プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議の国の東ティモール

世界一周に旅立つ前、よく聞かれた質問がありました。


「どこからスタートするの?」


私はいつも「バリだと思う」と答えていました。「バリから東ティモールに行きたいから」と。

どうして東ティモールに注目し始めたかは覚えていないけど、行きたくなった理由は”東ティモールって何もない国だよ”と聞いたから。


何もない国


何もないって言われるところこそ、何かあったりするんだよなって私は思っています。
ただ、東ティモールが何もないのには理由があります。

ティモール島は東西に分割された島です。東ティモールは長くポルトガルの植民地でした。(第二次世界大戦の時、一時日本が占領していたこともある)1976年、インドネシアが占領。そしてインドネシア占領時代、たくさんの東ティモール人が虐殺されました。2002年にインドネシアから独立し新しい国として出発しましたが混乱は続き、現在もUNPOL(国連警察)やISF(国際治安部隊)が平和維持活動中です。

というのが東ティモールについて簡単なあらましです。
なにやら危なっかしい匂いがプンプンしています。
行きたいだけで行ってはいけない国だと思いました。
そして少ない情報をかき集め、行くのは中心部のディリ市内のみ、陸路移動はせず飛行機でIN/OUTすれば問題ないと結論を出しました。

結局、世界一周のスタート地はクアラルンプールに変更してしまいましたが、ずっと南下を続けてきた目的は東ティモール入国でした。

まずは飛行機のチケット。
オーストラリアのダーウィンとシンガポールからも運航がありますが高いようなのでバリ発着を探します。(シンガポール便の運航会社がAir Timorに変わったようなので安くなってるかもしれないです)
バリからの便は以前メルパチ航空だけでしたが1年程前からバタビア航空も参入。
オンラインブッキングが可能だったバタビア航空で
往路:バリ→ディリ 104$(約8200円)
復路:ディリ→ジャカルタ 172$(約13600円)*ジャカルタまでの直行便かと思ったら、結局バリで一度降りてインドネシア入国。2時間待機後、今度は国内線として再び同じ飛行機に乗るという便でした
のチケットを購入しました。

宿は行ってから決めるしかない。
何もないだけならいいが、宿もなくて、一人歩きもできなかったらどうしようとジタバタし始める前日の夜。

クタの夕日を見ても上の空でした。


バリの空港の小さな待合室。
P2088973P2088973.jpg
そもそもバタビア航空って大丈夫なんだろかとさらに不安が募っているところ。

離陸の時、聞いたことのないガタッガタッという異音がして、もはやこれまで・・・と覚悟する。

機内食。
P2088989P2088989.jpg

東ティモール到着!到着する直前、空から見えたディリの町を見て「この町好きだな」と思いました。そして「本当に何もなさそうな町だな」とも思いました。
P2088993P2088993.jpg

歩いてトコトコ入国審査に向かう。
P2088994P2088994.jpg

東ティモールはビザが必要なので、ここで購入。30$。
P2088995P2088995.jpg

やはり観光客らしき人の姿はない。
ここからが勝負だと気を引き締めて並んでいた時、「日本から来たんですか?」と日本語で喋りかけてきた女性がいた。

え、まさかの日本語。ここで。

そう、そのまさかが起きた。
日本から仕事で来ていたご一行様に出会ったのだ。

一人で観光しに来たことを伝えると「こんな何もないところで何をするつもりですか」と。
言われて当然です。
「自分でも何したらいいか全然分かってません」と脳みそスカスカの返答をする私を本気で心配してくれ、「私たちと一緒に行動しませんか」と天からの一声。

東ティモールにも神様がいました。

現地に住んでいる方の話だと、私が泊まろうとしていたホテルは泥棒が多くて勧められないとのこと。お金出してでもちゃんとしたホテルの方がいいですよとアドバイスいただきました。

とにかくまず仕事場に行かなければいけないとのことで入国審査を終えすぐに出発。


そして空港を出て30分後、私は東ティモールの港にいました
P2089003P2089003.jpg

この展開すばらしすぎる!!
船好きなのバレてる!!世界中にバレてる!!


