プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の中央アジア行く人集合


前回に続き、いただいたご質問にお答えする自己満足シリーズです。

☆語学レベルは旅をしているとあがりますか?☆

あがります。

えーと、まず偉そうに言ってる私の英語力ですが“旅をするのに困らないレベル”です。あ、偉そうにすみません。コミュニケーションには多いに問題ありです。がっつりネイティブの輪に放り込まれると、今日の夕飯なに食べようかなって違うこと考えながら時が過ぎるのを待ちます。

それでも出発した当初は愛想笑いと勢いで乗り切る典型的な英語ダメダメ人間だったので、それに比べたら喋れるようになったなと思います。英語の本を片手に“あい うぉんちゅー ○○。ぷりーず。”レベルでしたから。ひっどいもんでした。

ひっどすぎて恥ずかしかったんですね。だから勉強しようと思いました。

もちろん個人差はあるんですが、旅をしながら語学を上達させるポイントって、語学ができないことにどれだけ不自由さと羞恥心を感じられるかじゃないかなと思っています。
“喋れなくてもなんとかなる”と思ったらそれまでです。実際なんとかなりますがそれまでです。

かくいう私も一人で黙々と旅するのが好きなので特段、現地人とお近づきになりたい、外国人の友達が欲しいという気持ちはなく、自分がしたい旅に語学力が必要だから覚えただけです。だから旅に不自由しなくなったら満足してしまいました。なさけなー。

そんなわけで偉そうに言えないのですが、どうやって英語を習得したかと言うと最初に行った東南アジアでは、とにかく日本人と会わないようにしていました。日本語を使わないようにするという目的もあるんですが、近くに日本人がいると英語を使うのが恥ずかしいんですよね。みんな自分より上手なので。この辱しめは喋ることを消極的にさせる一方なので無意味。ということで日本人を避け、ひたすら英語を話す環境に追い込みました。

積極的にコミュニケーションをとらなくても一人でいるとどうしたって喋らざるを得ない状況がやってくるので、それをひとつひとつ解決していく度に自信がつき、喋ることに抵抗がなくなりました。愛想笑いで済ませず、分からないことは分からないと言ってどんどん質問する、それだけでだいぶ新しい言葉を覚えました。私が今、話しているのはほぼ最初の半年で覚えた英語です。

英語が喋れない。でも喋りたい…と思っている方。どんどん恥かきましょう。これは羞恥プレイです。その先には快楽が待っていますよー。


☆冬の中央アジア情報を教えてください☆

あの不親切なルート表で私が昨年の冬に中央アジアを旅したことに気付いた方、鋭い!

そうです。昨年11月から12月の2ヶ月間に渡り中央アジアを旅したオフシーズンを追う女。季節と婚期を逃した私が冬の中央アジアをご紹介したいと思います。あぁ寒い…。

・気候、服装、食事について

11月中旬のキルギス・ビシュケク。

大雪が降りました…。
完全に冬到来です。

そんな中、現地の人がどんな格好をしているかと言うと

結構薄着。

確かに11月のキルギスはまだましだったんですが、この後どんどん寒さが進み、12月下旬にウズベキスタンからトルクメニスタンの国境を渡った時が寒さ絶頂でした。厚手のダウンとフリース、上下ヒートテックを着ていても凍えました。防寒はしっかりと。あと、靴。雪が降った後は道路つるっつるです。みんなコケまくっていたのでお気をつけて。

寒いと宿から出る気にもなれないので、そんな時はこちらをどうぞ。


左から1.5L、2L、2L。
キルギスにはお持ち帰り専門の生ビール屋があるので好きなだけ持ち帰ってください。心と肝臓が暖まります。

これもお気に入り。

その名も“デブ”ビール。ロシア語で男性に向かって「デーーブ!!!」がと言う時に使う言葉がそのまんま商品名になっているそうです。デブにデブって言っちゃダメ。

パンチョ伊東にそっくりなおじさんが目印。



ロシアのビールですがロシアでは見たことないので是非ご賞味あれ。

お酒と反対にバリエーションが少ないと言われる中央アジアの食事。冬はこれに限ります。

ショルパ。ポトフのような、野菜と羊肉を煮込んだスープ。週5ショルパでしたが美味しいので耐えられました。

・宿について


冬季で営業停止していたのはタジキスタン・イシュコシムにある有名な宿(名前は失念)だけでした。ただ、イシュコシムを始めパミール地方は有料民泊も多いので誰かに聞けば紹介してくれると思います。
他はどこも通常営業していたので宿の心配はいりません。お客さんも少ないので常に貸し切り状態。暖房やしっかりした布団を用意してくれたので寒さに困ったことはありませんでしたが、泊まるところによっては極寒部屋もあるかもしれません。ご覚悟を。


