プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンゴンで電車に乗る

ヤンゴンで行きたかった場所。

それはヤンゴン駅。
P3022205 (1)P3022205 (1)
からのー

ヤンゴン環状線乗車!

P3022217P3022217.jpg


そう、ヤンゴンには市内を一周する環状線が走っています。東京で言うところの山手線。
ミャンマーでは乗り物が外国人と地元の人で分けられていたり、外国人料金を設定しているところが多くあります。この環状線も然り。

1周3時間、料金1ドル!!

安くないか?
ミャンマーの他の場所では総じて外国人料金はバカ高いのですが、この環状線だけはお値打ち価格。
乗るしかない。

と、いうわけでやって来ましたヤンゴン駅。
P3022204P3022204.jpg
ホームに外国人専用窓口があるので、そこで切符を買います。
購入にはパスポートチェックあり。手書きのチケットを発行してくれます。
それから何故だかもう1ドルを850チャットに替えてくれないかと頼まれました。今日は祝日で銀行が休みだからとかなんとか。(確かにこの日は農民の日で祝日だった)意味は分からないがレート的にはかなり良いので、1ドル交換。


あとは英語の喋れる係員が乗車まで見届けてくれます。VIP待遇。

そう、地球の歩き方によると、ミャンマーでは空港や駅などは軍事施設とみなされるので撮影禁止とのことでしたが、係員の人に聞いたら「No problem!Anywhere OK!」と言ってました。ただし軍服着ている人達は撮らないでねと。

これがヤンゴン環状線。
P3022060P3022060.jpg
中央線みたい。窓ないけど。

いよいよ乗車。
P3022063 (1)P3022063 (1)

P3022068P3022068.jpg
木の椅子、木の床。のんびりとした空気。

そしてゴトゴトと音をたて、ゆっくり電車が動き始める。
P3022162P3022162.jpg

P3022154P3022154.jpg

P3022184 (1)P3022184 (1)

頻繁に駅にも止まる。1周の間に30数カ所あったかと思う。
P3022130 (1)P3022130 (1)
こんなのんびりとした駅もあれば

P3022172P3022172.jpg
市場が開かれている駅もある。


電車の中にも物売りが行き来
P3022102P3022102.jpg
ミャンマーでよく目にするウズラの卵の物売り

おやつにとうもろこし買った。1本100チャット(約10円)。
P3022191P3022191.jpg
これ普通、指輪とか差し出される場面ではないだろうかw

食べ終わったとうもろこしの芯の行き場に困っていたら、近くにいた人が「こうやるんだよ」と窓の外にポーン。そう、ミャンマーではゴミは道に捨てるのが通常。ゴミ箱という概念がありません。



P3022151P3022151.jpg
手動踏み切り

P3022115 (1)P3022115 (1)
ホームで待つ人

P3022183P3022183.jpg
みんな思い思いの時間を過ごす車内

P3022124P3022124.jpg

P3022126P3022126.jpg
乗り降り自由


ひっそりと片隅に座りながら、こうしてミャンマーの人達の生活を垣間見れるのが電車旅の楽しいところ。ミャンマーの電車はとても古くて線路もガタガタ。かなり揺れるけどそれすらおもしろい。

そして2時間も乗っていると車内の人達と仲良くなってくる。


車窓を見ているとポンポンと肩を叩かれる。
振り向くと洋服を指して「◎×▲□」(←ミャンマー語で洋服)と教えられる。
3回復唱。

また車窓を見ているとポンポンと肩を叩かれる。
振り向くとカバンを指して「◎×▲□」(←ミャンマー語でカバン)と教えられる。
3回復唱。

再び車窓を見ているとポンポンと肩を叩かれる。
振り向くと頭を指して「◎×▲□」(←ミャンマー語で頭)

・・・分かった、もう車窓見るの諦める笑!

というわけで最後の1時間はミャンマー語講座で終わりました。



一番左が車掌さん。隣の女性がその助手。
P3022132P3022132.jpg
景色が変わると、こっちの席の方がいいよーって教えてくれたり、とっても優しかった。

1ドルの旅、良い時間でした。


ソンクラーンが終わりました。燃え尽きました。しばらく静養が必要です。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
今日もよかったらポチッとお願いします♪


関連記事

Comment

和やかで素敵な旅ですね。地元の人の生活を知ろうというスタンスがとても素敵です。
さーさんは自然に周囲に溶け込んで自然と仲良くなられていて、とても素敵なお人柄なんだろうな、と想像してしまいます。
お祭りお疲れさまでした!

>yuccoさん

いやいや(/ー\)私は座ってるだけで色んなことを経験できるから電車が好きというただの怠け者です。
そしてぼんやりしてるから声掛けやすいのかもしれないです笑
時間に余裕のある旅をしていると観光地巡りだけでなく、こうしてゆったりとした時間を持てるのが本当に嬉しいです。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。