というわけでみなさんが仕事をする中、私は船眺めたり、港にいる船員さんと話して楽しい時間を過ごしました。
東ティモールの船員さん達は仕事で日本に行ったことがある人が多くてびっくり。
「イマバリイキマシタ」って日本人でも今治行ったことある人少ないのに!漁業大国ニッポン!

東ティモールの海猿もいました。
P2089119P2089119.jpg
大輔くん。

と、東ティモール初日にして丸1日港で過ごすという、出発前には想像もつかなかった展開になりました。
P2089011P2089011.jpg
船大好き!

そしてもう一つ想像と全然違っていたのが町の様子。
町中、UNやISFの車が走ってます。だいたい10台に1台はその関係の車です。とにかくUNだらけ。
そして観光客は全くいないのに、支援関係の外国人はあちこちにいる。
P2099273P2099273.jpg
こんな国見たことないよ。


これだけ国連の手が入っているということは、さぞかし危険なのかと思いきや・・・
P2119846P2119846.jpg

P2089108P2089108.jpg

P2119848P2119848.jpg
のんびりムードですよ。

そしてスーパーマーケットに入ればこの品揃え。
P2089090P2089090.jpg
物価はインドネシアの2~3倍。

なんかね、すっごい違和感を感じました。
なんなんだ、この国?アンバランスじゃないか??って。
なにかがおかしいぞって。

そして東ティモールで過ごしていくうちに、この謎が少しづつ解けていくのでした。


リアルタイムでは明日からジャングルです。
なぜまたジャングルに行くのか自分に問いたい!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
今日もよかったらポチッとお願いします♪


関連記事

Comment

二度めまして!(笑)

さーさん、こんにちは! picchukoです。^^
やっぱりさーさんはただものではありませんでした!
さーさんのブログを見つけた時から、普通の人にはない感性やパワーを感じ、すごく惹かれるものがありました!
私も旅好きですが、上手く言えないけれど、このパンチ(?)が足りないんだな~(笑)
さーさんの旅、すごく憧れます!

東ティモ―ル、何もないという以前に、私はどこ?ってレベルでした。
これからのさーさんのお話、とても楽しみにしています。
そして、やっぱり旅は出会いだよねって、そう思います。
良い旅、これからも楽しんでくださいね~!
ここにさーさんのファンが一人増えたこと覚えておいてください。^^

では、今治と同じ四国に住むpicchukoでした~!
(でも、今治は一度しか行ったことがありません。笑)

No title

東ティモール無事入国できてよかったですね。
憧れ?の国に入国、おめでとうございます!

旅の神様がついてるかのような出会いですね。すごい!
船好きも世界中にばれてるんですね(笑

私もさーさんのブログで、この国をはじめて知りました。
いつか行ってみたいです。
それと、出国前に書かれていた、「空飛ぶ車椅子のボランティア」私も今度参加したいと思います。
いつもたくさんの情報をありがとうございます。

ジャングルの話も、今から楽しみです!
良い旅を!

>picchukoさん

もう、そんなこと言われると普段褒められ慣れていないので照れますっ。南の島で一人で赤面してます。
そして、今治に反応していただいてありがとうございます笑
四国は島がいっぱいで魅力的ですよねー。今治行かなきゃ!

『旅は出会い』もうこれにつきますね^^
今回も、この出会いがなければ深く東ティモールを知ることはできなかったと思います。
ネット繋がらないところにいたので、これから続き更新します!

