プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐を呼ぶ男

【巡礼18日目】 Fromista-Carrion de los Condes 20.9km

巡礼18日目にして初めて雨が降りました。
P5211683.jpg
実はこの日が来るのを楽しみにしていました。だって、ポンチョ(新品)を着て雨の中を歩くなんて、がんばってる感6割増しじゃないですか。そういう巡礼者っぽい設定好きですよ。


しかし20分で飽きました。
普段は上着やバックパックの色で「○○だ」とすぐ分かっていたのが、雨具を着てしまうと誰が誰だかさっぱり分からず、みんな下を向いて歩くだけ。
暗い。希望が見えない。

道はひたすら一直線の農道です。

ポンチョでは防ぎきれない雨、ぬかるんだ道、しぶきをあげて通り過ぎる車、どんどん汚れていきます。もう雨降らなくていいです。

途中、反対側から大型犬を連れて歩いてくる男性に会いました。フランス在住ブラジル人のルイス。バルセロナから巡礼をスタートしてスペイン南部の道を通りながらサンティアゴに到着、そしてフランス人の道を通って自宅まで帰っているところだそうです。なんと総距離3000キロの巡礼。果てしない…。
「僕は出会った人に聞くんだ。なんで君達は歩いてるの?って。だってサンティアゴには飛行場があるのに…ウッヒャッヒャッ!」という笑いどころがまったく分からないブラジリアンジョークを真顔で聞いていたら、犬がジャレてきてその勢いで顔をガリッとひっかかれました。

嫁にいけなかったらこれが原因ということで。

注意しなければいけないのは犬だけではありません。

鹿に注意。


牛に注意。

歩いているの人間だけですけどね。

3時間後、やっと雨があがりました。

さっきまでの雨空が嘘みたいな天気。

サンティアゴまであと463㎞。

まだ半分以上残っているという事実。そしてブログが全然進んでいないという事実。どうしましょう、もうすぐWi‐Fiのない場所にしばらく行くのです。

目的地の町に入り一安心したところでまた土砂降り。

嗚呼、神様。せっかく乾いたのに…。

一瞬でズブ濡れになってしまったので目についた町のど真ん中にある教会のアルベルゲにチェックインしました。

受付でベッドの上と下どちらがいいか聞いてくれた上、4人部屋が割り振られました。他は30人程の大部屋なのでラッキーです。今日の安眠はもらった!

気分よくレストランへ。今日は休憩なしで歩いたのでお腹ペコペコです。

冷えた体が温まるスープ。


鱈のトマトソースがけ。ボリューミー。

「デザートはプリン、ヨーグルト、フルーツだったら、パイナップル、ばなn…」の“な”が言い終わらないうちに「バナナでお願いします」と頼みました。そして出てきたデザート。












本当にバナナでした…。ナイフとフォークでいただくバナナ(置いただけ)です。

これでいいのか、スペイン。


食後は町をぶらり散歩。

本日の巡礼者像。


また晴れた。


森林浴。巡礼路を歩いている時とはまた違った気分です。


今日はあの快適な部屋で昼寝でもしてゆっくり過ごそうと思い、珍しくバルにも寄らずアルベルゲに戻ると、部屋の中にチャンカワイに似た一人の男性が立っていました。年は30前後でしょうか。

「うわ~っ!君この部屋の人?」
これが彼の第一声でした。

「そうですけど」と答えると分かりやすく頭を抱えるカワイ。
「君、どこの国?」
「日本です」
「あぁ、僕ね、イビキがベリーベリ-バッドなの」


「…」


「僕のイビキ、ベリーベリーバッド!!!」


嗚呼、神様!!なぜこんなに引きが悪いんでしょう。2時間前、この部屋で小躍りしていた自分に金田キック(乱闘騒ぎに紛れてトレーバーの顔面をスパイクで蹴った伝説の蹴り)をお見舞いしてやりたい。

