プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックパッカー・オブ・カリビアン


ガイアナの次に向かうのは、カリブの島々です。約5ヶ月間過ごした南米大陸と本当にさよならする時がやってきました。しかし全く感傷に浸っていません。気持ちはカリブに飛んでいます。あでぃおーす。

お気づきの方も多いかと思いますが、私の旅にはビーチがほとんど登場しません。なぜなら暑いのが苦手だからです。あと海で泳ぐのも苦手です。足が届かないとパニックになって溺れて死にます。他にも一人でビーチに行って海に入る間、貴重品を砂に埋めて盗まれないかドキドキしているのも心臓によくないですし、日焼けしたくないという腐った理由もあります。
一言でまとめるならビーチに興味がないんですね。

そんな私が世界有数のリゾート地カリブ海に行くのは、出発前から絶対に行くと決めていた場所があるからです。全くビーチと関係ありません。つまるところ、エクアドル・田辺農園に続く“ありがとうが言いたくて-第2章-”です。(虎舞竜みたいに13章も続かないので安心してください。今のところ第3章で終わる予定です)
その島に行くルートを探してみたら直行で行くのも、他の島を回りながら行くのも金額が変わらなかったので、ちょろっとカリブの島巡りでもしてみるかということになりました。

まずは1つ目に向かった島は、バルバドスです。
バルバトス
カリブに浮かぶ島の中で最も東にあります。

バルバドスは国民の90%がアフリカ系、公用語は英語。通貨はバルバドスドル(BB$)。※1US$→2BBの固定レート

そしてバルバドスが生んだスーパースターと言えば…




2385370026_9a73b0340d.jpg

リアーナ
ちなみにお母さんはガイアナ出身だそうです。

それから…

P6112056.jpg

MALIBU
ラム酒発祥の地はバルバドス。そして酒造会社の従業員が遊び半分でラム酒にココナッツを入れたのが、このMALIBUの始まりと言われているそうです。

小さな島にしては、なかなかBIGなヒットを生み出しています。そんなバルバドスです。

ちなみに今回ルートを決める際、利用を検討した航空会社は【Liat Air】※全ての島から発着がある主要航空会社【Caribbean Air】【Insel Air】【DAE Air】などなどです。
この地域はスカイスキャナー等の航空券検索サイトでヒットしないことも多いので自力で探した方が良いチケットが見つかると思います。船は本島から周りの離島に行く船はあっても全体を周遊するような貨客船は見つかりませんでした。残念。カリブ海豪華クルーズであればたくさんあります。(クルーズの割引プランを使えば飛行機で回るより安いと思います。ただ、寄港地に半日くらいしかいられないこと、一人参加だと二人分の料金がかかってしまうことが多いです)

あと、カリブの国に行く際、注意しなければいけないのが出国のチケットが必要であるということ。カリブの国は観光で潤っているためか不法労働者が多いようで、思いの外入国審査が厳しいです。私の場合、チェックインの際、毎回出国のチケットの確認がありました。出国のチケットを用意するということは、その島に何日滞在するか決めておかなければいけないので大変窮屈ではありますが致し方ありません。お国に従いましょう。


さて、話を戻してガイアナからバルバトスに向かう日の朝。
チェックイン時お金で揉めた宿を出ようとしたら「鍵のデポジットを返さない」と言い出してまたお金で揉めました。ほんと勘弁してくださいよ。しかも「そんなに欲しいならこの鍵をあげるわ。これがお金のか・わ・り」とふざけた態度を取ってきて、ハラワタが煮えくり返って今すぐへそで茶を沸かせそうでした。結局お話にならないので鍵をもらい1Fのお店でデポジット代を返してもらいましたが、もう二度とこの宿は使わないと心に決めた次第です。ガイアナに来ることも二度とないので必要のない決意かもしれませんが。

