プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せになりたい


幸せはなるもんじゃなく感じるものだと長渕剛が歌っていました。ヨーソロー。

そうコスタリカには幸せを感じるためにやってきました。ここには見たものを幸せにすると言う幻の鳥がいるそうです。その名は


ケツァール


手塚治虫『火の鳥』のモデルになったと言われている鳥。

『水曜どうでしょう』の中米コスタリカで幻の鳥を激写!の回を見た方も多いでしょう。

それはそれは美しい鳥と聞きます。ただ年々生息数が減り、見れるのは限られた場所のみ。しかも早朝のわずかな時間。このハードルの高さ故に『幻の鳥』と呼ばれ、さらに『見たら幸せになれる』と言われているそうです。


幸せになりたい。


ケツァールが見たいというより


幸せになりたい。



重いでしょ。だってもう鳥頼みしか残ってないんですもん。神様全然頼み事聞いてくれない。


ところでサンホセの宿『サバナ喜多側』の食堂には壁一面に今までに泊まった人達のコメントが残されています。


“ケツァール見れました!”
“ケツァール見れました!”
“ケツァール見れました!”



それから情報ノートにもたくさんコメントが書かれています。


“ケツァール見れました!”
“ケツァール見れました!”
“ケツァール見れました!”






え、全然幻じゃないじゃん…。


荻野さんも言いました。
「見れない人はほとんどいないから」



よっしゃもらった幸せー!!!!



ということで早朝バスに乗ってケツァールが見えるポイントに行ってきました。
簡単に書きましたが朝5:30のバスに乗るための4:30起きです。すべてはケツァールのために。

バスで約1時間半。

ここのロッジでは10ドルというお安い料金でケツァール鑑賞のガイドをしてくれるそうです。ロッジがふたつあって、右がいいだとか左がいいだとか書いてありましたが、一つ目のロッジに行ったら「うちではやってないよ」と言われたので問答無用でもうひとつのロッジになりました。

レセプションで「ケツァール見に来たんですがガイドお願いします」と言うと若干戸惑いの表情。まあオフシーズンですからね。雨季ですし。人もいません。

ハチドリがいるからそれ見て待っててと言われ素直にハチドリを見て喜ぶ私。あら綺麗な小鳥ちゃん。


この色鮮やかさ。


あと羽ばたきが早い。一秒間に何回羽ばたいているんでしょう。


原色のラメというドぎつい配色なのになぜかまとまりがあるから自然界って不思議。


おっといけない、ハチドリに夢中になっている場合じゃなかった。今日の主役はあなたじゃない。ケツァール様です。

そしてしばらくして現れたガイドの顔にも戸惑いの表情が浮かんでいました。

「ケツァール見に…来たんだ…?」

「イエース!」


戸惑いゼロの私。

口ごもるガイド。


「…多分いないよ…」




「ノォォーーーー!!!!!」


ガイドと二人、微妙な空気の中で始まったケツァールウォッチング。お互い地獄です。

なんでも今の季節(6月・雨季)は数が少ない上にもっと早い時間じゃないと見るのは難しいそうです。そんなこと言っても始発で来たし。これ以上早いの無理だし。と思ったけどこのロッジに泊まればいい話です。今朝、泊まっていたお客さんは見れたそうです。
まあ見れた人がいるってことはケツァールがいるってことだからあれだ可能性はあるってことだね。とプラスに捉えようとする私と渋い表情のままのガイド。希望はないのかい。

裏山に入るとガイドが口真似でケツァールを呼んでくれます。
江戸屋猫八みたいです。

ケツァールって写真で見た姿からは優美な声で鳴くんじゃないかと想像していたのですが、この口真似が似ているとしたらオットセイみたいな鳴き声をしています。オエッオエッオエーッて感じです。私がやるとただの嗚咽です。

