プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未練じゃないか

【巡礼14日目】Atapuerca-Burgos 21.2km

羊も眠る朝。

巡礼者は歩き始めています。
早い人は6時前から、そしてほとんどの人が6時半~7時には出発します。7時過ぎてもノロノロ支度している人は相当なのんびりやさんです。
ま、私ですけれども。
巡礼を始めた当初はアルベルゲ争奪戦を勝ち抜くために早く出発していたのですが、最近はのんびりモード全開です。たいてい最後の5人枠に入っています。でもその5人の中では一番に出ます。4人を尻目に余裕綽々な態度で「ブエン・カミーノ!」と言って立ち去ります。そして一軒目に見つけたバルで朝食を食べている間に残りの4人に抜かされるのです。

巡礼路を歩いているとアリとキリギリスの話をよく思い出します。

今日もアルベルゲを出て20m先のバルで呑気に朝ごはんを食べているとフランス人のヤニックが店の前を通り過ぎました。ヤニックはあの世界一健全な山手線ゲームを耐えた抜いた、じゃなかった楽しんだ仲間です。
笑顔で手を振り見送ります。
そしてごはんを食べ終わって外に出ると、20m先のベンチでヤニックが朝ごはんを食べていました。この人も相当なのんびりやさんです。お互い宿を出て30分近く経っているのに、まだ40mしか進んでいないのです。
結局、同じ歩調になりそのまま2時間程、一緒に歩きました。

ヤニックはアルプスに囲まれた人口400人の村で生まれ育ったハニカミやなイケメンでスキーのインストラクターをしています。

どん曇りの寒い朝に麦わら帽子。

そんなヤニックはこれから世界一周の旅に出るそうで、そのワクワクした感じがとても可愛らしかったです。一番楽しみなのはインドなんですって。純朴な青年がどうなってしまうのか私も楽しみです。

二度目の朝ごはん休憩で別れ、その後は一人で歩きます。その間、オリソンで一緒だったカリフォルニアの呑んだくれおじさんと再会。やはり一人は足を痛めて帰国しまったということで二人組になっていました。それからスニョン夫婦にも再会!(旦那さんの名前はロッドと判明)ここ5日間程ぱったり会わなくなっていたので感動のご対面でした。やはりスタートが一緒だった人達とは絆が深い感じがします。お互い励まし合いながらピレネーを越えた仲間ですから。ちなみに朝青龍にそっくりでお馴染みのピーターは一日早くブルゴス入りしてカナダに帰ってしまったようです。さよならピーター。
巡礼路は出会いと別れの繰り返しです。

しばらく歩くと飛行場が見えました。

そういえばヤニックが「今日は途中で道が二手に分かれるんだよ。一つは眺めがきれいな道、もう一つは飛行場の横を通る単調な道」と教えてくれましたっけ。「じゃ、きれいな道を選ぶわー!」と言ったのは誰ですか。私です。どう見てもこれは飛行場の横です。

さらに歩いていると、後ろから来た知らない人が横に並んだかと思うと突然カメラを取り出して写真を撮ってきました。ついでにツーショットも。誰ですか。アメリカ人のザックです。19歳。若者のノリということで許してあげましょう。
高校卒業後にレストランでバイトしながら貯めたお金で旅行をしているそうです。アメリカ→パリ→スペイン→北京→アメリカ。これで世界一周だよ!と話していてほほえましかったです。やっぱり“世界一周”というワードに、みな憧れるんですね。どうしてカミーノ歩いているの?と聞くと、来年お母さんが歩くかもしれないから僕が先に歩いて情報を教えてあげるんだと言っていました。
ええ息子や。

結局そのまま2時間近くザックと歩いて今日の目的地ブルゴスへ。街に入ったところでアイルランド人5人組も合流。街中にあるバーガーキングの看板に膝まずき両手を挙げて「バーーガーーキーーーング!!」と雄叫びをあげるアイルランド人。分かる、その気持ちすごく分かるよ!!ついにやって来ました大都会。ブルゴスはパンプローナ以来の大都会です。


大きい街は中心地にたどり着くまでが長い。

やっと着いたアルベルゲ。
fc2_2014-06-25_21-20-22-685.jpg
チェックインを待つ長蛇の列です。

部屋はとても綺麗。これで5ユーロ。
fc2_2014-06-25_21-22-20-861.jpg
アルベルゲでは南京虫注意と聞いていたのですが、最近、どんどん建て替えられているようで今のところ心配無用です。

さて、ブルゴスの見所といえば大聖堂。セビージャ、トレドと並ぶスペイン3大カテドラルの一つがここにあります。

アルベルゲの目の前に見えています。ですけれども、他に探している場所があったので後回し。

広場では花祭り?が開催中。

でもここじゃない。

嗅覚を頼りに歩き、目的地発見。

愛しのバル通り。
右も左もバルバルバル。ばるるです。血沸き肉踊ります。

まずは端から行きましょうか。


今日も1日元気に歩きました。

乾杯!

