね。笑
これでも気持ちはあがりきってたんですけどね(*´艸`*)
きっと賢治も「白鳥すげー!やっべ!」なんてテンションあがってたはずです。(銀河鉄道の夜に出てくる白鳥駅はサハリン鉄道の駅がモデルだとか)

ロシア料理これからまだまだ出ますけど、むちゃくちゃ美味しいです。知らずに生きてて損してました~。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。