・交通について

これも雪が降らない限り通常運行していました。タジキスタン以外。


キルギスのビシュケクーオシュ間の道路。大雪直後に通った人は時間がかなりかかったみたいですが、私は3~4日後だったので一部凍結のみでした。乗り合いタクシー120ソム、11h。

冬の中央アジア観光で一番影響が出るのはタジキスタンのパミール高原だと思うのですが、私が行った12月上旬~中旬にかけての状況は以下の通りです。※すべて乗り合いタクシーの値段です。

・オシュ→ムルガーブ 冬季は人が集まらない&値段が高い(2000ソム)。
※利用せず。11月下旬に行った人は雪がすごかったが絶景だったと話していた。
・ムルガーブ→ホーログ 150ソモニ 10h ※利用せず。10月の情報。
・ドゥシャンベ→ホーログ 200ソモニ 18h
・ホーログ→ランガール 100ソモニ 7h
・ランガール→イシュコシム 50ソモニ 5.5h
・イシュコシム→ホーログ 40ソモニ 4h

まとめると…
ワハーン回廊に行きたい人→ホーログ~ランガールの乗り合いタクシーは冬季でも運行。しかしランガールより東は地元の人が出掛ける時のみ乗り合いタクシーが運行(週1便程度?)されるのでムルガーブまで抜けるのは難しい。単純往復が現実的。

パミール高原に行きたい人→ホーログ~ムルガーブの乗り合いタクシーはあるがムルガーブ~オシュ間が積雪&人が集まらないため時間がかかる可能性あり。

いずれも車を貸し切れば好きなルートを回れるが冬季は旅行者がいないので人が集まりにくい。(実際タジクでは一人も旅行者に会わず…)ホーログスタート4日間でジープ一台500~600ドル程度なのでお金に余裕のある方はご検討を。


ホーログからランガールまでの道。

冬が似合う景色。絶景だらけでした。助手席オススメ。

川を挟んだ向こう側はアフガニスタン。

絶景絶景。

ランガールに2泊した後の帰り道。

雪が積もっていましたが四駆だったので問題なし。

毎週土曜、国境で行われるアフガンマーケットも開催していました。





アフガニスタンを垣間見。

冬だからとパミール&ワハーンを諦めてしまう人もいましたが、冬には冬の美しさがあるのでそれもまた魅力的です。景色だけではなくパミールの人達の優しさは世界屈指なので是非OMOTENASHIを体感してみてください。

もちろんタジキスタンだけではなく、他の中央アジアの国々も季節関係なしにいいところでした。

結婚式のため留学先の中国から列車で里帰り中のノルジャン&マルジャンカップル(カザフスタン)


澄んだ空のグラデーションにうっとりしたヒヴァ(ウズベキスタン)


寒空の下、ここだけ燃えたぎっていた巨大ガスクレーター“地獄の門”(トルクメニスタン)


走り出した列車に飛び乗り真冬なのに汗だくになった250円の夜行列車(トルクメニスタン)


48時間船に缶詰。一生に一度のクリスマスイヴを過ごしたカスピ海湖上


冬の中央アジア、行ってよかったです。

と、質問に答えるふりして書いていない中央アジアの報告を兼ねていることがバレそうなのでここらへんで終わります。

次回はみんなが気になるアレについて書きます。アレね♡
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪
関連記事

Comment

No title

おおー、なんだか情報系のブログっぽい記事だ。
中央アジアって、漠然とどのへんなんだろうと思っていたんですが、なんとなくわかりました(←地理苦手な人)

雪景色、綺麗ですね。雪を冠した山って美しくて大好きです☆
中央アジアって、山っていうより平原とか平地ってイメージがあったんですが、山もたくさんあるんですね。
ヒマラヤとかも中央アジアになるんでしょうか。

写真にあった地獄の門、行ってみたいなー。
近くで見てみたい。地球の熱を感じられる場所なんだろうな。

No title

こんにちは。ごぶさたしております。

ごぶさたしております。が、さーさんファンの私は、更新のない日も、毎日わくわくしながら読んでいます。(ごめんなさい、ウソです)

