プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どん底を見た


ケツァールに惨敗した翌日。
このままだとあまりにコスタリカの印象が残念なままで終わりそうだったのでイラス火山というところに行くことにしました。写真を観たらエメラルドグリーンのカルデラ湖が美しかったので。火山口は逃げません。確実性重視です。

そういえば首都サンホセの紹介をなにもしていませんでしたが標高1150mの所にある涼しい気候の街です。


どちらかというと真夏の格好ですが。

コスタリカは中米の中でも安全なイメージだったんですが荻野さんからは「治安よくないから気を付けてね」と言われ、注意しなければいけない場所などを細かく教えてもらいました。

政治家の汚職がひどくデモもよく起こるし、貧困層の数も多い。あと、なぜかコスタリカは男性より女性の人口が圧倒的に多い時代が長く続いたそうです。現代では平均的になってきたものの、その名残か男性が複数の女性を抱えるのが当然のようになっていて、20代半ばで結婚してなかったら子供だけ産むのだとか。

それからコスタリカといえばエコツーリズムも有名ですが環境汚染がひどくエコなんて笑ってしまう現実だそうです。宣伝がうまいんだよと言っていましたが、その宣伝に踊らされてまんまとコスタリカ=治安がいいと思ってた一観光客ですこんにちは。

実情を目の当たりにしつつ客観的にその国を捉えられる人の話はとても勉強になります。

さて、そんなサンホセのメインストリートでは大好きなチュロスが売ってたので公園で鳩を見ながら食べました。穏やかな昼下がり。

拳銃も売ってましたが。

あと立派な中華街もありました。

正確に言うと門だけ立派な中華街です。


これ日本。

屋内市場もありました。


その中にローカル食堂もたくさんあったのでもちろん食べました。

セビッツェ。(魚介の酢漬け)

添えてあるのは食用バナナです。甘みゼロでお芋そっくりの味と食感。セビッツェに合わせるのは斬新。

海鮮スープ。

と食用バナナ。

前に書きましたっけ?日本でも一時食用バナナを売り出したんですが流行らないで消えてしまったんですよね。まあ流行らないですよね。バナナは甘いものって脳内に植え付けられてますからね。それもひとつの宣伝効果です。

でバナナの話をし始めると長くなるので本題に入ります。

イラス火山は3400mのところにあるのでもっと涼しい気候です。と言いたかったのです。前置き長い。

ではバスに乗って出発。
山をぐんぐんと登っていきます。


いい眺め。

今日はコスタリカのいいところを見せてもらいます。

そしてイラス火山に到着。


この青空。気持ちいいー!

雨でずぶ濡れになった昨日が嘘のようです。

溶岩と火山灰で真っ黒の大地を歩いてカルデラ湖を見に行きます。


荒々しい山の斜面。



ゆっくり10分程歩いたところで行き止まりになりました。


ん…?カルデラ…湖…どこ?



振り出しに戻る×2回

2度同じ道を歩いたのにカルデラ湖が見つかりません。
私の目は節穴なのでしょうか。


そして三回目の挑戦です。

どこだカルデラ湖。


出てこいカルデラ湖。



そして、いままで関係ないだろうと素通りしていた看板が目に止まりました。



クレーターと読み取れます。

そう、つまり、私の目は節穴だったのです。



ここが



カルデラ湖








水 一 滴 も な し


これが水がある時のカルデラ湖です。(参考画像)


