プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

with

【巡礼35日目】 Palas del Rei-Arzua 29km

なんでも今日歩く巡礼路沿いにメリダというタコで有名な町があるんだそうです。蛸です。プルポ。明石みたいなものでしょうか。たこ焼き食べたい。
そんなわけでチャリダー巡礼者のてつやくんとタコ同盟を組みました。一緒においしくタコを食べましょう、それがタコ同盟です。

メリダまでは約12km。自転車のてつやくんは一時間ちょっとで着いてしまいますが、徒歩の私は約3時間。それでも到着するまで待っててくれると言うタコ同盟の絆は深い。
もし途中何かあったら“タコ キトク”のメッセージを送ることを約束し、私は一足お先に出発です。

今日の巡礼者像。
P6075411.jpg

その2
P6075415.jpg
タコはあちらでーす。

ガリシア地方特有の建築物、高床式倉庫。
P6075420.jpg
日本のより頑丈そう。

その2
P6075418.jpg
ネズミ被害に困ってたんでしょうか。大陸を超えて高床式倉庫に行き着く発想がおもしろい。

だいぶ減りました。
P6075425.jpg
55番。大豊。

脇目もふらずに歩いたので三時間かからずメリダに到着できました。やればできる。またはいつもどんだけ休憩しているんだ、です。
P6075427.jpg
橋を渡るとツーリストオフィスがあったので情報収集しました。
「タコ料理の美味しいお店を教えて
ください」って。もうタコしか見えない。

ツーリストオフィスの目の前にあった教会。通り過ぎようとしたら、ここのスタンプ素敵よって他の巡礼者が教えてくれたので入ってみました。
P6075430.jpg
すると祭壇の前でハーモニカを吹く男性が。しばし美しい音色に聞き惚れました。

この後、巡礼路で会ったのでお礼を言ったら「神に捧げる曲だよ。いつもは一人で吹いているから、今日はギャラリーがいて恥ずかしかったよ」と照れ笑いしていました。兄弟で歩いているドイツ人で、奥さん同士も姉妹なんですって。

心も洗われたところでタコです。無事てつやくんとも合流できました。携帯なしで待ち合わせるのって新鮮。

ツーリストオフィスで教えてもらったお薦めのタコ屋。
P6075432.jpg
巡礼路沿いにあって巡礼者で溢れているのですぐ分かります。もう一軒教えてもらったお店はここから坂を登ったところにあると言ってた気がします。(ツーリストオフィスでご確認ください)

みんなタコ待ち。
P6075436.jpg

この大きな鍋でタコが茹でられます。
P6075438.jpg
おいしくなれよー。

そして待ちに待ったタコ!
P6075434.jpg
ほんのりダシ味のスープの中にぷりっぷりのタコ。その上にパプリカがかかっています。あと茶碗で飲む白ワイン。たまらん。

二人で目の前のタコを黙々と…いや「うっま!蛸、うっま!」って悶絶しながら食べました。うっま!
もちろん完食。でも隣に座っていた南アフリカ人はかなり残していて二人でじっと見てしまいました。タコ…。

本日の使命を果たし、空虚な食後の一時を過ごしていたらてつやくんが以前会ったことがある青木さんというおじさまに会いました。そして一言「もし今日アルズーアという町まで行くなら夕食をご馳走しますよ」と青木さん。いや青木様。

きました、本日の使命第二弾。

もはや夕食のことしか考えられない。

だがしかし、だがしかしです。今日はもっと手前の町で終わる予定でした。アルズーアまで歩くと総距離29km。私の『生き方辞典ー巡礼編ー』には“25km以上歩いてはいけません”と書いてあります。主な理由は疲れるからです。もうゴールが間近な今、急いで行く必要もなく、そしてタコを食べている間に外は雨。大雨です。行くべきか止めるべきか。
青木様は「どうぞ無理はなさらずに。来たかったらでいいですから」とさらりと言い残し立ち去っていきました。なんてジェントルマンな誘い方でしょう。
自転車のてつやくんは200%行く気ですが、私は自信がないので行く気80%です。

