プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインレッドの心

【巡礼7日目】Estella-Los Arcos 21.4km

朝、教会の上に広がっていたクロス。


さぁ、今日ははりきってます。
この巡礼路で最も楽しみにしていた場所を通るからです。このために歩いていたと言っても過言ではないでしょう。

軽やかに歩き始めた一時間後。

これですこれ。
もう見えてきました。

小走りで駆け寄ります。

そして思わず抱きしめ…ませんけどね。人目があるんで。

この巡礼路脇にある水道。なんだか分かります?

水道の蛇口をひねると…



















ワインが出た!!!!!
オー!ゴーーーッド!!!!!

その名も"ワインの泉"
あとからあとからワインが湧き出てくるワインの泉です。
地元のワイン会社が巡礼者のために無料でワインを提供してくれているのです。スペインと書いて天国と読むらしい。

敬意を表しておしゃれなボトルを用意してきました。

あー幸せだー。今が朝の8時だということをのぞけば。

ニヤニヤしながら飲む→汲む→飲む→汲むを繰り返し誰よりもワインの泉を堪能。さて今日はここで寝ようかなと寝袋を広げ…たかったけどかろうじて理性が勝ちました。ギリギリです。
一家に一台、ワインの出る水道。そんな時代が来たらいいなと思います。
祈りましょう。

ガソリン満タンになり、その後はさらに歩行が軽やかになりました。スキップしてサウンドオブミュージックでも歌いたい気分です。





本日も緑が目に優しい。
視力0.04の私ですが0.08まで回復した気がします。視力確認表の一番上の大文字が見える日も近いです。


小さなお城のある町を通過。


馬に乗った人も通過。

ちなみに巡礼は徒歩の他に自転車と馬を使うことが認められてます。
交通手段、馬!!!
この人は地元のおじさんですけどね。いつかお目にかかりたいです、馬巡礼者。


私は徒歩でがんばりますよ。よく自転車軍団がものすごいスピードで横を通り過ぎますけどまったく羨ましくなくなりました。自分の足で立っていることが誇らしいので。きっと足軽兵もそんな気持ちだったのかもしれません。

ひたすら何もない場所が続きましたが、出ました巡礼者の味方。

移動屋台。


ガソリン再補給。
遮るものがない中、日光に照らされて歩いているので顔はすっかり日焼けで真っ赤です。あぁ取り返しつかない…。

でもこんな景色見ると許してしまいたくなります。



美瑛ですか。

そして14時、軽やかに目的地ロス・アルコスに到着。


アルベルゲは一つ目が満室だったのでこちらに決定。

一泊10ユーロ。
コンチータという女主人がやっている宿です。私のパスポートを見て、もっと話しを聞かせて!とプライベートルームに呼ばれワインやおつまみをご馳走になりました。ありがたき幸せ。いくらでも話します。

その後町を観光。観光といっても10分で充分な大きさです。

そういえば教会の内部の写真載せてなかったですよね。スペインの祭壇はゴージャスです。あとマリア像の顔が庶民的なものが多くて結構好きです。どこかで写真撮れたら載せたいと思います。

さて、観光第二段はBar探索です。
広場の一番端のお店にしました。といっても2軒しかないんですけど。それだけ小さな町です。

飲み物頼んでいると、そこに地元のおじちゃん登場。厨房に向かって「○○!」と名前を呼んで出てきたのは…まさかの日本人女性!!こんなところに日本人が!!びっくりです。巡礼で初めて会った日本人がこの小さな町の小さなバルだなんて。聞いたらバイトで働かれているそうです。

見立ててもらったおつまみ。

海老のフリットとオリーブ。


タラの煮込み、半熟卵乗せ。


イカフライ、ガーリックマヨネーズ添え。

胃袋限界です。あぁ、今日は朝から非常に良い一日でした。
同室のフランス人のおばあちゃんのイビキがすごかったことをのぞけば。


【巡礼8日目】Los Arcos-Viana 18.8km

もはや睡眠不足がデフォでそんな日々に慣れてきま…せん。寝たいです。でも、コンチータのハグをもらって元気に出発です。

可愛らしい村出現。

こういう村は恐ろしく人がいません。最初はシェスタ(スペイン特有の長い昼休み)か…と思っていたのですが何時に通っても人がいません。一日中シェスタのようです。

三時間ほど歩いたところで車道を横断する場所がありました。普段は巡礼者用の道を歩いているので、滅多に車道を通ることはありません。
渡り終える頃に背後で車がキキーッと止まり、中から声がしました。振り返るとコンチータでした。
どこかに買い物でも行ってたんでしょう。数秒違ったら会えなかったろうに、巡り合わせっておもしろいなと思います。車の中から飛ばしてくれた熱烈なキスを受け止めてまた元気に歩きます。

今日は昨日とうって変わって曇り空。

歩くのにはとても助かるお天気。


ただ写真映えしないので全然写真がありません。

ということで早くも目的地ビアナです。

今日は短かったので5時間ほどで到着です。最近はほとんど休憩もとらずに歩けるようになりました。最初の頃、20分に一回、荷物おろして、お菓子食べて、ぼんやりして…ってやってたのが嘘のようです。

