プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間宮林蔵になる

※この話は2012年8月の出来事です。金額は当時のレート1R(ルーブル)=2.6円で計算しています。

二晩連続夜行列車に乗った後も怒涛の移動は続きます。
今日のテーマは『サハリン脱出大作戦』
そろそろ次の目的地に向かいたいところですが、ここサハリンは島。移動ルートが限られています。

1.飛行機でどこかに飛ぶ
普通だね普通。
2.フェリーで稚内に戻る
ただのサハリン旅行だね。
3.ロシア大陸に船で渡れるかもしれない
…かもしれない。

3番だけ不確定要素たっぷりですが、3番に決定しました。


サウイフモノニ
ワタシハノリタイ

そもそも、このアバウトな情報をどこで手に入れたかというと
fc2_2013-11-19_14-17-43-131.png
by.Googleマップ
ホルムスク(旧真岡)という町から出ている点線が情報源です。この点線をたどるとロシア大陸のワニノという町につながっています。だからきっと船があるんじゃないかと思ったわけです。ポジティブシンキングだね!

まぁ誰かこのルート通っている人がいるだろうと調べてみたものの、7年前に旅されたおじさまのHPが1件ヒットしただけでした。。。幻の船ですか。

手探り感120%ですが、自称フットワークの軽いインドア派なので、とりあえずホルムスクへ向かうことにしました。ユジノサハリンスク駅の隣にあるバスターミナルから1時間に1本ホルムスク行きのバスあり。(516番バス、300R=780円、2時間)
まだ出発時間まで余裕があったので例の微妙な味のハンバーガー屋で時間を潰し、3分前にバス停に戻ったところすでにバスは出発していました。
この時、半年ほどアジアを旅していたのでバスは遅れるもの、時間は守らないものという暗黙の了解が身に染み付いていた私にはカルチャーショックでした。ロシアって真面目。いや、定刻前出発は反則でしょ。

今度は乗り遅れないようにバス停の前で1時間過ごし、やっと乗車。
P8196358.jpg
前日寝不足だったのでバスの中で爆睡してしまい、気付いたら窓の外に“フェリーターミナル”の文字。慌てて降りて歩き出した時気づきました。



携帯がない!!

目が醒めた時にはあったので盗られた可能性は低い。降りるまでに落としたに違いない。

バスのドアが閉まる。
慌てて駆け寄る私。
気付かずゆっくり発車するバス。
待ってー!!と叫ぶ私。
加速するバス。
全力ダッシュの私with総重量20㎏の荷物。
坂道を登るバス。
失速する私with総重量20㎏の荷物。
角を曲がるバス。

詰んだ。


携帯が…。
これで昔好きだった人の電話番号を眺めながら、まずい酒を飲むこともできなくなるのかと悲しみに暮れながら坂道を登り、角を曲がると…


バスが止まってた


駆け寄って窓ガラスに顔面押し付けて覗いたところ、座っていた席に私の携帯が!!!あったーーーー!!!

でもドアは閉まっているし、運転手はいない。時間は12時過ぎ。これはお昼ごはんに行ってるパターンですね。待ちますよ、いつまでも待ちます。

やることなくて撮った写真。
P8196363.jpg

P8196361.jpg
1時間後運転手が帰ってきて無事携帯が戻ってきました。
これでまた、まずい酒が飲める。

すっかり達成感に溢れていますが、本来の目的は1%も達成できていません。
再びフェリーターミナルに戻り切符売り場で「ワニノにいきたいです。ばじゃるーすた。」と書いた紙を差し出したところ、その紙に「24:00」と書いてくれる窓口のおばちゃん。まさかの今日、船があった!!!
筆談の結果、23時乗船、24時出港、18時切符販売ということが判明。切符売り出すの遅くない?という疑問は置いておいて、ロシア大陸に船で渡れる希望が出て一安心。
ホルムスク観光したい&お風呂に2日入っていない&この先いつ入れるか分からない&眠いということでホテルを探すことにしました。
ターミナル近くのホルムスクホテルに行ったところ満室。これだからサハリンは怖い。観光客なんて全然いないのに空きがない。港からまた坂を登り、今度はチャイカホテルへ。ここは空きがありました。1泊1000R(2600円)。休憩にしては高いけど、臭いよりはいいだろうと決定。
でも19時~22時しかお湯が出なかったので、とりあえず寝る!