無駄な労力を使ったところでジョージタウンの国際空港へ移動です。宿から空港行きのミニバスが出ているマーケットまでタクシーで移動。歩いても15分くらいなのですが、ここはジョージタウン。気を抜いてはいけないなと思ってやめました。

ミニバスに乗り無事空港に到着。ここでプライオリティカード(空港ラウンジを無料で利用できるカード)をちらつかせて優雅にビールなどいただきました。
fc2_2014-03-05_01-04-13-422.jpg
そうしましたら後日、ラウンジ利用料が引き落とされていてびつくりしました。なんでも私にお連れ様がいたからということなんですが、あれですかその人は私の右肩に乗っているあの人のことですか。それなら平家の落武者なんで気にしないでください。という説明が通ったのかは不明ですが何度か電話でやり取りした結果、一人でいたことが認められお金が戻ってきました。なんだか最後の最後までお金で揉めたガイアナでした。

そんな後ろ髪一本引かれないガイアナを後にして到着したバルバトスの空港。
びつくりしました。
P6101953.jpg
違う、何もかもが違う。
飛行機が到着する度わさわさ降りてくるヨーロピアン達、長期休暇を過ごすための大きなスーツケースがごろごろ回っているターンテーブル、テキパキと進む入国審査、日差しの舞い込むロビー、客引きしてこないタクシーの運転手。
あぁリゾート地!!バルバドスなんて聞いたこともないし、そうそう人来ないだろなんて思ってて、ほんとさーせんでしたっ!!

きったないバックパックを背負ってこの空港に降り立った肩身の狭さ。そそくさと逃げるようにバス停に行き、公共バスで宿まで向かいます。空港から首都ブリッジタウン行きのバスに乗り、途中のセント・ローセンスギャップで降ります。(2BB$・約15分)
DSC_6741.jpg
このDivi Southwinds Resortの前で降り、海の方面に向かって小道を入って行くと泊まるRio Guesthouseがあります。シングル(バス・トイレ共同)1泊25US$くらいだったかな?島一番の安宿です。カリブは物価高いので致し方ありません。お国に従いましょう。

この日はもう夕方だったので夕食食べておしまい。
DSC_6739.jpg
カリブとは似ても似つかない中華料理。宿から1分。おいしかったです。
スタッフの中国人が「どこから来たの?私はバルバドスに来て1年になるんだけど全く英語が喋れないの。とっても退屈だわ」と中国語で話しかけてきた通り、一言もこの国の公用語である英語が話せませんでした。あくまでも我が道を行くスタイルに感心したバルバドス1日目の夜でした。

こうしてビーチと無縁な人間がゆく、カリブの島巡りが始まりました。カリブと同じくらい暖かい目で見守っていただけると嬉しいです。

今は地中海のビーチリゾートにいます。海は…1回だけ見ました。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪

関連記事

Comment

No title

さーさま、こんにちは。
元気に旅を続けられているようで何よりです。
お金にがめつい国に負けないでくださいね。

私はヤケでヨーロッパというお金にがめつい訳じゃないけど、お金搾取マシーンのような地域に行ってしまいました。
搾取されつつも、そこそこ楽しめたように思います。

久々の旅行でさーさんにお聞きしたいことがちょいちょい出てきましたので、お時間のある時に教えてくださいな。

Q.宿について
さーさんはもっぱらドミですか。
私は遅い時間に到着して寝るだけの日はドミに泊まったのですが、やっぱりドミは嫌だなと思いました。
荷物を広げられないところなど面倒ですね。面倒は嫌いなのです。
昔ドミに泊まって嫌な思いしたことがあったのも思い出しました。(女子ドミなのにワキガの欧米人男性も同室など)
節約の為とはいえ、やはりお金で快適な部屋を買うのはすんごい大事だなと思いました。(私にとって)
ただ、ドミは観光の道連れができたり、良い面もありますね。
さーさんはドミ、お好きですか。
男女混合ドミではこう気を付けるとか、ベッド回りを工夫するなど快適に過ごすコツなどあったら教えてください。
あと、ドミって安いので若年層が多いですよね。(=うるさい)
その辺は気にされますか。
私はお値段高めのドミにして、年齢層高めのお部屋を狙ってみたのですが、効果あったかよく分かりませんでした‥(若い女の子と2人きりとかあったので)
でも値段高めの部屋は人数も少ないので諸々の嫌なことは減るかなと思いました。

