プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/1073


朝5時にケチカンを出港した船は再び北へ北へと走り出しました。

P8122488_20161011230506aa7.jpg 
静かな、静かな海。
静かな、静かな時間。

P8122533.jpg
やってくるのは鳥と

P8122493_20161011230509df7.jpg 
ん???


P8122492_20161011230509c35.jpg
アザラシ!!
(アザラシとオットセイとアシカの違いが分からないのでそのどれかです)

人の住む風景の中にひょこんと現れる動物たち。
南極とはまた違った感動があります。

人もまばらなデッキで景色を楽しんでいると、あれ?日本人?と思う男性の姿を見かけました。
普段はどこかで日本人に出会っても得意技の“こころをとざす”で距離感を保つのですが、この時はなにがそうさせたのか、いやアラスカがそうさせたのでしょう、珍しく「日本人の方ですか?」と声をかけました。そしたらもちろん日本人でした。
彼の名は大介くん。世界一周をして、最後の地をアラスカに選んだという、紛れもなく同じことを考えた人でした。

「えー、日本人の方いたんですね。全然気づかなかったです。昨日はどこに寝ていたんですか?」と大介くん。
「あそこですよー」と定位置を指さす私。

(5秒の沈黙)

「船の中で寝れますよ」と優しく教えてくれる大介くん。
「はい、知ってます」と笑顔の私。

“こいつやべーやつだな”が確定した瞬間です。

大介くんはケチカンのダウンタウンで1泊し、もう一人同じ船に乗る人がいたので、その人と相乗りして深夜のタクシーで港に来たそうです。宿とタクシー代合わせてだったかタクシー代だけだったか記憶が定かじゃないのですが50ドルくらいかかったと言っていました。前の日に乗れるのを知っていたら港にいたのにと言ってましたが、私としたら一緒にタクシー乗ってくれる人がいたなら宿に泊まったのに、です。需要と供給がうまくいかないとはこのことです。

こうしてアラスカで出会った初めての日本人、大介くんは一人の時間とそうじゃない時間を使い分けるのが上手な人で、ほどよくお喋りし、ほどよく別々の時間を過ごしました。これ大事。

数時間後、小さな町が見えました。
P8122495_201610112305111f0.jpg

P8122522.jpg
ランゲルという町です。

この港では1時間近く船が停まるのですが、聞いてみたらその間は自由に外に出てもいいそうです。訪れる予定のなかった町を垣間見れるとは。

喜び勇んで船の外へ。
P8122497.jpg 
小さなフェリーターミナル。

P8122517.jpg
フェリーターミナルの中。

歩ける範囲をお散歩。
P8122507.jpg
何もないけど楽しい。ただただ楽しい。


P8122502.jpg
浮きで作られた壁。こういう漁港っぽい雰囲気好きです。

P8122511.jpg
B&B。
小さな町にも数軒は宿があり、70ドルくらいからだったと思います。

港の近くに戻るとなにやら可愛い声がします。「ランゲルガーネット!ランゲルガーネット!」と呼び込んでいるので近づいてみると

P8122512.jpg 
可愛いマーケットが。

なんでもランゲルはガーネットの産地だそうです。
1日10人降りるか降りないかの船の到着に合わせてランゲルで採れたガーネットを売っているようです。

P8122513.jpg
原石から

P8122514.jpg
磨かれた石まで。

私は1月生まれなので誕生石がガーネットなんです。これは運命と、1ドルの小さな石をひとつ買いました。1ドルのガーネットというのがたまらなく可愛らしく思えて、いつか結婚する時にこのガーネットを指輪にしてもらうんだと考えた当時、36歳。(立派な中年)こいつやべーやつだなと自分でも思います。そして、それが今現在、石として残っていることもやべーです。

IMG_1492.jpg 
誰か、早く…。
(後ろにぼんやり写っているのはモンゴルで買ったゲル・ラクダ・羊・馬のモールです。どさくさに紛れておみやげ紹介おわり)

妄想していたらあっという間に1時間経ってしまったので船に戻ります。
P8122519.jpg 
今回の船の全景。このタイプのおもちゃは売っていなかったのでこれでご勘弁。

P8122529.jpg
さよならランゲル。

出港後は船内探検です。いろいろ忙しい。P8122665.jpg
この部屋の床で寝るのがベストポジションではないでしょうか。

キッズルームもあります。
P8122667.jpg
マットレスうらやましい…。

エスキモーの人形。
P8122669.jpg
夜中に出会ったらちょっと怖い。

カフェテリア。
P8122526.jpg

P8122525.jpg

P8122527.jpg
相変わらず何も食べられません。

じゃあ何を食べているのかって??