起きたら外はどしゃぶり。しかも暴風。

観光は諦めました。それより船出るんだろうか…。

不安になりつつ18時、ズブ濡れになりながら切符を買いにフェリーターミナルへ。
普通にチケット買えました。
一番安いクラス(8人部屋)、1455R(約3800円)。サハリン脱出ルート確保!

ホルムスクからワニノまで。

サハリンとロシア大陸の間は間宮海峡と呼ばれています。江戸時代後期に活躍した隠密であり探検家の間宮林蔵が発見したのが名前の由来。そこを船で渡る。
いいねいいね、平成の間宮林蔵だね。

※この船は一応毎日あるようですが、時間は不定期。旅行代理店に頼む以外は直接フェリーターミナルに行って出航状況を確認するしかないようです。船会社のHPを発見し運行状況も見たのですが、当日の予定と全く違っていたのでアテにしない方がよさそうです。

港の近くにあったモニュメント。
P8196367.jpg
嵐に巻き込まれてたどり着いた人々?

日本人?アイヌ?
P8196368.jpg
ロシア語の説明理解出来ず。

どしゃぶりの中、また坂道を登ってホテルへ戻り、シャワーを浴び、22時ホテルをチェックアウトし再びフェリーターミナルへ。本日3回目。

と、長くなってしまったので今日はここまで…。


1345375926341.jpg
おじさん、どうして絶望的?
次回続く。

隠密。サウイフモノニ ワタシハナリタイ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪
関連記事

Comment

携帯危なかったですねー。
with20kgの荷物でダッシュ、、、
心中お察しします、、、

海外の交通機関てほんと困りますよね。
遅れるだけならまだしも、やつらはフライングもしますからね。
昔オーストラリアで、言われた休憩時間に戻ったら
もうバスは出発したあとだったことがありました。
バックパックだけを乗せて、、、
その後10分くらい途方にくれました。w

わたしは連絡先は消去する派です♪

No title

ふふっ。私、やっぱりさーさんの旅行話、好きだわー♪
この記事見て改めてそう思いました。
何故だか、さっぱり理由はわからないけど(笑)

鉄道あり、船あり、ロシアはいいなぁ!!
古き良き時代を旅行してるみたい。
日本でいうなら明治~昭和初期あたり?

いままでの記事でも船や鉄道はたくさん出てきたけど
ロシアっていう妙にレトロ感あるお国がそう思わせるんでしょうか。

私は連絡先消しませんけど、消さない代わりにLINEはやらない派です。
浮かび上がってくると怖いので・・・。

No title

おぉ、最近更新頻度が上がってるなぁと嬉しくなります。
川上憲伸のように、今年も頑張って下さいね^^

そうか、昔好きだった人の携帯番号見ながらお酒を呑むんですね^^
ちょっと今日やってみようと想います!笑

せつねーー。

僕は、過去に勢いで消して後悔したことがあるので、連絡先は消さない派です。まぁ、女々しいやつです。

No title

ホルムスク、見所ありましたか?(あるといいな!!)
この地名↑がなかなか覚えられません。
ホムルクスとかホムクルスとかそんな感じ、と適当に覚えていたのですが、そろそろ正式名称を覚えたいと思います。

みなさんのコメント面白いですね(・∀・)♪
私は消す派です。

昔、お別れの際、今ここで私の目の前で私の連絡先を消してくれと要求したこともあったな派。
思い出すとその徹底ぶりがおかしくて笑えます。

No title

手探り感・・・というか体当たり感満載の旅ですね!
誰も行かなそうな不確定ルートを敢えて選んで行くとこに、さーさんの旅人としてのカッコ良さを感じます。男前!