あら、結構やる気。私の生きる原動力は食い意地で成り立っています。

大雨の中、夕食を夢見て歩行再開。
P6075444.jpg
メリダの町はずれはちょうど残り50km地点でした。落書き多め。

この後、苦手な山道に入りスピードが落ちるかと思いきや、お酒って怖いですね。ワインのボトルを空けた今、すべてが楽しくなり小走りに山を駆け降りる女一名。他の巡礼者ごぼう抜きです。一時間限定で。あとはぐったり。

ぐったりしていたら馬巡礼者に会いました。
P6075448.jpg
巡礼は徒歩、自転車、馬の3つが認められています。彼らはセブレイロ峠から始めたそうです。様になりますね。

雨は一向に止みません。
P6075455.jpg
ガリシア州に入ってから雨ばかりです。

道もぐちゃぐちゃ。
P6085458.jpg
白いトレッキングシューズを買ったことを後悔する瞬間。

やっぱり29kmは長くて長くて何度もやめてしまおうと思ったのですが、この出逢いを不意にしてしまうのはもったいない気がして止まれませんでした。

こうしてタコから4時間以上、やっとアルズーアに到着。

遠かった…。

その夜、青木さんとてつやくんと食べた夕食が美味しかったのは言うまでもありません。町で一番おいしいレストランに連れて行ってくれるさりげなさ。寡黙な人が話す一言一言の重さ。「これも一期一会です。また縁があったら会えますから。」と素敵な一言を残し、連絡先を聞くこともなく立ち去るスマートさ。かっこよかったです、青木様。


【巡礼36日目】 Arzua-Arca do Pino 19.8km

相変わらず雨です。
P6085464.jpg

相変わらずボカディージョ食べてます。
P6085462.jpg
大きな口を開けて頬張っていたら、アキコさんがお店に入ってきました。昨日一日会わなかったので心配していたのですが、アルズーアまでたどり着いていたようです。しかし手術をした膝に違和感があるとのこと。29kmは相当負担がかかったはず。今日は無理せず歩きましょうと話し、また別の町で落ち合う約束をしました。

残り27KM。
P6085468.jpg
谷繁。

相変わらず道はぐっちゃぐちゃです。
P6085469.jpg
私、茶色のトレッキングシューズ買ったんでしたっけ?

二度目の休憩。
P6085474.jpg
絞りたてオレンジジュース。どうして日本はフルーツジュースが高いんでしょうね。フルーツが高いからか。フルーツだけは世界の方が充実してると思います。

残り20kmを切ったところで今日の目的地に到着。
P6085476.jpg
そうです、残り20km。ということは…明日、サンティアゴ・デ・コンポステーラに到着できるということです、はい。
サンティアゴの手前4kmの町に800人収容の巨大アルベルゲがあって前夜はそこに泊まり、朝いちでサンティアゴに向かう人が多いようですが、私は目の前にご馳走ぶら下げられて待てる人間ではないので行ける時に行ってしまおうと思います。目指すは明日のゴールです。おーっ!

町の入口にあったツーリストオフィス。
P6085478.jpg
サンティアゴの町の地図ももらえました。サンティアゴがこの手に。

巡礼最後の夜になろう今晩は出来れば静かに過ごしたいと思っていた私に、アキコさんが「じゃあ二人で泊まりましょう。」と提案してくださったので、ここでアキコさんを待ちました。しばらくしてアキコさんが現れたのですが足を引きずっています。途中道を間違えて大回りしてしまい、その辺りから完全に膝がおかしいとのこと。まだなんとか歩けてはいるものの、とにかく出来るだけ近いところに泊まろうということで、目についた最初の宿にチェックイン。

少し休んだらよくなるかもとの期待虚しく、夜なると痛みはどんどんひどくなり杖なしでは歩けなくなってしまいました。「明日はタクシーで行くわ。こういう運命なのね。」と力なく笑うアキコさん。ああ、あと一日なのに!どうして!と悔しくなります。神様、頼むよ。


それでも最後くらい美味しいものをと近くのレストランへ。

最後の晩餐。生ハムメロン。
その奥に見える透明の液体は紛れもなく水です。水。もう一回言っていいですか。水飲んでまーす!

