プロフィール

さー

Author:さー
愛知生まれの東京育ち。
旅と野球とお酒を愛する39歳。女。
フットワークの軽いインドア派。

2012年1月15日、世界放浪の旅に出発。
2014年12月23日、帰国。

行きたいところに行ったら最終的に世界一周になりました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
カウンター
日本を出発してから・・・
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
フォトマップ
Instagram
写真
検索フォーム
QRコード
QR
World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
RSSリンクの表示

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生最悪の移動・・・からのバガン遺跡!

インレーでまったりのんびりしたかったものの、この後に待っているのは
バガン遺跡
ここは世界3大仏教遺跡の1つ。残りの2つ、カンボジア・アンコールワット遺跡とインドネシア・ボルブドゥール遺跡はすでに行ったので、これで制覇!と、ミャンマーで一番楽しみにしていた場所なのです。
インレーを2泊で切り上げ、いざバガンへ!

バガンまでの移動はミニバスが1本あるのみ。
夜明け前の真っ暗な中、ボロボロのミニバスに乗り込む。


・・・


・・・


今までミャンマーはもとより東南アジアを旅していて、どんなにガタガタの道だろうがギュウギュウ詰めの車だろうが、むしろ面白いと思ってやってきました。


だがしかし


だがしかしだ


このミニバスは本気でキツかった。

P3103501P3103501.jpg

座席間が狭すぎて足が下ろせず中途半端に斜めに座るしかない。
その姿勢から体勢を変えられず完全固定。
座面ボコボコ。
道もボコボコ。
もちろんエアコンなし。
窓を開ければ大量の砂埃。
通路までぎっしり人。

そして私の隣にはミャンマー人のばぁちゃん。
このばぁちゃんが全力で私にもたれてかかってくるのよね。
完全に体預けられてますがが私は背もたれではないんですよ・・・。

もうどうしてくれよう。
この状況で約10時間。
10時間の移動なんて短いと思ってたのに1分1秒がこんなに長く思えるとは・・・。

一緒に乗っていた欧米人は体が大きいからもっと大変そうで、乗って1時間後には「ボクは屋根の上に行くよ!」と颯爽と車内から出ていった。

2時間後・・・。
休憩で止まった時に見た彼は、ありったけの服を着込んで屋根の上で凍えていた。
インレーの夜は極寒ですよね。
彼の席にはもう地元の人がしれっと座っているので戻ることはできない。
「車内にいれば良かった」と半笑いで嘆いていた姿、忘れません。

彼の勇姿をご覧あれ。
P3103510P3103510.jpg
屋根の上で頑張ってます。
日が出てからは暑さとの戦いで、この時は肌が真っ赤になっていたっけ・・・。

とにかく車内も地獄、屋根も地獄なわけです。
休憩時間以外、身動きとれないまま10時間。バガンに着いたころにはもう体ガタガタでした。
エコノミー症候群になってはいけないと、できる限り足は動かすようにしていたんだけど、盲点だったのが肘!!

バスから降りた時、肘が、肘が・・真っ直ぐ伸びなーい。
えー!!
伸ばしてもすぐにヒョンッって折れ曲がっちゃうんだけどw
そういやずっと窓枠に肘付いたまま、ばぁちゃんの全体重を受け止めていたわ・・・。

もうホテルで温水当てながらリハビリですよ。
バガンでのんびりとか言ってる場合じゃなかった。

今、思い出してもこの移動だけは懲り懲り・・・。
後日、バガン→インレーをこのミニバスで移動した人に会いましたが、その人は翌日40℃の熱を出したと言ってました。もうみんなご愁傷様!

と、そんな満身創痍で迎えたバガンですが遺跡は素晴らしかったです。
(え、もうまとめ?ひどいね!)

いやぁ、バガンではおもしろおかしいことは特になく、炎天下の中、ひたすらチャリンコ漕いで仏塔巡りしていただけだったので。
P3113574P3113574.jpg
自転車乗った時も肘伸ばすと痛かった・・・。リハビリ、リハビリ。

3000近い寺院・仏塔が立っているので、もうあっちもこっちも遺跡、遺跡。
P3113530P3113530.jpg

P3113541P3113541.jpg

P3143828P3143828.jpg


P3113557P3113557.jpg

P3143749P3143749.jpg

P3143844P3143844.jpg
こんな超ド級な遺跡が方々にあって、回ってるうちに、どこ見たのか分からなくなる始末。

かと思えば名前もない、地図にも乗っていない仏塔もたくさん。
そんな名もなき仏塔を見つけて、屋上に登ってぼんやりする至福の時。
P3143726P3143726.jpg