しかし、気づきませんでした。冬の中央アジアを旅していたのですね。パミール高原、ワハーン回廊といえば、誰もが当然夏をイメージするのではないでしょうか。もうさーさんファン失格ですね。。。まさにコロンブスの卵、逆転の発想、目から鱗、豚に真珠の首飾り、えーと、あとなんだっけw

でもでもやっぱり夏に行きたいです。夏のパミールで、枝豆と冷や奴をつまみにビール飲むのが夢です。カシュガルあたりからクルマでカラコルム山脈を越えて(ここでジャンプして写真を撮る)アフガニスタン側のワハーン回廊に入り、さきいかつまみにビール飲みながら、タジキスタン側に届くくらいの長い釣り糸をたらして魚釣りするのも夢です。カラクリ湖の湖畔にテントを張り、満天の星の下でヤキトリ食べながらビール飲んで花火をするのも夢です。(夢はたくさんあります)

雪国に住んでますが、寒いのはイヤですwあ、秋田県との県境にある鳥海山は、上の方がもう雪積もって真っ白です。平地ももうすぐ雪がふりそうです。アフリカとかの、あっついときの写真見せてください。

追いつきました!

さーさん、こんにちは。
先週末さーさんのブログを読み始めて抱腹絶倒、2回読んだ今でも笑い転げてます。やっとリアルタイム更新?に追いつけて嬉しい!
ブログから、日々の活力をたくさんもらっています。仕事のつらさが吹っ飛びます*\(^o^)/*
中央アジアの国々、旅先での出来事、感じたこと、興味津々です。これからもお気をつけて、旅を楽しんでください。更新楽しみにしています。

ビール5.5リットル!

いつも楽しくブログ拝見しています。
キルギスのビール、気になります。
生ビールが持ち帰り放題って、
日本にもできないですかねぇ。。
私も5リットル持ち帰りたいです!
そして、ロシアで見かけない謎のロシアビール(笑)
プリン体なんてなんのその、という感じで。
味も気になるので、こちらも飲んでみたいです~。
それではこれからもすてきな旅と良いお酒を。
次回も楽しみにしています。

No title

さーさんへ

カスピ海を船で横断するのが長年の夢でした、先を越されましたよ、今年7月カザフスタンまで行ったのに理由があり (PBのオファー)で残念ながら断念しました。悔し~いよ。なんで48時間も缶詰になったの?。

ありがとうございます!

さーさん

お忙しいところ中央アジアの情報ありがとうございます!
やっぱりどこの場所でも、ビールを欠かさないさーさんの旅が大好きです!キルギスに飲みに行きたくなりました。
でも、冬の中央アジア、やっぱり凄く寒そうですね。
自分がこれから動くとなると、どうやっても12月から1月になりそうで、悩んでいます。調べてもあまり冬の情報のない中央アジアについて、写真や交通事情を知る事が出来て本当に感謝です。
突飛な質問に答えて下さりありがとうございます。
自分に行けるか、行って楽しめるか、検討したいと思います。
これからもさーさんのブログを楽しみにしてます(^-^)

地獄の門行かれたんですね!
わたしも気になってるんですが、極度の方向音痴の為、辿り着けないor戻れないんではと心配してますw
食事はどうでしたか?
わたし、肉が苦手で...
モンゴルでは食事に泣きました(^_^;)

中央アジア、どんな旅をしてたのか気になります~。機会があれば、まとめ以外でもお願いしますw

瞑想は明後日から行ってきます。
報告がなかった時はリタイアしたと察して、そっとしておいて下さいw
できる限り頑張ってきまーす(^o^)

語学上達法、さーさんらしい妙なストイックさにウケてしまいました(笑)。自分はネイティブな発音を頑張ってしようとする自分自身に照れてしまい中国人旅行者英語的棒読み(ってニュアンス伝わるかしら?)どまりで、英語以前にムダな自意識との格闘です(´Д` )。

中央アジア写真、美しいー!けど、とっても寒そう!
長期旅行だと日本食と並んで、肩まで湯船につかりたい問題ってあるよなぁと思うんですが、さーさんはその点はへっちゃらですか?