口真似と双眼鏡でケツァールを探すガイド。

必死に探してくれていますが、この時の私には分かっていました。



ケツァールいないね。


気配ゼロとはこのことを言います。



ケツァールの住んでいる穴だそうです。

私が見に来たのはケツァールです。

それから滝です。

私が見に来たのはケツァールです。

ケツァールの羽です。

私が見に来たのは…ケ…ケツァ…ぁぁあああ…。

そうです、ケツァール見れませんでした。最後に申し訳なさそうに羽を見せてくれましたが違う。これじゃない。飛んでるやつ…。

普段はマイナス思考全開なのになぜかケツァールに限っては絶対見れると信じて疑わなかった自分が恨めしい。見れなかった時のことを何ひとつ考えていませんでした。茫然。

運がいいとか悪いとか人は時々口にするけどってさだまさしが歌ってましたが、道路までとぼとぼ歩いていたら大雨が降ってきてびしょ濡れになりました。しかもここにはバス停がありません。行きは運転手さんに頼んでおけばロッジの前で降ろしてくれるんですが、帰りは通りがかるバスか車を自分で止めなければいけません。中米でヒッチハイクなんて怖すぎる。なので大型バスだけを狙ったのですが一時間全部素通りされました。あの車が通り過ぎる瞬間のなんとも言えない気まずい空気と虚しさ。

なんでこんなところでこんなことやってるんだろうって、雨の中ぽつんと一人で道路で突っ立っていたら、どんどん悲しくなってきました。一言で言うならば惨め。惨めだ、私。

そんな時、一台の大型トラックが目の前に止まりました。手招きしてくれる運転手。近づくと「サンホセ行くなら乗っていいよ」と言ってくれます。逆ヒッチです。

どうしよう…。

大丈夫かな…。

危なくないかな…。

少し悩んで、そして乗ることにしました。目を見たら悪そうな人じゃなかったから。勘です。この前も書いたけど、こんな時に頼るのは勘しかありません。あとは車内が清潔だからきちんとしてる人だろうなとか、十字架飾ってあるから信仰の厚い人なのかなとか。タクシー乗る時もそんなところを見たりしてます。

恐々ながらもトラックに乗り込み、サンホセに向かう道中。ケツァール見れなかったな、はぁー。と遠い目をしている私に運転手はあれこれ話しかけるでもなく、でもポツポツとたまに話しかけてくれて、それがとても居心地よくて、この人の車に乗れてよかったなって思いました。最後は街中で降ろされると思ったのに宿の近くまで送ってくれて、すっと去って行きました。
今日一日で救いがあるとすればこの人に出会えたことです。

幸せは歩いてこない、だから歩いていくんですよね。
水前寺清子が歌ってました。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪
関連記事

Comment

No title

さーさんが幸運の鳥さん見れなかったお話なのに、自分は3日とあけずにさーさんの新記事を読めるという奇跡(※先月比。いやー、勝手ながら更新めっちゃ待ってましたから、笑)に幸せにしていただいてしまいました、有難うございます(^-^)

ケツァール見れずとも、タビジュンさんブログで読んだ雨季の野良のゾウとの遭遇もヒヒの来客だってミラクル体験ですよ、うん!(後者は全然慰めになってませんね、ごめんなさい。。)

自分はさーさんほどではないけれど危機回避能力的な勘は利くほうなので人生比較的無事に生きてこられました。が、自己完結し過ぎてる上に隙がなさ過ぎるから良くも悪くも想定外のことの入りようがない気もしてます。さーさんは程々の隙って必要って思われますか?…なんだか妙な質問ですみません(´Д` )


ええええ!!?12月は更新頑張るとは言っても、まさかこんなに直ぐに更新があるなんて...驚いちゃいました
今後も期待しちゃいますよ。ハート

幸せになれる鳥。わたしもめっちゃ見たいです!それ!
数年前に恋愛で有名な神社で恋みくじを開いたら『祈りなさい』て書いてあったことがありましたwもはや神頼みしかないのか。と思いましたが、わたしも鳥頼みに切り替えます。

ついていないときてありますよね。
そして急に虚しくなる気持ち、すごくよく分かります。でも、そんな時でも、必ずどこかに救いてあるんじゃないかなと。
さーさんが逆ヒッチされたドライバーのように。
わたしの今日の救いは、さーさんのブログが更新されてたことかな。いつも元気もらってます(^^)

おかしい

 自棄糞になっていませんか?

ついしん/ケツァール見れました!!

