プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭りだ祭り!ソンクラーン、それからヤンゴン祭り!

突然のリアルタイム報告ですが、今チェンマイにいます。
そう、今日からソンクラーン(水かけ祭り)が始まりました。

いや、昨日からすでにやってたけどね。


ここチェンマイはタイの中でも一番ソンクラーンが盛り上がる場所らしい。

昨日からフライング参加してみて、なんでしょう・・・なんて言うのかな・・・。










楽しすぎる!!!





ひたすら水掛け合ってキャッキャッ、キャッキャッ無邪気にはしゃいでます。童心に返るとはこのことですか。数時間で体力尽きるあたりは完全に35歳ですが。

まぁどうして急にこんなことを書いているかというと、2週間後に中国入りする予定でして、その中国では検閲の関係でブログの更新ができないらしいんです。本当はそれまでにミャンマー編をサクサクッと終わらたかったんですが、終わりませんね。

水かけ祭り楽しいんだもの。

という言い訳がしたかっただけです。


では、ミャンマーの話に入ります。
KKからクアラルンプール経由でヤンゴン到着。
*実はこの日朝、ちょっとした事件が起きていたのですが、これはまた後日。
ミャンマーは陸路入国不可(1ヶ所だけタイとの国境が開いていますが、そこからだと日帰りしかできない及びその町から出てはいけない)なので、旅するには空路入国になります。

ヤンゴンに着いて、まず感じたこと。



想像していた国と全然違う。



乾いた大地とそこで質素に暮らす人々。仏教の国。物静かなイメージ。
長く軍事政権が続き、民主化した今も自由を奪われている国民。
それから、私たちの年代はミャンマー(ビルマ)=『ビルマの竪琴』を思い出す人も多いはず。



そんな風に想像していたミャンマー(ヤンゴン)は
P3011909P3011909.jpg

P3022039P3022039.jpg

P3012017P3012017.jpg
古い建物が所狭しと立ち並び、そこを行き交う大勢の人々。活気ある屋台。路上に溢れるゴミ。
あぁここは間違いなくアジアだ。

しかし、ほとんど鎖国状態だったミャンマー独自の文化もあちこちに見られます。
着ている服はロンヂーと呼ばれる筒状のスカート。巻き方は違うが、男性も女性もほとんどの人がこれを着用している。

そしてこの子が顔に塗っているのは日焼け止めの『タナカ』
P3022306 (1)P3022306 (1)
女性、子供のほとんどがこれを塗っている。時々、志村けんになっている人がいるのはご愛嬌。

P3042509P3042509.jpg
机の上にあるのは普通の電話機。多分、まだ多くの家に電話がないので、こうして街で電話をしている。
いわゆるミャンマー版公衆電話。

確かに周辺各国と比べると明らかに経済発展していないし、外国製品もほとんど見かけない。でもそれを不自由と思わせない強さがある。ミャンマーの人達がとてもたくましく見えました。

あぁ私はこの国のことなんにも知らなかったんだな。




次の日、ヤンゴン市内にあるシェダゴンパゴダというお寺へ。
P3011993P3011993.jpg

P3011955P3011955.jpg
ミャンマーの人達は信仰心が厚い。

そして夜、このシェダゴンパゴダでお祭りが開かれてると聞いたので再訪。何十周年?かのお祝いでかなりのビッグセレモニーらしい。でもヤンゴンのお祭りて・・・ってちょっと思ってたのは否めません。


それが・・・
P3032399P3032399.jpg

P3032445P3032445.jpg
こんな人混み、麻布十番祭り以来だよ!!
数キロに渡る屋台の列。祭りだ、祭り!

遊園地コーナーもありました。
P3032411P3032411.jpg
人力メリーゴーランド。おばさんが手でクルクル回してる。

P3032413P3032413.jpg
人力観覧車。




え??人力???



私も見た時、目を疑いましたよ。

中に男の人が数人立ってる
P3032420P3032420.jpg

そして一斉に上に登り始める
P3032421 (1)P3032421 (1)

上まで登ったら同じ方向に重力をかけ一気に観覧車を回す→男の人たち飛び降りる→激しく回る観覧車→乗ってる人達悲鳴


観覧車って愛を語らうものではなかったんですね。



他には映画を上映していたり
P3032474P3032474.jpg

お坊さんがサッカー中継に夢中になっていたり
P3032481P3032481.jpg

蹴まり(これなんて言うんでしょう?)大会。ミャンマーの男の人たちはロンヂーをふんどしのようにして、よくこれを道端でやっています。
P3032492 (1)P3032492 (1)
こんな感じで会場のあちこちでイベントが開かれていました。

そうそう、屋台で一番人気があったのは
P3032395P3032395.jpg
アウンサン将軍とアウンサンスーチーさんのグッズ売り場。
みんな大好きなんだね。
お店や家の中にこの2人の写真を飾っているのをよく見かけました。


そして、お祭りの楽しみ。
P3032454P3032454.jpg

P3032456P3032456.jpg

P3032450P3032450.jpg
モヒンガー。
魚のスープの中に素麺のような麺を入れたミャンマー定番の一食。ここにトウモロコシの天ぷらを入れるとなお美味しい。
P3032451P3032451.jpg


ヤンゴンでも、ブルネイでも、今いるチェンマイでもお祭りに参加すると地元民の意気込みや普段と違う一面が感じられて本当に面白い。
と、いうわけで明日もソンクラーン行ってきます!!!


水鉄砲1日で壊れました。20バーツのバケツで頑張ります。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
今日もよかったらポチッとお願いします♪


関連記事

Comment

No title

さー さん

突然 大変な現場に遭遇しましたね、これからの旅先でも
まだあるかもね (無い方に祈ってます)。

ブルネイは ガチガチのイスラムの国で 娯楽がほとんどないので (お酒も飲めないし) 若者は週末にマイカーで、国境を越えてマレーシアへ泊りがけで遊びに行くらしいですよ。

娯楽と言えば ブルネイに すごい遊園地がありました、国王
が国民のために作った入場料が多分無料の遊園地、夜行った
けど がらがらで自分達 ピースボート参加者の貸切状態でし
た。
国王が国民のためにマイケルジャクソンとか元イギリスの
亡ダイアナ妃を呼んだ話は有名になってます。

2週間後は中国ですか、大理、麗江、香格里拉へ行くのかな
?。

では よい旅を続けてください。
                  てる

『お祭りの楽しみ』とか書いてますが、食べ物が楽しみなのは祭りの時だけじゃないゃん(笑)

産まれてくる子は女の子だって。

>てるさん

そんな遊園地があったとは知りませんでした。
行ってみたかったなー!
ブルネイは確かに厳格なイスラムの国ですが、生活水準は高いし、こうして王様は国民のためにいろんなことをやってくれるし、国民の満足度は高そうな気がしました。近くにマレーシアという遊びもあることだし笑

中国はどこに行こうか・・・まだ悩んでいるところです^^;

>香織

そうでした、そうでした。一年中楽しみだった。

女の子かー!!香織2世めちゃくちゃ楽しみなんだけど!!お嫁さんにほすぃヽ(*´∀`*)ノ.+゚

No title

中国でもブログ更新出来ますよ
VPNってソフトのフリーソフトを入れるだけです
全然楽勝ですよ

>ダンボーさん

それ最近教えてもらいました。まだ入れてませんが・・・。
いや、この際サボれるかなとも思ったりw
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。