「イビキがひどくて迷惑かけるからシスターに相談して小さい部屋にしてもらったんだ。でも同室者がいるなんて」とカワイ。
同室者いるに決まってるでしょうが。てかそんなにひどいって分かっているなら個室泊まればいいじゃんと突っ込みたい気持ちを抑えつつ、自分からイビキがひどいと告白してきた人は初めてだったので、もしかしたらいい人なのかもしれないと思い「分かったよ、大丈夫。」と答えました。これでイビキの話しは終了、そう思ったのにカワイは話しを続けます。
「君、イヤホン持ってる?」
「音楽用のなら持ってるけど」
「それじゃあ大丈夫だ!」

大丈夫じゃねーし!と心の中で呟いたつもりが声に出てしまいました。簡単に言ってくれるなと。どれだけイビキで眠れない日々が続いてると思ってるんだと。
導火線に火が点きました。

でもカワイは気にせず続けます。
「もしね、君がこの部屋で寝たくなかったら他の部屋に移ってもいいんだよ。選択肢は君にあるよ」

はぁぁぁぁ?なんで私が移らなきゃいけないの???
ここはいつからイビキ専用部屋になったんですか???

アルベルゲのベッドの選択肢は早い者順がルール。いい場所を取るために早起きして、休憩もそこそこに歩き、チェックイン開始前から並んでいる人もたくさんいます。2時間も後に来た上に嫌なら別の部屋に行けばいいなんて身勝手すぎる。

いちいち感情を逆なでするような発言。そしてずっとニヤニヤしていて悪びれていない態度。なんだこの人。

もうハラワタ煮えくり返る5秒前。HN5。もう話しをする気もなくなり自分の荷物を片付けていると、つかつかとカワイが私のベッドの横にやってきて「あ、この充電器貸して」と充電中の私の携帯を外して自分の携帯に付け替えようとしました。

は?何してるの?

もう私の心のシャッターがガラガラビッシャンと音を立てて閉まりました。

「僕、充電器なくしちゃって」
「知らないし」
「貸してよ」
「今、充電中なんで触らないでください」
「貸し…」
「触らないで!」

最悪。サイアク。
そのまま私は部屋を出てシスターのところに行き、部屋を変えてもらえないか相談しました。しかしもう大部屋の上段ベッドしか空いていないとのこと。大部屋に移ったところでイビキがないとは限らない、いやかなりの確率で当たるので、もうどっちもどっち。だったら下段ベッドのがまだマシ。諦めました。今夜は眠らない。

部屋に戻った私にカワイが話し掛けてきます。空気読めないって罪。大罪。

「僕ね、日本行ったことあるよ。福岡と東京。」
「あっそう。」
「君は韓国来たことある?」
ここで初めて韓国人だと知りました。どうでもいいけど。
「まぁ」
「韓国好き?」
「まぁ」
「韓国のどこが好き?」
「韓国料理」
「へぇ~韓国料理の何が好き?」
「…」
「ねぇ何が好き??」
「さぁ」
「プルコギ?」
「…」
「ねぇ、プルコギ??」


かつてプルコギという言葉にこんなに不愉快になったことがあったでしょうか。
いつだってプルコギは私を幸せにしてくれたのに。

もう本当に話しけないでほしい。
イヤホンを耳に突っ込み会話を遮断。しばらくしてやっとカワイが部屋を出ていきました。

カワイがいない間に寝ておこうと思ってもかっかしているので眠れません。その間にフランス人とスペイン人がやってきて残りのベッドも埋まりました。今夜の運命共同体です。彼らは荷物だけ置いてすぐに出かけてしまったのでカワイの事は知りませんが。私も知りたくなかったわ。

1時間程するとカワイが寒い寒いと震えながら帰ってきました。「充電器買ったよ~」といちいち報告するカワイ。充電器の空パックや説明書を床に落としたまま拾わないカワイ。他のゴミも全部棚の上や床に散らかしたままのカワイ。なぜ目の前にあるゴミ箱に捨てない?
アルベルゲは巡礼者に金銭的な負担がかからないように半ばボランティアのような運営をしているところがほとんど。だからヨーロッパではあり得ない安さで泊まれます。その代わり、極力スタッフの手を煩わせないように自分たちでできることは自分たちでします。シャワーの後の床掃除、トイレ掃除、気付くと誰かがモップをかけています。なのにこの人は自分のゴミすら拾わない。