再三失礼いたしますf^_^;
ネットの画像検索…でですけど、なんですかこのメルヘン界の生き物としか思えない悶絶級のかわゆさは‼
確かに実際この子見たら幸せで卒倒出来そうです。

年の瀬にしみじみ思うのは、幸せってそれを感じられる心にあるんだろうなぁと。さーさんが日々のふとした景色や出逢いや食べ物やお酒や、お酒や食べ物(だいじなものは重複で、笑)から感じられているように。
白馬の王子も青い鳥もいずとも自分自身が機嫌良く過ごせる気持ちの持ち方をしようとようやく思いつつある同世代です、てへ。

なし

12年間の賃金と割増退職金の3000万円を元手に年10%の投資収益300万円の範囲内で何不自由なく旅行されていると勝手に想像していましたが、金だけでは満足できないようですね。いまの日本には低収入にあえぎ、稼いだ金が全て生活費に消え、綱渡りの生活をしている世帯が2割もあるそうです。

あなたが求めているものを勝手に想像するに、ウソでもいいから3000万円持っていると書けば、幸せの方から寄って来てくれるのではないでしょうか。

さ~さん。「ケツァール」てめちゃめちゃかわいくてキレイな鳥なんですね~(気になってネットで、調べちゃいました(*^_^*)可愛くて、一目で惚れちゃいました(///∇///))数々の神社を訪れ、その度に神頼みしてきた私としても、是非実物を見たーい!!私も、もう鳥頼みしか残っていましぇん( ̄ー ̄)「見に行って見ようかなぁ~?」と(ちょっと真剣に考えてみたりして・・・あっ、そういえば、一度しか行ったことありませんが、あの霧の摩周湖、訪れた時、わたし・・・も、晴天でした( ;∀;))さーさん。なんの慰めにもならないかもしれませんが、きっといいことありますよ~!!
私も昨年独りイタリア行った時、ポンペイ遺跡行くのに、電車降りるところ間違えちゃって、無人駅で降りたんです。どうにかしなくちゃと思って、近所のおうちに駆け込んだら、ちょうど外出先からおじ様が車で帰ってこられ、ポンペイ遺跡まで送ってもらいました(*´∀`)♪帰国後、周りの友達に「危ない目にあったらどうんの!!」て怒られたけど・・・だって、いい人そうだったんですもの~。本当は近くにタクシー乗り場か何かないか聞きたかっただけですが、おじ様英語が通じず・・・地球の歩き方片手にポンペイ遺跡を指差し、目力で数分訴える日本人に仕方なく送らざるおえないて感じでしたけどね( ̄▽ ̄;)最初はおじ様、ポンペイの街で私をおろすつもりだったらしいのですが、もう一回写真を指差して、ちゃっかり遺跡の入り口まで送ってもらっちゃいました・・・)だから、「勘て大事!!」だと思います\(^^)/
だからって、勘になのんの保証もないんですけどね(*≧∀≦*) さーさんのことですからぬかりはないと思いますが、一応残りの旅も気をつけてくださいねo(^o^)oでは~

ケツァール!!
わたしも見てません…わたしが行ったのもそういえば雨季だった。
ケツァール、トゥカーン、コンゴウインコ… ときめく鳥たちがたくさんいるー!!ってガイドブック見てうきうきした記憶。
が、わたしはハチドリしか見てません。一休みのカフェの庭にふいにやってきてかなりときめきました。かわいかったー♡
てかさーさんのハチドリの写真きれい♡ こんな服着てる人いたらかなりヤバめな配色なのに、ほんとですね、自然界の色すごい。

チチャローン、そう!鶏皮みたいなやつです!! さすが、さーさん(o^^o)
確かにくさっ!!ってなるのに当たるときありました笑 10年経った経験だけど分かち合えてうれしいです。

>96さん
ふふふ、今月は奇跡を起こしますよ。一足早いクリスマスプレゼントです♡

動物運は意外とあるんです。なのに…(>ω<、)ヒヒ運よりケツァール運カモーン!!
あ、ケツァール、めっちゃメルヘン動物でしょう?どうやってあの美しさが生まれたんでしょうね。雀の地味さが忍びないです。

幸せを感じる心、長渕剛派ですね(´・∀・`)ノほんとそうですよねー。
ただ、時々無性に一番大切な物が欠けているのではと深い闇に放り込まれることがあるのです。望んでいるのに自分から遠ざけている部分がある私も自己完結型ですね。。。
旅において隙は必要ないですが、恋愛において隙は必要かもしれないです。でも隙のない人は隙作れって言われても作れないもんですよね。隙ある人みてもなんか冷ややかに見ちゃうし。ああなりたくないなとも思うし笑
あ、私の愚痴になってしまいましたw