DSC_7294_20161017000323037.jpg 
ベーグルとハムです。NYスタイルとでもいいましょうか。
どうぞメリケンかぶれと呼んでください。

1ドルのベーグルと1ドルのハム。つまりガーネット2個分の食事を1日3食食べます。あとカール。これが今の私のごちそうです。

ベーグルを食べながら
P8122542.jpg
のんびり船に揺られ

P8122556.jpg
ブルドッグ号とすれ違ったり

P8122575.jpg
小さなボードを心配したり

P8122589.jpg
家から手を振ってくれる人に手を振り返したりします。

こうやって毎日船が通ると手を振ってくれているのかな。優しいな。

3時間ほどすると、また1つの町に着きました。
P8122608.jpg
長ーーーーーい桟橋。

P8122611.jpg
今回もお散歩下船します。

P8122612.jpg 
ピーターズバーグという町です。
アラスカのリトルノルウェーと書いてあります。1900年頃、ノルウェー人のピーターが缶詰工場を作ったことでノルウェー人の移住が進み、現在もノルウェー文化が残っていると知ったのは後のこと。

P8122618.jpg
ピーターが作った町だからピーターズバーグ。

P8122623.jpg
漁港文化。

P8122626.jpg
アメリカ文化。

P8122630.jpg
日本文化。なぜに??

P8122633.jpg
多分、この窓枠の花柄がノルウェー文化です。多分ですけど。

P8122651.jpg
杭い打ちの上に建てられた家や倉庫が立ち並ぶ港。
古い港町だけど美しいアラスカの町のひとつでした。

船に帰ります。
P8122614.jpg
フェリーターミナルの中。

思いがけず寄れた2つの小さな町。観光地にならない、生活感のある海辺の町。
いつかもう一度アラスカに行くなら、こういう町で静かに過ごしてみたいです。

船はまた静かに走り出し、北へ向かいます。
P8122686.jpg

その時
P8122677.jpg


P8122674.jpg
イルカです。

背びれしか見えなかったけど、目の前をスーッと泳いでいきました。

今日一日、私はなんて贅沢な日を送っているんだろう。

もうすぐ日本に帰る私に「今までよくがんばったね」ってご褒美をくれているような1日でした。

旅に出てから自分の好きなことしかしない、生産性もない、社会とのつながりも持たない、そんな毎日を送ってきてストレスなんてあるわけもなく、そんなことに「がんばった」という表現はしたくないけど、それでも一人で旅をするということは気を張り続けなきゃいけないこともあったりしてそれに「よくやったね」と言ってくれているようでした。今日は船に乗っているだけで、何も考えなくても次から次に素晴らしいことが起こる。アザラシもイルカも、手を振ってくれたおばあちゃんも、ガーネットも子供たちも。アラスカがくれたご褒美でした。
一気に緊張の糸がほどけて涙が止まらなくなりました。

夕暮れ時
P8132723.jpg 

夕焼けと星条旗
P8132831.jpg

赤く染まる海を一台の水上飛行機が走り出しました。
P8132749.jpg 


P8132752-002.jpg
夕日の滑走路

P8132757.jpg

今でもこの1日をよく思い出します。寒いデッキで目覚めた朝から、水上飛行機が夕焼けに消えたこの1日を。
旅をした1073日間の中で一番心に残っている1日です。

日曜の夜はブログ更新の日。月曜の朝は寝不足の日。おやすみなさい。
関連記事

Comment

さーさんのブログが…更新されているだと…?