P3113584 (1)P3113584 (1)

自転車で走った道。
P3143842P3143842.jpg
果てしなかったー。

川沿いもステキ。
P3113551P3113551.jpg

P3143800P3143800.jpg

そして夕暮れどき。
遺跡から夕日を見るため、たくさんの人が眺めの良い遺跡めがけてやってくる。
私も夕日を見ようとせこせこ自転車を漕いでいた時「こっち、こっち」と遠くから手をふる人が。
近づくと、この遺跡で夕日見れるよ、とジェスチャーで伝えてくるミャンマー人の夫婦。ここの遺跡を管理しているらしい。
P3143984P3143984.jpg

そして屋上に登らせてもらった。
P3143897P3143897.jpg

P3143888P3143888.jpg

P3143914P3143914.jpg

P3143941P3143941.jpg

P3143906P3143906.jpg
良い夕日だった。

夕日を見ている間、管理人の夫婦はコーヒー入れてくれたり、おかずを出してくれたり、とても気を遣ってくれた。

うん、分かってたんだ。
それに対してお礼をしなければいけないこと。
それを期待されてること。

おばさんに「いつもどこで寝ているの?」ってジェスチャーで聞いたら、「あそこ、あそこ」と指差したのは遺跡のすぐ横にあったこの場所だった。
P3143881P3143881.jpg
「夜もここで過ごすの?」と聞いたら「うん、うん」って。小さな鍋には、さっき私に出してくれた卵だけ煮たおかずが入っていた。

「いい夕日を見せてくれてありがとう。コーヒーもおししかった。」と伝えて、少しのお礼を渡して帰ってきた。


狭いバスに乗る時は肘も注意!!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑ ↑ ↑
今日もよかったらポチッとお願いします♪


関連記事

Comment

30女は結石を避けて通れないのか・・・
昨日やっちゃいましたよ、陣痛にも劣らないと言われる、三大激痛の結石に。
痛すぎて記憶飛んでる。
そして、今は病院のベッドで点滴三昧です。
動けないって、つらいよねぇ~
あ、赤ちゃんは至って元気で、結石の影響は何一つないそうなので、ご心配なく。

No title

さーさんへ

中国への入国は、何処のルートで入国したのですか?。
陸路でミャンマーの北部からは、まだ外国人には開放されて
ないと思うし、ラオスの北部から雲南省の景洪へ入ったの
ですか。
雲南省からラオスへの国境越えは、将来の夢です。

今は麗江か香格里拉あたりに滞在しているのかな?。

オリビアにミニカジノがありましたね、たしか7F(キジー
バー)でしたよね、超セクシーなウクライナギャルのスタッフが2人いました。
船内企画の麻雀大学があってよく通いました。
プールサイドにあるネプチュンバーのハッピーアワータイ
ムで半額(1㌦)のコーラーを飲むのが楽しみでした。
オリビアは何でも高かったですね。

では いい旅を続けてください。
                     てる

No title

素晴らしい遺跡がたくさんで、10時間かけて行った甲斐がありましたね!

さーさんは、10時間もおばあちゃんの背もたれとなってあげて、優しい方ですね。私など電車でオジサンに寄掛かられるのも嫌なくらい心が狭いのに(笑)

>香織

えー!!まさかの結石!!数日前出会った人に「女で結石になるなんてー!!」と指さされて笑われたけど、あなたも晴れて仲間入りね。でもこれで陣痛の痛さが怖くなくなったんじゃない!?
赤ちゃんに影響なくて良かった^^しかし赤ちゃんもびっくりしただろうよ。これからはボルタレン座薬常備で!

>てるさん

そうです、ラオスから陸路で国境越えしました。
また中国編でゆっくり書きたいと思います。

ハッピーアワータイム、私たちの時にはなかったような?
ニコラシカ1ドルしか覚えていません^^;
あとマンダラ屋のラーメンがおいしかったこと。高くて滅多に食べられませんでしたが。
あーラーメン食べたい。。。

>ナナさん

私、優しくなんかないですよ。今、中国で割り込みしてくるオッサン達に舌打ちしまくってますから(屮`∀´)屮 ここにいると、どんどん性格ひんまがっていくような。もう一度ミャンマー戻った方がいいかもしれないですね(苦笑)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。