プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たべろぐinロシア

※この話は2012年9月の出来事です。

ロシア編を締めくくる前にやっぱり紹介しておきたいのがロシア料理。サンクトペテルブルクでご飯が食べられないという不測の事態に陥ってしまったのでいつもより紹介できるものが少ないのですが、ロシア料理はピロシキだけじゃないんだぞ!というところをお伝えできればいいなと思います。

基本的にロシア料理はサラダ、スープ、パン、メインを選べ、それにビールだのウォッカだのビールだの飲むんで、そりゃ太るの当たり前な内容になっています。味付けも塩分濃いものが多いので高血圧まっしぐら。だってロシア人男性の平均寿命63歳ですよ。(2009統計)

飲み過ぎ!!
人のこと言えないけど…。

1345679528545.jpg
さきいか売ってるからお酒が止まらないのは理解できますけどね。

ロシアに来て感心したのは、やっぱり酒飲みは酒に合うものを知ってるなってことです。前に紹介したオームリの燻製を筆頭につまみに困ることはありません。

ニシンの塩漬けのサラダ
P8307401.jpg
脂ののったニシンがビールに合う!
赤いのは酢漬けのビーツ。日本での梅干しレベルの食卓の定番。その下には黒パン。色合いも綺麗ですよねー。

魚といえばあちこちで寿司屋も見かけました。世界のSUSHI!!
P8317601.jpg

1346658752299.jpg
ロシア料理で満たされていたので素通りしましたが。

スーパーに行けばお惣菜売り場も充実しているので便利。
1345110703678.jpg
香草を使った料理が多いので好き嫌いはあるかもしれないけど総じておいしいです。部屋飲みにぴったり。

モスクワ市内にあったセルフサービス式のチェーン店。
P8306953.jpg
ポークソテーwithチーズ。肉料理をがっつりいただけるのもいいですよねー。

で、この時食べたのが、シベリア鉄道日記最終日に書いていたおいしくないボルシチ。
P8306954.jpg
正確に言うと“初めてボルシチを食べて甘いものだと思っていなかったので「なんだこりゃ。あっまー!」と驚いてしまった”です。ボルシチに欠かせないビーツ(ニシンのサラダでも登場)は日本名で“砂糖大根”と呼ばれる玉ねぎ位の大きさの野菜。見かけはジャガイモみたいな色ですが切ると真っ赤。甘みが強く、自宅でボルシチを作る時には半分~1個で充分だとか。他には玉ねぎや人参、キャベツが入っていて肉は牛豚鶏なんでも合います。つまりボルシチにビーツが入っていなかったらただの野菜スープです。この独特の甘みがあってこそボルシチなわけで、はじめはびっくりしてしまったけど慣れたらおいしく感じて今や好物です。

でも私がロシアのスープで一番好きなのはウハー。魚のスープのことなんですが、タラなどの白身魚でダシをとった透き通ったスープが日本の鍋を感じさせて、何杯でも飲みたくなる味でした。(写真撮り忘れた)

スープといえばもうひとつ、ロシア版水餃子ことペリメニ。
1346326259820.jpg
モチモチっとした分厚い皮が特徴で、中味は肉やチーズやボテト、それからベリー系のデザートペリメニまであります。イチゴ水餃子とか食べられます?私はNO!でした…。
ペリメニだけで出てくることもあるけど、スープに入っていることもしばしば。そしてサワークリーム(スメタナ)を入れて食べます。サハリンから乗った船で食べた鮭ペリメニが忘れられなくてモスクワで探したけど肉ペリメニしか見つけられず。もう一度乗るしかないのか史上最低の船。

さて、サンクトペテルブルグで唯一外食したのがこちら。
P9089626.jpg
日本領事館のななめ向かいにある半地下のお店。

なんとなくかわいかったので入ってみたら…
P9089606.jpg
本当にかわいかった!なにここロシア!?
やっぱりサンクトペテルブルグは他の街と違う…。

そういえば飲んでいなかったロシアンティー。
P9089619.jpg
自家製のジャムが程よい甘みで(ロシア人は砂糖摂取量も半端ない)、弱った体に優しい。手前のサラダはオリヴィエ・サラダ。ロシアでサラダを言えばこれ。角切りにしたじゃがいも、人参、きゅうりのピクルス、グリーンピースなどがマヨネーズで和えられています。つまりマヨネーズサラダです。

メインはクレイポット(土鍋)料理。
P9089622.jpg
トマトとチーズとサワークリームと…何入ってたかな。(写ってるものを言ってるだけ)
熱々でこれまた優しいお味。ほっとするわ~。

デザートはピスタチオのアイスクリーム。
P9089624.jpg
最後の最後までかわいらしいお料理で女子力が上がった気がします。
あれでしょ、カフェ巡りとかしたら女子力上がるんでしょ。