長くなりすみません。
また色々質問させていただくと思いますが、よろしくしてやってくださいませm(_ _)m

>na-さん
お久しぶりです♪真冬のシベリアではなくヨーロッパに行かれてんですね。あそこは支払っただけの対価が得られるのでまだあきらめがつきます。。。間違ってもふんぞり返って「金!」しか言わないお国とは違うなと思うのです。

ところで宿の件ですが、ドミトリーが好きか嫌いかで言ったら嫌いです、はい。一人歴37年、『夜くらい一人になりたい』というのが本音です。ただ、今は節約のために致し方ありません。私にとって良い宿の一番の条件は“静かに眠れる場所”なので睡眠妨害されると孫の代まで呪いたくなりますけど。部屋が汚いのは許せるんですが“うるさい”のは本当に苦手です。

やっぱりその街で一番安い宿は入れ替わり立ち代わり色んな人が来てごちゃごちゃするので、値段高めの宿の方が快適というのは合ってると思います。盗難や南京虫に出会う可能性も低くなる気がします。(特にアジア)
あと、数百円高くても女性専用ドミにするとか(男性と一緒だとイビキ被害に遭うことが多いので)、ベッド数の少ないドミを選ぶとか、そんな感じですかね…。ベッド周りにバスタオルかけて目隠ししている人とかいいなと思います。私はバスタオル持っていないのでやってませんが。あとは、傍若無人なふるまいをする人(夜中に酔っ払って騒いで帰ってくる人、ひとつのベッドでいちゃいちゃする人etc.)には“うるさい”って言います。そんな人達のためにこっちがストレスためる必要はないという結論が私の中で出ています。

でもお金がない自分が悪いので、多少のことは目をつむるしかないなと思っています。個室に泊まれない自分が不甲斐ないのです。だから、時々シングルに泊まるとめちゃくちゃはしゃいでしまいます。ちなみに今がそれです。好きなだけ散らかして、好きなだけ寝ていられてこの上ない喜びです。
あまり答えになっていないですが、自分の許容範囲で居心地の良い空間を見つけるしかないですよねー。

No title

こんにちは。いつも楽しく拝見しております。
ガイアナ編、そんな名前の国があることすら知らなかったのでとても面白かったです。
にしてもラウンジで連れ分を計上するとか汚いですね。
さーさんは中国語もしゃべれるんですか?!

No title

こんにちは。
バルバドスってカリブにあるんですね、しかもリゾート地とは!
予想外すぎます。

実はうちの会社の支店らしきもの(節税のため?)があるらしく
私の中では「よく聞く名前だけど正体不明の怪しげな国」という位置づけでした。
さーさんのおかげで、ようやく長年の疑惑が晴れそうです。

どんな国なのか、楽しみに記事を待ってますね。


No title

さーさん、ご回答いただき、ありがとうございます。
今のうちに個室で自由を満喫してくださいね♪

今回の記事のタイトルでミサワの「俺オブカリビアン」を思い出しました。懐かしいです^^

あと、私も海に入らない派です!
おなーじー(・∀・)♪
昔から海の中が不気味に感じて怖いのです。
でも脚が海に浸かるのは平気です。
あまり海に行きませんが、アラビア海で脚にざぱーっと波がかかった時にはしゃいでしまいました。
何でしょう、アラビア海には私を興奮させるものがあるようです。