そうです、巡礼36日目にして初めての休肝日です。明日、サンティアゴに行くのに体を清めようかなと思いまして、朝から一滴もお酒を飲んでいません。拍手。

ただ、生ハムメロンに水は切なかったです。赤いお水が飲みたかったです。


これが巡礼、最後の夜です。


そして小さな奇蹟を感じた夜です。


アキコさんって亡くなった母に似ているんですね。顔も背格好も話し方も。
巡礼で歩きながら何度も何度も「もう一度、母に会いたい」って呟いていたら、そっくりな人が目の前に現れました。
足を悪くしてからは杖なしで歩けなかった母と今日のアキコさんの姿は余計に重なって見えて涙が出そうでした。

家族の犠牲になり、体を壊し、56歳であっけなく死んでしまった母に対し私は「何もしなかった」という罪悪感だけが残っています。「何も出来なかった」のではなくて「何もしなかった」のです。自分の事ばかり好き勝手やって何もしなかったんです。

今日、動けなくなってしまったアキコさんのお手伝いをしていたら、もう二度と返すことができないと思っていた愛情をほんの少し、少しだけ返せたような気がして胸が詰まりそうでした。

アキコさんも私と同じ年の娘さんがいるんですって、独身の。「奇遇ですね」って笑って応えたけど、私はこの出逢いを小さな奇蹟だと、そう信じています。

これが巡礼、最後の夜でした。


そういえば3日前にたこ焼き食べました。西アフリカの奇蹟。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪
関連記事

Comment

何か言う事で、軽々しくなりそうで難しいですが、さーさんのブログに出会えて良かったです。

しかし、まさかのスピードの更新にびっくりしてます。
でも、暇さえあれば更新してないかチェックしてるのがわかるでしょ
きもいな私♡


さーさん。先日は、コメントのお返事ありがとうございました♪とっても嬉しく拝見しました。ブログ読み大会(一人参加ですが・・・)はようやくチリに突入しましたぁ~。ちなみに私は、ペンギンが大好きです♪(ニュージー、オーストラリア、南アフリカに見に行きましたぁ~o(^o^)o)一期一会素敵ですね~♪出会った人によって旅の良さも変わってくる!!ですよね~私も二十歳過ぎに、母を59歳で亡くしました。思いはさーさんと同じです。旅をしながら、きっと目の前の景色を「一緒に見ていてくれてる!!」と思っています。きっとさーさんのお母様も!!
グリーンランド!是非遊びに来てくださいね(*^▽^*) それでは、また。

No title

巡礼の終わりにご褒美のような奇蹟ですね。

もし自分が巡礼をしたら何と遭遇するのだろうと思いを巡らせると、ちょっと怖い気もしましたが、さーさんのように祈りを込めて歩いたら奇蹟が起こるかもしれないという希望も見えます。

縁があって覚悟ができたら、私も巡礼に行ってみたいな。涼しい時期に...

No title

ブログいつも楽しみに拝見しております。

さーさんのブログを読んでいつか自分も巡礼の旅にでたいと思いました。これからの旅のご無事をお祈りしています。

No title

おはようございます。返信ありがとうです。
今、日本時間午前6時ですが、巡礼に出かけたら、この時間にはもう歩くんですね。そうやって、士気を高めていますが、すごく不安で心も体も準備が必要と感じてますが一歩ずつ頑張ります。

少し質問させてください。ドミトリーでは、毛布などない?寝袋持参でベッドで寝袋で寝るのでしょうか? また、バックパックは、ベッドの脇にチェーン鍵で施錠する必要がありますか?それても通路確保で、ベッドの上に乗せバッグパックと添い寝?でしょうか。