本当はサンクトペテルブルグではビーフストロガノフを食べたかったんですが体調不良により不戦敗です。ビーフストロガノフはロシアの貴族だったストロガノフ伯爵(美食家)の料理人が考案したのだとか。サンクトペテルブルグにはストロガノフ邸が残っていてそこにあるレストランでいただけるらしいです。美食家って聞いたの来栖けい以来かも。あれは美食の王様か。


気を取り直して再びモスクワ。美しすぎる百貨店ことグム百貨店にあるフードコートで食べたピロシキ、ブリヌイ、サーモンサラダ。
P8307153.jpg
美しすぎるピロシキ。(何味か忘れた)
その右隣はロシア版クレープのブリヌイ。(何味か忘れた)
なぜ記憶喪失になっているかというと、目の前に座っていた美しすぎるロシア人男性に見惚れていたからです。美食家失格。ロシア人ってのっぺりした悲しい顔系(プーチン系)の男性が多くてここまでなにひとつときめかなかったのですがグム百貨店の奇跡が起きました。

それはさておきブリヌイは食事系からデザート系まで種類豊富。
P9027832.jpg
ブリヌイとウハー。(この時のウハーは鮭のクリームスープでした)

そんなブリヌイでどうしても食べておきたかったのがこれ!
1346403357259.jpg
イクラのブリヌイ!!贅沢!!
イクラは日本人の魂!とさえ思っていましたが、イクラってロシア語だったんですね。魚卵のことをイクラと呼ぶので鮭の卵とは限らないんですが、スーパーに行けばバケツでイクラが売ってるし、パンの上にたっぷりイクラのせて食べてるし、ロシア人のイクラ魂は日本以上かもしれません。悔しいけれど。
で、イクラのブリヌイですが想像しているまんまの味です。クレープにイクラ入れた感じ。ノンシュガーの生クリームも意外と合います。でもやっぱりイクラは寿司がいい!

手軽に食べられる一品といえばロシア版ファーストフード店『クローシュカ・カルト―シュカ』
P9017630.jpg
カルトーシュカはロシア語で“じゃがいも”。店名通り、大きなじゃがいもをまるごとオーブンで焼き、それにいろいろなトッピングを追加して食べます。

1346495024916.jpg
ロシアならではの具材も多い中、ハム&チーズをチョイスした冒険しない女。ハムに弱い女とも言う。もう1つはマヨキノコみたいなの。おなかふくれます。

それからアメリカ版ファーストフードもちゃんとありました。
P9027827.jpg
マクドナルド!!しかもロシア限定バーガー。黒パンにビーフパテ、味はケチャップマヨ。これが激ウマー!!酸味のある黒パンが肉々しいパテをうまく緩和していて絶妙なマッチング。ファーストフード大好き人間として数々の世界のマクドナルドを渡り歩いて来ましたが、限定バーガーNo.1の称号を与えることに決めました。あんたはウマい!!ついでに海老ナゲットもウマい!!

じゃぁロシア料理No.1はなんだったのかと言われればこれしかありません。
P9038608.jpg
キエフ風カツレツ。
他にもニシンのマリネ、ジュリエン(キノコのグラタン)、アクローシュカ(前に紹介したクワスという酸味のある飲み物に刻んだ野菜を入れた冷製スープ)とロシア料理満載プレート。アクローシュカはちょっと苦手でしたけど…。

キエフ風カツレツは鶏肉の中にバターが入っていてナイフで切るとこの通り。
P9038620.jpg
バターがじゅわじゅわ~~~。
たまらんのぉ!!

キエフというとウクライナの首都で、これはウクライナ料理と言われることが多いんですが本当はサンクトペテルブルグのキエフ通りにあったレストランが発祥の地で、でもそんなことはとうに忘れられウクライナの人ですら郷土料理だと思い込んでいるらしいです。

うん、美味しいならなんでもよし!!


まったく期待していなかったロシア料理という分野。蓋を開けてみれば美食の数々に食いしん坊も大満足でした。
世界三大料理は中華料理、フランス料理、トルコ料理と言われていますが、私の中では韓国料理、イタリア料理、ロシア料理を世界三大料理に認定したいと思います!!
※日本料理は永久名誉料理なので審査対象外


次回、ついにロシア編最終回!でも熱でダウンしています。ふぅ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪

関連記事

Comment

No title

同じ食材でも、食文化の違いで、まるっきり別の食べ物になってるのがおもしろいです。そんな中で、マクドナルドのロシア限定バーガーは、ちょっと想像できるおいしさですwケチャップマヨ好きなんですが、私的には、それにタバスコを滴下し、まぜまぜすると最高です。あ、マクドナルドにはタバスコ置いてないかw

クレイポット料理もいいですね。中に何が入っていたのか気になります。これも私的には、寒鱈をぶつ切りにして、白子や内臓、頭まで一緒に味噌で煮て、豆腐と斜め切りにしたネギを入れて、純米大吟醸酒などかーっとあおって・・・、もはやこれ、ロシアのクレイポット料理じゃなく、鱈鍋か。(ウチの地方では臓物も入っているのはどんがら汁といいます)

デザートにアイスとか、女子してますね(笑)