今日も茫然です。


でももしかしたらここからは湖が見えないだけで高いところに登ったら見えるのかもしれないし、だって私の目は節穴だしと山の上にある展望台に登ってみました。

展望台は雲の上です。


標高3432m。もちろん空気が薄い。

歩いているだけで軽く息が切れます。

そんな展望台から見たクレーター。


水 一 滴 も な し


ご覧ください、底です。

わぁ貴重。

とはならない。ただの岩肌です。


唯一わぁとなったのはこの動物が現れた時だけでした。

ハナクマというらしいです。でもラスカルでもいいと思います。アライグマっぽいのはラスカルだし、大きな犬はパトラッシュだし、ヤギはユキちゃんです。

ラスカルは子供たちに大人気でした。そりゃ小学生の時にカルデラ湖って言われてもまあ興味ないですよね。ただ私は大人なのでラスカルよりカルデラ湖が見たかったです。

マイナス9℃→外に出られない→ブログ書く
冬の恩恵ですね♡

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
今日もよかったらポチッとお願いします♪
関連記事

Comment

なるほど。そういう理由でブログ強化月間なんですねw

コスタリカ残念でしたね。
思い通りの景色見れないことてありますよね。
わたしもスカンジナビア半島で最も晴天率が高く、オーロラを見れる確率が高いというアビスコにオーロラを見に行った時に、見れたオーロラは白い雲のようなのでした。
当たり前のように写真で見るようなグリーンのオーロラが見れると思っていたので、ショックでしたw
周りの人は写真でオーロラを確認してたのですが、わたしはカメラの設定を間違えていて、写真でも見れなかったという(涙)

魚介スープ飲みたーい!
さすが海にめんした国。魚介類が豊富なんですね。わたしは現在肉しかないボリビアです。
1ヶ月ほどここに居るので、生きていけるか心配です。

No title

ー6℃!!!

ありえない(失礼)スピード更新に色んな意味で心配したので、ー6℃と聞いて安心しました 笑

日本寒くて、あったかい中米羨ましいけど本当はー6℃だから大変だ!と複雑な乙女心です。

勝手に、さーさんにのせられ日本式バル(本当は立ち飲み屋)に1人で行くようになった35歳

とうとう、焼肉も1人で行ってしまった35の冬。

もう、1人で出来ない事は、妊娠と結婚だけじゃないんだろうかと思うと悲しくも嬉しくもあります。

嫁に行くのも、観光地に行くのも、タイミングって大切ですよね。

タ、タイトルそのまま…

どん底(実物)を見られたんですね…お腹痛い…(笑いで)。

「中米でのyouのunluckyも底をついたよ、以降は万事オッケーさ☆」とカルデラ湖からの暗喩だったのかもしれませんよ?
でも自分がそこに居合わせたらバスクリン(緑)のお湯をせっせと汲み入れてこっそりダミー湖作ってさしあげたかったです (ノД`)

前回の隙の必要性について返信になりますが「作ろうとして作れるもんじゃない」、さすがさーさん!超納得です。
「時折来る決定的な何かが欠けている感」も同じくです(T_T)。 もはや自分の一部として飼い慣らすべしの域です私(´-`)。。

ケツァール登場の番組、自分も見ました!NHKの「最後の楽園/中米編」ですね。
鳥類・虫類・海亀の産卵と福山雅治(現地ナビゲーター)の「45ってまじすか⁈」な爽やかイケメン男子っぷりに、生き物の神秘をひしと感じました、笑。

ただ、海亀の卵、地元の人たちは乱取りして食べちゃうのですね。驚きました。種の保護のために子ガメが海に還れるよう浜辺の整備も義務付けられてるそうですが流木片付ける一方の手で卵握ってたような映像がチラッと映った気がして、自然との共存って難しい課題だなぁと複雑な気持ちに。。。

さーさん。良かったぁ~ (* ̄∇ ̄*)「どん底」て言うから、何か危ない目にでも合ってたのかと思っちゃいましたよ~。このところ、コメントで「首閉め強盗」とかの言葉が出てたし・・・もう、はらはらしちゃいましたぁ(/´△`\) まぁ~今現在ウクライナだから、無事だったのは知ってますけどね(*´∀`)
しかし、残念でしたね~。私も参考資料じゃなくて、さーさんの目を通してエメラルドグリーンの景色見たかったですぅ~ (まさか、ケツァールからの負の連鎖では・・・(;゜∇゜) いやいや、それは、気のせい、気のせい、きのせい・・・てことにしておきます("⌒∇⌒")) ますます寒くなってきたので、風邪こじらせないように気をつけてくださいね~。 では~

追伸

追伸、「食用バナナ」が何回見ても、里芋の煮っころがしに見えるのは、私だけでしょうか~(´▽`;)ゞ

No title

こんにちは!
荒々しい山の斜面を3度見したのは初めてでした!
世の中、うまくいかない事が多いのは世界共通なんですね!特に天気!

No title

カルデラ湖って、干上がることもあるんですねー。
自然の神秘ですね。
そして不運て重なるものっていうけど、ほんとなんですねー。

さーさん、次はいいことあります、きっと。
天地天上の神は意地悪しても、野球の神は微笑んでくださいますよ。

ってことにしときましょー!