そういえばさーさん中国語できるのですか!?
(英語話せない中国人のくだり)
タイ語や中国語は声調が難しいですねぇ‥
やきそば食べたい。

No title

さーさへ

お先にロカ岬にいってますよ。
そんなに居心地のいい街があるのですか?、何処の街かな
地中海かエーゲ海沿いの街でしょう、そんなに穴場スポッ
ト街があるなら教えて下さい。

海で泳ぐのが苦手ですか意外ですね、今までの旅でもビーチもけっこう多かったでしょう、足のつくプールなら大丈夫でしょう。
そうそう さーさんの知ってる、あれっ・・・東京の何処だったけっ 居酒屋 まんだら屋が昨年 閉店したみたいですよ、残念です。
出発までもう1回書き込みできるかな。

>しなもんさん
ありがとうございます!
架空請求って本当にあるんだとびっくりしました。普段、明細書をチェックしないのでたまたま見つけて良かったです。(今までもあったのかもしれませんね…)危うくビール1本3000円になるところでした。こわこわ。
中国語はものすごく簡単な事だけ話せます。昔勉強していたんですが、すっかり忘れてしまいました(>_<)

>Miyuさん
なんと!!意外な接点!!!
正体不明の怪しげな国にある支店w存在感なさすぎでしょう(爆)
万に一つでもバルバドス支店に転勤はないのでしょうか。
異動になったあかつきには、3年に1回遊びに行かせていただきます。いや5年に1回かな…。

>na-さん
「俺オブカリビアン」…えっと、これはなんでしょう!?おもしろそうなにおいがしたので検索してみたんですが、余計分からなくなりましたw

海は得体が知れないですよねー。自分の身体能力では太刀打ち出来ない相手なのでいつも静かに見守っています。
波打ち際ではしゃぐのはお約束事としてやるべきだと思います。あとお連れ様がいれば追いかけっこも。それで砂のお城をつくって波にさらわれちゃうんです。

中国語はこのおねーさんが話した内容を理解できるレベルです。。。長い会話不可。
やきそば食べたい!!!

>てるさん
はい、私もそのうち行きますので。そのうち…。
穴場スポットというより、イランを抜けた後どこの街に行っても居心地が良いのです(笑)
プールは泳げるんですけど海は怖いですねー。でもこのあと覚醒していくので…乞うご期待(^^)/

まんだらや、10年以上続いたのは長いのか短いのか…。船の上で彼らの作るラーメンに癒やされた一人として、とても残念です。

No title

さーさん、何度もコメントすみません。
念の為、俺オブカリビアンを進呈しておきますね。
http://jigokuno.com/?cid=39

若かりし頃、地獄のミサワという周りにいそうなイタイ人をイラストにしたやつにはまっていたのです。
当時はオモコロというサイトだったかしら‥

上記URLから俺オブカリビアンの他にもうっかり惚れちゃうような男達が見られますので、その辺の男に飽きたら見てやってくださいね(・∀・)♪

あれ??デボジットてそういうもんでしたっけ・・・?
わたしならヘソで茶を沸かしてちゃぶ台ひっくり返す勢いで怒るか、呆れすぎて呆然とするか・・・
でも怒っても解決にはならないし、無駄な労力使うだけなので、さーさんの様に冷静に対処するのが1番なんでしょうね。
世界一周中に何度ちゃぶ台ひっくり返すかなーw

>na-さん
ブログ書こうと思ってパソコン開けたのに、俺オブカリビアンが私を離さないんですけどwww
素敵な逃げ場を教えてくださってありがとうございます。
ちなみに今のところソドムに惚れてしまいそうです。アイアム ノット サーベルタイガー!!!!

>sunさん
いやいや無茶苦茶怒りましたよー。言ってはいけない言葉バンバン使って(*>ω<*)でもこういう人達って慣れたもんでしれーとしてんですよ。しれーっと。それがまた腹が立つんですけど(苦笑)そういえば予約サイトに悪態ついたレビュー書こうと思っていたのを忘れていました。(地味に仕返ししようとしていたw)
私は今のところ8ちゃぶ台くらいですかねー(笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。