No title

待ってました!食べログinロシア!!
料理の説明が細かくて、よく調べたなーと感心してしまいました。
数々の食べログシリーズの中でも特に気合が入っていたような気がするのはわたしの気のせいでしょうか?(^-^)
ロシアに対する熱い思い、しかと受け止めましたw

熱でダウンとのこと大丈夫でしょうか?
異国の地での体調不良は精神的にも辛いですよね。
宿のスタッフでも宿泊客でも、気に掛けてくれる人がいるといいんですが・・・
無理しないでゆっくり休んでください。

No title

ロシア料理意外と美味しいですよね
なんだか寒いイメージ&共産国家のイメージからそう思っていたら意外と野菜もよく使ったり美味しいものが多くてびっくりでした

それにしても平均寿命みじかいですねー
やっぱり旅するのに面白い国かな♪

体調早く回復しますように!お大事に

メロンは?

ウクライナ料理、焼メロンは食べなかったの?

No title

へえー、ボルシチは甘いんですか。
それは新たな発見かも。勝手にトマト味なんだと思ってました(笑)

キエフ風カツレツ、食べてみたいなぁ。
ペリメニもおいしそう♪

なんかね、ニシンとかいくらのクレープとか
どっかで見たことある食べ物が多いなと思ったら
最近ソチ冬季オリンピックの関係で
ロシア特集してるテレビが多いからだ!

さーさん、巡り巡ってブームに乗ってますよ!!

>BBさん
だーかーらー、白子とか味噌とか純米大吟醸は禁句ですってーー!!!(笑)
この里心ついた感じ、どうしてくれるんですかw

ケチャップマヨにタバスコ落とすの、たまらないですね。それ採用しましょう。
そういえばロシア料理って辛い味付けがなかったなぁ。寒い国なのに。唐辛子よりウォッカで暖を取る派なんでしょうね。

このブログに足りないもの、薄々気付いてたんです…。これからは酒場巡りよりカフェ巡りを合言葉にしたいと思います。チョコレート大好き!みたいなキャラでいいですかね。

>sunさん
私のロシア愛を受け止めてくださりありがとうございます(笑)
ロシア料理で使う食材って日本で手に入りにくいものが多いので再現したいけど難しそうなんですよねぇ(T_T)あ、ボルシチの素は買いました。おいしいんかな、これ(笑)

体調はやっとよくなりました。ご心配かけてすみません。食べ物がおいしい国にいたの、ひたすらスープをすすって生き延びていました。サンクトペテルブルグの再来です(>_<)やっぱり健康って大事ですね。調子のらない程度にお酒解禁したいと思います。

>うたこさん
そうなんです、意外にもおいしかったんです!ずっとピロシキ食べて過ごすのかなぁと思ってたんですけど食事には全く困りませんでした^^アジアよりは西洋の影響が大きいんでしょうが、ビーツやサワークリーム使った料理なんてロシア独特ですよね。

それなりに医療の発達した国でこの平均寿命は異常ですよね。成人病って怖い…。でもお酒やめられない…。

熱も下がってやっと旅再開できました。久しぶりにお肉食べて力つけてます♥

>日本のテキサスに住むアイドルさん
な、な、なんと!焼メロン見かけなかったんですよー。あれ、有名料理じゃないんですかね!?
ウクライナ行ったらまた探してみます。

>Miyuさん
私はボルシチって酸っぱいイメージでした。なんとなく名前から(笑)

えー、ロシア特集なんてやってるんですね。気になるー!!ブームにのっかりたーい!!
ソチって今いるグルジアの国境のすぐ近くの街なんですよね。地図で見てたら急に行きたくなってしまって、オリンピックのチケット探したら結構残ってるんですよ。ただ…ロシアビザの壁が厚すぎるー!(泣)

あぁロシア…。(オリンピックよりロシアに行きたいだけ)

No title

ロシア料理、そんなに美味しいんですねー。

私、一度もロシアでレストランに入れませんでした。当時は外国人が入れるところはバカ高くて、いつも屋台とか駅のスタンドで飢えをしのいでたんですよ。泣

当時は街の雰囲気も人々の表情も暗くて、華やかさゼロ。しかも滞在していたのが秋だったからまた寂しくて・・・。

夏のロシアに美味しいものを食べに行きたいです。

ところでさーさん、今ヨーロッパにいらっしゃるの?
バルセロナにも来る?来る??

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>BCN巳年女さん
行く行く―ヽ(・∀・ )ノ

いや、実のところまだコーカサスでウロウロしてて(笑)でもこの後ロカ岬目指したいなぁと思っているので、スペインで巳年女さんとのバル巡り、勝手に楽しみにしています。もしどこか旅に出ていないようでしたらワイン祭り開催しましょう!

ロシア、一昔前に比べたらだいぶ開けたんでしょうね。美味しい物を食べられた国とそうでない国ってそれだけで印象変わっちゃいますよね。今回美味しいものに巡り会えなかったらこんなに好きになっていなかったかも…。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。