一瞬でなくなってしまったので2杯目は隣のおじさんが飲んでいたのと同じものを注文。

マルティーニというカクテルだそうです。
大都会でカクテルを飲む自分。悪くないよ。

二軒目は向かいにあった歴史のありそうな古いバル。

てんやわんやの大盛況。そんな中、無駄のない動きで次から次に来るお客さんの注文を受け、お酒をつくり、タパスを出し、勘定をするバルの従業員。スペインで一番の働き者です。彼らの働きっぷりを見ているだけでお酒がおいしくなります。


右はタコ、左はムールやマテ貝の酢漬けです。このお店はキング・オブ・バルinブルゴスに認定しました。

続きましてはこちらのお店。

海老天が目に入ってしまったものですから。


えびふりゃぁ、うみゃー。

はい、四軒目。



いかふりゃぁ、うみゃー。

あれですね、酒場に入って1杯だけ飲んでさくっと次の店に行くのは粋でいいですね。常々、粋か粋じゃないかで生きていきたいと思っているのでこんな飲み方ができて大変気分が良いです。

気分が良くなったところでそろそろ観光です。大聖堂に入ろうと思ったらクレデンシャル(巡礼手帳)があれば半額とのこと。じゃ、取ってきますわーとアルベルゲに戻る途中に罠が。





5軒目。

うっかり引っかかってしまいました。
そんな場面をスニョンに目撃され「サちゃん(ソニョンはこう呼ぶ)また呑んでる-!」と指差されてしまいました。そうだよ、また呑んでいるんだよ。

スニョン達もこれから大聖堂に行くということで一杯呑んだ後、クレデンシャルを取りに戻って一緒に大聖堂へ。

上から人間が降りてきました。なんだかよく分からないイベントやってました。

こちらがスペイン3大カテドラルのひとつ。

さすがに立派。

中も広い。



それぞれの礼拝堂はミュージアムのようになっています。




河村隆一を思い出したところで観光終了です。

アルベルゲに帰りましょう。




帰り…ま…





せん。6軒目。ちょっとオシャレなバル。


fc2_2014-06-25_21-38-26-265.jpg
バルの床に紙くずが落ちているのは人気店の証なんですって。お客さんがわざと落としていくそうです。

7軒目。

あぁこの街に来てよかった。心底幸せな気分です。

もっともっとバル通りの売上に貢献したかったのですがアルベルゲには22時門限という健全なルールがある故、夜遊びは出来ません。ベッドにもぐりこんだ後、外から聞こえてくるはしゃぐ声がうらやましくてなかなか寝付けなかったブルゴスの夜でした。


【巡礼15日目】Burgos-Hornillos del Camino 20.5km

非常に迷いました。ブルゴスを出るか、残るか。気持ちは99%残りたかったのです。ここまで休みなく歩いてきて休養が欲しかったという理由は建前で、本心はあのバル通りに未練たらたらでした。私の心と肝臓はバル通りに持っていかれてしまったのです。今晩もまた飲み歩きたい。

でも結局歩き始めました。
自分の欲望のままに生きるのは粋じゃないので。
さよならブルゴス。次に来る時は観光客として思う存分呑んだくれます。あぁ欲まみれ。

こうして気持ち置き去りのまま今日の巡礼がスタート。とぼとぼ歩きます。

芸術的な目玉焼きトースト。


10Km程歩いたところに町があり、また10時だというのに結構な人数がアルベルゲが開くのを待っていました。みなさん、大都会の後はやる気がでないようです。私はブルゴスに近い場所にいるのが辛いので、先に進みます。どんだけ惚れてるんだ、ブルゴスに。


とぼとぼ。

祈りをこめて積み上げられた石。




それにしても暑いです。途中、水汲み場が少なく焦りました。これからはもっと大きいボトル持って歩かなければ。

何度も休憩しつつ、やっと石造りの雰囲気が素敵な小さな村に到着。ここが今日の目的地です。


村の入口にあったアルベルゲに入ってみると最後の1ベッドとのこと。あぶなー。

のんびりもほどほどにしないといけません。

1軒だけあるバルの前には巡礼者がずらり。

ここ以外、行くところないですからね。


行くとこないんでね。

夕食はアルベルゲで食べました。なぜならメニューの中に『パエリア』の文字が燦然と輝いていたからです。米ー!!