ビアナの町の入口で二日前に会ったイボンヌと再会しました。イボンヌはパンプローナから歩き始めたのですが、初日にリュックの肩紐が切れ修理屋を探し直してもらっていたら時間がなくなって結局タクシーで移動したという、なかなかの運命を背負った10歳年上のドイツ人です。しかも昨日はアルベルゲでカメラを盗まれてしまったそうです。巡礼をしている人がそんなことをするなんて信じられる!?と憤慨していましたが、悔しい気持ちは痛いほど分かります。
巡礼者はほんとに良い人が多いですが極稀におかしな人もいます。泥酔しながら歩いているスペイン人とか、ハードドラッグやりながら異様なテンションで歩いているアメリカ人とか。ダメ。ゼッタイ。

そんなイボンヌは「巡礼を始めてからイビキで眠れなくて困ってるから今日はシングルに泊まる!」と意気込んでいます。120%同感。というわけで一緒に宿を探すことに。

お目当ての宿のシングルは 満室だったのですがツインが26ユーロだったので二人でシェアすることに決定。
お互い「イビキかかないよね?」という確認済みです。

一人13ユーロでこの快適空間が得られるのなら俄然アルベルゲよりホテルです。

きれいなキッチン付き。

使わないんですけどね。

さて観光の時間…と町に繰り出したのですがなんと教会まで閉まっています。

今日は日曜日でした…。


唖然。

開いてるのはバルだけ。そうバルだけ。

仕方ありません。行きましょう。仕方なくですからね。

1軒目。

手前のタパスはなんとフォアグラです。煮リンゴが添えてあり、フォアグラの上には岩塩がかかっています。こんな手の込んだタパスが200円程で食べられるなんて、やっぱりスペインと書いて天国と読むのでしょう。奥の海老も大変おいしかったです。

2軒目

芸術的なマッシュルームの三段重ねのタパスを頼みました。

3軒目

定番のサーモンです。

ここで一度宿に戻ってお昼寝。
そしてイボンヌと4軒目。

このお店は巡礼者メニューがあるので、店中巡礼者で大混雑していました。
巡礼者メニューとは、一皿目にサラダやスープ、マカロニなどの前菜から一品、二皿目に肉、魚料理などのメインから一品、最後にフルーツ、ヨーグルト、プリンなどのデザートを一品選ぶコースメニューです。飲み物は水かワインが付きます。これで10ユーロ前後なのでとてもお得感があり、巡礼者がこぞって食べています。
といってもスペインの普通の定食メニューも同じような感じなので、ただ巡礼者メニューと名前を変えているだけな気もします。

そんな巡礼者だらけのお店で私はビールのみいただきました。「あまりおなかがすいてないの」と言ったら周りの人が心配してくれましたけど、すでに三軒飲みに行ってることを知ってるイボンヌだけは心配していません。

隣に座ったフィンランド人のウーラは勤続10年のご褒美で半年間お休みがもらえ旅に出ているそうです。半年間ってなんだそれ。一年もらえる人もいるそうです。一年ってなんだそれ。この後5年働けばまた半年お休みがもらえるそうです。なんだそれ。勤労勤勉の国からやってきた私には理解しがたいフィンランドのシステムです。でも出来るならフィンランド人に生まれ変わりたい。

この店を出た後はみんなと別れて5軒目という名の1軒目の店に戻りました。

あまりにもタパスがおいしかったので最後にまた…と思ったのですが、全部売り切れていてサンドイッチしかありませんでした。もちろん食べましたけど。

バルは地元のおっちゃんの溜まり場なのでほとんど巡礼者は見かけません。

落ち着くなぁ。

それにしてもなんて一人酒のしやすい国なんでしょう。理想郷です。ユートピアです。スペインと書いてシャングリラと読むのかもしれません。

いいお酒とふかふかのベッド、イビキの聞こえてこない部屋で泥のように眠った8日目の夜でした。


一緒に新橋スペイン村をつくりませんか。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪
関連記事

Comment

No title

いいね

さーさん、よく食べて、飲んで、健康的な旅ですね!
更新、楽しみにしています!!

素敵すぎ♪

さーさん、こんにちは!
巡礼の旅楽しそうですね~!この先もいっぱい食べて飲んで!楽しい旅を続けてください☆
帰国したら、新橋スペイン村で一緒に飲みたーい(^.^)

先日、チケットをもらって、巨人ー中日見に行きました。中日ファンでない私も、オレンジ着てる井端選手はせつなかったです~(ToT)

シャングリラ...

ワインの泉!!
蛇口からワインを出すホテルは聞いたことがありましたが、
巡礼者のためのはからいというのがステキですね。
まさにスペインはユートピアでシャングリラ!
バルめぐり、楽しすぎますよね。うらやましいです...。
そして、今回こそ、ゆっくり休めたようで何よりです。
次の宿でもゆっくり休めますように。

No title

本場のバルに魅了されたんですねー。
素敵な景色においしいお酒とつまみかぁ。
そりゃ日本に帰りたくもなくなりますね(笑)

スペインでもフランスでも本場で飲むと
どんな安いワインでもおいしく感じるから不思議ですよね。
どんなマジックなんでしょう。

夏も近づいてきたし、私もどこか行きたいぞー!!