に、西アフリカですか・・ちょっと・・笑

うーたまらん。

さーさん、お久しぶりにコメントします。久々すぎて平仮名か片仮名かも思い出せないまこです。

涙が出ます。さーさんの巡礼に込められた想い。お母さまが会わせてくださったのか、ここは神の導きなのか、さーさんに奇跡の出会いが訪れてよかったです!
アキコさんは、無事にゴールされたのかな。されてたらいいなー。
次のブログ、今までで一番楽しみです。どんな心境でゴールを迎えられたのか。心して読みたいと思います。

今回のは、母と距離をとって生きてきた私にも刺さります。逃げるように日本を飛び出してきたけれど、あー元気なうちに会っておこうと思えました。ありがとうございました。

タビジュンさんので少し知ってましたが、西アフリカ気をつけてくださいね!そして楽しんでくださーい!

あ、青木さんが青木様に変わるくだり(その速さも)とか吹きました。相変わらず言葉のチョイスが面白くて、きっと明日も更新チェックします私♡


うーたまらんです。

さーさん、お久しぶりにコメントします。久々すぎて平仮名か片仮名かも思い出せないまこです。

涙が出ます。さーさんの巡礼に込められた想い。お母さまが会わせてくださったのか、ここは神の導きなのか、さーさんに奇跡の出会いが訪れてよかったです!
アキコさんは、無事にゴールされたのかな。されてたらいいなー。
次のブログ、今までで一番楽しみです。どんな心境でゴールを迎えられたのか。心して読みたいと思います。

今回のは、母と距離をとって生きてきた私にも刺さります。逃げるように日本を飛び出してきたけれど、あー元気なうちに会っておこうと思えました。ありがとうございました。

タビジュンさんので少し知ってましたが、西アフリカ気をつけてくださいね!そして楽しんでくださーい!

あ、青木さんが青木様に変わるくだり(その速さも)とか吹きました。相変わらず言葉のチョイスが面白くて、きっと明日も更新チェックします私♡


あらっ

コメント連打してしまいました、すみません。

No title

スピード更新ですね。PCは購入したんですか?

なんか巡礼も終盤に差し掛かって、とても素敵なお話でした。
少し前の記事で「写真を置いていこうか迷った」というエピソード、あれも素敵だなと思いましたけど、こういういきさつがあったんですね。

私も決して親孝行な娘ではないですけど、若いときに親に先だだれると胸に残るのは苦い思い出が多いんでしょうか。

二人で、何日かかってもよいから、歩いてゴールできるとよいですね。

さーさん
谷繁からの感動の展開でした。
私もいつか巡礼の旅に出てみたいです。
どうか気を付けて、良い旅を!!

さーさんと飲みたい!!

プルポと茶碗の白ワイン

ブログの更新、楽しみにしていました★
プルポ私も大好きです。ワインはもっと好きです。

きづけばもう少しでサンティアゴなんですね。
生ハムメロンで水を飲まれる心意気にグっときました。
巡礼が終わろうとしたタイミングで起こった奇跡にも。

これからの旅の無事をお祈りしています。
無理の無い範囲でブログを更新していただけると嬉しいです。

No title

偶然ではない必然の出会い
だったんですね
う~ん、深いなぁ

引き続き お気をつけて♪

さーさん お会いしたこともない、ただの一ファンですがあなたのブログが一番好きです!
更新があると嬉しい。どうかお元気で旅を続けてください。

おめでとうございます

ずいぶん前に「私も両親亡くしてます」ってコメントしましたが、私の母が天国に行った年齢も、56歳だったんです。

びっくりしたので思わずコメントしてしまいます。

ちなみに父は52歳でした。
さすがにお父さんまでは同じではないでしょうね…。

両親に親孝行しなかった後悔は、一生引きずりそうです私!

さーさんとアキコさんのような素敵な出会いをしたことがない私は、母に似た叔母と時々赤ワインを飲みます。
今日は一人で飲んでますが。うまい。スペインで飲んだらこの100倍ぐらいうまそうだなぁ。

たこ焼きといえば、モロッコでも売ってました。でも西アフリカのたこ焼きの方がレア度は上な感じがします。

さーさんと旅ができるタビジュンさんが羨ましい。

タイトルが・・・!

