プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一度目の世界一周《寄港地編・その1》

前回の記事、たくさんの方に読んでいただけて本当に光栄です。
ありがとうございます。

おだてられて木に登っちゃいそうですが、木に登る前に続きを書きます。

今回は寄港地編です。
(前回の記事を読んでいない方はコチラ

訪問した国を写真付きで紹介したいと思ったのですが、なんせあの頃は
デジカメがなかったのです。たった10年で世の中って変わるものです。

でも紹介したい・・・。

そして私は考えました。
フィルム写真をデジカメで撮ってアップするという超アナログ方式を。
昨日からせっせと写真撮る→PCにインポートする→編集する→ブログにアップロードするという極めて暇人しかやらない作業をしていました。
そんなことやってる暇あったらフィルムをデジタル化しろよ!とか、そもそも世界一周の準備しろよ!とか言わないでいただけると助かります。
そしてこんなことまでしてアップした画像は非常に低画質という残念な結果。

一応、努力はしたんだよということをお伝えして、本題に入ります。

船旅って、ほとんど船上の人で、実際上陸している時間ってほんのわずかなんですよね。
寄港地での滞在時間は、ほぼ1日のみ。
2日間滞在できたのは数カ国。
最長の3日間はペルーだけだったかと思います。

滞在している間は基本的にフリー。
(イスラエルだけはツアー参加が義務づけられていた記憶が)
二日間滞在できる国なんかは自分達でホテル探して泊まってもいいし、船に戻って寝て翌日また観光に出るのもアリです。特に申告もいりません。
他にオプショナルツアーも1カ国につき5~6パターン用意されています。ピースボートは国際交流や物資支援なんかを行っているNGO団体なのでオプショナルも独特のものが用意されていて、それはそれで興味深かったりします。私は観光派ですけど。
ツアーは乗船前に予約してもいいし、定員に達していなければ直前でも申し込めます。

でね、だいたい乗船前に申し込んでお金払うわけですよ。みんな海外初心者のチキン達ばかりなので。
それが、乗っているうちに「あれ?オプショナルいらなくね?」となってきて、どんどん解約、しかもお金が戻ってるというありがたいお話。
カジノでお金なくなっちゃった人は問答無用でツアーキャンセルしてましたね。

そんな感じで私も面白そうなツアーだけ参加して観光していました。
あ、ギャンブルが理由でキャンセルはしてないですよ。ほんとに。


さて、ここでどどーんと行った国を全部紹介しようと思ったのですが、
すでに相当長くなってしまったので次の記事にします。
すみません。

これ、前置き長いスピーチで嫌われる上司と一緒のパターンだ。
本当にすみません。

またすぐにアップしますねー。


おだてられると次から次にと書きたくなってしまう性分です。
どうぞ応援お願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
関連記事

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。