Re: No title

>utaさん

ホント、船と旅の神様に感謝しなききゃ!
これまでほとんど日本人に出会わなかったのに、東ティモールで出会えるなんて不思議でしょうがありませんでした。東ティモール、観光資源は少ないですけどここの国にしかない雰囲気がいっぱいあって魅力的です。のんびりするのが苦手な人にとっては退屈でしょうがないかもしれないですけど笑

空飛ぶ車椅子、いつか参加されたらどんなだったか是非教えてください^^
私もとっても興味があります。

ジャングル話はもうちょっと先になりそうですが待っていてください♪


No title

東ティモールって物価がそんなに高いんですか??
GDPはだいぶ少ないはずなのに?!

実は今度、行きます!!

No title

>しょーりくんさん

コメントありがとうございます。
そうなんですよね、物価高いんです。
というか外国人向けの価格設定がおかしいんです。

でも私はこの国にはまりましたー。どうか楽しんできてくださいね♪

カンタ!ティモール

はじめまして。
私はティモールの映画「カンタ!ティモール」の上映会を大阪でするとくどめ ともこ ともうします。
ティモールってどうやって行くんだろう?今は安全なのかな?とネットで調べてみたらここに辿り着きました。
行こうと思えば行けるんだな〜と興味深々。
情報をありがとうございます!

>とくどめさん
はじめまして!
私も友人から「カンタ!ティモール」の話を聞き、とても興味を持っていたところです。
東南アジアの中で1番思い出に残っているのが東ティモールなので、ティモールに関することは気になってしまって。
行くまでは危険なイメージだったんですが、ほんと穏やかで明るい島です。日本のみなさんに東ティモールが素敵なところだと分かってもらえますように。

No title

来週まさかのティモールに行くことになりました!(笑)飛行機の都合と、休みの都合で滞在期間は短いですが、今からドッキドッキしています。素敵なところ何ですね(^-^)お返事くださって本当に安心しましたよ〜!!ありがとうございました!

>とくどめさん
うわっ!行動はやっ!
好きです、そういう人(笑)
時間が短いとなるとディリだけかもしれませんが、もし機会があったら街から外
れた村にも是非☆
どうか良い旅を~!

No title

今日、カンタ!ティモールを見てきたばかりで、ティモールについて検索していて、このブログを拝見させていただきました。今、この回を見たばかりですぐにコメントしているので、今後の展開もこの後に見させていただきます。もう日本なのかな??と思いながら。
にしても、港で楽しく一日過ごされているのが、とても微笑ましくて、ホンワカしました*^-^*

>よしみさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
東ティモール、大好きな国なので、興味を持ってくださってとても嬉しいです♪
あの頃は私もまだビビりで(笑)、恐る恐る手探りで旅してたのですが、今ならもう少しフットワークよく旅できそうな気がします。またあの港にも行きたいです。
そんなわけでまだ旅、継続中です(-´∀`-)

No title

ご丁寧に答えてくださっていたのに、ティモールの報告を忘れておりました!
ティモール、めちゃめちゃいいとこでした〜!食べ物も、宿泊施設も全然問題なかったです。もっとサバイバルなとこだと想像していました。
アイレウという山の方に行きましたよ(^-^)/なんか日本の田舎みたいでした。
何より、人が素晴らしかったです。シャイで優しくて、穏やかでした。同い年くらいの人がみんな戦争を経験していて、平和への意識がとても高くて、すごく刺激を受けました。大事なものをたくさん教えてもらいました。
本当におっしゃる通り、忘れられない国ですね。。。
ティモールに行くきっかけをくださってありがとうございました。

>とくどめさん
ご報告ありがとうございます!!
アイレウ…どこにあるんだろう。聞いただけで行きたくなります。
東ティモール、本当に素朴でいいところですよねー。町とか観光よりも人が一番記憶に残る国でした。
信心深い人が多く、とても闘う国民性じゃないんですよね。色んな国のしがらみに巻き込まれて、やるせない気分になります。
やっと平和を手に入れつつあるので、このまま自分たちの国を自分たちの手で守れるようになっていってほしいです。
そして東ティモールファンが増えてとても嬉しいです♪
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。