と、以前勝手にシュコツィアンへの思いをお話し、今年行く気満々だったのに気付けばイタリアへボンジョルノして帰って来たら素敵サプライズで嬉しいです!
しかも、かためて読めるという!さーさんのブログに出会った時のわくわくが蘇ってまいりました!気付くの遅れた私グッジョブ!←

アラスカの夕暮れに飛び立つ飛行機の写真とさーさんのその気持ち…こちらも読んでて鼻の奥がすんとしました…なんていい時間。
自分で望んで旅に出て「がんばった」という表現をしたくない気持ち、すごくわかります…でも私はさーさんに「がんばった」と言いたいです。1回しかない人生を自分の為に思い存分使う勇気と、それを手に入れる為にそれまでやってきた自分自身は紛れもなく「がんばった」んですから。本当にお疲れ様でしたぁぁ

ブログを読める楽しみと同時にアラスカ編が終わるカウントダウンが進行している寂しさがリフレインですが、楽しみにしています!

PS.
最近、来年こそはシュコツィアン…の狭間でボロブドゥール遺跡への思いも募りまして「さーさん行かれていたな」とブログにお邪魔したらインドネシア編の最後の記事でセンチメンタルになりました…秋ですねぇ 

No title

ステキな一日。
さーさん幸せでしたね。
おすそ分けありがとうございます。
毎回ワクワク、シンミリ、⁇⁇ナゼにのブログ
自身の世界を大切に小出しに魅力的に見せていただいて。
もうすぐ終わりと思うのは悲しいのだけど、
さーさんは、激務な毎日を幸せに生きているに違いない。
だってこんな幸せな一日を思い出せるなんて。
と、私も前向きに生きていけそう。
ブログが終わっても、遠くからさーさんを応援しています。
今までありがとう。

No title

旅前から実はひそかにファンでした。
普段のブログよりダイレクトに感情が伝わってきて、思わず読んでるこちらまでジワっと…
素敵な文章と写真、ありがとう。
1073日お疲れさまでした!



毎回、素敵な写真に感動!

旅した気分を味わってます。

ありがとうごさいます!

No title

どの写真も素敵ですが、特に最初の4枚の写真がお気に入りです。
写真から静寂が伝わってきますね。

旅をしているとたくさんの素晴らしい景色に出会いますが、何気ない1日にふと見た景色が一番心に残っていたりしますよね。
私が今でも思い出す一番心に残っている景色は、ワーホリでオーストラリアへ行った時に見た夕日です。
スーパーの帰り道に見た夕日が大きくて、鮮やかで、15年も前なのに今でも思い出します^^

船での旅、いいですね!
私もアラスカに行く際は参考にさせていただきます^^
そして、根性でデッキに寝泊まりします笑

No title

本当に一枚目の写真に静寂と美しさを感じました
ガーネットのくだり吹いてしまいましたが
是非是非あと数か月で「電撃」、これでいきましょう!

夕日の滑走路という言葉が素敵。

海が本当に穏やかですねえ。
北欧のフィヨルド、南極のクルーズも素晴らしかったけど、アラスカも素敵。
同じ海なのに、それぞれの土地の特徴が出ているのが不思議だなーと思います。

アラスカって何となく寒さの厳しい素朴な土地かと思ってたら、そうでもなさそう。次の記事も楽しみにしてます。

心に染みます

さーさん、おひさしぶりですー!

素敵ですね。。さーさんのブログは本当に心に染みます。
写真も文章も・・・何度でも余韻に浸れます。

長く世界を旅されて、やはり人生大きく変わりましたか?
私には想像もできない世界です。
一人で海外を旅するための心得ってどんなことがありますか?
是非おしえてください。

>まいまいさん
シュコツィア~ン!京都の鯖寿司!ボロブドゥール…(遠い目
こっそり更新しておりました。しっかし前に進まない進まない。固め読み、大正解です!( ̄▽ ̄)

えー、、、がんばったねなんて人から言われるともう画面が霞んで、、、。
自分で自分を褒めるよりずっとずっと嬉しいです笑 ありがとうございます。
思い返すと人のやさしさ泣いた(ロシア)、圧倒的な大自然に泣いた(グリーンランド)、そして今回のアラスカ・・・泣きの北国3部作ですねw

センチメンタル3部作は心に秘めておきます…。

>けいさん
はい、本当に幸せな1日でした。
自分で作り出さないと良い日って生まれないと思っていましたが、この日は船にボーッと乗っているだけで次から次に好きなことが舞い込んできて「あれ?私、死ぬのかな」って思うくらい幸福感に満ちた1日でした。本当に死ぬ前日もあんな気分で過ごせたら本望です。
今は胃袋には激務を課していますが、仕事はほどよくマイペースにやっています笑
今までありがとうございました…と書きそうになりましたが、ちょちょーい!まだ早いです!!笑