p.s.都落ちして成人式はお隣□×3川区でした。。
さーさんオススメの田辺農園バナナ、紀伊国屋で探してみます(^-^)/

>Miyuさん
ふふふ。ついに脱非情報系ブログですよ。
山脈に雪が被っている風景、いいですよねー。空気がピシッとしていて気持ちが引き締まります!
カザフスタンはカザフステップと呼ばれる何もない大地が広がっているんですが、キルギスとタジキスタンはこれでもかっていうくらい山の絶景が続くんですよー!
ヒマラヤは中央アジアではないような?でもなんだろ?←地理適当な人
地獄の門は自然界の恐ろしさと人間の愚かさ(ガス採掘中の事故が原因で燃えているので)両方感じられる場所でした(´・∀・`)ノ

>BBさん
お久しぶりでーす\(^o^)/

なんて希望に溢れた旅の計画でしょう!ビールがいっぱい♡私は冬のワハーン回廊で「さぶいさぶい」言いながら熱燗引っかけて、ほっけ食べるのが夢です。芋焼酎のお湯割りとくさやでもいいなぁ。夢、膨らみますね!
あ、そういえばキルギスではししゃもの燻製が売っていましたよー。キムチとか椎茸の佃煮とか、生ビールのお供に最高のラインナップが揃っていて、毎日おつまみ選びが楽しかったです。

北国に住んでる人って意外と寒いの苦手な人多いですよね!?私は寒いの大歓迎なので、日本の冬がうらやましい…。アフリカは暑さすぎてカメラ取り出す気にもならないのですw 今度ギラギラした写真撮っておきます!笑

>Tomocomさん
はじめましてー!あっという間に追いつかれちゃいました(*/ェ\*)笑
しかも2回!!私でも読んだことないのにw
あ、この先更新少なくなくてイライラすると思うので覚悟しておいてくださいね♡
中央アジアにいた二ヶ月のうち一ヶ月はキルギスでビール飲んでただけなので、あまり書くことが…笑

>ビールさん
ほんと、心から日本に生ビール屋が出来ることを願っています。絶対流行ると思うんだけどなぁ。少なくとも私とビールさんは毎日5リットル買うでしょ…。
あ、キルギスで足の親指が疼いたので私は3リットルにしておきますね(´・∀・`)ノ
デブビール、味も結構おいしいので見かけたらお試しください♪

>てるさん
なんでなんでしょ?笑
私の予想では港の出入りの混雑じゃないかと。最初の一日、全く動いてなかったですから。食料がなくなってしまって焦りました(^^;
次こそ乗れるといいですね♪

>akoさん
いえいえ、どういたしまして(´∀`)/
中央アジアは夏か冬かと聞かれたら確実に夏の方がいいので(笑)、大いに悩んでください!
キルギスはビザ待ちで暇だったので、ひたすら生ビール屋巡りをしていました♡幸せだったなぁ。
載せなかったんですが、トルクメニスタンにも国産ビールありましたよ(*´∀`*)
中東から来るとお酒のストレスがたまってると思うので、ドカンと飲んじゃってください♪

>sunさん
地獄の門、チャイハネにいたお客さんがタダで連れていってくれたんですよ。ラッキーでした。ただのまっくらやみなので女一人だったら車チャーターをオススメします。高いけど…。
あと残念なお知らせですが、中央アジアの食事は羊肉中心です。モンゴルよりは美味しいですwメニューが3種類位しかないので逃げ道ないのも辛いとこですよねー。

中央アジアのいいところ、全部紹介しちゃったからなぁ|ω・`)へへ

二週間以内にコメントが来たら…大人の対応します笑

>96さん
ストイックですか!?笑
私も自意識の塊なので、だから日本人避けてたんです。ある程度喋れるようになってから現れるっていうwプライド高っ。

中央アジアも寒かったんですが、その前に行った10月のロシアの方が極寒でした。湯船は…日本でもシャワー派だったので強い希望なしです笑 温泉行っても熱くて耐えられないんですよー。つまり寒いのが好きなのです。北国仕様です。

都落ちw私も成人式行ってないんですけどね(´Д`*)ノ

No title

さーさん こんにちは。
今回は時間をおかずコメントします。

て言うか、聞きだいことはずぅぅぅっと貯まっていたですが、どのタイミングで聞いていいのかわからず…。ロシアの記事の最中に南米のこと聞くのもナンですしね。

今なら聞けそうなのでいろいろ聞いちゃいます
まず………まさか、中央アジアの部分はこれで終わりですかっ(^_^;)
もっといろいろ聞きたいです。2年後とかでもいいですから。

