プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピン札を探せ!【ミャンマーの両替事情】

前回書いたKK(コタキナバル)の滞在中、どうしてもやらなければいけないことがありました。食べていただけじゃないんです。

それはピン札のUSドル札を探すこと!
というのも、この後、私はミャンマー行きを予定していました。

そしてこのミャンマーというのが非常に両替の面倒くさい国でして、ピンピンのピン札ではないと両替してもらえないそうです。
事前に情報収集していたので、私はちゃんと日本からピンピンのピン札を持ってきていました。準備いいね!

でもね、持ってきたドル札というのが2001年発行のもの。ちょうど家に残ってたから。そしたら、この年代のドル札って偽札が多いとかで使えない国が多いという事実を旅に出て初めて知りました。準備悪いね!

ちなみに、このお札が使えるかどうかは国によって対応が違うんですが、今のところ
日本・・・空港の両替所○
マレーシア・・・銀行系の両替所×、街の両替所○(ミリは街の両替所でも×)
インドネシア・・・どこでも×
東ティモール・・・どこでも×
シンガポール・・・どこでも○
ブルネイ・・・両替していない
タイ・・・どこでも○

ですね。先進国ほど使える感じです。

特に東ティモールは通貨がドルなので使えなくて本当に困りました。ATMもないし。そして次の目的地ミャンマーも使えないらしいと聞き慌てた次第です。

というわけで、ATMでマレーシアリンギットを下ろす→それをピン札のドルに替えてもらうという方法を取ることにしました。まったく手を焼かせるんだからミャンマーってば!

ピン札って日本だと銀行に行くとあるじゃないですか。なので、下ろしたマレーシアリンギット持って、KKの銀行に行きました。そしたら「ここは両替を扱っていない」「ウチにはピン札はない」と断られること4軒。
またもや心が折れかかる・・・。
肉骨茶カモーン。

どうしようもなくなり街の両替所に行きました。
「ピン札?あるよ。」

初めからここに来てれば良かった。

でも、結局出てきたのはピンピンのピン札ではなく、ちょっと使われた感のあるピン札でした。
仕方ないか・・・。
その中でも汚れが目立ったのは交換してもらったら、めちゃくちゃ嫌な顔されてしまった。
「これピン札よ!」って。
文句はミャンマー政府までお願いします。


ようやく手に入れたピン札。
P2281889P2281889.jpg
これでミャンマーで路頭に迷わずに済む・・・はず。



そしてそして、ミャンマー入国後。


空港に着き、タクシーに乗るためカウンターに行きました。
空港からのタクシーはドルで払えると聞いていたのに、カウンターの女の子はチャット(ミャンマーの通貨)でないと支払えないと言います。
そして「ブラックマーケット」「ブラックマーケット」と小声で囁きます。
*ミャンマーでは銀行系での両替が出来ず、ブラックマーケット(市場や道で声をかけれれ、宝石商とか商店の奥で闇両替してもらう)しか両替する方法がなかったのです。しかし昨年の秋から銀行系での両替が解禁となりました。でもまだブラックマーケットは存在します。
悪魔の誘いであることは分かっていたものの、興味があったのでレートを聞いてみると1ドル=790チャットとのこと。ちなみに銀行でのレートは1ドル=800チャットとの話。
到着が遅かったからか近くにあった銀行系の両替所は閉まっていました。
まぁたいしてレートも変わらないし、いいかと思って100ドルを交換。
で、あんなに奔走して手に入れたピンピンのピン札をいとも簡単に折り曲げてどこかに消えていく女の子。
えーーーー。

100ドル札1枚が札束に化けた。
P2291903P2291903.jpg
銭ずら~。

宿に行って同室の子に聞いたら、今のレートは1ドル=817チャットだって・・・。
まんまと騙されてーら。

次の日、ちゃんとした銀行系の両替所に行ってきました。
アウンサンマーケットの中にいくつかあるけど、レートは全て一緒です。
P3012010 (1)P3012010 (1)
掲示板を見たらドルとユーロとシンガポールドルが交換可能でした。
そこで思い付いた。
2001年発行の使えないドルを持っていても仕方ないので、シンガポールに行った時、多めに両替しておいたたんだった。交換できるかも!
でも、くしゃくしゃのシワシワのお札です。

ピン札の100USドル札1枚と使い古された100シンガポールドル札1枚を窓口に出す。

出したお札を、何度も引っくり返し、穴が開く程眺め、審査するおばさん。それはそれはしつこく見ている。空港とは大違い。

そして結果







USドル札が返された!







ど、ど、どうしてそうなるかな。
シンガポールドルはOKだって。

何がいけないか聞いたら
P3012037P3012037.jpg
はい、右下に赤い汚れがありますね。これだそうです。

・・・これがミャンマーか。

私の後に来たおじさんもほんの少し(本当にほんの少し)かすれた汚れが付いてただけで突き返されていました。

というわけで、審査が厳しいのはUSドルだけみたいです。(ユーロは知らない)
ついでに、この後旅を続けていく中で、ホテルの支払いなどでドルを使うことも多かったのですが、ピン札とはいかなくてもキレイめのお札でないと受け取り拒否されました。
難しい国だわ、ミャンマー。

これからミャンマーに行かれる方はどうぞご注意ください。


ソンクラーン(水かけ祭)まであと3日!水鉄砲買いに行ってきます!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
今日もよかったらポチッとお願いします♪


関連記事

Comment

No title

そんな問題があるのですか…
事前情報として知れてよかったです♪
そうなると日本でいくらか持って行くのがよさそうですね!
ミャンマー生活、頑張って下さい★

ミャンマーすごい厳しいですね。。
今タイですか?私もバスチケットがとれれば、数日後にバンコク入りします!!

No title

そんな問題があったとは・・・全然知らんかったです。

あ、場所にもよるけどソンクラーンはマジ容赦ないから防水じゃないカメラやケータイは絶対に持って行っちゃダメですよ!

>ワールドトラベラーズさん

日本から用意していくのが確実ですねー。
でも、ミャンマー情勢はコロコロ変わるのでワールドトラベラーズさんが旅する頃にはATMでお金が下ろせるようになっているかも!今回は銀行系で両替できるようになっただけでもラッキーでした♪

>akotinさん

ミャンマー手強いですよー。
もうバンコク入りしましたか?私は今日チェンマイ入りしました♪
一緒に水かけ合えなくて残念!

>くるんテープさん

一番の激戦区チェンマイで参戦します>_<!
さっき、フラリと外に出たらずぶ濡れになりました・・・。
身一つ、じゃなかった身と水鉄砲だけで挑んできます!!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。