No title

この際、さんご礁に見え隠れする魚は全部ニモでいいですね。

雨季でも関係なく水がなくなるものなんですね。
どこに行ってしまったのでしょうね……

人間万事塞翁が馬
どこかでいいことがあります。きっと。たぶん……

そういえば、巨大振り香炉を見られたんでしたね。
さーさん、なんてラッキー(^^)vなんでしょう。

知りたい

イエスかノーかだけで結構ですから、本当にどん底を見たのかどうか教えてください。

>sunさん
おぉボリビア!困ったらけんちゃん!と言いたいところですが、やっぱり肉メニュー多いですよねぇ…。そしてsunさんがいつも何食べてるのか気になるー。だって圧倒的に海外って肉ですよね(´д`)

アイスランドで見たオーロラがまさにそんな感じだったので気持ちすごく分かります。あれ、ただの雲ですよね。オーロラに興味がなくなったのはあれのせいです。笑

気温4℃の暖かな場所に来てしまったので強化月間のはずが強化週間で終わりそうです…w

>ゆのさん
えっと…-9℃!!もう3℃、マイナスしといてください笑

>一人でできないのは結婚と妊娠
>結婚もタイミングが大切
くーーーっっ!!爆笑の後、なぜだか心に寒風が吹き荒れました(T▽T)
どう考えても一人遊びが上手だと嫁に行ける気がしないので、私はこれから“立ち飲みや?行ったことないから連れてってー♡”とか言っちゃう、いけすかない女になるつもりです。抜けがけごめんなさぁい(´Д`*)ノ
あとは任せたっ!笑

>96さん
中国の黄龍に行った時あまりに綺麗なので「誰かバスクリンでも入れてんじゃないのw」って思ったんですが、もしそうだったとしてもありがたい演出だったんだなぁと気付きました。・゚(´Д⊂)゚・。

今日も街に出たら『サンタの格好をしよう!』などというクリスマスイベントがやってましてね。家族とか友達同士でサンタに扮装して街中を歩き回ってるんですよ…。こういう時『私、なにやってるんだろう』感が嵐のようにやってきます。そして『はぁ…おいしいものでも食べいこ』ってなります。ちゃんと飼い慣らせてるかな?笑

皆さんのNHK視聴率の高さ!
中米につられたのか、福山雅治につられたのかは微妙なところですがw
海亀の産卵『アリバダ』ですよね。あれ見たかったんですがこれまたオフシーズン&満月から程遠かったのでやめてしまいました。卵は意味あって取ってるって聞いたんですが、肝心の理由を忘れました( ノω-、)鳥たちに狙われるのを避けるためだったか、老いた海亀の卵だったか…うーん思い出せない。
日本も小笠原では海亀食べるんですよねー。人間の雑食っぷりはすごいです。

>KEIKOさん
ご心配おかけしました~。
そういえば昨日夜行バスに乗ってたら、前の席の人が突然通路挟んだ向こうの席の人に飛びかかって首締めたんですよ。本気で。どんどん顔真っ赤になってくし、マジで焦りました。結局友達同士の喧嘩だったみたいなんですが、あれはイッちゃってましたね…。ヨーロッパでも首絞めに気を付けなきゃ(´Д`*)ノ
負の連鎖はバッサリ断ち切らせていただきます!

追伸:食用バナナは味付けしてない芋の煮っころがしだと思っていただければ完璧です☆

>しなもんさん
本当は二度目の探索も省略しないで写真 載せるつもりだったので危うく四度見させるところでした(*´Д`))) お天気と動物と子供は想定外の動きをするから太刀打ちできないです。

>Miyuさん
あんな大量の水が干上がるなんて珍事ですよね。それか何かの予兆??
なんかうまくいかない時ってありますが、命に関わらない程度でよかったです。
そういえば、このあと日本帰った時に前田の引退試合見れたし!
野球と食の神様はいつも味方です♡

>すが子さん
ニモ!賛成!!
そして赤瓦の屋根の旧市街は全部“魔女の宅急便のモデルになった街”でいいと思います(´・∀・`)ノ

何が起こるか分からないから楽しくもあり悲しくもあり、感情を揺さぶられるのも悪いことではないですね。沈みそうになった時は大香炉の香りを思い出します!

>5356286555さん
いえす・ω・*))ノ
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。