>長年のファンさん
ということは彼是5年程前ですか!
長い間読んでくださって本当にありがとうございます。
5年越しのコメントをいただけたと思うとアラスカの事を書いている甲斐があります。
あともう少しだけお付き合いよろしくお願いします。

>ゆうさん
こちらこそありがとうございます!
アラスカって旅情をそそられますよね。
私も行きたい!笑

>sunさん
スーパーの帰り道(*^^*)うんうん、そういうの思い出しますよね。
日常の中に非日常なものが入ると、余計に印象深くて。

静寂も大事~。中南米は真逆だったので笑、一人で船で旅するには最高の環境でした(寒さ除く)。
昭和世代なら根性で精神力はなんとかなると思いますが体力的にはあれなんで、どうか暖かい寝袋をご持参ください。笑

>コーヒージャンキーさん
アラスカのインサイドパッセージの静けさは1枚目の写真に集約されているかと。
感じていただけて嬉しいです。
触れずらいところを笑っていただきありがとうございます笑
電撃…この平穏な日々のどこに落ちていましょう…。

>Miyuさん
ですよね、それぞれ海が違いますよね。
ここは島々をくぐり抜けていくので人の生活を垣間見れるのが楽しいです。
寒さの厳しい素朴な土地…寒さの厳しいは合ってますw
アラスカは水産業やオイルマネーで潤っているので、そこそこ近代化してしまっているかなと。なんてったってアメリカですしね。
それでも大自然はやっぱりすごかったですというお話がそろそろ出てくる予定です。そろそろ、かな?

>サナさん
お久しぶりです!ずっと読んでくださってありがとうございます。

人生が変わったか…変わったというより広がったでしょうか。
今まで気にならなかった出来事に心を留めたり、いろんな考えがあって当然と大らかな気持ちになったり、そういう広さは自分で感じます。旅に出てもなるべく変わらないでいたいと思っていたので、今、日本におそろしく馴染んで何事もなかったかのように生活できていることに満足しています笑

心得は…自分の勘を信じることでしょうか。特に恐怖心。人が大丈夫と言っても自分が怖いと感じるならやめておくこと。

聞かれてみると難しいものですね(・∀・)

さーさん。ご無沙汰してま~す。
以前からファンの者です。
私もさーさんの影響をうけ、南極を目指し、8月のビザが要らないうちにブラジルから入りベネズエラ、ペルー、ボリビアと駆け抜け、現在チリにいます!そんでもって久しぶりにブログ村覗いて見たら、懐かしいタイトル名のブログが‼で覗いてみたら、やっぱりさーさんでしたo(^o^)o今日覗いてみて良かったです。やっぱりさ~さんのブログ楽しいですね♪アメリカ人がテントたたんでも、居座ったさーさん素敵です!

>KEIKOさん
もしやグリーンランドのKEIKOさんですか!?(^o^)違っていたらごめんなさい!
なんとアクティブなルート✨
ベネズエラは最近どうなんでしょうか。
これから冬に向けて南下ですね。ペンキュン♡
私も今からちょっとだけ旅に出るところです、ちょっとだけ。つまりちょっとだけブログ更新が止まることをここで報告ごめんなさい(-_-)

初めましてこんにちは。

突然ですがブログを始めたのでご挨拶させて頂きました。

今年の9月からyoutuber『デデン』として動画をアップしながらアジアを中心に旅をしてます。
ブログサイト→http://dededen.blog.jp/
youtube→https://www.youtube.com/channel/UCp-UnYfy1mepym8iOKlIfMQ

アホな動画ばっかですが、もしお時間がありましたら1度ブログ、動画をご覧なってください。
よろしくお願い致します( ´∀`)

No title

いつも楽しく拝読しておりました。。。
あらら、いつの間にか再開していらっしゃったとは!
これはあれですか。書き残したことをスッキリ書き切って完結した後に、重大発表とかが待っているパターンですか。楽しみです!