>sunさん
だから驚くことなかれと…笑
ブログ強化月間に指定しましたからね。ついてきてください(´∀`)/

てか祈りなさいってwww
私たちがどれだけ祈ってるか知ったら涙しか出ないですよ。もう鳥にかけましょう!ケツァール様に。
あ、その前にペルーのエケコ?(あれ違うかも)人形もあるんで、人形頼みでも…。

あのドライバーさんもギョッとしたと思うんですよね。一人で雨の中で佇むアジア人って絶対怪しい笑
なのに声かけてくれて感謝です。
夜は一人部屋で落ち込みましたけど笑

>xbrjwqさん
なりそうになる時もありますがギリギリセーフです笑

>969さん
す、すごい予測(((( ;゚д゚)))

退職金ゼロだったのにー!
ゆうちょで貯金したのにー!

。・゚(´Д⊂)゚・。

年率10%の投資教えてくださいw

>KEIKOさん
ちょ、ちょっとー!!!
晴天の摩周湖、慰めになってないです!!!www
完全に仲間じゃないですか。鳥頼みツアー組みましょうか笑
ケツァール見れなくてどんよりするっていう。でもテキーラ飲んでちゃらにするっていう。結構楽しそう笑

勘って言ってしまうとあやふやですが、それまでに培った経験値とかも込みなのでそれなりにアテになるものなんじゃないかなあと思ってます。でも慢心にはならないように、それは常に心がけています。きっとKEIKOさんは運を引き寄せるタイプの人ですね☆おじさんびっくりしただろうなあ。車出してもらうなんてそうそうないですよ。
もしケツァール見に行ったら帰りの心配しなくてよさそうですね笑

>まーさん
鳥詳しい!えと、ケツァールとハチドリ以外、分からないです(>ω<、)
ハチドリ、私が行ったロッジは甘い水を置いて餌付けしてたんです。だから写真も撮りやすかったのです。まさかあの時はケツァールが見れないなど微塵も思っていなかったですが…。やっぱり雨期はダメですね(´Д`*)ノ

チチャローンやっぱり!スナック感覚で食べられてお酒のつまみにも合いますよねー。そしてまたもや鶏皮が食べたくなってきたぞ笑
鶏皮せんべーい(´Д`*)ノ

No title

ケツァール、知らなかったので私も検索してみました。
出てきた画像が、カラフルな鳥がトカゲ咥えててびっくりしました。
あなた肉食なのですね…きれいなものにはトゲがある的な驚きでした。

見れなかったのは残念ですねー。雨季ってそんなもんなんですかね?
私もこないだ行ったシンガポール旅行がバッチリ雨季で
観光の目玉だったナイトサファリが行けませんでした。
夕方から連日雷雨でしたからね。
おかげでホーカーズやらフードコートに入り浸る理由ができましたけど(笑)

ケツァール

昨日、この記事を拝見しました。

昨夜、何の気なしにNHKを見ていたら、ケツァールが長い尾をたなびかせて飛んでいました。

テレビで見てもあんなにきれいなんですから、自分の目で見られたら本当に幸せになれそうです。
ぜひぜひ、さーさんがその目でケツァールを見ることができますように。
私、祈ってます~♪

思わず二回目コメントします…!
さーさん、トゥカーンもめちゃかわゆいのでぜひチェックしてみてください(o^^o) コンゴウインコはインコなのに大き過ぎて違和感感じるところが気になる存在です。群れで飛ぶと空が赤くなるとか!
自分が鳥好きだとは今まで気がつきませんでしたが、どんなか伝えたくなる情熱からするとそうなのかもしれない、と思いました笑
ちなみに鶏皮せんべいももちろん好きです笑

怒涛の更新月間、楽しみにしてます♪

わたしもテレビで、

さーさん、
久しぶりに見てみたら、更新してるーー‼じゃあないですか‼
一気に読みました!いつ読んでも楽しいな♪
そして、そのうわさの鳥、わたしもテレビでみたので、タイムリーにコメントしちゃいます。尾っぽがひらひらなびく感じがとても優雅で、確かに目の前に現れたら相当テンションあがると思います。
いつかわたしもみたいですー
今頃はヨーロッパのいづこかにいるんですね、さーさん。同じ時間を生きているんですよね。そんなことをふと想うなんだか不思議な夜です。

久しぶりに見たらすごい更新されてるー!