さきほどのコメント、タイトルが意図したものと違っています(;_:)

ほんとは「えーマジでー!?」って書いて投稿したんです。

もうスマホから投稿するのはやめます(初めてPCから投稿)。失礼しました。

No title

いつも楽しく拝見しています。アキコさんとお母様の共通点のところを読んで、はて、あの馬との出会いを想起しました。やはり巡礼路には何か超越したものがあるんですね。
早くも巡礼路編の後、どの時期の記事になるのか気になる私です。アフリカ編も気になるし、でもスキップした南アジアの道中も実は気になります。もう時が経ちすぎたかも知れませんが。
いずれにしても、今後も楽しみにしています。
道中安全でありますように。

更新頻度

一つ一つの記事が長いように思います。今回の記事などは3回に分けて書く事も可能です。
ランキングに参加している以上、 順位を上げたいと考えておられるのではないでしょうか。
そうであるなら、一記事の分量を減らして更新頻度を上げた方が良いです。

No title

いつも本当に楽しんで読んでます。
私も35歳。いつか、いやきっと旅に出たい。
応援しています。
酒飲みながら(笑)

はじめまして。いつもそっと更新チェックして、楽しみに読んでいます。独特の語り口と、食べ物に対する勢いがすきです。(食べ物に対する意気込みと年齢の近さに勝手に親近感を抱いてます(o^^o))今日もタコまでは、わたしもタコタコー!!ってうきうき見てました。(タコ食べるために行きたいくらいおいしそうでした)
後半読んだら、思わず初めてコメントしたくなりました。これからもたのしみにしています!

No title

おひさしぶりです
巡礼路編もあと少しなんですね
私も以前にお遍路した方からもう一人の自分とすれ違った気がするという話を聞いたことがありました
いつもはそんな非科学的なこと!って思うたちですが今回のさーさんの出会いといい、世界には不思議な体験や人との巡り合わせがたくさんあるのかなあ、と素直に思えました。

チラッとかいま見たアフリカ編もいつか読めるかな?と楽しみにしています♪
良い旅を!

>ゆのさん
んもー、ゆのさん大好き♡

その期待にお応えして次もスピード更新やってみせましょう。
い、い、一週間以内に!!

>KEIKOさん
チリまでたどり着きましたか!
この後食べ物の話ばかり出てくるかもしれませんが、暖かい目で読んでいただけたら嬉しいです笑 あぁペルー料理食べたい。
ペンギン!私は迂闊にも南極に行くまで可愛さに気付かなかったんですよねー。今や虜です、虜。南極にいるペンギンは格別に可愛いと思うので地べた這いつくばって写真撮ってきてくださいね(^-^)/
ほんと一緒に旅してるなって思う時、あります。心強いです。KEIKOさんのお母様にも是非南米の素晴らしい景色を。

>na-さん
思いがけないご褒美でした。
どちらかというと運命的な出逢い(恋煩い系)を望んで歩き始めたんですけどね。おかしいな。

私にとってna-さんはインドの印象が強いんですけど(笑)、あそこも不思議体験できそうですよね。色んな意味で…。


>愛知県人さん
ありがとうございます!
巡礼の魅力を少しでも伝えることができたなら嬉しいかぎりです。
愛知と同じくらい美味しい食べ物に溢れているので、巡礼に行かれた際には是非、食も楽しんでくださいね(´∀`)/

>こゆきさん
素晴らしい心がけ!その気持ちがあればもうなにも心配することないかと。巡礼が始まったらみんな早起きですから自然に体がついていきますよ。もしくはアルベルゲのチェックアウトが8時なので追い出されるから大丈夫です(笑)