これです、これ。大皿パエリア登場。スペインで初めて見ました。


もちろん美味しい。最高に美味しい。

一緒にテーブルを囲んだメンバーはフランス人3人、ドイツ人2人、スペイン人1人、アイルランド人1人、アメリカ人1人でした。まさに巡礼路の縮小図。全員初対面…と思いきやスペイン人のおばちゃんは私の事を知っていたらしく「ほら、あのイビキのうるさかったアルベルゲで同じ部屋だったじゃない!」と説明してくれましたが、毎日うるさいので区別がつかないのです。ごめんなさい。
フランス人の1人はもう巡礼路を歩くのが7回目だと言い、さらに今回はサンティアゴに着いた後、自分の家まで歩いて帰るそうです。時々反対方向から来る巡礼者に会うのですが、そういうことだったんですね。そんな話しをしていたら「君は日本まで歩いて帰らなきゃいけないんだよ、はっはっはっ!」と話しのオチに使われました。いやいやと言いつつ、それも悪くないかなと思っている自分が怖いです。
ダメ、ゼッタイ…。

カメラの液晶画面を割ってしまいました。泣きたい…。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪
関連記事

Comment

No title

サさん楽しそうでいいな。おいしそうでいいな。
お酒飲まなくてもバルは楽しめますか?
本場のバルで食事してみたいなぁ。
各国の方と絡めるサさんステキ。
私もがんばりたい。でもいつも英語の勉強は後回しです。

歩かないにしても鉄道とか駆使して陸路で帰って来そうな予感...ふふふ。
でも日本は島国だから、最後は船か飛行機ですね。
カメラはその後、何とかなりましたかね?

No title

さーさん、スペインてほんとにお酒が楽しく飲める国なんですね。
お酒を飲む習慣がない私でも、タパスを見ていると飲みたくなります。
おいしそー!!サラミとタコの酢漬け・・・たべたいなぁ。

日本はなかなか梅雨が明けないので
スペインの抜けるような青空と日差しがうらやましいこの頃。
そういえば日焼け対策ってどうしてるんですか?
出発前の美白なさーさんはどうなってるんだろう。

No title

楽しそう過ぎていつか巡礼…と漠然と思っていたのが近々行きたくなります!
スペイン語話せないと厳しいと思うんですが、どの程度話せるんですか?
どんな自習が出来るでしょうか…
歩ききっての解脱が楽しみです。仏教じゃないかテヘ

ハシゴ、シたいです...!

ブルゴスのバルめぐり、めちゃくちゃたのしそうじゃないですか!
スペインらしからぬ22時門限にはひきましたが、
早い時間から飲めばなんとかなりますかね...。
巡礼の街は本当に個性的ですね。
そして、南京虫が出ていないようで良かったです。
これからの旅路でもおいしいお酒に巡りあえますよう。

>ナさん
タパスが充実しているバルなら存分に楽しめますよ!田舎のバルに行くとじいさま達の集会所と化していますから、そんな雰囲気を味わうだけでもおもしろいです。
私の英語力もひどいもんですけどね。小手先の会話だけどんどん上手くなっていきます|_-。)
カメラはこれ以上亀裂が広がったらアウトなのでガムテープ貼って食い止めているところです(lll´Д`)

>Miyuさん
スペインのお酒文化、世界中に見習って欲しいです。飲んだくれているようで酔っ払い少ないですし。日本の立呑屋も負けてないですけどね!(笑)
日焼け対策はひたすらアネッサゴールドに頼っています(*´З`)あとは下を向いて歩く(笑)冬を追って旅していたのでスペインまではほとんど気にしなくて良かったんですが、これから一気に焼けるんでしょうね。あぁ取り返しつかない(´口`)↓↓

>tomoさん
是非是非!
スペイン語はバルでのやり取りができるレベルです。それだけは(笑)
思ったよりスペイン語使わないんですよね。ほぼ英語です。英語通じないアルベルゲもありますが巡礼者の対応には慣れているので話せなくても大丈夫だと思います(^^)
あ、でもメニューが読めると食事が楽しくなります!それだけは!(笑)

>ビールさん
デしょう?酒飲みの夢が詰まった街でした。
毎日門限との闘いなので、歩行を昼過ぎに切り上げないとゆっくりバル巡りが楽しめないんです…あ、怒られる(笑)
まぁ相乗効果ということで(´∀`)/
スペインはそれぞれの地方で食文化がガラリと変わるので楽しいですね!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。