同じ空間にいるのがあまりに不愉快なので外出しようと支度をしていたら韓国人の友達という人が部屋を訪ねてきました。そして私に「こいつのイビキ、本当にうるさいんだ。ごめんね」と謝ってきました。カワイが「同じ部屋の日本人が激おこぷんぷん丸でさ」とでも愚痴ったんでしょう。そして「もしイヤホンが必要ならどんな音でも遮断するスペシャルイヤホンを持っているから貸そうか?」と言ってきました。友達自体はとても紳士的な態度だったのですが、彼に謝ってもらう必要はないし、何よりこう思いました。そんなスペシャルな耳栓持っているのになぜあなたはカワイと同じ部屋に泊まっていないの?って。わざわざ別の部屋を取ってるわけですよ。それがすべてを物語っているわけです。
「とにかく大丈夫だから」と言うと友達は出ていきました。残されたカワイは相変わらずヘラヘラしながら「じゃあさじゃあさ、これから僕出掛けるから君に耳栓買ってくるよ」と言ってきます。ほんとこの人は何も分かっていない。その前にゴミ拾ってください。私はあなたの無神経さとだらしなさが嫌なのです。
「いりません」と顔を背けたのに今度は「あれ?他にも人来たの?」「誰?男?女?」と質問攻め。仕方なく「男1,女1」とぶっきらぼうに答えると「困ったなぁ、満室か。」とカワイ。自分だけの個室になるとでも思ってるわけ?意味わかんない。そしてカワイはこう付け加えました。

「出掛けてくるからその間に同室の人が帰ってきたら僕のこと話しておいてね!」








あの…


ちゃぶ台を用意してもらっていいですか。


ひっくり返したい。


ちゃぶ台ひっくり返したい!!!


「それはあなたが言うべきことでしょう!!」血管切れそうになりながら言うと、「オーケーオーケー」とうすら笑いを浮かべながらカワイは部屋を出ていきました。

最低。サイテー。
巡礼中は心穏やかに過ごしたかったのに。腹立ててる自分も情けないし、醜い。

でも耐えられない。ムカムカが収まらない。
本当はこんな飲み方したくないけどバルにでも行くか…。


海老がおいしくて20%回復。

2軒目。

オリーブをサービスで出してくれて40%回復。

闘牛中継を見ながら飲むというスペインっぽさに60%回復。

闘牛士がいちいちかしこまったポーズをするのが面白くて80%回復。
結局、飲んでいる間にまた大雨が降りだして外に出れなくなってしまったので、このバルで3杯呑んで門限ギリギリに帰って90%回復。

その夜。こんなに嫌な気分になっておきながら意外とカワイのイビキがたいしたなかったりしてという淡い期待はあっさり裏切られ、破壊的にすごいイビキで一睡もできませんでした。私の上に寝ていたスペイン人は途中で部屋を出て行きました。毎日誰かを不眠にさせて生きている男、カワイ。ベリーベリーバッドな男でした。


【巡礼19日目】 Carrion de los Condes-Calzadilla de la Cueza 16.8km

友達が起こしにきてやっと目覚めたカワイ。
かたや睡眠時間ゼロ。かたや9時間爆睡。世の中には時々不公平なことが起こります。

ストレスと睡眠不足で体が思うように動かないけど、それ以上にカワイの顔を見たくなかったのでさっさと支度をして出発しました。

今日も雨です。

行程表によると次の町まで17kmアルベルゲがありません。でも実際はバルやアルベルゲがあったりするので一概に信用できない…と思っていたら本当に17㎞なにもありませんでした。しかも普段だったら農道脇で休んでご飯食べたり出来るのですが、雨で道がグチャグチャなので休める場所もありません。
ノンストップ17㎞。想像を遥かに超えるキツさ。よりによってこんな日に。