ご質問の件ですが、ホテルではなくアルベルゲに泊まられるのであればシーツ・毛布がない所が多いのでマットレスの上に寝袋を敷いて寝る形になります。気になるようであればシーツ、枕カバーも持参で(^^)寒さが厳しい所には毛布が置いてあったので、私は夏用の寝袋のみで問題ありませんでした。荷物はだいたい床にほったらかしです(^^;50人ドミとか大勢の人が出入りするところではチェーンをしたこともありましたがチャックに南京錠だけの管理がほとんどでした。外出時、貴重品は持ち歩いてましたね。でもこればっかりは自分が安心できる管理方法を選ばれた方がいいかと思います。
足りないものは途中で買えますから、必要最低限のスタートで問題ないですよ♪

>まこさん
久々のコメントになったのは久々の更新をした私に全責任があります。笑 もちろんまこさんでもマコさんでもすぐ分かりますよん♪

遠く離れてる分、素直になれることもあるのかなあって思います。いつまでたっても子供は子供で、そこに甘えちゃうんですけどねー。

次回、集大成ですからね!この半年の。笑
このペースだと西アフリカのことまで行き着かなそうなのでタビジュンさんのブログでお楽しみください…(*/ェ\*)

>Miyuさん
まだ買ってませーん!でも価格.com 見てうきうきしてます。同じ商品が西アフリカにあると思えませんが(>ω<)笑

あまり身の上話的なのを書くのは得意じゃないので書いたり消したり迷ったんですけどね…。今回はちゃんと書き残しておこうかなと。
やっぱり親が亡くなった喪失感って想像以上なんですよね。自分の一部がなくなってしまった感じです。

またスピード更新って言ってもらえるようスマホぴこぴこしたいと思います!

>うつぼんさん
ありがとうございます。今回は谷繁からの振り幅大きかったですね…。

新橋でお会いしましょう(´・∀・`)ノ

No title

実はインド経験はあまりないのです...
研修所とホテルの往復だったので(´・_・`)
辛いものが食べられないので(お腹も壊すし)、食事がつらかったです。
辛い料理の国にはもう行きたくないです・゜・(つД`)・゜・

恋煩いのお相手は、さーさんと同じく旅好きとか船好きの方だと楽しそうじゃないですか?
レッツ船旅♪

>ビールさん
いつも暖かい言葉、ありがとうございます。

私もプルポよりワインが好きです。そしてワインより日本酒が好きですが。これから日本は熱燗が似合う季節ですね♡あー茶碗で日本酒飲みたい。

はい、やっとやっとサンティアゴです。お待たせしました。体を清めた効果はあったのか…どうぞお楽しみに(´∀`)/

>LUCYさん
きっと偶然と思うも必然と思うも、気持ちひとつで変わると思うんですけどね~(^^)巡礼マジック…ですかね!?

>のえりんこさん
ありがとうございます!嬉しくてコメント三回読み直しましたー!!うれし。
ご期待に添えるよう、更新がんばります。誉められて伸びるタイプです笑(´・∀・`)ノ

>むーさん
そうだったんですね。今、日本は超高齢化社会だと言うのに、どうしてこんな短命だったんだろとか、どうにもならないこと考えちゃいます。私も一生引きずりますよ、後悔(^^;忘れちゃいけないと思いますし。

そう、姉妹って似ますよねー。特に年を取ると。そうやって寄り添ってくれる叔母さんがいるとお酒が進みますね。今宵も素敵な一杯を☆

あ、モロッコのたこ焼ってエッサウィラですか!?楽しみにしてたんですが、まさかのラマダンでお休みでしたー(泣)

一緒に西アフリカ旅します??笑

追伸:タイトル気にしないでくださいねー!私もよくやります笑(*/ェ\*)

>しなもんさん
いつもコメントありがとうございます。
信仰のない私が奇蹟を信じてしまっていること自体おかしな話なのかもしれませんが、きっと素直になれるんでしょうね、いつもより。物事の捉え方も感じ方も。

巡礼編の後、悩んでるんですよねー(´~`)順当に行けば中米です。いまさら笑
えっと西アフリカのことは書かないもんだと思ってほとんど写真撮ってなくて…|_-。)

>ITさん
そうなんですよ、長いですよねー。
ただ、短くしても更新頻度変わらなそうな気が…笑
アドバイスありがとうございます!

