プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア横断鉄道の旅-はじまり-

※この話は2012年8月の出来事です。
金額は当時のレート1R=2.6円で計算しています。


ついに、ついに夢に見たこの日がやってきました。

今回の旅に出るにあたって絶対譲れなかったのがロシアを鉄道で横断したいというかねてからの夢。そのために、わざわざ日本に一時帰国をしてロシアのビザを取り、わけの分からないルートでここまでやってきたのです。
大滝詠一の“さらばシベリア鉄道”を聞きながら地図を眺めては何度妄想したことでしょう。哀しみの裏側に何があるのか私は見てみたい。

そんな憧れの旅を船が到着したワニノという港町から始めることにしました。でもね…


シベリア鉄道じゃないよ、バム鉄道!!
ロシアで鉄道に乗ったというと100%「シベリア鉄道っすか?」と聞かれるけど答えはニエーット!

ロシア鉄道図
800px-Ayam-route-map.png
赤のラインがシベリア鉄道。緑のラインがバム鉄道。

バム鉄道=BAM鉄道=バイカル・アムール鉄道。東の果てソヴィエツカヤ・ガヴァニ駅からシベリア鉄道のさらに北を走り、ロシアの真ん中にあるタイシェット駅までを結ぶ路線。バム鉄道もまた、シベリア抑留者の日本人が建設に携わり、命をかけてつくられた鉄道です。どうか今後、お見知りおきを。



さて、話をワニノ駅のホテルで泥のように寝ていたところに戻します。

部屋に一人の女性がやってきました。時計を見るとすでに朝11時。彼女はビエラと名乗る70歳近いおばあさんで、夜の列車まで時間があるので休憩しに来たと言いました。ロシア人らしくあまり笑わない彼女が寝る準備をし始めたのと反対に私は起きる準備。できれば今日、列車に乗って先に進みたいのです。切符を買いに行ってくると彼女に伝えると「私も一緒に行く」と起き上がってついてきます。「あなたはロシア語が喋れないでしょう」と。

ホテルのすぐ下が切符売り場なので、すぐに到着。ビエラが「私と同じ列車、同じ車両にしてちょうだい」と交渉してくれたおかげでなんなく切符が買えました。
ワニノ→コムソモリスク・ナ・アムーレ 3等894.3R(約2400円)
コムソモリスク・ナ・アムーレ→ティンダ 3等1825.8R (約4800円)

※バム鉄道はソヴィエツカヤ・ガヴァニ→タイシェット間の直行がなく必ずコムソモリスク・ナ・アムーレとティンダで乗り換る必要あり。でも昼間観光できるのでちょうどいい。
ティンダ以降はまた考えることにしました。

「ありがとう。これからご飯を食べに行ってくるね。」とビエラに伝えると「私も一緒にいくわ」とついてきました。「あなたはロシア語が読めないでしょう」と。そして駅の近くのレストランに入り、代わりに食事を注文してくれ、そして自分は何も食べずに私が食べ終わるのを待っててくれました。

無理に話しかけるでもなく静かに見守ってくれる姿はとても自然な優しさで、それまでロシア人は冷たい、笑わない、他人に関心を持たないと感じていた私にとって、初めて心温まる気持ちにさせてくれた人でした。

結局、食後の散歩にも付き合ってくれて、一緒にワニノを散策。
P8216403.jpg
こう見えても町の中心部。

P8216389.jpg
こぢんまりとした港町でこれといった見所もありませんが、ロシアというもの自体が珍しくて、すべてにワクワクしてしまう。

お約束のレーニンとその前で謎のダンスをする少女。
P8216397.jpg

あとは団地の中をぶらぶらと歩く。
P8216393.jpg

P8216400.jpg

P8216407.jpg
野花がシベリアの短い夏を教えてくれました。


ホテルに戻るとすぐにイビキをかいて寝てしまったビエラ。疲れていただろうに当たり前のように付き添ってくれて、本当にありがとう。


夕方、私達の列車の出発する時間になりました。

ワニノ駅
P8216431.jpg
無駄に大きい。

駅のホーム
P8216419.jpg
無駄に広い。

記念すべき1本目の列車
P8216427.jpg
サハリン鉄道と違ってスタイリッシュ。

開放寝台(3等)
P8216429.jpg

P8216433.jpg
キレイだー。最高の寝床だー。
しばらくお世話になります、バム鉄道。

と、ここで突然ですがロシアの鉄道攻略法をご紹介。

その1.キリル文字を覚えよう
車両には必ず時刻表が貼りだされています。
1345698039211.jpg
駅名、到着時間、出発時間、停車時間が書かれています。
これを解読できると、自由度が一気にあがります。「3時間後に20分休憩がある!」とか「それまでに手持ちのビール飲んでしまってもいいんだ!」とか。

