プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイルマネー

さて、次の目的地はブルネイです。
そう、石油大国ブルネイです。

周りをマレーシアに囲まれているので、陸路移動して行くとブルネイを通過するわけです。
ちなみにブルネイに関しての周りからのご意見。

ミリで泊まっていた宿のおばちゃん「え?ブルネイ?あんなつまんないところに行くならウチに泊まっていきなよ。」
ミリで泊まってた宿で同じ部屋だったデンマーク人のおっちゃん「え?ブルネイ?行ってきたけど見るところないよ。1泊で充分だね。」

確かに他の旅人のブログを読んでもかなり評価が低い。
でも、行くわさー。

ということで、バスに乗るためミリの長距離バスセンターに行きました。
そこにいたのは・・・オーストラリア人の親子3人組とマルタ出身の青年医師。
チーム洞窟!
他には人っ子一人外国人いないのに、なぜかこのメンバーだけ集合。もうみんなで「おかしいね」ってゲラゲラ笑いました。
でも、私以外は南方面に向かうので正真正銘のお別れです。
解散!私たち普通の旅人になります。


さて、ブルネイに行くバスはこれ。前はローカルバスの乗り継ぎやシェアタクシーで行くのが主流だったんだけど、今は国際バスが1日2本走ってます。
DSC_0964DSC_0964.jpg
いやーすでにお金持ちのニオイがプンプンするぞ!

もちろん乗り心地もすこぶる快適。マレーシアの出国審査も、ブルネイの入国審査もスムーズでした。
で、ここで気付いたこと。

陸路で国境越えるの初めてでした。

あーこういうことへの感動とドキドキ感が薄れてる。

国境を越えるとそこはブルネイ。
P2210868P2210868.jpg
もう見える景色が違うんですよ。家が豪邸なんです。そこにピカピカの日本車が何台もとまってるんです。
一家に3~4台は普通。なんだこのお金持ちの国は!

これだ、これがすべての源!
P2210876P2210876.jpg
石油
このタンク一つでいくらになるのかな。ドキドキ!

あ、まだドキドキ感残ってた。

そしてブルネイの首都バンダル・スリ・ブガワン(通称BSB)に到着したのが21時。
まず宿探し。でもこの街、安宿が非常に少ないのです。
一番安いのが一泊10ブルネイドル(約600円)のドミトリー。でも受付の人がいないとか満室が多いとか、そんな噂。
この夜更けにウロウロしたくなかったのでバス停のすぐ近くにある二番目に安い宿に行きました。
P2221023P2221023.jpg
全然安くない・・・。しかも前は一泊30B$だったのが33B$(約2000円)に値上げされていた。

でも長居しないしここに決定。
そしてチェックインの手続きをしていたら、久しぶりに日本人と遭遇。私、どうしたことか日本人とほとんど会わないんですよ。東ティモールとか、ここじゃ会わないだろってところでは会うんですけど。ブルネイ然り。
まぁ普段これと言って会いたいと思っているわけでもなく、宿も日本人が集まるところには行かないですし・・・。でもたまにわーーーっと喋りたくなります。わーーーーーっとね。

で、久々にわーーーーーっと喋りました。しかも彼も世界一周する予定とかで、この旅初めてですよ世界一周仲間に会ったの。貴重。

喋っていると旅人あるあるとか外国人あるあるみたいな話になるんですよね。
ドミトリーで一番うるさいのは日本人だとか。外国人は外ではめちゃくちゃうるさいのに部屋の中では驚くほど静かなんですよ。日本人は、外では静かなのに部屋でうるさい。

あと中国系の人達のお金の細かさ。特にムル国立公園で会った台湾人のリンに私、毎日怒られてたんですね。ペットボトルの水を買ってきたのを見て「なんでアナタは水を買うの!部屋に湯沸かし器があるんだから、それで水を沸かせばいいじゃない!」とか、公園内のレストランで食事をして帰ってきたらどうして公園の外のレストランに行かないの!外で食べれば1リンギット(25円)安いのよ!」とか、空港までタクシーで来たと言えば「どうしてバスを使わないの!あなたはすごくお金を損しているわ!」とか・・・。
まぁ完全に聞き流していましたけど。
でもリンはとっても良い人なんです。お母さんキャラなだけなんです。

で、その彼も出会った台湾人がすごくお金に細かくてびっくりしたと言ってました。それに比べてウチら日本人は「まぁいっか」で済ませることが多いよねと、やや反省。

その後、彼が撮った写真を見せてもらっていた時「あ、そうそう。これがさっき話した台湾人だよ」と言うので見たら

そこにはリンが写っていた 爆
結論:台湾人がお金に細かいのではなくリンが細かいのです。
面白い偶然があるものだ。


そうして夜は更け、翌日。
見るところがないと噂の街へ。
P2220958P2220958.jpg
インドネシア、東ティモールを回ってきたばかりだと、余計に感じるこの差。道路がキレイだ!