携帯取り戻せて良かったですね(^^♪

私は消す派です。

あまり過去は振り返りたくないので・・・(>_<)

No title

消してない男って誰?
アイツか?いや、アイツか!!

Googleの点線だけで、行き先決める?
あなたくらいですよ、そんなチャレンジャー。
さすがサユリ・デラックス。
あ、コレは禁句でした?

それにしてもこのブログ、約1年3ヵ月前でしょ?
果てしないね・・・。
続き楽しみにしてます。

>sunさん
荷物の中で一番なくしたくないのが携帯ですからね、そりゃもう必死でした。

休憩後、人数確認もせずに出発するバスありますよね。あと休憩時間が“適当”っていうパターンも困りもんです。いつ出発するか分からないからトイレだけ行ってさっさとバスに戻ったら30分以上誰も帰ってこないとか。ぽっつーんですよ。
しかし、置いていかれて10分で立ち直れるのが素晴らしい!私だったら30分は呆然としますね。

そこらへんが消去する派としない派の分かれ目でしょうか。笑

>Miyuさん
えっと私の旅話が好きな理由、3行にまとめて語ってくれると嬉しいんですけど!!笑
褒められると伸びるタイプなもんで。

確かに、他の国にはない旅情があるんですよね。ロシアには。すぐ下の中国とは大違い。北国の寂しさとそれに耐えるロシア人の風情が妙にマッチしていて、よく津軽海峡冬景色を口ずさんでいました。

出ました、消さない派!
LINE・・・旅に出た後に流行ったので全く導入してないんですが、これ消さない派にとっては厄介なやつですね。メモしておきます。

>つじおさん
お怪我大丈夫ですか!?もうブログ読んでてヒャッとしましたよ。私だったらイタイイタイ大騒ぎして病人ぶるところですが、さすがつじおさん。井端のような不屈の精神でこれからも乗り切ってくださいね。
そして泣きたい時には電話番号を・・・。

多分、男の人の方が多いですよね、消さない派。
私は3年に1回程、泥酔した時に電話番号一掃セールします。中途半端に電話番号交換しちゃった人達含め、ブチブチ削除していくあの瞬間ほどすっきりすることはありません。


>na-さん
ホルムスク、博物館があった気がしますが暴風雨に負けて行かなかったのでなんとも。他に見所を見つけられなかったこともお伝えさせていただきます。
ロシアの地名は“なんちゃらスク”が多いので脳みそごっちゃごちゃです。でも「ホル・・・ホル・・・」とか言ってれば相手が察してくれるので大丈夫だと思います。肝心なのは最初の二文字ということで。

ほんと、今回のコメントはみなさんの傾向と対策が分かって面白いです。笑

もしかしてもしかすると、あの人から電話がかかってくかもしれないなんて期待もしないし、したくもない派ですね。潔い!!


>ナナさん
さすがにサハリン旅行で終わってしまっては女がすたると思って、がんばってみました。笑
昔の人はその先になにがあるのかも分からないで探検してたんですから、すごい精神力ですよね。私も新大陸発見とかやってみたかったなぁ。

過去は振り返りたくない・・・ナナさんこそ男前っ!!
私、ちらっちら振り返りますからね。ちらっちら。

>香織
アイツは消したけどアイツとアイツは消してません。

Googleマップは私のガイドブックだからね。あれ見てると夢が広がる。朝青龍の体積くらい夢が広がる。
ビールの飲みながらそんなことボーッと考えてるからお酒が進んじゃうんだね。今日もマツコへの道まっしぐら。

ついでにいうと1年6ヶ月前に旅したチベットやインドのことも書いてないからね。当面ネタ提供は尽きません。
婚活で忙しくなる前に書きあげなきゃね!きゃっ!

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。