ロシア語で使われている文字はキリル文字。例えば
(゚д゚) の д はキリル文字。アルファベットのDにあたります。
アルファベットと同じ、または似ている文字が多いので比較的覚えるのは簡単。キリル文字さえ読めれば「ここどこ(゚д゚)!?」と怯えることもなくなるでしょう。

その2.時差を把握しよう
前にも書きましたが、ロシアの鉄道の時刻はすべてモスクワタイム表記。ロシア内にはいくつも時差地域があるので、今いるところがモスクワと何時間違うのか知っていることが重要。寝ている間に時差が変わっていることもあるので、降りようと思っていた駅をすでに通り過ぎていてビールを買いそびれたなんてことのないように気をつけましょう。

その3.カップラーメンを持ち込もう
中国の列車と同じで各車両に給湯器があります。
1346232280132.jpg
鉄道に乗っているロシア人の92%が同じ種類のカップラーメンを食べています。ひたすらに。一緒に食べればあなたもロシア人。

その4.嗜好品を持ち込もう

1346144929981.jpg
例えばビールとかビールとかビールです。きっとあなたを癒してくれるでしょう。
※だがしかし、ここで残念なお知らせがあります。2013年10月現在、どうも車両内での飲酒が禁止されたようです。去年はみんなグダグダに飲んでいたのに、今年は皆無。どうしたロシア!

食料は1日1~2回数十分停車する駅があるので、外に出て買い物することも可能です。駅には必ずキオスクがあります。(ちょっと高いけど) あと、ホームには物売りの人達がいたんですが…
1346165923693-001.jpg
2013年10月現在、これも禁止になったようです。どうしたロシア!!
でも駅を一歩出れば、たくさんいます。手作りのピロシキやサモサ、チキンなんかも売っているのでカップラーメンに飽きた方はどうぞ。

後はお好みで暇つぶし道具をお持ちください。3等の場合、電源は車両の出入口に1つづつありますが争奪戦ですので電化製品への過度な期待は禁物です。世界一退屈な鉄道と呼ばれるシベリア鉄道のさらに田舎を走るバム鉄道です。妄想以外やることがない、という素敵な世界を楽しむのもこれまたオツですが。


さて最後に世界の車窓から《ワニノ編》をお送りしてお別れしたいと思います。
♪トゥルットゥットゥートゥトゥールトゥートゥートゥー♪

曇り空のワニノを定刻出発した鉄道はドゥムニエル川沿いをひたすら走り
P8216440.jpg

P8216452.jpg

P8216468.jpg

時々小さな駅に止まり
P8216494.jpg

夜を迎えました。
P8216503.jpg

こんな毎日があと何日続くんでしょう。長い長い旅が始まりました。


無駄に3週間滞在したキルギスを離れる時がやってきました。
ここで得たものは脂肪のみ。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪

関連記事

Comment

そんな・・・!!(´Д`)

こんばんは。
このブログに影響を受けて、ロシアに憧れを抱いている世界一周準備ブログの者です。

いつも素敵な情報、ありがとうございます。

鉄道内で飲酒できないの、超ショックなんですけど!!!
調べてみたら、最近ロシアで「公共の場で飲酒を禁止する」っていう法律ができたようですね。

シベリア鉄道で酒盛りするのが楽しみだったのに・・・
長い乗車時間の楽しみがぁぁ・・・(´Д`)どうしよ

引き続き、ロシア編の記事、楽しみにしてますね★

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは!
いつも楽しみにブログ拝見しています!
私、いまマレーシアのジョホールに住んでいるんですが、さーさんんのブログを見て、ジャングルへ行きたい欲が暴走中です!
でもヒルがでるなんて怖いなー、、、

マレーシアに来た際には是非ぜひお家に寄ってください!
さーさんとお話してみたい〜。

リアルタイムは今どこへいらっしゃるのでしょうかw

No title

更新が早い!!