>ぷかりさん
ありがとうございます(´∀`)/
その応援スタイル、好きですよ笑
いつも片手にお酒をー!
35歳…若いなと思ってしまう私は37歳になっちゃいました☆


>まーさん
いつも読んでいただいてありがとうございます。そっとっていいですね。大和撫子っぽくて♡

食べ物に対する勢い…しまった、大和撫子が!笑 いつも頭の中は食べることでいっぱいです。これからもむーさんのテンションをあげられるような食べ物記事で埋め尽くしたいと思いますヽ(o´∀`o)またそっと読んで、そっとコメントくださいね♪

>うたこさん
お久しぶりです!
お遍路でもそんな経験をされた方がいるんですね~。なんでしょう、お遍路の方が霊的な雰囲気ありますよね。私もいつか挑戦してみたいです。そしてもう一人の自分と…。なんかおにぎり食べながら歩いてそうでやだなぁ笑

アフリカ編…どうしましょ。毎日ごはん食べて昼寝してごはん食べて、そんなことしか書くことのない西アフリカです。。。あ、巡礼編とあまり変わりないかも( ̄口 ̄∥)


>na-さん
あらーそんなインドだったんですね(´口`)西アフリカも辛いソース多いですよ。あ、来る予定ないですね笑

旦那さんと豪華客船でワイン飲んじゃう船旅、いいですね~。あ、そっちじゃないですか。ロシア船なら一人で乗りたいです笑

よくぞご無事で…

さーさん、ご無沙汰しております。結石持ちのアニカでございます。
気づけば更新してらっしゃったのですね、待っておりました。
そして、奇蹟って起こるべき方には起こるのですね。
これからの旅もきっと奇蹟の連続でしょう。
さーさんのブログ読んでるとそんな気がします。
また私も旅に出たくなりました。
次はアフリカですか?
気を付けてまた旅のブログ続けてくださいね!
楽しみにしてます♪

そうですエッサウィラです

結局そのたこ焼きは買わなかったのですが。

エッサウィラ・・・シーフードおいしかったですよ(^_^;)
あ、でも日没後には召し上がったのでしょうか?

私は本格的なラマダンを経験したことがないのです。
さーさんもいらしたマレーシアで、ラマダンの時期を過ごしたことはありますが。

ご存じのとおり、あちらは中国系やインド系の方も少なくないので、滞りなく飲み食いを続けて体重を維持、いや、増加!してしまいました。チェッ。
マレーシアも色々おいしかった~(^O^)

西アフリカも興味津々です。
タビジュンさんのブログも楽しいし、さーさん目線のブログも楽しみにしてま~す。

No title

フルーツジュース、高いよね。
私もそう思います。

フルーツジュースも素敵ですが、私も赤いお水が飲みたいですが、あなたが帰ってくるまで我慢しようと思います。


さーちゃんのお母さんは、さーちゃんのお母さんになれて幸せだったと思います。
母親ってそういうもんだと思います。

>アニカさん
ありがとうございます。
結石持ちのアニカ…もはやかっこいいとすら思えてきました。我らの誇りです。
えっとこの後は奇蹟というか運命的な出逢いを…。ここアフリカか…。
灼熱地獄のアフリカで、ボルタレン座薬が溶けかかっているのが気がかりですが、ビールをほどほどに乗り切りたいと思います♪


>むーさん
エッサウィラ(´・∀・`)ノ
ほんと魚介おいしかったですね~!
モロッコにいた一ヶ月、がっつりラマダンだったのですが、元気に三食食べてがっつり太りました。同じ~!笑
ただ、モロッコはかなり厳格にやっていたので外では飲み物ひとつ口にするのも憚れてちょっと辛かったです。あれは信仰心あってのものですね。

あの時蓄えた脂肪が西アフリカのおかげで減りつつありますよー笑

>香織
日本のフルーツジュースって“健康と美容のために☆”っていう付加価値つけちゃってるから余計お高くなってる気がします。あれは日常的にゴクゴク飲むものですよ。赤いお水もね。

泣かさないで。ありがとう。

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。