朦朧としながら休みなしで歩き続けること2時間。雨は弱まってきたもののとにかく横風がひどくて踏ん張っていないと吹き飛ばされるレベルです。それなのに私の瞼は今にも落ちそうで、立ったままでも眠れそうなくらいの眠気が襲ってきます。「このまま吹き飛ばされたら楽になれるかな」「5月のスペインで凍死ってありえるのかな」発想がおかしな方向にいきます。そして前方に建物が見えて「あそこまで行けば休める」と喜んで近づいていくとただの丘だったり、もう頭も体もぐちゃぐちゃです。

歩いても歩いても風に邪魔されて進まない道のり。見えない目的地。凍えるような風が体に吹き付けてどんどん下がる体温。震えが止まらない。巡礼がただ楽しいだけで終わるとは思っていなかったけど苦しすぎる。
辛い、辛い、辛い…
言いたくない言葉が口から溢れ、涙がこぼれそうになるけれど、ここで泣いたら女がすたるから頬の内側を噛んで耐える。歩く。

巡礼を初めた頃は「もし歩けなかったらバスに乗ればいい」「サンティアゴまで行けなくても仕方ない」そんな風に逃げ場を作ることで気持ちが楽になっていたけど、今は「絶対に歩いてサンティアゴに到着するんだ」そう思う方が力が出ます。

絶対にバスになんか乗らない。歩くんだ。サンティアゴに行くんだ。


歩き始めて5時間が経った時、突然眼下に小さな村が見えました。

やっとやっと目的地に到着。いつもよりずっと少ない距離なのに30㎞歩いた日より疲れました。

おぼつかない足取りで村の入口にあるアルベルゲをスルーしてその先にあるホテルへ一直線。今日はどんなに高くても個室に泊まります。寝ないと駄目だ。限界。

しかし空きを尋ねると無情の「フル」…。聞くとこの村にホテルは1軒しかなく、ここから5㎞離れた次の村にはホテルすらないとのこと。
気力を失い崩れ落ちそうになっていると隣のレストランで食事をしていたロッドがすっ飛んで来て「今、スニョンも体調がよくなくて休んでる。落ち着いたら次の村まで行くつもりだから一緒に歩こう。とにかくコーヒーでも飲もう」と声をかけてくれました。もう歩けないこと、早くアルベルゲにチェックインしたいことを伝えたけれど、支離滅裂で自分でも何言っているか分からない状態。心配してくれるロッドにお礼を言ってアルベルゲへ。

熱々のシャワーを浴びるとやっと体温が戻ってきて「生きてる…」と実感しました。その後はベッドに倒れこんで5秒後には寝ていました。

夕方、目が醒めてご飯を食べに行こうと外に出るとこの青空。

もうちょっと早くこの青空に出会いたかった…。

この村で食事できるところは最初に行ったホテルの中のバル1軒のみ。

席に着くとさっき対応してくれたフロントマンが来て「ちゃんとアルベルゲは見つかったかい?少しは休めたかい?」と声をかけてくれました。余程死にそうな顔をしていたらしい。ほんとすみません。もう大丈夫です。

心配していたカワイとの再会もなく、夜は泥のように眠りました。夜中、一度だけ目を覚ましたら大部屋なのに恐ろしいほどの静けさ。「これだ。私が求めていたのはこの静寂なのだ!!」空中で大きくガッツポーズ。その5秒後にはまた夢の世界に戻りました。

チャンカワイファンの方、ごめんなさい。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪
関連記事

Comment

カワイ〜!最低!!大変でしたね。怒ると自分が消耗しますから…疲れますよぬ。この先カワイに再会することなくゆっくり休めますように。

No title

えー、めっちゃムカつく!
こんなムカつく人久々に見ました。
最悪な人に会いましたね><
もう二度とカワイには会わず、残りの巡礼が心穏やかに過ごせますように...

あっ、お久しぶりです。さーさん。
リアルタイムはどちらでしょうか?
もうすぐwifiのないところにということは、巡礼は終わり、新たな地へ向かうのでしょうか?

わたしはまだ日本にいます(T_T)
6月頭に出発なんて言っておきながら...
不測の事態がおき出発できなかったのです(+_+)
不測の事態といっても、結婚することになったとかではありません。
会社が辞めれなかったのです><

でも、やっと退職日も決まり、出発日も決まりました!
8月末に出発します!
航空券もとりました~
今はワクワクとかではなく、無で準備を進めています。
さーさんは、出発前はどんな気持ちでしたか?

