プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一度目の世界一周《船内編》

前にも書きましたが私は23歳の時、世界一周をしました。
それはピースボートでの船旅でした。

街角に貼ってある、あのポスター。
一度は見かけたことがあると思います。

あの団体ってなに!?
と怪しんでいる方も多いのではないかと。

もう11年前程の話になってしまいますが、私の体験談をお話ししたいと思います。

私が乗ったきっかけは例のポスターを見かけたところから始まります。
そのポスターには
『世界中の誰よりも早く21世紀を迎えませんか』
という謳い文句が書いてありました。そう、あの時はミレニアムで大騒ぎしていた年でした。

2001年1月1日、船が日付変更線の上で停泊。世界中で一番早く21世紀を迎えられる。しかもそれは世界一周中の出来事。船でしか出来ない体験。

いつか世界一周に行きたいと漠然と考えていただけの私が見た瞬間「これに乗るんだ!」と心に決めました。

そして説明会を聞きに行き、その場で申し込み。その後に退職届けを出すという、完全に勢いに任せた行動を取ったのです。


2000年10月、私達500人を乗せた船は東京・晴海港を出発。3ヶ月でアジア、中東、アフリカ、ヨーロッパ、南米、南太平洋の島々、計18カ国を回りました。
もちろん念願の21世紀もフィジー近くの日付変更線上で迎えることができました。

とにかく楽しい3ヶ月でした。
34歳になった今でも、あんなに楽しいだけで終わった3ヶ月は他にありません。


そもそもピースボートについては“格安で世界一周を企画しているNGO団体”そんな程度の認識でした。乗ってから色んな噂があったりなかったり…そんなことを初めて知りました。ピースボートの活動に共感して積極的に動いている人もいれば、完全に旅行目的だけの人もいます。もちろん私は後者ですね。

乗船前のボランティア活動(ポスター貼り等のボランティアをすると乗船割引が受けられる)も一度だけ高田馬場の事務所に行ったのですが「あ、この雰囲気無理」と感じてしまいその後一度も行きませんでしたし、船上で行われた団体企画(体育祭やクイズ大会等)にもほとんど参加していません。一切強要されることなく自由参加です。

あと船の中って退屈じゃないの?とよく聞かれますが、毎日いろんなサロン(船の中に5~6ヶ所。もっとかな?)で企画が開かれていて、退屈している暇がありません。
毎朝、新聞にタイムスケジュールが載るのでそれを見て好きな企画に参加します。
団体企画は苦手ですが、個人企画は面白いものがたくさんあったので、私も英語やスペイン語の授業に出てみたり、次に行く国の歴史を学ぶ講演を聞いてみたり、時にはデッキでサルサダンスを踊ったりしていました。
って書くとマジメみたいですが、ほとんど昼過ぎに起きて何もしてませんでしたが。

小さいけど映画館、クラブ、はたまたカジノもありました。始めの1~2週間でみんな自分の居場所を見つけ、その後だいたいそこに居座ることになります。私は受付カウンター前のソファが定位置で、深夜ひたすらそこでダラダラしながらお酒を飲むという、非常に地味な活動をしていました。でも、それが最高に幸せな日々でした。

3ヶ月の旅は短いと思いますが、船旅として考えたらちょうど良いのかもしれません。
そんなに大きくない船の中で限られた人達と生活していると、たった3ヶ月でもいろんな事が起こります。
特に10代から20代の乗船者が多いので、血気盛んというか無謀なことをしている人もいました。初めて海外に行く人も多く、しかも船での生活。タガが外れてしまうんでしょうね。


最後にピースボートと言えば、ピンクボートと呼ばれているほど船の中でいろいろ(ピンク系)あるらしいともっぱらの噂ですが、それは本当かもしれません…?

ええ、もちろん全員ではありません。一部の人達だけ。

ただ、私はこの船に乗って学んだことがあります。もし自分の彼がピースボートに乗りたいと言ったら、何が何でも止める!と。男性陣、間違いなく恋してましたから。彼女いる人も。奥さんいる人までも。。。

乗船後、結婚したカップルも何組もいます。ね、ピンクボートでしょ。


長々と語ってしまいましたが、私は本当に乗って良かったと思っています。最高の友人達に出会えたことが一番。
去年は出航10周年パーティがあって、100人近く集りました。たったの3ヶ月なのに、なんなんでしょうねこの絆。一緒に世界を見た愉快な仲間達とは、これからも深い絆で結ばれていくと思います。



船の中のことばかり書いちゃったけど、行った国の話の方が良かったでしょうか?
クリックしていただけたら、調子乗って続き書いちゃうかもー。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

さーさん、初めまして!

ピースボートのポスター見たことあります♪
2001年1月1日に船が日付変更線の上で停泊して、
世界中の誰よりも早く21世紀を迎えたなんて素敵です☆
あと一か月で二週目に出発するのも楽しみですね!
僕は2014年発なのですがそのときの年齢がさーさんと同じ35歳。
妙に気になってブログ読んでましたが初コメントです★
これからも楽しく読ませていただきますね!
調子乗って続き書いちゃうかもー!に期待して…
クリックしておきました~♪

Re: Re: タイトルなし

>ワールドトラベラーズさん
コメントまでいただけて、私、完全に調子に乗りましたー!続き書いちゃいます♪
ところで2年後の計画をされてるなんてすごいですね!!見習わなくては・・・。HPもとっても素敵でした。またお邪魔させていただきます(*´∀`*)

No title

はじめまして!
ピースボードのポスターは街で見かける度に、いつも気になってたんですよねー。謎が多すぎて。
続きも楽しみに待ってます!

ちなみに僕も同年代で、しかも今になってフツフツと旅に出たい熱が高まってるんですが、
でも子供が生まれたばかりなんで、どうしても仕事を辞めて・・・なんてワケにはいかず、毎日身悶えてますw
もちろん子供は可愛いですよ!

同年代の、しかも出発前のブログを見つけられて超ラッキー!
せめてこのブログで旅を共有したいので、出発するのを僕も楽しみにしております!

No title

>くるんテープさん
このブログで旅を共有していただけるなんて、本当に嬉しい限りです。
家族が出来るとなかなか自分の時間を作るのは難しいですよね。
そういえばピースボートで、3歳児を連れて乗っているお母さんがいました。お父さん日本に残して笑
次回またピースボートの謎を明かしていきたいと思いますd(´▽`)b
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。