にしても・・すごい時間まで書いてますね。お気持ちわかりますが、アラスカほどでないにしても、日本も寒くなってきたのでご自愛ください。
引き続き、楽しみにしております。

しれーっと更新してある!!!!!!
また最初から見返したい気分で立ち寄ったらびっくりです
あの時感じた35歳とは違い、今思うと35歳って意外と若いよなって思ってる自分がいます 笑
きっとずっとそんなこと言ってるんだろうなーと
なんか分かんないけど、後悔のないように生きようと思いました 笑(´-`).。oO(大げさですみません)

さーさん。御返事ありがとうございました。そうです。グリーンランドのKEIKOです。覚えていただいてて嬉しいです!私今日、チリのチロエ島というところから34時間フェリーにゆられ、さらにバスに乗りコジャイケというとこまでやってきました。本当はは28時間とかいてあったのにまんまとフェリー会社に騙されました。でも南極は更に長いと思うとよい練習だったかなぁ~と。
それはよしとして、多分ちょっとではなさそうなさーさんの旅先がメチャメチャ気になります。また帰ってこられたら報告お待ちしておりま~す(*^ー^)ノ♪

No title

はじめまして。しばらく前に何かを検索していたときにたまたまこのブログを見つけて、毎日ちょっとずつのお楽しみで数週間かけて最初から全て読破しました!
さーさんが南極を訪れたときの記事を拝読して、あれっ、私の友人が南極クルーズに行った時とほぼ同時期、そして私の友人も中国のチャーター船と言っていたっけ…?
さーさんと私の友人、同じ船に乗り合わせていた可能性が高いです!いやぁ世の中狭いな〜とびっくりです。

初コメです

初めまして、数年前からロム専していたsawaと申します。
(もうすぐ)世界一周ブログ完走、本当にお疲れ様でした!
さーさんが書かれる文章やボケツッコミ、こんな所に泊まりましたよが最高に面白くて大好きです。
またサハリンから船でロシア本土へ渡っておられたのも驚きでした。
これからも楽しみにしてます。

>デデンさん
はじめまして。お返事が遅くなってごめんなさい。
youtuberという言葉を半年前に初めて知った私にはハードル高めな紹介ありがとうございます。
写真もいいけど、もっと動画を撮っておけばよかったなーと思っている今日この頃。
どうかお気をつけて、よい旅を!

>しなもんさん
こちらではお久しぶりです(*^^*)

えっと…どうしよう…


期待に応えられない!!!(キッパリ)


でもアラスカ編が終わるのが2年後でしょ…なんとかなるか…なw

>ゆのさん
ふふふ。しれーっと更新して、しれーっと放置してますごめんなさい。

あぁ、それ!分かります!!
写真なんか見ると明らかに今より若くてびっくりとがっくりです。
今日の私は明日の私より若いんだって思うと、今日って大切♡って私も思うのです。

>KEIKOさん
わー!やっぱり!(´▽`*)またコメントいただけて嬉しいです♪

出てくる地名が懐かしいのと、コジャイケ、コジャイケ、コジャ…どこだっけ?というもどかしさ笑
あぁ“今年のペンギンの可愛さについて”のリポートが楽しみです。

えーちょっとした旅ですよー。と言いたいとことですが、意外とハードでした。お見通し♡

>るんさん
はじめまして!日々のお楽しみにしていただいとは(*^^*)どうもありがとうございます。

えーーーそれはきっと同じ船ですよね!
南極メンバーは帰国後もちょこちょこ会っているんです。今週もスリランカカレーを食べに行きます。←南極まったく関係ない
でも誰かしら海外に行っていて全員揃わないところが、さすが南極に行く人たち…って感じです笑

>sawaさん
はじめまして。数年の時を経ていただいたコメント、しっかり受け止めました!本当にありがとうございます。
それだけ読んでいただいていると、もうすぐがあまりすぐじゃないことにお気づきかと思いますが笑、書くスピードがやたら遅いだけで先は見えつつあります。
でも、こんなところに泊まりましたシリーズはまだ出てきますよ♪
グーグルマップの線だけで行ったあれですね。。何考えてたんでしょうねw

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ひーさん
はじめまして~。
まさか更新してるなんてびっくりですよね笑
終わる時はちゃんと<おわり>って書くのでそれまでは細々続くと思っていてください(´▽`)

釣り好き!私もそう名乗っていたのですがかれこれ5年以上やっていないので、釣り好きだった…になっていましました。
鮭渋滞の川で釣りしてみたいですよねー。それか網でざざざーと。。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。