No title

イビキの奴、読んでいるだけでも相当ムカつきますね。
ああいうタイプは本当全てにおいてなっていないですよね。
マナーの概念もないっていうかたぶん脳みそ搭載してない。

さーさんが今後その手の奴に会わないようお星さまにお願いしておきます☆
あとデザートの選択もミスらないようにっていうのも追加しておきましょ。

こんな無神経な人、久々に聞きましたよ(>_<)
同じ旅人という括りにされたくないですよね…。

道中、カワイに会わないことを切に願ってますー。

毎回載せているバルの雰囲気がいいなーって思います。
フラりと行ける感じがいいですよね!

No title

あなたの日記を読んでいると、立ち飲みに行きたくなりますよ、全く。
振り返ればかれこれ3年近くもまともに飲んでない。
来年の夏はビアガーデンに行くことを夢見てます。
付き合ってよね。

ご報告
誕生日にいたあの場所で、私は手術することになりました。
加齢って怖いね。

>ちゃんさん
非常にスッキリする一言をありがとうございます。怒るって無駄なエネルギー使いますよね。みっともないのも分かってるんですけど聖人君子のような対応はできません…。二度とカワイに会わないことを祈るのみ!

>sunさん
なんと!もう出発してランタン祭りに行ったのかなぁなんて思ってました。
私もご覧の通り巡礼を始めてしまったのでポーランドには行けずじまいでした。お互い縁がなかったということですね^^;
でもカワイみたいに立つ鳥あとを濁しまくるより、きっちりすっきりやることやって旅立った方が心置きなく遊べますから♪
私は仕事を辞めて2ヶ月後に出発したので、遊ぶのに忙しくて何も考えてなかったような(笑)マレーシアの空港に降り立った時に「始まってしまったんだ…」と青ざめたのを覚えています。
仕事しながらの準備、慌ただしいかもしれませんがどうぞ忘れ物のないように☆

>na-さん
ほんと、脳みそをどこか置き忘れてきたんでしょうね。でも一時的な関わりで良かったです。こういう人が職場にいたら高血圧で命縮まります。
na-さんは優しいですね。私なんて生の天の川を見ていたというのに「私の彦星はどこにいるんでしょうか」と120%自分のことしか考えていませんでした。来年は世界平和を祈りたいと思います。あとバナナに一手間の愛情を★

>サワノッチさん
彼が巡礼してる意味ってなんなんでしょうね。私もバルばっかり行ってて褒められたもんじゃないですけど、無礼なことだけはしないようにと思っているのでカワイの行動には呆れてしまいました。ま、反面教師ですね!

バルは居心地いいんですよね~。外国人が一人で飲んでたら好奇の目で見られやすいのに、距離感がちょうど良いんです。付かず離れずで。まだまだバル巡礼続きますのでお楽しみに!笑

>香織
手術…ご愁傷様です。38の門出がこのような形になるとは思いませんでしたが、手術の成功をお祈りしています。これからは老いとの闘いだからね。ビアガーデンでここが痛い、あそこが痛い自慢しながら生きていきましょう。

誕生日プレゼント、円座がいいですか?

ランタン祭りは来年行くことにしました(*^^*)
来年はきっと縁があるはず★

仕事は7末までなので、辞めてから1ヵ月近くあるので余裕こいています。

『始まってしまったんだ...』て気持ちすっごくよくわかります!わたしも退職の旨を伝えた後、『後戻りできないところまできてしまった』と青ざめました(笑)
今はいろんな気持ちが入り乱れてますが、自分がどんな旅をしていくのか楽しみでもあったりもします(*^^*)

ご愁傷さまです

カワイどんまいです。

私なら言っちゃうな、ちゃぶ台ひっくり返しちゃうなと思いつつ、耐えたさーさんさすがです。

今後2度とカワイと出会わない事を日本から祈ってます。

そして、さーさんにコメントするの2回目で、35歳にして世界一周を決意しましんですが、カミーノも行くって決め、丈夫な体と、肝臓作りに勤しもうと思います

貯金額はなかなかふくらみませんが、妄想はどんどん膨らんでおります。

更新楽しみにしてます、お気をつけてー

カワイの悪夢...