はじめまして

はじめまして、
同世代の主婦です。
私もお酒と旅行が好きです。
今は旅行に行ける環境でもないので、さーさんのブログを拝見してからファンになり、ちょこちょこのぞいては妄想。
今日は勇気を出してコメントをしてみました!
更新楽しみにしています🎵

お元気ですか?

ロスアルコスのバルで働いていた日本人です。
あの時はこんな長期の旅をしてる話を聞けなくて残念でした。 知り合いがこのブログの事を教えてくれました。
私もこの巡礼がきっかけでスペインに住むようになった一人です。さーさんもいい出会いがあるといいですね。巡礼後時間があれば、こちらにも遊びに来てください。連絡先のせておきます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

さーさん満喫してますねぇ!!

豊かな大自然とお酒とウキウキさーさん。

これらが揃うと絶好調ですね!!

読んでてとても楽しいですー!!

スペインと書いて天国と読む・・・(≧▽≦)♪♪

さーさんのセンス最高です!

No title

愛媛にポンジュースが出てくる蛇口があると聞きましたが、
まさかワインが出てくるとは!!

そして、バル行きすぎです(笑)
何の巡礼なのか分からなくなりそうなくらいですよ。
安くて美味しいタパスとワインだなんて、最高の贅沢ですよねー。

ワインレッドの心。懐かしいですねー。
久々に安全地帯聞きたくなりましたよ。

>お名前のなかった方へ
ありがとうございます!いいんです、スペイン!

>のえさん
ありがとうございます♡今までなかったですからね、健康的な旅(笑)しばらくは健全に生きてみます。

>うつぼんさん
オレンジ井端ー!!
文字だけで泣けるー!!(ToT)
日本帰ったら見なきゃいけないんですね。はぁ~。。。

せつない時は新橋スペイン村で飲み明かしましょう。
ひとまず本場スペインのバル徹底解剖しますっ!"食べて、飲んで、祈って"ですね。

>ビールさん
な、なんと!ワインの出てくる蛇口のあるホテル((*'д'*)なんですか、その桃源郷は。世の中にはまだまだ夢の国があるんですね。希望が出ました。スペインのバルも夢の国ですけどね♡
これで安眠できたら最高なのに…まだまだ戦いは終わりません(泣)

>Miyuさん
いやぁ実に満たされた毎日を送っています(^^)ありがたいです。
こんなに日本食が恋しくないのは珍しいです(笑)あ、おにぎりは食べたいなぁ。そしたらもっと頑張れるのにー!

本場のものは本場で食べるのが一番なんでしょうね。スペインの太陽の恵、存分にいただきたいと思います♡

日本は一気に夏到来みたいですね。
旅ですよ、旅!!

>Araさん
はじめまして!コメントありがとうございます♬
この前、巡礼路を夫婦で歩いてる人に「一人で歩いていて羨ましいわ~」と言われたんですが私からしたら夫婦で歩いている人の方が羨ましい!(笑)ないものねだりですね(^^;
家族、特に子供と歩いたらどんなに素敵かと。機会があれば是非☆

>Bar子さん
あの時、厨房からBar子さんが出てきた事にも驚きましたが今回はさらにびっくり仰天です!!これぞ巡礼の縁ですね。メッセさせていただきました♡

>oyoさん
はーい!絶好調でーす\(^o^)/
あとは睡眠さえ確保できればw

普段は一軒の店で飲んで終わるんですけどねー。バルが私を離してくれないのです。困ったなぁ(//∀//)←困ってない。

>サワノッチさん
ポンジュース!!聞いたことあります!それはそれで飲んでみたいですよねぇ(^o^)/
ワインの泉も粋なことしてくれますよ。地産地消の鏡です☆協力は惜しみませんよっ。
巡礼の目的…はっ!結婚相手!(/∀\*)あれ、違うか(笑)

安全地帯のアルバム、歩きながらたまに聴いてます。結構テンション下がりますw

No title

後半、歩いている話よりもバルの話題で大盛り上がりですね。
楽しいことはいいことです。
今日はノンアルコールビールをたしなみました。
ノンアルコールビールはノンアルコールビールでしかありませんが、これしか飲めない体になってしまった今となっては、そんなノンアルコールビールでも満足できるようになってきた自分がいます。

《続報》
5月の時点ではついていませんでした。
ついているとしても非常に小さいものらしいです。
5日にもう一度はっきり見てきました。
付いているのか付いていないか、白黒はっきりさせてきます!!

No title

《追伸》
牛若丸三郎・・・いちいち古い。

>香織
さすが女系!!あと二人がんばろう。もしくは非常に小さなものを持ったプリンスに期待。

あくまでもビール味を求めるところに根性を感じます。昨日うっかりアルコール度数0.9%の飲み物を買ってしまいまったくもって納得いきませんでした。なんなん、あれ?

【追伸】
牛若丸三郎じゃなくて牛若丸三郎太だった!めんご、めんご!!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。