私も観光のチャンスを逃すし、隙がないらしく男性も逃すタイプです(笑)
でもパスポートは引ったくられました…
防犯は隙だらけのようです…
いいとこゼローーー!

今はウクライナなのですね。
私はフランスですが、先週からガクッと気温が下がりました。
怒涛の更新、楽しみにしておりますー♡

>Miyuさん
えっ肉食Σ(゚Д゚lll)し、知らなかった…。アボガドの実を食べるんだよって説明されたのですっかり草食だと。狩る側だからあんな目立つ色してても生きていけるんですかね。

シーズンオフは人がいないのはいいんですけど見所は完全に外しますよねー。短期の旅行だと代わりもきかないし残念ですよね。あ、食べてたからいいのか笑

>すが子さん
なんというタイミングの良さ!どんな番組だったんだろう。
てかNHKの人達は見れたんですね…うらやまし笑

美しいのがメスではなくオスっていうのもおつですよねー。人間界も逆転現象起きないかなぁ。
すが子さんの祈り、しっかり届きました♡ありがとうございます。

>まーさん
間違いない、まーさん鳥好きです。食べる方も含めて笑

そして大変なことに気付きました。
私、コンゴウインコ見たーー!!!
このあと中米編のどこかに登場します。“綺麗な鳥がいました”で済ませようとしてたんですが“コンゴウインコがいました”ってしれっと書きます笑
トゥカーンも写真で見たことありました!ひょうきん顔ですよねー。まーさんのおかげで鳥知識が増えました。また鳥情報お待ちしてますヽ(o´∀`o)

>ちゃこさん
で、ですね。私、現世を生きてます笑 時々音信不通になりますが生きてます(´・∀・`)ノ笑

NHKどんな番組だったか気になるー!ケツァールの魅力はやっぱりあの尾っぽですよね。落ちた羽根の長さ尋常じゃありませんでした。邪魔じゃないのかなあと思ったり笑
巡礼でも願った、鳥にも願った、あと何がありますかね…(T▽T)

>めがねさん
すごい更新しましたー!笑
週2で誉めてくれるみなさんが優しすぎるー!(*´∀`*)笑

人には得意分野と不得意分野があるんですよね。そして私達は防犯が不得意…と。ひー。

実は西アフリカからヨーロッパ戻る時、パリ経由だったんですよ。乗り継ぎ時間がたっぷりあったので、めがねさーーん!と思ったんですが、チケット取ったのが当日だったのでさすがに迷惑だろうと連絡するのやめてしまいました( ノω-、)
ヨーロッパの冬は日が暮れるのが早すぎで一日の行動が狂います。

No title

こんにちは。いつもあなたのブログを楽しみにしております♪ 私も3年ほど前にまったく同じ経験しました(-_-;) サバナ喜多川に泊まり、ケツァール見れず、帰りは恐怖のヒッチハイク.....おまけに現金1万円とクレジットカードを落としたし。そういえば喜多川さんが「もうすぐスペインへ巡礼の旅に出ようと思うんだ」と言われてました。巡礼の旅は喜多川さんの影響なんでしょうか(^_^)?

>しほさん
いつも読んでくださってありがとうございます!
そしてケツァール仲間!(見れなかった方の…)しかも不運に輪がかかってる┗(;´Д`)┛よくぞご無事で。

荻野さん、ちょうど巡礼から帰られたばかりでした。たーっぷり巡礼の話をしてくださったのですっかり感化されました。今の私も荻野さんくらい巡礼について熱く語ります笑

えーそんなぁ!!!
連絡していただけたらよかったのにー!!
すっごい残念です…がっくり…
さーさんのばかぁ!!!

>めがねさん
だ、だって初対面の人に「今日会えます?」なんて小心者の私には言えなかったのですー(´Д⊂)
だからチャンス逃して婚期も逃すんですー(´Д⊂)
今度からはチャンスつかめる女になります。
本当にごめんなさい(´Д`*)ノ

いつかどこかでお会いできるといいですね!

>めがねさん
はい!次はめがねさんの帰国報告待ってます!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。