夢さえ見られないほどのカワイの事件に、
いち読者として心を痛めました。。
最低なことの後には最高な出来事がありますように。
これからの旅路が少しでも良きものであるよう、
お祈りしています。

散々でしたね

めったにコメントしないですが、毎回欠かさず読ませてもらってます。

私はもうヨーロッパ行かないかもな~と思っていましたが、そんなにワイン飲めるならスペインに移住すべきかもと思い始めている今日このごろ。
さーさんのお陰様です。

世良公則もかなり気に入りました(笑)
でも世良公則を思い出そうとすると、火野正平の顔がチラつきます。私だけですか?

旅してるとたまに不愉快な思いもしますが(でも今回ひどすぎましたね…)、さーさんが、また素敵な人たちと出会えますように!

No title

さーさんへ

巡礼の旅ももう終わるのかな、ブログを読んでも長かった
道のりが伝わってきます。

先月 東京に滞在してカザフビザとウズベクを取得したのが
無駄でした。
7月15日にカザフに入国して昨日キルギスのビシュケクに着きました。
なんと7月15日から日本人はカザフスタンに入国するのにビザが要らなくなりました、あぁぁぁ ショックです。
PBから 7月8日に台風8号よって長野と山形が大きな被害を受けたので、山形県に災害ボランティアの要請きたので旅を断念して日本に帰ることにしました、非常に残念dすが仕方がありません。

>sunさん
来年!いいですね~。どうか私の分までうっとりしてきて下さい♡

自分の胸の高鳴りを信じた選択肢は間違っていないはずです(^^)旅に出たことがプラスになるかどうかは自分次第ですもんね。
8月はどんどん膨らんでいくバックパックに青ざめるのではと予想します笑(。>ω<σ)σ

>ゆのさん
いやいや全然耐えてません(笑)めっちゃ言い返してますから。でも全く響かないんですよ(>ω< )そして余計に腹立つ悪循環(笑)

カミーノ是非是非!肝臓は毎日鍛えてたので絶好調なのですが、足がボロボロ… 体力づくりはかなり重要だなと実感しました。歩くだけならお金かかりませんし妄想し放題なので(笑)、練習がんばって下さいませ!

>ビールさん
まさに悪夢以外の何ものでもない一件でした。夢だったら良かったのに…。これからはカワイごときに心掻き乱されることのないよう精神を鍛えなければ|ω・`)精進しますっ。

>むーさん
こちらこそ何度もすみませんでした!残しておいてもアレなんで遠慮なく消させていただきました。アレってなんだ。

スペインはワインに溺れたい人には自信をもってオススメできる国です。私もシェンゲンという足かせがなければワインの泉の前で一週間程寝泊まりしたかったです。

火野正平…年がバレますよ!(笑)きっとゆとり世代に「DA PUMPのISSAは平成の火野正平と呼ばれていた」と言っても火野正平どころかISSAも知らないんでしょうね。怖い怖い。

>てるさん
そう、カザフスタンのビザいらなくなったんですよね。私は喜んでいたのですが取ったばかりの人にしてみればもっと早く教えてくれよ!って感じですよね。
誰かのために動くのは自分の事だけしてるよりずっと有意義だと思います。
次回の中央アジアは素晴らしい旅になるはず!その頃にはウズベキスタンもビザがいらなくなってるかも!?(そんな日が来たらいいなぁ…)

久しぶりに見たら、
さすがねぇさん(笑)

ぶっとんで面白すぎなんですけど!!!
人の不幸ばなしなのに、申し訳ない位笑わせてもらいました!あまりに楽しいので、ゆっくり歩いて欲しい位です(笑)

>725氏
ぶっとんでいるのは私じゃなくてカワイでいいんですよね!?笑
私はただただマジメに歩いて…(以下略)

毎日3行日記で終わると思ったのに濃すぎて全然ブログが進まないよー。メキシコの事、いつ書けるのかしら。笑
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。