No title

鉄子なさーさん、キターo(≧∇≦)o
樺太からの船とは比べ物にならないくらい
きれいでよかったですね。

なんか釧路湿原の中を走る電車みたい。
なーにんもなくて、ただ雄大な景色だけが流れていく。
最初はいいでしょうけど、長旅なら途中で飽きるでしょうね、ほんと(笑)

地図見ると鉄道長いですね。
まさかとは思うけど端から端まで乗ったんですか??
バム鉄道+シベリア鉄道を制覇したとか??

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

さーさんキルギスにいらっしゃったんですね^ ^
その辺りのお話もぜひ聞きたい!楽しみにしています♪
バム鉄道始めて聞きました
バイカルっていうからには湖みえるのかしら??
アルコールを公共の場で飲めない国って増えてきてるみたいですねー

>Nさん
そうなんですよー!誰もお酒飲んでいないなんて衝撃の光景でした。
去年はキオスクでビール買えたんですけど、今年はそれすらなくて。ただ、最初に持ち込んだビール飲んでたら車掌や見回りの警察からはなにも言われなかったんで実際のところ???なんですよね。近くいたおっちゃんは隠れてウォッカ飲んでて警察に注意されていましたw
アルコール度数が11%?12%以上かで飲める場所も変わってくるとか!?
とにかく酒盛り列車は期待したい方が良いかと思われます。悲しいけれど…。


>ともさん
はじめまして。コメントありがとうございます!
遠い場所からこのブログを読んでいただいているのかと思うと嬉しくてニヤニヤしてしまいます!
東ティモール…もう1度行ってみたい国の一つです。インドネシアともまた違う雰囲気でとても印象的でした。もし機会があれば是非♪
あぁ、ナシゴレン食べたい。

>34歳子持ち女さん
こんにちは。今まで主婦層の方からのコメントが極端に少なかったので光栄です!
しかもジャングルが気になってるなんて、たくましい!!笑
あの時は道に迷ってる方が恐ろしくてヒルにかまってる場合じゃなかったのすが、後からみたら血だらけって気持ち悪いですよねw
ブンブンさえ行かなければちょっぴり楽しいジャングル体験で済みますので、よかったらご家族でどうぞ^^;
今は中央アジアを旅しています。東南アジアが遠ざかっていますが、いつか機会があれば肉骨茶でも食べながらお話したいですね☆

>香織
褒めていただいたところ恐縮ですが更新止まります。タジキスタン、Wi-Fiがつながらない!!

>Miyuさん
鉄子inロシア、ついに開幕です!
これからひたすら鉄道記事続きますよー。同じ写真が何枚も出てきてるように感じるかもしれませんが、全部違う場所ですからね!(笑)そして、どこまで乗ったかは…ふふ。
路線自体少なくて東⇔西って感じでシンプルですが距離数にしたらとんでもないことになるんですよね。
ロシア広すぎます。

釧路湿原、私も鉄道で旅しました!冬は鶴もやってきて、美しい光景ですよね。
日本酒が合いますな♪

>nabeさん
コメント&応援ありがとうございます。

今、ネット環境の悪い場所にいるので、また繋がるところに行ったらブログ読ませていただきますね。
nabeさんもどうぞお体に気をつけてお過ごしください。

>うたこさん
そうなんです、キルギスで中央アジアの洗礼“ビザ地獄”にはまっていました(^_^;)
やっと先に進めましたが、なんか色々あって…いつか書きますんで首をながーく、ながーくして待っていてください(笑)
バム鉄道、私もロシア行きを計画するまで知りませんでした。でもこれがなんなかオツな鉄道で…バイカル湖ももちろん!
屋外でのアルコール禁止&販売時間制限、ほんと多くなりましたね。先日帰国した際、日本ってなんておおらかなんだろうって思いました。このままでいて欲しいと切に願います。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。