プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕焼け小焼けのブルネイで


ブルネイの街を歩いていて目に留まったものがあります。

P2220964P2220964.jpg

P2221010P2221010.jpg

この敬礼している人はブルネイの国王。
そう、超~~~~大金持ちの王様。
自分の誕生日に自費でマイケル・ジャクソンとマドンナと引田天功呼んじゃったと噂の王様。
私も呼びたいよマイケル!ぽぅ!

こんな垂れ幕が街のあちこちにあるので、初めは「国王の力が強い国なんだな」くらいに思ってたんです。
でも、ふと気付いた。
「これ、建国記念日のお祝いの垂れ幕なような気がする・・・」
*このブログはすでにリアルタイムと相当かけ離れていて、ここブルネイにいたのは2月22日です。
2月23日が建国記念日なのは知ってたんですが何の期待もしておらず、交通機関が止まったらやだなーくらいに考えていたんです。でも、こんな垂れ幕を各企業が作って一つ一つのビルに飾ってあるということは、こりゃ何かあるなと。

で、帰って宿のおばちゃんに聞いたら
「明日、朝7時からスタジアムでセレモニーがあるのよ。誰でも行けるから行ってみたら?すごい人よ。王様?もちろん来るわよ!」

えー会いたい!会いたい!
王様に会いたい!


完全にミーハー心が騒いで、もう1泊することにしました。
1泊で十分と言われたブルネイにまさかの3泊です。
王様に会えるかな?

さて、夕方には水上ビレッジに行ってみました。
中心部からボート(片道1B$)に乗って向こう岸に渡ります。
P2221027P2221027.jpg

水上ビレッジってどちらかと言えば貧困層の人達が住んでいるイメージがあったのですが、ブルネイではそんな雰囲気なし。
P2221043P2221043.jpg

もちろん老朽化している家も多いのでそれが問題になっているそう。何年前かには火事があってかなりの被害が出たので国としては立ち退いてほしくて安い住宅(しかも10年住めば自分の家になるだって!なんてすごい国だ)を用意したけど、みんな引越したがらないとか。
確かにこの水上ビレッジは居心地が良さそうだ。

陸地に引っ越したがらない人達のためにか、町の外れに新しい家を建てていた。めっちゃキレイでしょ。普通に戸建だよ。
P2221051P2221051.jpg

川で採れた貝を剥く人々。
P2221143P2221143.jpg

P2221094 (1)P2221094 (1)

P2221136 (2)P2221136 (2)
みんな美人だねー!

パッチワークみたい。
P2221146P2221146.jpg

そして日が暮れて、ここで見た夕焼け。
何も言わない。見て欲しい。
P2221160P2221160.jpg

P2221164P2221164.jpg

P2221178P2221178.jpg

P2221172P2221172.jpg

P2221185P2221185.jpg

やっぱり素敵な国だよね、ブルネイ。


さて、私は王様に会えるのでしょうか✩
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
今日もよかったらポチッとお願いします♪


関連記事

Comment

もしこの空の下にいたら

写真でもこんなにキレイなのに、この空を実際にこの場所で肉眼で見ていたら、言葉を失うほど感動的だったでしょう\(◎o◎)/!


宮殿風のシルエットも素敵。


日本ではいつも、空なんて見ている余裕もなく、いつの間にか暗くなってますしね・・・。

>ナナさん

日本の空は狭く感じてしまうけど、ブルネイではどこまでも黄色く染まった空が続いていて、空見上げたままクルクルクルクル回転していました笑
青空も夕焼け空もブルネイの街並みに良く似合ってますよねー。やっぱり南国の空っていいなと思います。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。