P2220972P2220972.jpg
街のあちこちに金ピカが。さすがお金持ちの国。

P2220997P2220997.jpg
デパート。ブルネイの高島屋だわ、ここ。ウン百万する金ピカの装飾品とか、お金持ちの家にしか置けない噴水の置物とか普通に売ってるわけです。

P2221006 (1)P2221006 (1)
国民の99%がイスラム教の国です。

市場は庶民的!ホッとする。
P2220920P2220920.jpg

P2220919P2220919.jpg

P2220931P2220931.jpg
ザル一杯で1ブルネイドル(約60円)でした。
うん、庶民的。
※ちなみにブルネイドルはシンガポールドルとレートが一緒なので、ブルネイではシンガポールドルが使えます。でもシンガポールではブルネイドルは使えません。

いやぁ意外と良いとこじゃないか、ブルネイ?
確かに観光するようなところは少ないけど。

街を歩いてるとすれ違う人が「Hi ! Welcome to Brunei !!」って何度も声を掛けてくれた。
それだけ言ってニッコリ笑って去っていくの。

客引き、ほとんどいない。
ボッタクリ、全くいない。
観光客がいないだけどいう話もある。

なかなか良い国だぞ!ブルネイ!



と、この日の夕方のことも書こうと思ったけど、長くなってしまったので言ったん区切るんだぞ!
では、またー。


しばらくブルネイ編にお付き合いくださーい♪
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
今日もよかったらポチッとお願いします♪
関連記事

Comment

No title

さーさん、はじめまして。

私は34歳女性、同年代です(^^♪
いつも世界一周に憧れを抱きつつブログ拝見しています。

チーム洞窟との再会、リンさんに会った日本人と遭遇なんて、すごい偶然続き!旅はこういう偶然があるから面白いんですよね!

ブルネイの空の青がすごくきれいですね。清々しい☆

これからもさーさんのブログ楽しみにしています♪

No title

さーさんへ

旅は楽しいですね。

オリビアは よく故障してましたね、31回出港前に故障
して32回ではケニアの手前で故障して、その後代替えの
船で3週間遅れてケニア(モンバサ港)を出港してクルーズを
続けました、僕はケニアで下船して日本に戻り次の33回
のエジプトで合流しメキシコ(アカプルコ)で下船して 
バックパッカーをして日本に戻り、36回で唯一の地球一周
しました。
そのときにブルネイを訪れています、オプショナルには
参加せず、個人で自由行動で水上ハウスに行きました。

ミャンマーはどうでした?、70か国ぐらい行きましたが
ミャンマーは行きそびれました、軍事政権から民主化に
変わりつつある街の様子はどうでしたか?。

常に旅に出たい気持ちは大いにあります。

31回の参加者で後にスタッフになった方に3人ほど共通の
知り合いがいると思います。

31回は日本に帰港前に海が大荒れて船が大揺れで大変
だったでしょう。

では 楽しい旅を続けてください。

                     てる

No title

さーさんてルートがマニアックですよねw
皆に「つまらないよ」と言われても折れないで貫く姿勢が素晴らしいです!百聞は一見にしかず。

そして今日もどこかでリンは誰かを叱っているのでしょう(;= =)トオイメ...

Re: No title

>ナナさん

コメントありがとうございます!
偶然の出会いって、本当に不思議な気分になりますよね。ちょっとでも時間がズレたら会えなかったのに。
しかも、ここボルネオ島ではこの後も不思議な出会いがいっぱい起こるんです。

ブルネイの空、とってもキレイでした。今いるところはあまりスッキリした空ではないので青空が恋しいです。

Re: No title

>てるさん

そう私たちは出港日がズレたんです。でも旅の途中に故障も困りもんですね。(いや、ちょとおいしいかな!?)3回も乗られたなんてすごいですね!
帰国直前の大揺れは意外と楽しかったです。私、まったく船酔いしないので、普通にご飯食べてビール飲んでました^^;ほとんどの人がダウンしてましたけどね。

ミャンマーはだいぶ民主化が進んでいるような印象を受けました。他の国にはないものがたくさんあって面白い国です。

新しい記事で水上ビレッジのこと書きました!あそことっても良い雰囲気ですね!

Re: No title

>くるんテープさん

えーマニアックですかw
でも正直ブルネイに関しては私も全然期待していませんでした。
でも、やっぱり行くと印象変わりますね!良い意味で予想を裏切られました。
あそこ、良い国ですよ。

リンは今日もどこかで1リンギットを値切っていると思います!

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。