トルクメニスタンのガスクレーターって、普通に誰でも行けるんですね。私はてっきり許可をもってる旅行社とかしか無理なのかと思ってました。じゃあ、多少高くても車チャーターして行こうかな。さーさんはクレーターには泊まりました?やっぱり迫力あるのは夜ですよね。
あと、カスピ海の船って、トルクメンバシからバクーの船ですのよね。あの船は運行スケジュールがあってないようなもので大変と聞いたことがありますが、実際いかがてした?
サーさんがトルクメニスタンにどのくらいいたのか不明ですが、ビザはどうしました?さーさんは日程ガチガチ&ガイド付きの旅をするイメージないですが、かと言ってトランジットだと超慌ただしいですよねー。

質問ばっかでごめんなさい

>いやみさん
はっバレた|ω・`)
中央アジア編、短かったですか?笑

ご質問の件ですが、ガスクレーターは今のところ誰でも行けますよー。私は暗くなってから行き、泊まらず滞在20分程でチャイハネに戻りました。決して危険度が高い場所ではないのですが、何かあっても助けも呼べませんし女性一人での野宿はオススメしません。
車チャーターは50ドル位と聞いていたのですが、チャイハネにふらっと現れた人が100ドルと言ってきて、交渉しても80ドルにしか下がりませんでした。しかもヤル気なく、すぐどこかに消えてしまったので歩く覚悟をしたところ、チャイハネにいたお客さんが無料で連れていってくれました。多分、炎を頼りに歩くことはできると思うんですが、やはり女性一人ではオススメできないです。

トルクメニスタンにはタジキスタンで取得したトランジットビザで入国したのでかなり駆け足でした。

一日目:ヒヴァから国境越え、ガスクレーター見学、近くのチャイハネ泊
二日目:早朝、有料ヒッチでアシガバッドへ。市内観光。夜行列車でトルクメンバシュへ。
三日目:朝トルクメンバシュ着。バグー行きフェリー乗り場へ移動。3時間後出国、乗船。

こんな感じでした。フェリーに乗れるか心配だったので三日間そのために開けておいたのですが、あっけなく乗れました。一応バグー行きは毎日運航なのですが、私が見た感覚では2~3日に一回ペースのような気がします。アクタウ(カザフスタン)→バグー行きのように一週間待つようなことはなさそうです。
時間があればもっとアシガバッドを堪能したかったです。かなりキテレツで面白かったです!

また何かあれば話題ぶったぎっていつでも聞いてくださいね!(´∀`)/

ありがとうございます

ふむふむ。なるほど、ガスクレーターはそんな簡単に行けちゃうものなのですね。トルクメニスタンの旅のしにくさが中央アジアを考える上でネックだったのですが、それなら大丈夫かなぁ。有料ヒッチなんかも町で簡単にみつかるもんですかぁ?
キルギスに1ヶ月いたとのことですが、トルクメニスタンのビザ待ちですか?そんなにかかるのです?!?!ビール飲まない場合、ビシュケクで1ヶ月も何しようかしら。

バクーへの船に乗られたということは、その後コーカサスも旅されたのですね。
その辺りの旅の様子もいつかレポート待ってます。コソッとでいいので。

今はどこにいらっしゃるかわかりませんが、お体ご自愛下さいませー。

P.S 落合イズムに今年は反乱者続出のようです。これでは数年後にはドラゴンズ崩壊のおそれあり。お早めにご帰国を。

>いやみさん
どういたしまして(´・∀・`)ノ
トルクメをたっぷり楽しみたいならイランから入った方が予定立てやすいので可能ならご検討を~。
ヒッチは30分位でつかまったんですが、一人だったので心細くてもっと長く待ってた気分でした。通り過ぎる車を眺めるのって虚しい…。
キルギスではアゼルのビザ取っただけです。一ヶ月いたのは居心地が良かったからなんで、ご心配なさらずに笑 ちなみにその後のコーカサスもグルジアに一ヶ月いたんですがワイン飲んでただけなので書くことが…笑

なーんか契約更改荒れてるみたいですね?もう野球の話題がすっぽり。早くスカパー見ながらスーパードライ飲みたいなぁ。。。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。